競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    青葉賞

    5
    青葉賞予想|好メンバーが集まる|ネット評価まとめ
     
    青葉賞レース展望

     東京2週目のメインは土曜に行われるダービートライアルの青葉賞(GII、芝2400メートル)。本番と同じ舞台で争われる一戦で、上位2頭に本番の優先出走権が与えられる。2006年のアドマイヤメイン、11年のウインバリアシオン、12年のフェノーメノはここを勝って本番でも2着に好走しており、夢の大舞台への切符をかけた戦いは必見だ。

     昨秋の東スポ杯2歳S2着以来の実戦となるプロディガルサン(美浦・国枝栄厩舎、牡)が注目を集める。ドバイターフを勝ったリアルスティールの全弟で、新馬-芙蓉Sを連勝して臨んだ前走はスマートオーディンの2着。血統に恥じない素質を示した。弥生賞から皐月賞に向かうプランだったが、体調が整わずに目標を切り替え、ここからダービーを狙う。ひと息入ったぶんは割引材料だが、余力を残して本番に向かえるのも事実。追い切りの動きも迫力十分で、ここをあっさり通過するようなら皐月賞組にとって脅威となるだろう。

     フジテレビ賞スプリングS2着のマイネルハニー(美浦・栗田博憲厩舎、牡)はクラシック登録がなかったことから皐月賞を回避。ここに備えてきた。マイペースに持ち込んだときの粘りはかなりのもの。すんなり逃げられるようなら、ここでも上位争いに持ち込めるはずだ。

     京成杯、共同通信杯とも3着に敗れて賞金の上積みができなかったメートルダール(美浦・戸田博文厩舎、牡)も、皐月賞路線を回避してここに照準を定めてきた。特に共同通信杯は、のちの皐月賞馬ディーマジェスティから0秒3差の3着で、評価が高まっている。末脚の破壊力は世代でも上位のものがあり、03年にこのレースを制した父ゼンノロブロイに続く父子制覇を目指す。

     2月にこの東京芝2400メートルの平場戦を制したのがレーヴァテイン(美浦・堀宣行厩舎、牡)。2位入線からの繰り上がりとなったが、レーヴディソールやレーヴミストラルといった活躍馬の弟で、募集価格1億2000万円の期待に応える2連勝となった。まだ肉体的に完成していない部分もあり、前走後はここ一本に絞っての調整。潜在能力の高さは折り紙付きで、無敗のままここを勝つようなら本番でも大いに注目されることになるだろう。

     そのレーヴァテインの走行を妨害したことで降着となったのがヴァンキッシュラン(栗東・角居勝彦厩舎、牡)だった。仕切り直しのアザレア賞を制してオープン入りを果たし、再びこの舞台に挑む。前走で2着に負かしたジュンヴァルカンが先週のあずさ賞を完勝しており、改めてその地力が裏付けられた形だ。しぶといタイプだけに、新コンビ内田博幸騎手とも手が合うだろう。

     このほか、新馬-水仙賞を制して無傷の2連勝を飾っているアルカサル(美浦・大竹正博厩舎、牡)、出世レースの大寒桜賞を快勝したレッドエルディスト(栗東・笹田和秀厩舎、牡)、すみれS3着のロスカボス(栗東・高野友和厩舎、牡)なども素質は高い。

     どの馬も、現時点での完成度と素質の高さがかみ合うかどうかが大きなポイント。一生に一度の舞台に駒を進められる2頭は果たして-。

     

    ダービーを目指して好メンバーが集結/青葉賞の見どころ

     本番と同じ舞台で行われるダービートライアル・青葉賞。今年はデビューから2連勝のアルカサル・レーヴァテインや、ここで復帰の良血馬プロディガルサンなど、好メンバーが揃った。日本ダービーに名乗りを上げるのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■4/30(土) 青葉賞(3歳・GII・東京芝2400m)

     プロディガルサン(牡3、美浦・国枝栄厩舎)はドバイターフを勝ったリアルスティールの全弟という良血馬。今年の初戦に予定していた弥生賞を骨膜炎のため回避したあと、ここを目標に調整してきた。新馬戦、芙蓉Sと連勝し、続く東京スポーツ杯2歳Sでも2着と2歳時から素質の片鱗を見せており、ここも上位争いが期待される。

     アルカサル(牡3、美浦・大竹正博厩舎)は新馬戦、水仙賞と無傷の2連勝。長くいい脚を使えるのが魅力で、初の東京コース、相手強化のここもあっさりクリアできるようなら本番の日本ダービーでも楽しみ。

     レーヴァテイン(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は前走の500万下でクビ差の2位入線となったが、先着馬ヴァンキッシュランの斜行により、繰り上がって2連勝を飾った。半兄アプレザンレーヴ、レーヴミストラルがこのレースを勝っており、本馬自身もダービー向き。兄達に続くことができるか。

     その他、京成杯・共同通信杯で3着に入っているメートルダール(牡3、美浦・戸田博文厩舎)、降着後のアザレア賞をキッチリと勝ったヴァンキッシュラン(牡3、栗東・角居勝彦厩舎)、スプリングSで2着に入ったマイネルハニー(牡3、美浦・栗田博憲厩舎)、すみれSで復調気配を見せたロスカボス(牡3、栗東・高野友和厩舎)などもダービー出走権を狙う。発走は15時45分。

