競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    マイラーズカップ

    マイラーズC予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】日曜京都11R・マイラーズC

    ◇エアスピネル「思うようなレースはできた。ただ、反応が良すぎて、(最後は早めに)ハナへ立つ形に…。能力はある」(ムーア騎手)

     ◇カデナ「スッと脚を使ったとき“おっ”と思ったが、最後は失速する感じに。距離は短い方がいいと思うけど、後ろからいくタイプなので、もう少し展開の助けが欲しい」(福永祐騎手)

     ◇グァンチャーレ「外枠だったけど、うまく内めに入れて、スムーズな競馬をすることができた。しまいはよく伸びていたし、あと一歩だが…」(池添謙騎手)

     ◇サングレーザー「ラストまでしっかりと走っている。タフな馬だし、来年の飛躍が楽しみ」(福永祐騎手)

     ◇ダッシングブレイズ「好位で運べたけど、上がり勝負になった。もう少しペースが流れてほしかった。状態は良さそうだったが…」(北村宏騎手)

     ◇テイエムイナズマ「いい感じで運べたけど、直線でもうひとつ、伸びがなかった」(古川吉騎手)

     ◇ブラックムーン「末脚がいい馬なので、それを最大限に生かしたいと思っていたが、うまくいった。ゴーサインを出すと本当にいい脚を使ってくれた。道中のペースが遅めだったので、少し早めに勢いをつけて動いたが、強かった」(武豊騎手)

     ◇ベルキャニオン「前回乗ったときに、落ち着いているなと思っていた。今日も掛からないように気をつけて運んだが、力む面は見せなかった。直線で一瞬は伸びて差のない競馬をしたし、精神的にいい方へ向いている」(石橋脩騎手)

     ◇ムーンクレスト「フットワークのいい馬で、調子は良さそうに感じた。道中は掛からずに前めにつけられたのでいいと思ったんだけど。3コーナー過ぎから手応えが怪しくなって、直線は走り切れなかった。輸送に弱いので、精神的なものがこたえたのかもしれない」(石橋脩騎手)

     ◇モズアスコット「外枠で大変だったし、ペースもそれほど速くならなかったので、少し引っ掛かった。そのぶん、ラストで少し反応が鈍くなった」(ルメール騎手)

     ◇ヤングマンパワー「マルターズアポジーの後ろで粘り込めれば…と思っていたが、最後で止まった」(石橋脩騎手)

     ◇ロジクライ「調教のときからすごい動きをしていたし、もともと重賞勝ちの実績がある馬。ここでは力が違うような感じがした」(浜中俊騎手)

    【データで勝負】日曜京都11R・マイラーズC

    【データからの注目馬・京都11R】

    ◎(5)サングレーザー

    ☆ここ5回のマイラーズCを参考。前年マイルCSに使っていた馬が、出走機会4回(14年を除く)で毎回連対

     前年のマイルCSで3着。京都芝は【2・0・2・1】と相性も良く、休み明けでも好勝負になる。

    【マイラーズC】傾向と対策

     阪神施行の11年以前も含め過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆実績 勝ち馬全10頭は重賞で3着以上の実績があった。実力がなければ好走は厳しい。

     ☆人気 1番人気は【2・2・2・4】。安定感はあるが勝ち切れない。

     ☆年齢 5歳以上で8勝。一方、4歳は【2・5・1・39】と劣勢だが、連対7頭中6頭は重賞2着以上の実績があった。

     ☆間隔 V馬10頭は中5週以上。間隔が詰まった馬は苦戦気味。

     結論 ◎モズアスコット ○エアスピネル ▲ロジクライ



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    マイラーズC予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    エアスピネルが悲願のGI制覇に向け始動/マイラーズCの見どころ


     昨年のマイルCSで2着のエアスピネルが始動。復帰戦を勝利で飾り、悲願のGI制覇に向けて弾みをつけることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■4/22(日) マイラーズC(4歳上・GII・芝1600m)

     エアスピネル(牡5、栗東、笹田和秀厩舎)は中山記念で始動する予定だったが、骨膜炎を発症したため回避。改めてここから悲願のGI制覇を目指す。一頓挫はあったものの、調教の動きは良く、状態に影響はなさそう。昨年はイスラボニータの2着に敗れたが、今年はしっかりと勝って安田記念に向かいたいところだ。鞍上は武豊騎手。

