競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    予想オッズ

    愛知杯予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    「広告」管理人的無料予想万馬券率NO1
    勝ちうま常勝理論
    2020-12-31_22h31_06



    過去10年の愛知杯の1番人気
    (2015年は非開催)

    2020年 センテリュオ
    2019年 ノームコア
    2018年 マキシマムドパリ
    2017年 マキシマムドパリ
    2016年 シュンドルボン
    2014年 ディアデラマドレ
    2013年 スマートレイアー
    2012年 ピクシープリンセス
    2011年 レーヴディソール



    1番人気は2勝


    「結果」
    2-1-1-1-3/9
    勝率 22%
    複勝率 44%

    まあまあ活躍している。

    ヤフーニュースより
    【愛知杯】引退危機を乗り越えたシゲルピンクダイヤ、待望の2勝目へ手応え


     ◆第58回愛知杯・G3(1月16日・芝2000メートル、中京競馬場)  引退危機を乗り越えたシゲルピンクダイヤが第58回愛知杯・G3(16日、中京)で、待望の2勝目を目指す。 
     ゲート難に苦しんできたが、今回と同舞台の前走、中日新聞杯は中間から目隠しの覆面をしての枠入りを練習。実戦で効果が出て好発から2着に激走した。渡辺調教師は「前走で入らなかったら正直、繁殖へという話も出ていました。馬房でジャンパーをかぶせたりもして、最後の手段でしたね」と胸をなで下ろした。秋華賞以来の2000メートル戦で先行策に変えたことも好転し、重賞で3度目の2着。中間は渡辺師自ら調教をつけ、「相変わらずおてんばで元気。体調も良くて、さらに上向いている」と期待した。  

     まだ1勝の桜花賞2着馬。“シゲル”の冠名でおなじみの森中蕃オーナーへ、「大きな重賞を届けたい」と手応え十分に5歳牝馬を送り出す。(牟禮 聡志)


    愛知杯動画【2020年】




    愛知杯 2020年結果 

    1着 デンコウアンジュ 柴田善
    2着 アルメリアブルーム 武豊
    3着 レイホーロマンス 酒井学
     
    愛知杯 人気予想

    1番人気 センテリュオ
    2番人気 マジックキャッスル
    3番人気 レッドアステル
    4番人気 サトノダムゼル
    5番人気 シゲルピンクダイヤ


    「広告」無料情報でしっかり馬券を当てていました。
    新サイトなので見逃し厳禁です。無料会員だけはなっておいたほうが良いですね。。。

    ※ ラッキー競馬
    2021-01-06_12h16_58



    京成杯予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    「広告」管理人的無料予想万馬券率NO1
    勝ちうま常勝理論
    2020-12-31_22h31_06



    過去10年の京成杯の1番人気

    2020年 スカイグルーヴ 2着
    2019年 シークレットラン 4着
    2018年 ジェネラーレウーノ 1着
    2017年 コマノインパルス 1着
    2016年 ウムブルフ 5着
    2015年 ブラックバゴ 2着
    2014年 キングズオブザサン 2着
    2013年 フラムドグロワール 10着
    2012年 アドマイヤブルー 3着
    2011年 スマートロビン 12着



    1番人気は2勝


    「結果」
    2-3-1-1-1-2/10
    勝率 20%
    複勝率 60%

    まあまあ活躍している。

    ヤフーニュースより
    モーリス産駒に勢い、タイソウ&テンバガー/京成杯


     クラシック戦線に集まれモーリスの森!? 日曜中山メインの3歳重賞、京成杯(G3、芝2000メートル、17日)にはタイソウ(牡、西園)テンバガー(牡、藤岡)と2頭のモーリス産駒が出走する。10日の日刊スポーツ賞シンザン記念でワンツーを決め、重賞を初制覇した新種牡馬の勢いに乗れるか。1戦1勝タイソウはまだ底を見せていない厩舎の期待馬だ。

    タイソウがデビュー2戦目で重賞初制覇に挑む。先週のシンザン記念では同じモーリス産駒のピクシーナイトが勝利。2着ルークズネストとワンツーを決めた。タイソウの西園師も「強かったもんね。その勢いに乗っていきたい」と笑顔だった。


    マイル以下の距離で活躍する印象のモーリス産駒にあって、タイソウは「デビュー前から2000メートルで、と思っていた。性格もおだやかだから」とタイプは異なるよう。距離適性はともかく、ポテンシャルの高さはピクシーナイトと同様に重賞を狙えるレベルにある。


    昨年12月阪神での新馬戦(芝2000メートル)が圧倒的だった。道中2番手を追走し、直線では楽に抜け出し3馬身差の快勝。師も「2着馬(マイプレシャス)も先週勝ち上がったし、レベルの高い一戦だったと思う。それを肩ムチ一発で勝ったからね。強い競馬だった」と高評価していた。


