競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ヴィクトリアマイル

    ヴィクトリアマイル2018年回顧|馬券は当たったけど・・・



    keibakaiko






    「PR」見逃し厳禁

    無料予想あり競馬情報会社
    BLOOD HORSE
    無料コンテンツはもちろん完全無料で閲覧・・・お得な情報は無料でゲットwww





    「ヴィクトリアマイル-動画」




    「ヴィクトリアマイル結果」
    viku


    red


    アヴァンセ勝って欲しかったな
    まあでも1,000m、58秒3いくら高速馬場でもここまで早くなるとは思えなかった。
    (展開的に)

    NHKマイルCも1,000m、58秒0で
    1着 ケイアイノーテック 17番手-15番手
    2着 ギベオン 5番手-4番手
    3着 レッドヴェイロン 11番手-12番手

    ヴィクトリアマイル
    1着 ジュールポレール 8番手-8番手
    2着 リスグラシュー 13番手-13番手
    3着 レッドアヴァンセ 4番手-4番手


    これ見るとレッドアヴァンセがいかに強いかwww
    調教の記事でかなり推していたレッドアヴァンセいい感じですね。
    http://keibamatome.livedoor.biz/archives/75588746.html





    もう利用しました。。。
    ここの無料サイト「競馬情報」は無料でゲットするものだもんね
    アプリ・・・
    ココ最近注目なんだよね。だって無料予想当てまくりなので見逃し厳禁なんだよねwww



    ヴィクトリアマイル予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【枠順の明暗】ヴィクトリアマイル

    <栗東トレセン>

     リスグラシューは〔8〕枠(16)番。同舞台で重賞初Vを飾ったアルテミスSと同じラッキーナンバーだ。岡助手は「偶数でゲート後入れなのでよかった。跳びが大きいので、外めでのびのび走れるのもいい」と歓迎した。

     3年連続参戦のレッツゴードンキは〔1〕枠(1)番の最内枠。梅田調教師は「着順も1番がいいね。あとは勝利の女神がほほ笑んでくれれば」と願った。

     ミスパンテールは〔1〕枠(2)番。昆調教師は「枠順に注文はなかった。どんな競馬もできてゲートもおとなしいから。不安を探してもない」と言い切った。

     連覇を狙うアドマイヤリードは〔6〕枠(11)番。2010年にブエナビスタ、13年にヴィルシーナが勝っている枠だ。小島助手は「レースはしやすい枠。力を出し切ってくれれば」と力を込めた。

     ジュールポレールは〔2〕枠(4)番。西園調教師は「いいやん。内枠の偶数は願ったとおり」と歓迎した。

     ラビットランは内めの〔2〕枠(3)番。昨年はジュールポレールが3着に入った枠に、角居調教師は「どこでもよかった。じっくり運ぶ形でスムーズな競馬をしたい」と淡々。

     先行馬のカワキタエンカは〔4〕枠(7)番。「どこに入っても“お前が行くやろ”って感じでしょうし、枠はどこでも」と浜田調教師は冷静だった。

     ワントゥワンは〔7〕枠(13)番。助田助手は「外からの方がレースをしやすい。体も減っていないし体調はいい」。一昨年にストレイトガールが差し切りを決めた枠からVを狙う。

     クインズミラーグロは〔4〕枠(8)番。野中調教師は「内外に関係なく、偶数番が欲しかった。あとはゲートだけ」と笑顔を見せた。 エテルナミノルは希望通りにゲート後入れになる偶数枠の〔6〕枠(12)番。古川助手は「ゲートをまともに出ればいい位置を取れる。力はあるので五分に出てくれれば」と祈るように話した。

     デンコウアンジュは外めの〔8〕枠(17)番。「昨年(2着)の〔5〕枠(10)番より外が欲しかった。内だったら“ついていない”とあきらめるつもりでした」と佐藤助手。発表直後の午前10時に、東京競馬場に向けて出発した。

     大外の〔8〕枠(18)番にはメイズオブオナーが入った。「仕方ないな。決められた枠で頑張るしかない」と藤原英調教師は言葉少な。3年前、18番人気のミナレットがハナを切っての3着で波乱を演出したように大外からの“奇策”はあるか。

     <美浦トレセン>

     京都牝馬S2着のデアレガーロは〔7〕枠(15)番。大竹調教師は「どこでもいいと思っていたけど、ここなら他馬の出方を見られる」と納得の表情。

     リエノテソーロは〔7〕枠(14)番。昨年のNHKマイルC2着時と同じ枠で、武井調教師は「縁起のいい枠。あとは馬がベストを尽くしてくれたら」と期待。

    【ヴィクトリアM】展開から浮上するのはこの馬だ

    「ヴィクトリアマイル・G1」(13日、東京)

