競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬ニュース

    関屋記念予想|2018年|ニュースまとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【関屋記念】レース展望

    サマーマイルシリーズ

    第2戦は、
    中京記念からの転戦組が今年も主力を形成する。
    0秒3差3着と今回のメンバーで最先着を果たした
    リライアブルエースは、2日に栗東坂路で好時計をマークするなど中間の気配も上々だ。

    中京記念でハイペースで逃げて8着に沈んだウインガニオンは、新潟芝【2・1・0・1】。ハナを奪えなかった昨年も2着に好走している。NHKマイルC5着以来のプリモシーンは51キロの斤量が魅力。ショウナンアンセムは昇級初戦のパラダイスSを快勝と充実一途だ。

    チェッキーノ復活へ叩いて上昇ムード/関屋記念

    日曜新潟メインはサマーマイルシリーズ第2弾、関屋記念(G3、芝1600メートル、12日)が行われる。

     16年オークス2着チェッキーノ(牝5、藤沢和)が上昇ムードだ。長期休養明けの前走米子S(7着)は「阪神の時計が速く、ブランクも長く展開が向かなかった」と、津曲助手は振り返る。1度使ったことで「先週末はだいぶ動けるようになった」と上積みを感じている。

     2歳12月の初勝利から3歳4月のG2フローラSまで3連勝した実力馬。復活をかける。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    エルムS予想|2018年|ニュースまとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【エルムS】地方所属リッカルド、ルメール背に凱旋Vだ

    3週目を迎える札幌開催では、日曜メインにダートのGIIIエルムS(1700メートル)が行われる。

     地方競馬のリッカルド(船橋・佐藤裕太厩舎、セン7歳)は一昨年のこのレースの覇者。地方移籍初戦となった今年2月の報知グランプリCから4連勝を飾り、前走の帝王賞でもトップクラスのメンバーに交じって4着と力をアピールしている。今回、初コンビとなるクリストフ・ルメール騎手が持ち味のしぶとさを最大限に引き出せば、凱旋Vの可能性も十分だろう。

    【エルムS】ダートの新星ハイランドピーク、初の札幌も土田調教師「大丈夫」

    ◆第23回エルムS・G3(8月12日・ダート1700メートル、札幌競馬場)

     ダートの新星、ハイランドピークが、第23回エルムS・G3(12日、札幌)で2度目の重賞に挑戦する。初茜賞を10馬身、上総Sを5馬身差で逃げ切ってオープン入り。続くマーチSこそ9着に終わったが、休養明け2戦は《1》〈2〉着と力を示した。「馬体だけ見ると、ダート向きの感じではない。もっと大きくてパワーのある馬がダートに向いていると思っていたが、この馬で意識が変わった」と土田調教師。98年にタイキシャーロックで制し、重賞初制覇を挙げてから20年。この馬が新たな視点を与えてくれた。

     2走前の灘Sは控える競馬で勝利。「前に行けず大丈夫かなと思って見ていたが、いいレースをしてくれた」。前走は勝ち馬の目標にされて2着に敗れたが、最後までしぶとく粘った。「函館とコース形態が似ているので、初の札幌でも大丈夫。ゲートがあぶないところはあるから、うまく出てくれれば」と土田師はイメージしている。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    5
    ロッコウオロシ産駒、JRA新馬勝利|まとめ

    [PR]
    競馬予想はプロ予想
    とりあえず無料会員で試す価値あり
    アクティブ



    アポロジョージア血統表

    rokko

    【中山新馬戦】アポロジョージアがデビューV、ロッコウオロシ産駒JRA初勝利

     26日の中山5Rの新馬(芝1600メートル=14頭立て)は、6番人気のアポロジョージア(牡、美浦・尾形和厩舎)が直線で差し切り勝ち。父ロッコウオロシの産駒としてJRA初勝利をマークした。勝ち時計は1分36秒8。

     スタートを決めて、道中は好位の外3番手でを追走。直線では最内で逃げ切りを狙ったキングハートと、その外から迫った1番人気マイエクトミューズの叩き合いをまとめて差し切った。手綱を執った田辺は「血統は地味だけど、調教も淡々とこなせていたみたい。素直だし、実戦に対応してくれた。前に有利な流れだったけど、最後は馬が頑張って伸びてくれた」と評価していた。

     父のロッコウオロシは、2005年の凱旋門賞の覇者、ハリケーンランの直子で、重度の骨折で競走馬としてはデビューできなかったが、血統の良さが評価されて、レックススタッドで種牡馬として供用された。現2歳が2世代目で、JRAではのべ76度目の出走で初めての勝利となった。

     


    アポロジョージア新馬動画

    6番人気勝利


     

     

    【ロッコウオロシ産駒、JRA新馬勝利|まとめ】の続きを読む

    5
    ルメール騎手300勝|G1勝利を勝手に振り返っています
     

     クリストフ・ルメール騎手(36)=栗東・フリー=が、22日の札幌競馬9Rをヘルツフロイントで勝ち、現役46人目となるJRA通算300勝を達成した。

     2002年12月8日の中京2R(ヤマニンロータス)で初勝利を挙げて以来、2272戦目での到達となる。重賞勝ちは、05年有馬記念(ハーツクライ)、08年エリザベス女王杯(リトルアマポーラ)、同ジャパンCダート(カネヒキリ)、09年ジャパンC(ウオッカ)、13年ジャパンCダート(ベルシャザール)のG15勝を含む21勝を挙げている。

     ルメールは「300勝まで長かったです。札幌競馬場は涼しくて、いい競馬場です。札幌記念のラキシスはいいレースができると思います。応援よろしくお願いします」と笑顔を見せた。

     

    ルメール騎手G1勝利

    2013年-ジャパンカップダート

    ベルシャザール

     

    2009年-ジャパンカップ

    ウオッカ

     

    2008年-ジャパンカップダート

    カネヒキリ

     

    2008年-エリザベス女王杯

    リトルアマポーラ

     

    2005年-有馬記念

    ハーツクライ

     




    競馬ファンなら知っているここの凄さを
    ハイボルテージ-無料会員募集中

    fres1

    このページのトップヘ