    父モーリスだけでなく、厩舎の先輩G1馬をもイメージさせる器だ。師は「サダムパテックに性格も脚の長い体つきも似ている。パテック以来のトキメキを感じている。何の不安もないし、早くレースを見たい」と実戦を待ち望む。12年マイルCSを制したサダムパテックは3歳時にクラシック3冠に皆勤したほど早くから能力を発揮した。“後継馬”は「輸送も問題ないと思うし、1回使ったことでグッと気合も入った。いい意味で戦闘態勢に入っている」と申し分ない状態で東上する。


    京成杯動画【2020年】





    京成杯 2020年結果 

    1着 クリスタルブラック 吉田豊
    2着 スカイグルーヴ ルメール
    3着 ディアスティマ シュタルケ
     
    京成杯 人気予想

    1番人気 テンバガー
    2番人気 グラティアス
    3番人気 ヴァイスメテオール
    4番人気 タイムトゥヘヴン
    5番人気 ヴェローチェロ


    「広告」無料情報でしっかり馬券を当てていました。
    新サイトなので見逃し厳禁です。無料会員だけはなっておいたほうが良いですね。。。

    ※ ラッキー競馬
    2021-01-06_12h16_58



    日経新春杯予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    「広告」管理人的無料予想万馬券率NO1
    勝ちうま常勝理論
    2020-12-31_22h31_06



    過去10年の日経新春杯の1番人気

    2020年 レッドジェニアル(7着)
    2019年 グローリーヴェイズ(1着)
    2018年 パフォーマプロミス(1着)
    2017年 ミッキーロケット(1着)
    2016年 シュヴァルグラン(2着)
    2015年 サトノノブレス(11着)
    2014年 アドマイヤフライト(2着)
    2013年 ムスカテール(2着)
    2012年 トゥザグローリー(1着)
    2011年 ローズキングダム(3着)



    1番人気は4勝


    「結果」
    4-4-1-0-0-2/10

    勝率 40%
    複勝率 80%

    まあまあ活躍している。

    ヤフーニュースより
    【日経新春杯】重賞V見えた超高額馬アドマイヤビルゴ


     
     中京の日曜メインは日経新春杯(17日、GII、芝2200メートル)。京都競馬場の改修工事のため、今年は回りが右から左に替わり、距離も200メートル短縮して実施されるので注意が必要だ。  

     アンドロメダSでリステッド2勝目を挙げたアドマイヤビルゴ(栗東・友道康夫厩舎、牡4歳)が主役を担う。2017年セレクトセール当歳せりで5億8000万円(税込み)という高額で落札され、デビュー前から注目を集め、期待どおり新馬戦、若葉Sと連勝。その後は皐月賞は自重し、日本ダービーに目標を定めて京都新聞杯に出走したが、4着に敗れ、休養に入った。これが功を奏したようで、自己条件を勝ち上がって再びオープン入りすると、前走のアンドロメダSを快勝。ハンデ56キロも想定内で満を持して重賞タイトル奪取を狙う。


    日経新春杯動画【2020年】




    日経新春杯 2020年結果 

    1着 モズベッロ 池添謙一
    2着 レッドレオン 北村友一
    3着 エーティーラッセン 藤掛貴士
     
    日経新春杯 人気予想

    1番人気 ヴェロックス
    2番人気 アドマイヤビルゴ
    3番人気 クラージュゲリエ
    4番人気 サンレイポイント
    5番人気 ダイワギャグニー


    「広告」無料情報でしっかり馬券を当てていました。
    新サイトなので見逃し厳禁です。無料会員だけはなっておいたほうが良いですね。。。

    ※ ラッキー競馬
    2021-01-06_12h16_58



    フェアリーS予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    「広告」管理人的無料予想万馬券率NO1
    勝ちうま常勝理論
    2020-12-31_22h31_06





    過去10年のフェアリーSの1番人気

    2020年 アヌラーダプラ(6着)
    2019年 アクアミラビリス(5着)
    2018年 テトラドラクマ(6着)
    2017年 アエロリット(2着)
    2016年 リセエンヌ(7着)
    2015年 カービングパス(8着)
    2014年 オメガハートロック(1着)
    2013年 イリュミナンス(4着)
    2012年 オメガハートランド(4着)
    2011年 ダンスファンタジア(1着)


    1番人気は2勝


    「結果」
    2-1-0-2-1-4/10

    勝率 20%
    複勝率 30%


    あんまり良くない。


    ヤフーニュースより
    【フェアリーS見どころ】テンハッピーローズが人気の中心か


     例年同様に登録の大半が1勝馬で混戦模様だが、人気の中心はアルテミスSで3着のテンハッピーローズだろう。重賞初制覇なるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/11(祝月) フェアリーS(3歳・牝・GIII・中山芝1600m)  

     テンハッピーローズ(牝3、栗東・高柳大輔厩舎)は前々走のサフラン賞で阪神JF2着のサトノレイナスから0秒2差の2着で、前走のアルテミスSでは阪神JF覇者ソダシから0秒4差の3着。世代上位の能力は見せてきており、今回のメンバーなら勝ち負けが期待できそうだ。重賞初制覇なるか。鞍上は福永祐一騎手。  