     サングレーザー(牡4、栗東、浅見秀一厩舎)は4連勝で昨年のスワンSを制し、続くマイルCS・阪神Cでも3着に入った。こちらも今年の初戦だが、昨秋は若干使い詰めの感があっただけに、ちょうど良い休養になっただろう。まだまだ成長が見込める4歳馬、今後のためにも勝って賞金を積み上げておきたい。

     その他、阪急杯で2着のモズアスコット(牡4、栗東、矢作芳人厩舎)、京都金杯を勝ったブラックムーン(牡6、栗東、西浦勝一厩舎)、連勝で勢いに乗っているロジクライ(牡5、栗東、須貝尚介厩舎)、重賞3勝の実績があるヤングマンパワー(牡6、美浦、手塚貴久厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。。

    【マイラーズC予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    マイラーズC予想|2017年|調教ニュースまとめ

    オアシスの無料予想で万馬券期待度大
    マイラーズCの情報も最高級w
    まずは無料会員から



    ヤフーニュース
    【マイラーズC】フィエロ3馬身先着!藤原英師「ここ勝負」

    マイラーズCの追い切りが20日、栗東トレセンで行われた。4年連続で参戦するフィエロは、坂路での併せ馬で貫禄の3馬身先着。GI2着が2回ある京都芝1600メートルの舞台で、悲願の重賞初制覇への態勢を整えた。  


    あっという間に突き放した。朝一番に登場したフィエロが、活気十分に登坂。動きを見届けた藤原英調教師は、納得の表情で切り出した。


     「馬場が重たいし、元気だからそれでいい。細かいところでは年齢(8歳)を感じるところはあるけど、馬を信じてやるしかない」  調整役の鮫島良騎手(実戦は福永騎手)を背に、ダノンサンシャイン(500万下)を追ってスタート。走る気満々で2ハロン目から12秒4-12秒4とピッチを上げる。直線半ばで僚馬をあっさりかわすと、ラスト1ハロンを13秒0でまとめて3馬身先着。


    しまいの時計は要したが、稍重の馬場状態を考慮すれば、全体時計の4ハロン52秒0は評価できる。  初めての6ハロン戦だった前走の高松宮記念は、後方追走から猛追するも5着。


    新たな挑戦でも“善戦マン”の殻は破れなかった。再びマイル路線に戻る今回は2014、15年のGIマイルCSで2着となった実績がある舞台。

    2走前の京都金杯(3着)ではエアスピネル、ブラックスピネルに先着を許しているが、当時はエアと1キロ、ブラックとは2・5キロの斤量差があった。

    同じ斤量のガチンコ勝負なら、逆転の可能性は十分にある。  藤原英調教師は「56キロで競馬ができるのは楽。条件的にいい、ここが勝負だろう。何とか重賞をな」と結んだ。

    1番人気に支持された過去3年は、14年から2、3、4着。“4度目の正直”を誓うフィエロが、18度目の挑戦で重賞ウイナーの仲間入りを果たす。 (川端亮平)

    【マイラーズC】エアスピネル高速馬場仕様!
    マイラーズCの追い切りが19日、東西のトレセンで行われた。栗東ではエアスピネルが坂路の併せ馬で力強い走りを見せ、状態の良さをアピールした。

    美浦では2014年の皐月賞馬イスラボニータが、Wコースでスピード感のある動きを披露。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     前日までの豪雨で湿ったチップの上を、力強く弾んだ。エアスピネルが重馬場の坂路で4ハロン52秒2-12秒3の好タイムをマーク。万全の仕上がりをアピールした。  

    「きょうの馬場を考えても、いい時計だった。先週に(武豊)ジョッキーが乗って、スイッチが入っているみたいだね」  見届けた笹田調教師は満足顔だ。12日に武豊騎手が騎乗(坂路で4ハロン54秒7)したことで精神面が充実。