     単騎で逃げるカワキタエンカは、多少ハイペースになっても簡単には止まらないタイプ。下手に緩急をつけることなく、スタート直後から11秒台のラップを刻んで、スタミナ勝負へと持ち込む。

     そんな流れで本領を発揮するのが、スピードとスタミナを兼備しているアエロリット。昨年のNHKマイルCを制した時と同様に、先行策から早めの抜け出しを図り、後続の追撃を封じ込む。

     逆に苦しいのは後方で脚をためるリスグラシューやアドマイヤリード。時計的に見劣る昨年の2着馬デンコウアンジュも、今年は割引が必要となる。

    【ヴィクトリアM】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「ヴィクトリアマイル・G1」(13日、東京)

     東京競馬場のある東京都府中市の13日の天気予報は曇りのち雨。ヴィクトリアマイルの発走時刻前後から降りだす予報だけに、場合によっては稍重まで悪化する可能性もありそうだ。今週から芝は最内のAから直線部分で内3メートルに仮柵が設けられるBコースに。セオリー通りなら先行有利に拍車が掛かりそうだが、土曜は意外と差しも決まっていた。良馬場で行われた土曜5Rの芝1600メートル戦(3歳未勝利)の勝ち時計は1分34秒5。Vタイムは1分33秒台が想定される。

     パンパンの良馬場は期待できず、時計勝負にならないという条件下で浮上するのが、昨年2着のデンコウアンジュだ。末脚の確かなタイプで、11番人気とノーマークだった1年前は上がり最速タイ(3F33秒2)を記録して波乱を演出している。タフな持久戦での決め手比べなら折り紙付きだ。

     過去10年で2回以上馬券に絡んだ馬が5頭もいる“リピーターレース”。福島牝馬S3着からの臨戦は4着↓2着の昨年以上といっていいだろう。大外強襲で1年前の再現を期待したい。

    【データで勝負】日曜東京11R・ヴィクトリアマイル
    【データからの注目馬・東京11R】

    ◎(11)アドマイヤリード

    ☆2013年以降、同名レース5戦では、サンスポ杯阪神牝馬S組【3・2・1・25】と好ローテ。そのうち、今回斤量減なら【2・2・0・2】連対率67%

     また、2頭が連覇しているように、リピーターが多く出る。年齢は不問で、4歳が2勝、5歳以上が3勝を挙げている。関西馬が【5・3・3・44】に対して、関東馬が【0・2・2・30】と西高東低が続く。前記条件を全て満たすアドマイヤリードの連覇に期待する。




    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ヴィクトリアマイル予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【覆面記者の耳よりトーク】ヴィクトリアマイル

    今週の『覆面記者の耳よりトーク』はヴィクトリアマイルが対象。情報ではレベルの高い4歳世代、左回りでの経験値、さらに牡馬混合重賞での実績からリスグラシューがイチ推し。逆に“消し”の候補も同じ4歳世代からミスパンテール、カワキタエンカの名前が挙がった。

     記者A 年長牝馬によるこのマイルGIは、実力伯仲の好メンバーになったな。

     記者B 過去10年で6勝と、4歳馬が幅をきかせているレース。栗東のG調教師は「特に今年の4歳世代の牝馬はハイレベルやで」と話していました。

     記者C 確かにここに出走する4歳牝馬は、現時点でGIや重賞を2勝以上しているのがゴロゴロおるからね。

     記者D 現場ではリスグラシューを推す声がよく聞かれましたね。2走前の東京新聞杯で一緒のレースに使ったX助手は「牡馬混合でテンションが高かったのに、実戦ではあっさり突き抜けていた。あの精神力と一連の安定感は高い評価ができるで」と。

     記者B 「自在性があって瞬発力もすごいから、実績通りに左回りの東京マイル(過去2戦で重賞2勝)はベストじゃないかな」とJ騎手も一目置いていました。

     記者C 同じ4歳世代やけど、目下4連勝(重賞3連勝)中のミスパンテールは不安視する声が多かったで。

     記者A 管理する昆調教師も、ちょっと前まで「状態のよさと結果が結びつかない難しいタイプ。常に気持ちの問題」と話していたぐらいやからねぇ。

     記者D 他厩舎のV助手も「結構、テンションの高いタイプ。それが去年のオークス(10着)以来の左回りの東京やろ。連勝中でもアテにはできんな」と指摘していました。

     記者B 前2走、GIIIで1、2着のカワキタエンカは4歳の逃げ馬。「今度は他にも初速でハナを叩けそうな馬がおるからつらい。同じ4歳なら、この舞台でGI・NHKマイルを好時計勝ちしているアエロリットのスピードの方がよっぽど脅威」というQ調教師の話は、説得力がありました。

