競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    マーメイドステークス

    5
    マーメイドS予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価
     

     マーメイドSの追い切りが8日、東西のトレセンで行われた。美浦ではヴィクトリアマイル9着のシュンドルボンが、上がり重点ながらシャープな動きでサンケイスポーツ調教評価で最高の『S』を獲得。重賞2勝目に向けて態勢を整えた。栗東では格上挑戦のアカネイロが『S』をゲットした。

     抜群の切れ味で好調をアピールした。ヴィクトリアマイル9着から巻き返しを狙うシュンドルボンが、美浦Wコースで軽い走りを披露。2走前の中山牝馬Sに次ぐ、重賞2勝目へ万全の態勢を整えた。

     5~6馬身ほど前に置いたガイセリック(3歳未勝利)を、軽快なフットーワークで追走。4コーナーで内に進路を取ると、一瞬で僚馬を抜き去ってラスト1ハロンは12秒6(4ハロン50秒6)。圧巻の動きで2馬身の先着を果たした。

     「先週、しっかりと負荷(2日W5ハロン65秒1)をかけているので、きょうは反応を確かめる程度。気配は変わらずいい」。併走馬に騎乗して動きを確認した矢野調教師は納得の表情だ。

     昨年は夏から秋にかけて500万下から3連勝。重賞初挑戦で56キロを背負ったエリザベス女王杯は、勝ったマリアライトからコンマ2秒差の7着に好走し、年明けの中山牝馬Sで重賞初制覇。スムーズな競馬ができれば、56キロのハンデでも破壊力は鈍らない。

     昨夏の弥彦特別V以来、久々にタッグを組む田辺騎手は、「以前は体がきゃしゃだったが、今は体重が増えて、実が入ってきた感じ」と期待を寄せる。

     トレーナーは「以前に比べてトモ(後肢)がよくなって、しっかりと攻め馬ができるようになった。シュンドルボンを作り上げていく上で、田辺騎手も大事なキーパーソンの一人。先週、GI(安田記念ロゴタイプ)を勝って勢いもあるからね。この馬を分かってくれているのは心強い」と力を込める。

     田辺騎手とのコンビでは、7戦して2勝2着3回で掲示板を外していない。相性のいい騎手を背にシュンドルボンが、自慢の末脚で混戦を断つ。 (片岡良典)

     

    サンスポ追い切りCheck 2016マーメイドS 栗東

     

    サンスポ追い切りCheck 2016マーメイドS 栗東




    ここの無料コンテンツ無視できない
    ベストレコードの予想は見逃すなwwww

    bestre

    button3-4-u

     

    【マーメイドS予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価】の続きを読む

    5

    マーメイドステークス予想|追い切り・調教|ネットまとめ

     


    管理人はここの無料情報を必ずチェックしています!!
    指定サイトから誰でも無料会員になれます!!
    → フリーメールなども可能
    アクティブ無料会員へ

    aku1






    【マーメイドステークス】蛯名ぞっこん!マリアライトぞっこん

     7日のGI安田記念に続いて、今週も“勢い”に注目だ。日曜阪神の牝馬限定のハンデGIIIマーメイドステークス(14日、芝2000メートル)で重賞に初挑戦するマリアライトは、メンバー唯一の連勝馬。4歳を迎えて心身ともに成長して軌道に乗った良血のディープインパクト産駒が、3連勝での重賞初Vを狙う。

     小さなつぼみが大きく花開くときが来た。条件戦を連勝してきたディープインパクト産駒のマリアライトが、勢いそのままに初めての重賞へ。久保田調教師が愛馬の充実ぶりを口にする。

     「レース後の回復が早くなってきた。だいぶ馬がしっかりしてきたね。この中間もさらに良化している感じ」

     半兄にGI馬クリソライト(2013年ジャパンダートダービー)を持つ期待馬。馬格に恵まれた兄弟に比べて420キロ弱と小さく、素質に体力が追いつくのに時間がかかったが、今年2月の復帰戦(1000万下3着)で体が10キロ増えて力強さが出てきた。

     続く潮来特別(1000万下)を3馬身差で快勝。そして、前走の緑風S(1600万下)が圧巻だった。直線で1番人気馬に外からブロックされ、進路がなくなる厳しい競馬を強いられたが、一旦下げて、外へ出してからの差し切り。18頭中ただ1頭の牝馬が牡馬を手玉にとった。「たいしたもの。牧場、厩舎スタッフが大事に育ててくれたから、モノになってきた」。蛯名騎手も本格化の兆しを感じ取った。

     8日にハンデが53キロに決まった。前走と同じだ。マーメイドSは53キロ以下の軽量馬が活躍するレースで、過去10年で53キロの馬が最多の5勝をマーク。さらにディープインパクト産駒は過去3頭が出走し、12年グルヴェイグ、13年マルセリーナが優勝と、データがマリアライトを後押しする。

     久保田師が「秋に向けてどんな競馬ができるか」と期待を込めるマリアライト。メンバーを見渡しても連勝馬は1頭のみ。モーリスが勝った7日の安田記念と同様、勢いで実績馬を圧倒する。