    この日はメイショウワカアユ(500万下)を3馬身ほど追走し、徐々にペースアップを図って手応え良く並びかけた。最後までスピード感にあふれる動きで併入した。  

    「もともと体はある程度できあがっていたけれど、徐々に筋肉が締まってきている。精神的に幼いところがあった面も、少しずつ落ち着きが出てきている」とトレーナーは成長を感じ取る。  

    マイル路線に照準を定めた今年は、年明けの京都金杯を快勝。56・5キロのハンデを背負って、1分32秒8の好タイムをマークした。今回は当時と同じ舞台。

    開幕週の絶好馬場で行われ高速決着の可能性が高いだけに、時計の裏付けがあるのは大きな強みとなる。  前走の東京新聞杯は上がり3ハロン32秒3を駆使したものの、スローペースに泣き3着。断然人気に応えることができず、武豊騎手もリベンジにかける思いは強い。

     「前回は本来の走りではなかったので、今回はエアスピネルらしい走りをしてほしい。大目標は次だけど、勝って安田記念に向かえたらいいね」  

    大阪杯1着(キタサンブラック)、桜花賞2着(リスグラシュー)、皐月賞3着(ダンビュライト)と、春のGIで存在感を見せつける名手は、勝って安田記念に王手をかけるつもりだ。 (斉藤弘樹)

    【マイラーズC】イスラボニータ惜敗はもういらない!僚馬きっちり差しきり

    「マイラーズC・G2」(23日、京都)  脱・善戦マンだ。

    富士S、マイルCS、阪神Cで3戦連続2着のイスラボニータが19日、長めから意欲的な追い切りを行い、仕上がりの良さをアピールした。この中間は早くから美浦へ入厩し、じっくりと調整。勝利にこだわった仕上げで2年7カ月ぶりの頂点を狙う。

    なお、父フジキセキは現在、17年連続でJRA重賞勝利を挙げており、勝てばノーザンテースト、ブライアンズタイムに並ぶ歴代2位タイの記録となる(1位は19年のパーソロン)。  

    V以外はもういらない。14年9月のセントライト記念以来、勝利から遠ざかっているイスラボニータが、美浦Wで意欲的な追い切りを行った。

    6F83秒3-37秒8-12秒2の優秀な時計を記録。道中は先行したトウショウスレッジ(4歳500万下)を目標にし、ゴール前できっちり差し切った。まさに実戦でVを意識する内容だ。

    この中間は調整に変化をつけた。2月10日に美浦へ入厩し、軽い内容を含め16本の追い切りを消化。ひとつのレースに向けての在厩期間としては最長となる。「本物の息をつくるため、ゆっくりじっくりと乗ってきた」と栗田博師は説明する。この日の動きに関しても「いい感じだった」と太鼓判を押した。  昨秋は復帰戦の富士Sで2着。続くマイルCS、阪神Cでも頭差2着とあと一歩のところで勝利を逃すなど歯がゆいレースが続いている。

    「これまでの流れを断ち切りたいね。2、3着はもういらないよ」と師。今回は金曜に京都競馬場入りし、土曜にスクーリングを敢行。レース直前まで勝ちにこだわる姿勢を貫く構えだ。  

    今年で6歳。年齢的にもG1制覇の機会は限られてくる。「とにかく今年はいい年にしたい。そのためにも好スタートを切りたいよね」と師は前を向く。一戦一戦が勝負。

    勝利に飢えている14年皐月賞馬が、淀の舞台でVをつかみにいく。
    【マイラーズC予想|2017年|調教ニュースまとめ】の続きを読む

    マイラーズC予想|2017年|予想オッズまとめ

    競馬はここをチェックしませんか?

    マイラーズカップ(yahooニュースより)

    1着馬に安田記念の優先出走権が与えられるマイラーズC。

    登録時点で13頭と少頭数になったが、エアスピネル、イスラボニータ、ブラックスピネルなど好メンバーが揃った。

    出走を予定している主な有力馬は次の通り。


    ■4/23(日) マイラーズC(4歳上・GII・京都芝1600m)

     
     エアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)は1番人気に支持された東京新聞杯で3着に敗れたが、これは1000m通過タイムが62.2秒という超スローペースに泣かされた形。デイリー杯2歳S、京都金杯と2戦2勝の京都マイルで巻き返しを期待したい。