    【青葉賞予想|2016年|好メンバーが集まる|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    青葉賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    管理人おすすめ
    超絶無料会員コンテンツ!!
    keibayo

     

    レッドライジェルなど、青葉賞厩舎情報/美浦トレセンランキング

     2着までダービーの優先出走権が得られるダービートライアル、青葉賞(GII・芝2400m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    レッドライジェル(牡3・美浦・藤沢和雄)について、柴田善臣騎手。
    「他馬を気にする面が解消してきました。ここまで順調ですし体調も良いので、稽古の動きも当然良いです。勝てれば良いですね」

    大江原勝調教助手。
    「2走前(未勝利)に勝った時は展開がはまった感じもありましたが、前走の山吹賞(500万下)では終いを生かすレースをして勝てたのは良かったですし、力もつけているのでしょう。体つきは変わりはないですが、体調はキープできています。東京も良いと思います」

    ブラックバゴ(牡3・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
    「前走のスプリングS(GII・6着)はスローの流れで、あの位置取りでは厳しいですね。以前より追い切りで動かなくなっていますけど、線の細いタイプで太目感はありません。オンとオフがはっきりしている馬なので距離が延びるのは良い方向に出ると思いますし、東京コースに替わるのも良いでしょう」

    タンタアレグリア(牡3・美浦・国枝栄)について、蛯名正義騎手。
    「能力は新馬の追い切りの時から感じていました。ここのところ常識にかかってきましたし、この馬のタイプがつかめてきました。どのようにしていけば良いか、方向性がわかってきましたね。順調に来ていますし、今週(4/29)の追い切りの動きも良かったです。距離は長い方が良いと思っていましたが、更に延びても良いくらいです」

    ヴェラヴァルスター(牡3・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
    「前走のゆりかもめ賞(500万下・1着)後は、ノーザンファーム天栄に放牧に出ました。4週前くらいに戻ってきて、順調にここに向けて調整してきました。馬体や馬体重など肉体面は変わっていませんが、フレームが大きくなって成長した感じがします。今週(4/29)の追い切りは3頭併せの1番後ろから進み、ひと呼吸置いてから仕掛ける内容でしたが、良い動きでした。レース間隔は開いていますが、ここを目標にやってきましたし楽しみですね」

    カカドゥ(牡3・美浦・奥村武)いついて、奥村調教師。
    「切れる感じではないので東京コースはどうかなと思っていましたが、前走の水仙賞(500万下・4着)は上がり33秒5の脚を使ってくれましたし、東京の方が良さが出るのではないかと思います。先週は横山(典)騎手が乗ってビシッとやっていますし、ここまで順調です。もう少し体が増えてほしいですが、成長力のある血統なのでこれから良くなってくれると思います」

    ストレンジクォーク(牡3・美浦・小島太)について、柴山雄一騎手。
    「前走(500万下・1着)は厳しい競馬でしたが、馬の力で勝ってくれました。あのような競馬ができればどんなレースでもできると思いますし、東京コースはもっと良い脚が使えそうですね。先週も今週も追い切りの動きは良かったですし、前走以上の状態で臨めそうです。前半の折り合いに気をつければ、東京の2400mも問題ないと思います」

    ミュゼダルタニアン(牡3・美浦・高市圭二)について、高市調教師。
    「前走の山吹賞(8着)は馬場が硬かったですし、前に行き過ぎて目標にされてしまいチグハグな競馬になりました。道中は引っ掛かる馬でもないので、2走前の水仙賞(3着)では良い脚を使ってくれましたね。今回と同じ条件で未勝利を勝っていますし、同じ舞台で頑張ってほしいです」

    スモークフリー(牡3・美浦・戸田博文)について、戸田調教師。
    「先週併せ馬でやりましたが、1頭になると若干遊ぶところがあるので、それを考慮して今週(4/29)は単走で追い切りました。だいぶ幼さも取れてきましたし、1勝馬ですけど力はある馬だと思います。負けはしたものの、前走(500万下・2着)で芝の適性も見せてくれました。今回は2回目の芝のレースで、ガラリ一変があってもおかしくないと思っています。トビが大きい走りをしますので、広い東京コース向きだと思います」

    マイネルサクセサー(牡3・美浦・畠山吉宏)について、畠山調教師。
    「追い切りの動きは、まずまず合格点だったと思います。だいぶ体も締まってきましたね。スタミナがありそうなので、距離延長はプラスだと思います。切れ味があるタイプではないので、スタミナを生かす流れになってほしいです」(取材・写真:佐々木祥恵)

     
    サンスポ予想王-動画

     

    おもな馬の追い切りタイム

    ブラックバゴ

    4/29-南坂良

    54.8-40.1-26.6ー13.6

    タンタアレグリア

    4/29ー南坂良

    53.3-39.3-25.8ー12.9

    レッドライジェル

    4/29ー南W良

    69.7ー53.6-39.6-13.1

    ヴェラヴァルスター

    4/29-南W良

    68.2-52.5-38.4ー12.6

     

     

    ツイッターの声

     

    【青葉賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