競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    予想オッズ

    オールカマー予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    タンタアレグリアなど、オールカマー厩舎情報/美浦トレセンニュース
    優勝馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられるオールカマー(GII・中山芝2200m)に出走するタンタアレグリアとマイネルミラノが最終追い切りを行った。追い切り後の関係者のコメント。

    ■1月22日AJCC(GII・1着)以来となるタンタアレグリア(牡5・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
    「前走(AJCC・GII・1着)時は迫力があって馬も良く映りましたが、今回はまだ物足りなく感じます。ただ追い切りでもそれなりに動けていますし、落ち着きも出てきていますので、だいたい及第点でしょう。前走のような走りができるようなら、この先も期待できますね。

     まだ暑い時期でもありますし、馬体重は前走時よりマイナスになると思います。このレースの結果を見て、今後GI路線に進むのか、GII、GIIIに向かうか決まってくると思います。あとはジョッキーの底力に期待ですね」

     追い切りの手綱も取った蛯名正義騎手。
    「先週の追い切りでは内にモタれたと聞いたので、今週は外に併せましたが大丈夫そうでした。前走時は体に張りがあって状態がとても良かったですが、今はしぼんだ体が戻りつつある段階です。まだ良化途上ですが、現状では1番良いところまで来たかなと思います。

     以前から能力的にも期待していたのですが、弱さがあって軌道に乗りきれずにきましたが、前走で重賞を勝てましたし、中山でも良いレースができるでしょう。気性面でも成長して大人になってきましたし、それに体が追いついてくると更に良いと思います」

    ■マイネルミラノ(牡7・美浦・相沢郁)について、相沢調教師。
    「前走(札幌記念・GII・13着)は1コーナーまで脚を使ってしまって、3コーナーからまくることができず、少しだらしなかったですね。58キロでの出走も近走はありましたが、今回56キロで出られるのは良いと思います。前走後も気配は良いですし、中山の外回りコースで、3コーナーからゆったりと動いていけるのは良いでしょう」
    【オールカマー予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    神戸新聞杯予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【神戸新聞杯&オールカマー:東西記者徹底討論】神戸新聞杯は超鉄板レイデオロか夏の上がり馬か
     【神戸新聞杯(日曜=24日、阪神芝外2400メートル=3着までに菊花賞優先出走権&オールカマー(日曜=24日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)東西記者徹底討論】日曜は菊花賞の王道トライアル・GII神戸新聞杯が行われる。日本ダービー馬レイデオロの注目の秋始動となるが、早々に菊不参戦を表明している馬だけに扱いは意外に難しい。レイデオロ鉄板を主張する「馼王」西谷に対して、「独創」荒井は夏の上がり馬の逆転を予告。馬券の女神は果たしてどちらにほほ笑むのか!?

     西谷哲生(大スポ):今回の台風は本当に大迷惑でしたね。

     荒井敏彦(東スポ):わざわざ3連休に合わせて上陸してこなくてもいいのにな。競馬も一時は順延になるんじゃないかとヤキモキしたよ。

     西谷:まったくですよ。中止を当て込んで夜遅くまで飲んでたのに、普通に開催されるなんて…。危うく遅刻しかけましたよ。勘弁してほしいですよね。

     荒井:それは完全に自己責任じゃねーか。

     西谷:まぁまぁ、天気の読みは外しても、馬券の読みは外しませんから。任せてください。

     荒井:どうだかねぇ。先にオレから言わせてもらうと、神戸新聞杯はキセキ◎だ。春はとにかく馬が緩くて上がり勝負に対応しきれなかったが、休養を挟んで見違える走り。500万勝ちの時点で馬が変わっているのは分かっていたけど、1000万の信濃川特別が群を抜く勝ちっぷり。新潟記念より1秒も速い1分56秒9で走破したんだから“強い”以外の言葉が見当たらない。

     西谷:確かに前走は見た目にも数字的にもインパクト大でした。この夏最大の上がり馬と言って間違いないでしょうね。

     荒井:距離が延びて追走が楽になるのは確実だし、父ルーラーシップも管理していた角居キュウ舎なら気性のコントロールも問題ないだろう。菊花賞でも本命に考えている器。ここは「奇跡」ではなく、GI制覇への「軌跡」になる。

