競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    宝塚記念

    宝塚記念予想|2016年直前情報まとめ



    2戦2敗のドゥラメンテに雪辱を。宝塚記念、キタサン&武の戦略は?

     上半期の中央競馬を締めくくる「春のグランプリ」第57回宝塚記念(6月26日、阪神芝内回り2200m、3歳以上GI)。昨年の二冠馬らGI馬6頭を含む豪華メンバーが、仁川のターフで覇を競う。

     ファン投票で上位に入った馬では、3位のショウナンパンドラ、4位のゴールドアクター、5位のミッキークイーンといった馬たちが各々の理由で回避したが、現在の古馬中距離戦線の勢力図で頂点付近にいると思われる馬のほとんどが揃った。

     それにしても、なぜ、昨年の皐月賞とダービーを圧倒的な強さで制し、前走のドバイシーマクラシックで右前脚を落鉄しながら2着を確保したドゥラメンテ(牡4歳、父キングカメハメハ、美浦・堀宣行厩舎)が、ファン投票で6位にとどまったのだろう。1位のキタサンブラックが8万2121票を獲得したのに対し、半数にも満たない4万652票しか集められなかった。宝塚に出てくる可能性は低い、とみなされていたのだろうか。

    人気投票は今一つも、実力的にはやはりこの馬。

     宝塚記念のファン投票は、「どれが一番強いと思うか」ではなく「どの馬の走りを見たいか」が投票基準となる。「爆発力」というのはこの馬のためにあると思わせられるほど強烈な末脚を「見たい」という人が案外少ないのは、やはり、寂しく感じる。多くの人が、レースが始まる前から競馬の醍醐味を享受する機会を放棄しているというか、見どころに目を塞いでしまっているように思われて、なんとも、もったいない。

     それでも、単勝では、この馬がシッカリ1番人気になるのではないか。

     ダービーも完勝だったが、堀調教師が「得意の左手前」とコメントしているように、カーブを右手前、直線を左手前で走る右回りコースのほうが、より安定している。現に、とりこぼしている新馬、共同通信杯、ドバイシーマクラシックはみな左回りだ。その点、今回は右回りなので心配ない。

     安田記念では、僚馬のモーリスが2着に敗れ、海外遠征からの帰国初戦の難しさを示す形になった。ドゥラメンテも帰国初戦だが、モーリスのときは前走からひと月ほどしか間隔がなく、東京競馬場での調整というイレギュラーな中間を過ごしたのに対し、3カ月の間隔がある今回のドゥラメンテは、いつもどおりの調整ができている。

     国内での長距離輸送は初めてになるが、それが堪えるような馬ではない。

     また、宝塚記念が梅雨時に施行されるようになってから、ほぼ毎年、たとえ良や稍重の発表でも、騎手たちが「道悪」と表現するように、馬場の重さが取り沙汰される。そうした馬場状態になったとしても、ドゥラメンテの走法は軽い感じではないだけに、パフォーマンス低下にはつながらないだろう。

     
     
    【宝塚記念予想|2016年直前情報まとめ】の続きを読む

    宝塚記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

     昨年の覇者ラブリーデイ(牡6、池江)は枠順(7番)にはこだわらない。

     川合助手は「真ん中ぐらいで不満はないですね。先生(池江師)も『どこでもいい』と言ってましたし、与えられた枠で勝負するだけ。携わる人みんなが自信満々な感じです」と好気配を伝えた。

     この日は厩舎周りで約1時間の引き運動をこなした。

     

    宝塚記念-調教・追い切り(サンスポ追い切り動画)


    サンスポ追い切りCheck 2016宝塚記念 栗東
     


    【紹介馬】
    ・ラブリーデイ・カレンミロティック・ステファノス・タッチングスピーチ

     


    サンスポ追い切りCheck 2016宝塚記念 美浦



    【紹介馬】
    ドゥラメンテ・サトノクラウン・フェイムゲーム・マリアライト
    (ドゥラメンテの最大のライバルはサトノクラウンby堀調教師)

