競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    京王杯SC

    京王杯SC予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【京王杯SC過去5年で〔2.0.2.2〕 とある厩舎の傾向調査【京王杯SC】

      
     攻略の鍵は「厩舎力」  過去5年で1番人気馬は全て馬券圏外。その分を2番人気が〔1.2.2.0〕とよくカバーしている印象だが、馬連平均配当は7828円、3連複も5回中4回で万馬券となっており、波乱度は高い。  

    難解な一戦ではあるものの、明確な傾向の1つに「藤沢和厩舎の活躍」が挙げられる。同厩舎は当レースの過去5年で〔2.0.2.2〕、昨年は1着&3着と好走、今年はサトノアレス、スターオブペルシャ、タワーオブロンドンの3頭がスタンバイしている。

    ■藤沢和厩舎の京王杯SC成績(過去5年)
    2014年 10番人気1着 レッドスパーダ 牡8 北村宏
    2016年 2番人気3着 ロサギガンティア 牡5 M.デムーロ
    2016年 16番人気16着 エポワス セン8 柴田善
    2017年 9番人気10着 ロサギガンティア 牡6 柴田善
    2018年 4番人気1着 ムーンクエイク セン5 ルメール
    2018年 2番人気3着 サトノアレス 牡4 蛯名.

    今年は3頭出しの藤沢和厩舎勢だが…  

    次に藤沢和厩舎の東京コースにおける成績を見てみよう。
    ■藤沢和厩舎の東京コース成績(2014年以降)

    芝全体〔73.65.49.267〕
    ダート全体〔34.21.14.96〕
    ダ1600m〔23.15.9.62〕
    芝1600m〔22.22.11.81〕
    芝1800m〔19.15.14.82〕
    芝1400m〔13.914.35〕
    芝2000m〔12.11.6.46〕  

    意外にも、勝ち鞍が最も多いのはダート1600m。
    ただし、上位5コースのうち複勝率が最も高いのは芝1400m(複勝率50.7%)である。  

    藤沢和厩舎の芝1400m成績のうち、ダイワメジャー産駒は〔3.4.3.4〕で複勝率71.4%。
    それに対してディープインパクト産駒は〔1.1.2.8〕で複勝率33.3%。

    昨年3着だがディープインパクト産駒のサトノアレスより、ダイワメジャー産駒のスターオブペルシャを狙ってみたい。  

    もう1頭の藤沢和厩舎勢、タワーオブロンドン。
    こちらは鞍上がルメール騎手からレーン騎手へと乗り替わる。

    そのレーン騎手は来日後の東京芝で〔4.2.2.6〕と、初来日とは思えない手綱捌きを披露。1~2番人気時も〔5.0.2.2〕と信頼度は高く、無視できない存在だろう。.

    特注馬
    スターオブペルシャ
    タワーオブロンドン

    【京王杯SC】傾向と対策

     
    過去10年で傾向を探る。
     
    ☆人気 
    1番人気は【1・0・0・9】と不振。
    2番人気は【1・2・4・3】、
    3番人気は【1・2・1・6】。4番人気が【3・0・1・6】と健闘。伏兵の台頭も多い。  

    ☆前走 高松宮記念組が【3・1・2・26】とややリード。東京新聞杯組は【1・3・1・0】と凡走が少ない。ダービー卿CT組も【2・2・2・21】とまずまず。  
    ☆世代 5歳が【5・2・4・33】と世代別では圧倒。

    4歳が【2・0・4・40】、6歳が【1・4・2・38】。  結論 ◎サトノアレス ○ロジクライ ▲トゥザクラウン

    【展開を読む【京王杯SC=ハイペース】

     スピードあるブロワが逃げる。トゥザクラウンは2番手に控える形。後方組は追いかけず縦長の展開に。直線手前でロジクライが早め進出。

     タワーオブロンドン、サトノアレス、スマートオーディンは末脚に懸ける。ゴール前で態勢が一変。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    東京競馬場芝1400m騎手成績(京王杯SC参考)

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    東京競馬場芝1400m騎手別成績
    (過去3年~)

    tokyo14s



    ルメール騎手→騎乗停止

    戸崎圭太騎手→45%
    「ロジクライ」

    福永祐一騎手→45%
    「トゥザクラウン」






    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    京王杯SC予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【データで勝負】土曜東京11R・京王杯SC

    ◎(1)サトノアレス

    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の7頭は東京で重賞連対歴があった。残る3頭のうち1頭は当地でオープンV歴、もう1頭は同舞台で4勝と東京で高い適性を示していた。例外1頭はGI馬。東京新聞杯組【0・3・0・0】→好走馬は全てそこで3着以内

     サトノアレスは関連性の高い東京新聞杯で2着。これを含め当地では良馬場で1、2、2着と高い適性を示している。2戦連続で上がり3ハロン最速をマークし、決め手の破壊力はさらに増している印象。V有望だ。