     西谷:ボクも対抗にはしましたが、やはり◎はダービー馬レイデオロ以外には考えられませんよ。陣営はすでに「菊花賞には向かわない」と明言。淀の3000メートルを見据えて折り合い重視の競馬をするであろうライバルたちを尻目に、より積極的に動いていけますからね。スローからの早め押し切り…要はダービーの再現が濃厚でしょう。

     荒井:今年のダービーは時計が遅く、世代レベルを疑う声もあるけどな。まあ、前半のペースによるものが大きいし、例年に劣らないレベルにはあると思う。ただ休み明けは休み明けだからな。

     西谷:いやいや、神戸新聞杯から始動したダービー馬は過去10年で連対率100%の成績を残しています。問題なくクリアしてくれますよ。

     荒井:3番手は1週前追い切りの動きが素晴らしかったサトノアーサー。本命にしたダービー(10着)は初めての東上とペースが遅かったのを差し引いても正直、ガッカリの内容だったけど…。毎日杯(2着)でアルアインに迫った末脚を考えれば、世代上位の能力があるのは間違いない。

     西谷:そもそも2400メートルは少し長い気がしますけどね。ダービーで距離不安をささやかれたアルアイン(5着)より、さらに胴が詰まって見えたのが、このサトノアーサーでしたから。ここは押さえ程度で十分では。

     荒井:大事に使ってきた馬で、まだ二枚くらいむける皮が残っているはず。ひと夏越しての成長がどこまであるかがカギになるな。

     西谷:ボクの単穴はベストアプローチ。春はスムーズさを欠いたり、脚を余したり…。かみ合えばもっといい成績を残せていたはずです。超速決着の青葉賞でアドミラブルの2着。地力は確かですから、ここでも好勝負が期待できます。

     荒井:印は絞って押さえはホウオウドリーム1頭に。エンジンのかかりは遅いけど、追えば追うほど伸びてくるイメージ。広いコースでこそ持ち味を発揮するはずだ。

     西谷:春のクラシック戦線では予想以上に気を吐いたダンビュライトも軽視できません。1週前に坂路で(4ハロン)50・4秒の自己ベストをマーク。仕上がりにも不安はありませんから。
     荒井:オールカマーにも触れとくか。注目はタンタアレグリアだな。中山の2200メートルは巧者が幅を利かす舞台。地力でねじ伏せた年明けのアメリカJCCも今回と同じ休み明けだったし、当時の再現があっていい。

     西谷:ルージュバックが右回りを走るのは昨年の中山牝馬S(2着)以来、実に1年半ぶり。休養前の成績がひと息だっただけに、カンフル剤的な効果が出るんじゃないかと。
    【神戸新聞杯予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    セントライト記念予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【【セントライト記念】ミッキースワロー、実戦想定
      セントライト記念の追い切りが13日、東西トレセンで行われた。美浦では京都新聞杯5着のミッキースワローがWコースで実戦を想定した追い切りを消化。センスの良い走りを見せ、好仕上がりをアピールした。栗東では、皐月賞4着のクリンチャーが力強い動き。菊花賞の権利取りに意欲的だった。アルアインなどは14日に追い切る予定。  

    夏が戻ってきたかのような強い日差しのもと、ミッキースワローが実戦さながらの追い切りを敢行した。  Wコースに飛び出して先行したが、追走したトーセンミッション(1000万下)と向こう正面で入れ替わった。調教スタンドの一角がざわついたが、当のミッキーは落ち着いたもの。リズムを崩すことなく僚馬を目標に進め、直線で一杯に追われると内からグイッと伸び、1馬身の先着だ。  

    「競馬だから、入れ代わり立ち代わりがあるから。その練習みたいな感じで、半マイルから相手にいかせた。思った以上にフワフワすることがある馬だけど、上手に対応できていたし優秀だよ。夏を越して、体に少し芯も入ってきた」  普段と違う調教にも、うまく立ち回った愛馬に、手綱を取った菊沢調教師が満足げにうなずく。

    タイムは6ハロン84秒3、3ハロン39秒7-12秒7。コースの外寄りを回して負荷をかけても「馬は(追い切り後も)ケロッとして、何となく走ってきた感じ。時計的にもいいんじゃないかな」。心肺機能の高さも見せつけた。  

    重賞を勝てる力があることは、近2走で感じられた。2走前の京都新聞杯は、早めに動いていく形になりながらも勝ち馬と0秒1差の5着。前走のいわき特別(1000万下)3着には「超スローになったし、道中も(外から)ふさがれて気の毒な競馬になった」とトレーナー。福島では絶望的な4コーナーほぼ最後方からタイム差なしまで追い上げたのは評価できる。  レースは台風18号の進路次第で道悪も考えられるが「雨は大丈夫」と菊沢師はキッパリ。