     クールキャット(牝3、美浦・奥村武厩舎)は前走のアルテミスSで5着に敗れたが、一頓挫あった上で4か月ぶりの休み明けだった。昨年6月の新馬戦で2馬身突き放した2着馬は次走3馬身差で圧勝しており、当馬も高い素質があるのは確か。巻き返しを期待したい。鞍上は津村明秀騎手。  

     その他、登録中唯一の2勝馬ラストリージョ(牝3、美浦・蛯名利弘厩舎)、未勝利快勝のキズナ産駒ファインルージュ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)、サフラン賞で3着のルース(牝3、栗東・池添兼雄厩舎)、不良馬場の未勝利を4馬身差で勝ったカラパタール(牝3、美浦・池上昌和厩舎)、ダイワキャグニーの半妹タイニーロマンス(牝3、美浦・金成貴史厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。


    フェアリーS動画【2020年】





    フェアリーSー2020年結果 

    1着 スマイルカナ 柴田大知
    2着 チェーンオブラブ 石橋脩
    3着 ボレンティア 池添謙一
     
    フェアリーSー人気予想

    1番人気 テンハッピーローズ
    2番人気 ファインルージュ
    3番人気 クールキャット
    4番人気 ベッラノーヴァ
    5番人気 カラバタール 


    「広告」無料情報でしっかり馬券を当てていました。
    新サイトなので見逃し厳禁です。無料会員だけはなっておいたほうが良いですね。。。

    ※ ラッキー競馬
    2021-01-06_12h16_58



    シンザン記念予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    「広告」管理人的無料予想万馬券率NO1
    勝ちうま常勝理論
    2020-12-31_22h31_06





    過去10年のシンザン記念の1番人気

    2020年 ルーツドール(7着)
    2019年 アントリューズ(8着)
    2018年 アーモンドアイ(1着)
    2017年 ペルシアンナイト(3着)
    2016年 ピースマインド(14着)
    2015年 ダッシングブレイズ(4着)
    2014年 ミッキーアイル(1着)
    2013年 エーシントップ(1着)
    2012年 トウケイヘイロー(4着)
    2011年 ドナウブルー(5着)


    1番人気は3勝


    「結果」
    3-0-1-2-1-3/10

    勝率 30%
    複勝率 40%


    ヤフーニュースより
    【シンザン記念】好素材ククナが重賞初Vへ


     
     主役はアルテミスSの2着馬ククナ。その前走は向正面でごちゃついて位置取りが後方からとなったが、直線で外めに持ち出すと、上がり3F33秒4の決め手を駆使して、一気に伸びてきた。不利がなければ、ソダシともっと接戦になっていたはずだ。母は15年の桜花賞2着、オークス3着のクルミナル。桜候補になり得る好素材だ。  

     朝日杯FSで4着に奮闘したバスラットレオン。道中は勝ち馬を見る形で3番手を追走。直線では突き放されたが、最後までしぶとく脚を使って、力のあるところを示した。まだ1勝馬だが、札幌2歳Sでも3着に好走しているように、能力は相当。前走内容からマイルの方が競馬がしやすいはずで、相手関係を考えればV争いになる。  こうやまき賞で2勝目を挙げたダディーズビビッド。重初挑戦のサウジアラビアRCは壁にぶつかり10着に敗れたが、自己条件で反撃に成功した。その後は放牧に出され、12月末に帰厩。1週前追い切りでは栗東CWで5F71秒4-11秒5を計時。順調に調整が進んでいる。折り合い面が課題だが、武豊の手腕に期待する。  

     京王杯2歳Sは8着に敗れたブルーシンフォニー。出遅れるのはいつものことだが、今回は反応が鈍く、末脚不発に終わった。デビュー2戦がマイル戦だっただけに、芝1400mの流れがやや忙しかった感もある。2走前の新潟2歳Sでは2着確保。マイルで見直したい。  朝日杯FSで6着と善戦したロードマックス。2走前の京王杯2歳Sではタイム差なしの2着に好走。G3なら上位争い。12年阪神JF覇者ローブティサージュを母に持つレゾンドゥスリールにも注目したい。


    シンザン記念動画【2020年】





    シンザン記念ー2020年結果 

    1着 サンクテュエール ルメール
    2着 プリンスリターン 原田和真
    3着 コルテジア 松山弘平
     
    シンザン記念ー人気予想

    1番人気 バスラットレオン
    2番人気 ロードマックス
    3番人気 ククナ
    4番人気 ワザモノ
    5番人気 レゾンドゥスリール


    「広告」無料情報でしっかり馬券を当てていました。
    新サイトなので見逃し厳禁です。無料会員だけはなっておいたほうが良いですね。。。

    ※ 馬神降誕

    2021-01-05_23h36_53



    このページのトップヘ