    【ヴィクトリアマイル予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    ヴィクトリアマイル2018年回顧|ローテーションから注目するレースと注目する馬





    rote





    「PR」見逃し厳禁

    無料予想あり競馬情報会社
    BLOOD HORSE
    無料コンテンツはもちろん完全無料で閲覧・・・お得な情報は無料でゲットwww




    ヴィクトリアマイル-前走データ(過去10年)

    roteha


    ※-こうやって見ると文句ない阪神牝馬S
    (阪神牝馬→ヴィクトリアマイル複勝圏内馬)

    hanshinro


    2017年 アドマイヤリード
    2017年 ジュールブレール

    2016年 ストレイトガール
    2016年 ミッキークイーン

    過去2年1着・2着馬が阪神牝馬S組から来ている。


    2017年-阪神牝馬S



    1着 ミッキークイーン →ヴィクトリアマイル7着
    2着 アドマイヤリード →ヴィクトリアマイル1着
    3着 ジュールブレール →ヴィクトリアマイル3着


    2016年-阪神牝馬S




    1着 スマートレイアー→ヴィクトリアマイル4着
    2着 ミッキークイーン→ヴィクトリアマイル2着
    3着 ウインプリメーラ→ヴィクトリアマイル11着

    7着 ストレイトガール→ヴィクトリアマイル1着


    2018年-阪神牝馬S


     
    1着 ミスパンテール
    2着 レッドアヴァンセ
    3着 リスクラジュー


    過去2年間阪神牝馬S2着馬が活躍している。
    そして・・・2018年2着馬レッドアヴァンセ。
    先週、弟レッドヴェイロンがNHKマイルC(ヴィクトリアマイルと同距離同コース)3着。

    弟は父キンカメ
    姉は父ディープだけど・・・


    ここまで条件が揃っているw


    もう利用しました。。。
    ここの無料サイト「競馬情報」は無料でゲットするものだもんね
    アプリ・・・
    ココ最近注目なんだよね。だって無料予想当てまくりなので見逃し厳禁なんだよねwww



    ヴィクトリアマイル予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【ヴィクトリアM展望】重賞連勝を含む4連勝中のミスパンテールが中心


      牝馬のマイル女王決定戦、第13回ヴィクトリアマイル・G1が5月13日、東京競馬場の芝1600メートルを舞台に行われる。

     京都牝馬S、阪神牝馬Sの重賞連勝を含む4連勝中のミスパンテール(牝4歳、栗東・昆貢厩舎)を中心視する。3歳時は、桜花賞、オークスと牝馬クラシック路線を進むも16着、10着と全くいいところがなかったが、秋になって完全に本格化。アエロリットの主戦でもある横山典は、今回こちらの手綱を執る。

     そのアエロリット(牝4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)は戸崎との初コンビ。前走は強豪牡馬相手の中山記念で2着。2番手からしっかり脚を使えた点は評価できる。左回りの走りがよりスムーズな馬。昨年、NHKマイルCを制した東京マイルは、父クロフネ譲りの持続力が最も生きる舞台だ。

     阪神牝馬Sで3着したリスグラシュー(牝4歳、栗東・矢作芳人厩舎)は、東京・芝1600メートルのアルテミスS、東京新聞杯で2戦2勝。今週から復帰の武豊の手綱さばきにも注目。

     昨年の覇者アドマイヤリード(牝5歳、栗東・須貝尚介厩舎)は、阪神牝馬Sで小差の4着。決め手を欠くレースぶりが続くが、V請負人、Mデムーロとのタッグで連覇の期待。

     高松宮記念2着のレッツゴードンキ(牝6歳、栗東・梅田智之厩舎)は近走、短距離にシフトしており、マイルへの対応がカギになる。

     他に、昨年2着デンコウアンジュ(牝5歳、栗東・荒川義之厩舎)、同3着ジュールポレール(牝5歳、栗東・西園厩正都舎)、ソウルスターリング(牝4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)、レッドアヴァンセ(牝5歳、栗東・音無秀孝厩舎)、ラビットラン(牝4歳、栗東・角居勝彦厩舎)、レーヌミノル(牝4歳、栗東・本田優厩舎)、メイズオブオナー(牝4歳、栗東・藤原英昭厩舎)などがエントリーしている

    【ヴィクトリアマイル予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