    「相手は違うけど、中山の2200メートルは未勝利で強い競馬をしたから」と舞台適性にも太鼓判を押す。  鞍上には名手・横山典騎手を迎えた。皐月賞馬をはじめとする春の実績馬や無敗馬を蹴散らして、菊花賞の主役に躍り出る。
    【セントライト記念予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    ローズS予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【ローズS展望】桜花賞馬レーヌにファンディーナ、良血ミリッサ…見逃せない好カード
     「ローズS・G2」(17日、阪神)

     古馬王道路線に挑むオークス馬ソウルスターリングの姿こそないものの、春をにぎわせた面々が無事に夏を越し、前哨戦にこぞって参戦。本番へ向けて、目が離せない一戦だ。

     桜花賞馬レーヌミノルは、函館経由で栗東に入厩。順調に乗り込まれ、ひと追いごとに素軽さを増している。中井助手は「期待通りに成長してくれた。本番を見据えた仕上げでも、十分動ける態勢。距離も大丈夫」と始動戦から気合が入る。

     初黒星を喫した皐月賞7着以来となるファンディーナにも注目だ。「少し急仕上げ。使って良くなれば」と高野師は控えめだが、素質は誰もが認めるところ。力を出せればいきなりVもある。

     オークス2着のモズカッチャンは、ミルコ・デムーロ騎手との新コンビが見もの。同3着アドマイヤミヤビは、相性のいいルメールの手綱で存在感を示したいところだ。桜花賞2着のリスグラシューも、順調に乗り込まれて好仕上がり。目下2連勝中の良血ミリッサが実績馬相手にどこまでやれるかにも注目が集まる。
    【ローズS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    京成杯AH予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【京成杯AH展望】前で運べる機動力が魅力のNHKマイルC3着馬ボンセルヴィーソが中心
      ◆第62回京成杯オータムハンデ・G3(10日、芝1600メートル、中山競馬場)

     サマーマイルシリーズ、第62回京成杯オータムハンデ・G3は9月10日、中山競馬場の芝1600メートルで行われる。

     NHKマイルC3着以来となるボンセルヴィーソ(牡3歳、栗東・池添学厩舎)は、過去にマイル重賞で2歳時の朝日杯FS3着を含め【0130】。安定感ある脚力が光る。逃げても抑えても競馬ができるタイプで、前、前で運べる機動力は小回りの中山向きだ。

     昨秋からの本格化が著しいグランシルク(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)は、今年に入って勝ち星こそないが、5戦すべて3着以内。そのうち重賞でも中京記念2着、ダービー卿チャレンジT、京王杯スプリングCは3着と、初タイトルへあと一歩。過去【2322】の好相性を誇る中山マイルの舞台で念願の重賞初Vを目指す。

     昨年の優勝以来、4戦勝ち星なしのロードクエスト(牡4歳、美浦・小島茂之厩舎)。新潟2歳S1着、NHKマイルC2着を見るかぎり、左回りがベストのイメージだが、昨年のゴール前の切れ味は見事。450キロ台と馬格がないだけに、ハンデ(昨年は55キロでV)には注意したい。

     10か月ぶりの関屋記念で5着に入ったダノンプラチナ(牡5歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)。馬体重は12キロ増えていたが、太め感はなく、良好な仕上がりだった。昨年のこのレースでは7か月ぶりの実戦で3着と適性、能力をアピールした。前走を叩いて体が締まり、朝日杯FS、富士S(ともに1着)時の瞬発力が戻れば、十分に勝負になる。

     充実一途の逃げ馬マルターズアポジー(牡5歳、美浦・堀井雅広厩舎)は、今年すでに重賞2勝(小倉大賞典、関屋記念)。中山マイルは昨年10月に秋風S(1600万)を勝ち、オープン入りを決めた舞台だ。父ゴスホークケンが朝日杯FSを制したのもこのコース。期待が高まる。

     勝ちにいった安田記念はしんがり負けも、G3なら力差はないブラックスピネル(牡4歳)、暑い時期が得意のダノンリバティ(牡5歳)の栗東・音無秀孝厩舎2騎にも警戒。
    【京成杯AH予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