    展開を読む【京王杯SC=平均ペース】

    ウインガニオンが押し出されるように前へ。トウショウピストが好位に続き追走。中団サトノアレス、ダンスディレクターが4コーナー手前から進出開始。後方で機をうかがうグレーターロンドンが末脚を伸ばして襲いかかる。

    【京王杯SC】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆枠 優勝馬10頭中9頭は5~7枠の馬。1、2、8枠は0勝で極端な枠に入った馬は割引が必要か。

     ☆人気 1番人気のVは1回だけ。単勝オッズ5~9・9倍の馬が【52318】と活躍している。また、同30~49・9倍の馬も2勝と荒れる傾向にある。

     ☆年齢 4歳【2・0・3・42】、5歳【5・3・4・30】、6歳【1・3・3・36】、7歳【1・3・0・15】、8歳以上【1・1・0・11】。5歳が中心。

     ☆前走 高松宮記念組が【4・1・3・23】と優勢。次点がダービー卿CTの【2・1・2・22】。

     結論 ◎セイウンコウセイ ○テオドール ▲ムーンクエイク



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    5
    京王杯SC予想|調教・追い切り|まとめ
     
    競馬無料予想が激アツ!!
    vikuto


    激アツの無料会員を見逃すな!!

     京王杯スプリングC(GII・芝1400m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    クラリティシチー(牡4・美浦・上原博之)について、上原博之調教師。
    「前走のダービー卿CT(GIII・2着)はよく走ってくれましたが、勝った馬が強かったので仕方ありませんね。今週はいつものように単走で終い重点の追い切りでした。順調に来ていますし、動きも良かったですね。3歳時は前が詰まるなど勝ち切れないレースがありましたが、当時も十分に戦えていました。自分の形の競馬ができれば今回もやれると思います」

    サクラゴスペル(牡7・美浦・尾関知人)について、尾関知人調教師。
    「前走の高松宮記念(GI・8着)は、ジョッキーがここと思った進路が狭くて隣の馬に張られて厳しくなりましたが、それでも最後は伸びてきました。スムーズな競馬なら掲示板はあったかなと思いますし、悲観する内容ではありませんでした。今週は馬場が悪い坂路でやると疲れが残るイメージが若干ありましたので、芝コースで単走での追い切りでした。前半は折り合い重視で終いを伸ばしましたが、動きも良かったですし、体も戻ってきてフックラしています。3年前にこのレースに出た時は12着でしたが、当時は連戦の疲れがありました。元々、東京の1400mは元々ベストの舞台ですし、今回はフレッシュな状態で臨めそうなので楽しみです。あとはあまり暑くならないでほしいですね」

    ショウナンアチーヴ(牡4・美浦・国枝栄)について、国枝栄調教師。
    「前走の高松宮記念(10着)は馬場が悪くて参考外ですね。今週は坂路でそれなりにやりました。あまり好不調を表に出さないタイプですが、順調に来ていますし、何とか格好をつけてほしいですね。東京の1400mが、1番競馬をしやすいと思います」

    バクシンテイオー(牡6・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
    「前走のオーシャンS(GIII・12着)は、進路が取れずに力を出し切れませんでした。脚はあったと思いますし、このクラスでもやれるメドは立ったと思います。短気放牧を挟みましたが、順調にきています。今週(5/14)の追い切りはサラッとやりましたが、動き自体は良かったです。スムーズな競馬ができれば良いですね」

    プリンセスメモリー(牝8・美浦・高橋義博)について、高橋義博調教師。
    「阪神牝馬Sを取消後、脚元の腫れが引くのも早く、今は問題ありません。暖かくなってきましたし、蹄の状態も良いですね。中間の雰囲気も良いですし、追い切りでも良い動きをしていました。東京の1400mは実績がありますし、前に壁を作って消耗せずに道中進んで、持ち味を生かす競馬ができればと思います」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

     

    京王杯SC-2014年、昨年はレッドスパーダ

    1着 レッドスパーダ 北村宏司

    2着 クラレント 川田将雅

    3着 エールフリーズ 三浦皇成

     

    京王杯SCの主な馬の調教

    ダンスディレクター

    5/13 栗東坂不

    52.4-38.4-25.2ー12.6

    エールフリーズ

    5/13 栗東坂不

    53.6-39.1-26.1ー13.4

    サトノルパン

    5/13 栗東CW不

    94.5-64.5-52.1-39.9ー13.2

    ダイワマッジョーレ

    5/13 栗東坂不

    54.3-39.3-25.0ー12.2

    ヴァンセンヌ

    5/13 栗東坂

    53.0ー38.4ー24.8ー12.3

     

    ツイッターの声

     

    【京王杯SC予想|調教・追い切り|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