      
     イスラボニータ(牡6、美浦・栗田博憲厩舎)は2014年のセントライト記念以降勝ち星を挙げていないものの、昨秋の富士S、マイルCS、阪神Cで全て2着に入っているように、実力はトップクラスのものがある。中山記念から始動した昨春は結果を出せなかったが、マイル戦を選んだ今年は好走を期待したい。

      
     ブラックスピネル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は東京新聞杯で重賞初制覇。超スローペースの逃げに持ち込んだことが最大の勝因だが、2走前の京都金杯でもクビ差の2着に入っており、力をつけてきているのは間違いない。ここで重賞連勝を決めて、GIに名乗りを上げられるか。

      
     その他、距離短縮で巻き返したいプロディガルサン(牡4、美浦・国枝栄厩舎)、洛陽Sで復活を果たしたダッシングブレイズ(牡5、栗東・吉村圭司厩舎)、マイル重賞3勝の実績があるヤングマンパワー(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)、1年ぶりのレースとなる昨年の覇者クルーガー(牡5、栗東・高野友和厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。



    2016年-マイラーズC



    1着 クルーガー 松山弘平
    2着 ダノンシャーク 福永祐一
    3着 クラレント 小牧太


    ネット競馬より
    1番人気 エアスピネル 2.4
    2番人気 イスラボニータ 3.5
    3番人気 ブラックスピネル 4.0
    4番人気 プロディガルサン 7.3



    毎週、かなり無料コンテンツを参考にんさせて頂きます。
    だって・・・とっても馬券の参考になっています。
    無料コンテンツで美味しい思い
    ギャロップジャパンが熱い
    mairaz

    フィエロ|マイラーズC2016年|ネット評価まとめ

    <マイラーズC:追い切り>

     安田記念の前哨戦、マイラーズC(G2、芝1600メートル、24日=京都、1着に優先出走権)でフィエロ(牡7、藤原英)が悲願の重賞初制覇を狙う。20日の追い切りではCウッド5ハロン66秒8-11秒6をマーク。馬なりで鋭く伸びて仕上がりは万全だ。G1・2回を含む重賞2着4回とあと1歩届いていないタイトルを今度こそつかみ取る。

    【写真】有馬Vゴールドアクター80秒2ハイレベル/天皇賞

     悲願のタイトルをつかむ絶好のチャンスを迎えた。フィエロがCウッドで最終追いを行った。アウトオブシャドウ(古馬1000万)と併せ、5ハロン66秒8-11秒6。直線では手応え良く抜け出し、1馬身半先着した。手綱を取った鮫島良騎手は「先週しっかりとやっているので、今日はしまいを伸ばす感じ。道中も我慢が利いていて良かったし、抜けてからも余力があった」と好感触。追い切り評価も堂々のS評価だ。

     昨年11月のマイルCSはモーリスの2着。2年連続の銀メダルだった。12月には2度目の香港マイル挑戦。藤原英師は「馬は良かったが、直線で詰まってしまい力が発揮できなかった」と9着を振り返る。今回は遠征帰りの国内初戦。「休みを取っていい仕上がり。出来はいいと思う」とあと1歩届かなかったタイトルへ、態勢は整った。M・デムーロ騎手の騎乗停止で鞍上は調整中だが、今日21日に発表される。

     重賞の2着惜敗はG1の2回を含め計4回。年を重ね、7歳となったが「勝ちに等しい負けが多かった。少し運がなかっただけ。他の馬よりも数を使っていないのでフレッシュさはある」(同師)と衰えの心配はない。さらに相性のいいコースも後押しする。京都は【1 5 2 0】。うちマイル戦も【1 3 1 0】で複勝率100%。この舞台なら崩れることはない。「京都は得意。トーセンラーみたいな感じかな」と師。13年マイルCSを勝った“先輩”ラーも【4 2 4 2】と京都巧者だった。下り坂で勢いをつけ、悲願の重賞タイトルを、そして初のG1取りへ勢いをつけたい。【辻敦子】

     
     
    フローラSの馬券をゲットしたいですか?
    はい!!だったらここの無料会員になると良いですよw
    馬生が熱い
    furora12
    【フィエロ|マイラーズC2016年|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