    TM追い切り診断 2016宝塚記念 栗東

     
    【紹介馬】
    アンビシャス・トーホウジャッカル・ワンアンドオンリー・ヤマカツエース
    ラストインパクト・ラブリーデイ・キタサンブラック


    TM追い切り診断 2016宝塚記念 美浦

     


    【紹介馬】
    (人気馬)
    キタサンブラック・ドゥラメンテ・アンビシャス

    (良かった馬)
    ステファノス・トーホウジャッカル・ワンアンドオンリー・シュヴァルグラン・フェイムゲーム

    (悪かった馬)
    ラストインパクト・ラブリーデイ・サトノクラウン・マリアライト


    主な馬の調教タイム


    アンビシャス

    6/22 栗東坂重

    51.2-37.4-24.7-12.6
     

    キタサンブラック

    6/22 栗東CW重

    97.8-66.7-52.7-38.4-12.2


    ラブリーデイ 

    6/22 栗東CW重

    83.2-67.5-52.6-38.9-12.0


    ドゥラメンテ

    6/22 南Wやや

    68.9-53.7-39.2-12.5



    もう有名過ぎて知らない人が居ない?
    ここの無料会員コンテンツ文句なく使えますwwww
    ベストレコード
    これだけ無料で見れれば充分過ぎ。
    誰でも無料・フリーメール(ヤフーやグーグル)でチェックできますw
    bestre
    button3-4-u

    5
    宝塚記念予想|予想・オッズ|ネット評価まとめ
     

     夏もまつりだ! 上半期を締めくくるサマーGP「第57回宝塚記念」(26日、阪神、GI、芝2200メートル)に、キタサンブラックが堂々のファン投票1位で挑む。昨秋の菊花賞、今春の天皇賞を制した充実の4歳馬が、現役古馬の頂点を目指す。

     昨年の覇者ラブリーデイ、2冠馬ドゥラメンテなどを圧倒してのファン投票1位。アツい後押しに清水久調教師が改めて感謝する。「ありがたいですね。天皇賞の表彰式のあともたくさんのファンが待っていてくれました。馬券が当たらなかった人もいたはずなのに」

     歓喜の盾獲りから1カ月半、「天皇賞を目標にしていたので、そのあとの選択肢はふたつだけしかなかった。宝塚記念か夏休みか。最優先は馬の状態だったけど、2週前から天皇賞と同じパターンで調教できるくらい回復は早かった」と、予想以上のタフネスぶりに目を細くする。

     余力残しで併入した15日のCWコース(6F81秒3-65秒9-51秒7-38秒1-11秒9)のあとも「いい動きだったと思わない?」と取り囲んだ報道陣に逆取材し、納得の攻め馬に「前走と同じ雰囲気」とニッコリ。

     3000メートル以上のGI2勝から2200メートルに替わるが、セントライト記念を勝っており、もともと血統的には中距離のほうがいいくらいだ。

     「100%にはほど遠かった産経大阪杯(2000メートル)が惜しい2着。逃げ馬ではないけど、中距離でもハナへ行ける先行力はある。何より今回は内回りがいいね」

     充実一途の源となるセールスポイントは「馬房で寝ること」というのも大物ならでは。トレーナーも感嘆する「(寝て)自分で疲れを取る」賢馬は、世界の武豊とともに再びセンスあふれるレースを見せる。(夕刊フジ)

     

    宝塚記念ー2015年

     

    2015年ー宝塚記念結果


    1着 ラブリーディ 川田将雅

    2着 デニムアンドルビー 浜中俊

    3着 ショウナンパンドラ 池添謙一

     

    競馬ブックより想定


    1番人気 ドゥラメンテ

    2番人気 キタサンブラック

    3番人気 ラブリーデイ

    4番人気 アンビシャス

    5番人気 シュヴァルグラン

     

    net競馬


    1番人気 ドゥラメンテ 2.0
    2番人気 キタサンブラック 4.0
    3番人気 アンビシャス 6.2
    4番人気 ラブリーデイ 11.8
    5番人気 ステファノス 15.3

     

     

    今週も予想をゲットしましょうwwww
    競馬ファンならここの無料会員になるべしです
    ベストレコードが期待wwww
    bestre

    button3-4-u

    【宝塚記念予想|予想・オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    ゴールドシップ|宝塚記念2015年回顧|敗因を徹底的に分析してみる


     

    無料予想で40万円・・・!!
    只今無料会員募集中
    指定サイトから無料会員-的中ダイヤモンド
    teki



    ゴールドシップは何故負けた?

     「宝塚記念・G1」(28日、阪神)

     スタートでまさかの事態が発生した。JRA史上初となる同一G1の3連覇を目指し、単勝1・9倍の圧倒的な1番人気に支持されたゴールドシップがゲート内で大きく立ち上がり、まさかの大出遅れ。離れた最後方からの追走を余儀なくされ、勝負どころでも進出できず15着に敗れた。

    【写真】ゲート内で立ち上がり出遅れるゴールドシップ

     勝ったのは、ゆったりとした流れのなか、2番手で運んだラブリーデイ。今年重賞4勝目を初のG1制覇で飾った。首差の2着は後方から追い込んだデニムアンドルビーで、金子真人オーナーの所有馬がワンツーを決めた。3着はショウナンパンドラで、3連単は52万8510円の大波乱となった。

     ラブリーデイ・川田将雅騎手「力をつけて、G1の舞台まで勝ち切ってくれて良かったです。最後は同じ勝負服のデニムアンドルビーが伸びているのが見えたので“何とかしのいでくれ”と思っていました」

     
    2015年-宝塚記念
     
    【ゴールドシップ|宝塚記念2015年回顧|敗因を徹底的に分析してみる】の続きを読む

    5

    宝塚記念予想|直前情報まとめ



    宝塚記念が熱い!!注目サイトから予想をゲット
    トライキャスト-無料会員

    tora1


     

     【宝塚記念】ラブリーデイの大駆けに期待

     狙うは“ミスターGP”。池江厩舎のラブリーデイで真っ向勝負だ。

     今年も全国2位と好調な池江厩舎。3冠馬オルフェーヴルで有名だが、もうひとつ顕著な特徴がGPでの強さだ。宝塚は09年ドリームジャーニー、12年オルフェーヴルで勝ち、13年ダノンバラードで2着。有馬記念は09年のドリジャニVを皮切りに、11&13年オルフェV、12年オーシャンブルーと14年トゥザワールドで2着と4年連続連対中だ。

     お祭り大好きステーブルから今年は3頭がエントリー。驚異的な充実ぶりはラブリーだ。1月の中山金杯をレコードで飾り、2月の京都記念でキズナ&ハープスターを完封。阪神大賞典と春天は距離が合わなかったが、適距離に戻った鳴尾記念で横綱相撲を見せた。

     「素質は高いけど、去年までは馬場に泣かされることが多かった。今年は中山が路面改修で硬い馬場になったりツキがある。長い距離を2回経験させたことも良かったね。前走は別の馬みたいに折り合っていた」

     すべてうまくいくのが現状とあってトレーナーはGI奪取へ前向き。24日に素軽い動きを確認すると「まずまず動いていたし絶好調だね。これで良馬場ならかなり自信が持てる」と勝ち負けの手応えを口にした。

     気になる空模様は、土日とも降雨はない見込み。加えて先週までのように内めが悪く、外しか伸びない馬場なら、大外(16)番が思わぬ追い風になる可能性も十分にある。“持ってる”ラブリーの大駆けに期待だ。(夕刊フジ)

     
     
     最終ナマ情報
    【宝塚記念予想|直前情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