    ★レース展望

     実績ではメンバー唯一の重賞馬バウンスシャッセが断然だ。フラワーC、中山牝馬SのGIII2勝に加え、GIオークスで3着。ハンデは他馬より最少でも2キロ重い56キロに設定された。一番軽い馬とは7キロ差ある。リラヴァティは前走のGIII福島牝馬Sで2着とメキメキ力を付けている。据え置きのハンデ53キロならば好勝負必至。過去にチューリップ賞2着があるウインプリメーラ(54キロ)、ただ1頭の連勝馬マリアライト(53キロ)も上位争いだ。過去10年で馬単万馬券が6回と難解なレースだけに、軽量馬にも注目。中でも最軽量49キロの3歳馬アースライズはフラワーC2着、オークス4着の実力馬。初の古馬相手でも十分に通用する。

    ★今週の馬券作戦

     先週の東京、阪神で牡馬と牝馬がともに出走したレースは36あり、牝馬は12勝、2着9回。特に特別戦では13レース中、牝馬が6勝、2着2回と活躍が目立った。そのうち3歳牝馬が3勝をマーク。世代のレベルの高さを物語っている。一般的に、気温が上昇するにつれて夏バテしやすくなる牡馬に対し、牝馬は暑さに強いといわれている。マーメイドSは牝馬限定戦だが、特別レースを中心に牝馬を狙ってみるのも馬券戦術の一つだ。

     
     
    マーメイドステークス調教動画
    【マーメイドステークス予想|追い切り・調教|ネットまとめ】の続きを読む

    マーメイドステークス予想|予想オッズ|1番人気濃厚バウンスシャッセ|ネット評価



    無料予想が3連複ゲット!! 
    taf1

     

    【マーメイドS】-49キロのアースライズ色気あり

     7日のGI安田記念に続いて、今週も“勢い”に注目だ。日曜阪神の牝馬限定のハンデGIIIマーメイドステークス(14日、芝2000メートル)で重賞に初挑戦するマリアライトは、メンバー唯一の連勝馬。4歳を迎えて心身ともに成長して軌道に乗った良血のディープインパクト産駒が、3連勝での重賞初Vを狙う。

     小さなつぼみが大きく花開くときが来た。条件戦を連勝してきたディープインパクト産駒のマリアライトが、勢いそのままに初めての重賞へ。久保田調教師が愛馬の充実ぶりを口にする。

     「レース後の回復が早くなってきた。だいぶ馬がしっかりしてきたね。この中間もさらに良化している感じ」

     半兄にGI馬クリソライト(2013年ジャパンダートダービー)を持つ期待馬。馬格に恵まれた兄弟に比べて420キロ弱と小さく、素質に体力が追いつくのに時間がかかったが、今年2月の復帰戦(1000万下3着)で体が10キロ増えて力強さが出てきた。

     続く潮来特別(1000万下)を3馬身差で快勝。そして、前走の緑風S(1600万下)が圧巻だった。直線で1番人気馬に外からブロックされ、進路がなくなる厳しい競馬を強いられたが、一旦下げて、外へ出してからの差し切り。18頭中ただ1頭の牝馬が牡馬を手玉にとった。「たいしたもの。牧場、厩舎スタッフが大事に育ててくれたから、モノになってきた」。蛯名騎手も本格化の兆しを感じ取った。

     8日にハンデが53キロに決まった。前走と同じだ。マーメイドSは53キロ以下の軽量馬が活躍するレースで、過去10年で53キロの馬が最多の5勝をマーク。さらにディープインパクト産駒は過去3頭が出走し、12年グルヴェイグ、13年マルセリーナが優勝と、データがマリアライトを後押しする。

     久保田師が「秋に向けてどんな競馬ができるか」と期待を込めるマリアライト。メンバーを見渡しても連勝馬は1頭のみ。モーリスが勝った7日の安田記念と同様、勢いで実績馬を圧倒する。

    ★レース展望

     実績ではメンバー唯一の重賞馬バウンスシャッセが断然だ。フラワーC、中山牝馬SのGIII2勝に加え、GIオークスで3着。ハンデは他馬より最少でも2キロ重い56キロに設定された。一番軽い馬とは7キロ差ある。リラヴァティは前走のGIII福島牝馬Sで2着とメキメキ力を付けている。据え置きのハンデ53キロならば好勝負必至。過去にチューリップ賞2着があるウインプリメーラ(54キロ)、ただ1頭の連勝馬マリアライト(53キロ)も上位争いだ。過去10年で馬単万馬券が6回と難解なレースだけに、軽量馬にも注目。中でも最軽量49キロの3歳馬アースライズはフラワーC2着、オークス4着の実力馬。初の古馬相手でも十分に通用する。

    ★今週の馬券作戦

     先週の東京、阪神で牡馬と牝馬がともに出走したレースは36あり、牝馬は12勝、2着9回。特に特別戦では13レース中、牝馬が6勝、2着2回と活躍が目立った。そのうち3歳牝馬が3勝をマーク。世代のレベルの高さを物語っている。一般的に、気温が上昇するにつれて夏バテしやすくなる牡馬に対し、牝馬は暑さに強いといわれている。マーメイドSは牝馬限定戦だが、特別レースを中心に牝馬を狙ってみるのも馬券戦術の一つだ。

    【マーメイドステークス予想|予想オッズ|1番人気濃厚バウンスシャッセ|ネット評価】の続きを読む

    5

    マーメイドS予想【2015年】|北村宏司が下手だけなのかこの馬は?鞍上強化で勝負|ネット評価まとめ



    競馬ファンならチェック必至ですね・・・
    管理人も無料登録しています!!!

    taf1



    【マーメイドS予想【2015年】|北村宏司が下手だけなのかこの馬は?鞍上強化で勝負|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