競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    皐月賞

    皐月賞予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【皐月賞】パドックのツボ

     ワグネリアンは気合を表に出すタイプだが、休み明けの前走時はイレ込みに近い状態。あまりうるさいようだと割引が必要だ。
     
     体重は大幅な増減がなければOK。ステルヴィオも、いつもジワリと気合が乗って周回。牡馬にしては細身で非力な印象を受けるシルエットだが、張りがあれば大丈夫。キタノコマンドールは過去2戦とも落ち着き十分。初の関東遠征でも変化がなければ力は出せる。

    【皐月賞】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「皐月賞・G1」(15日、中山)

     皐月賞が行われる15日、中山競馬場のある千葉県船橋市の天気は雨のち曇りの予報。雨はレースまでには上がる見込みとなっており、本番は稍重~重馬場での決戦が予想される。同舞台で行われた土曜4R(3歳未勝利)は2分2秒4の時計でシゲルシイタケがV。例年は高速化する傾向にあった最終週だが、今年は時計を要している。これからの降雨を考えると、タフな消耗戦は避けられそうもない。Vタイムは2分を超える可能性もある。

     中山で行われた過去10年で2分を超えたケースは3回。イメージとしてはゴールドシップが勝った12年が近いか。前日の雨の影響が残る稍重で行われ、勝負どころの進路取りが明暗を分けた一戦。他馬が避ける、荒れたインを突いた鞍上の思い切った騎乗が思い起こされる。

     状況的に相似するのはタイムフライヤー。2走前のホープフルSは前後半の5Fラップ59秒6-61秒8という前傾の流れを力強く差し切った。消耗戦における強さは証明済み。くしくも、鞍上は当時ゴールドシップに騎乗していた内田博。大胆なイン突きの再現が見られるかもしれない。

    【皐月賞】出走馬の長所短所

     「皐月賞・G1」(15日、中山)

    (1)タイムフライヤー

    長所=唯一のG1馬。しかも同舞台での勝利
    短所=前哨戦が案外。良化途上の感は否めず

    (2)ワグネリアン

    長所=ダノンプレミアム回避で一気に主役へ。末脚強烈
    短所=エンジンの点火が遅い。取りこぼしの可能性あり

    (3)ジャンダルム

    長所=実力は世代トップクラス。安定感は抜群
    短所=最後の詰めに課題。勝ち切るまではどうか

    (4)スリーヘリオス

    長所=血統的に芝中距離はOK。重馬場は歓迎
    短所=勝ち鞍はダート6Fのみ。相手も強力で

    (5)キタノコマンドール

    長所=血統優秀で鞍上は皐月賞最多4勝。決め手も抜群
    短所=キャリアが浅く、多頭数の競馬は未経験

    (6)アイトーン

    長所=二の脚強力。スムーズな逃げならしぶとい
    短所=他の馬が前にいると折り合いが難しい

    (7)エポカドーロ

    長所=精神的に大人。小回り向きの先行力あり
    短所=極端な瞬発力勝負では見劣る可能性が

    (8)ケイティクレバー

    長所=キャリア豊富。自分の形ならしぶとい
    短所=発馬後一歩目遅い。切れ味勝負に不安

    (9)オウケンムーン

    長所=好センス。派手さはなくとも実力確か
    短所=ハイペースの経験なし。G1の激流?

    (10)ジェネラーレウーノ

    長所=自在性を生かして本番の舞台で連勝中
    短所=乗り込み入念も、3カ月ぶりは割引か

    (11)マイネルファンロン

    長所=1勝馬ながら、5戦して全て3着以内と堅実
    短所=相手なりに走れるが決め手不足は否めず

    (12)グレイル

    長所=京都2歳SではのちのG1馬タイムフライヤーを差し切り
    短所=前走が末脚不発の凡走。コースも初で

    (13)ダブルシャープ

    長所=母のきょうだいに中山重賞Vのメジロブライト、メジロベイリー
    短所=中央では1勝のみ。発馬が安定しない

    (14)サンリヴァル

    長所=中山2000メートル3戦はメンバー中最多
    短所=切れ味なく、重賞の2戦はともに4着

    (15)ステルヴィオ

    長所=センス抜群。堅実な末脚で安定感随一
    短所=父は短距離馬。血統面から1F距離延長がどう出るか

    (16)ジュンヴァルロ

    長所=逃げた2戦はともにV。自分の形なら
    短所=番手だとモロい。オープンで結果出ず

    【皐月賞】展開から浮上するのはこの馬だ

     良馬場なら1分58秒前後で決着するのが近年の傾向だが、今年は雨の影響を受け、2分を超える可能性も。先行馬が多数顔をそろえ、ハイラップは避けられそうにない。天気次第では、かなりの消耗戦となりそうだ。

     ワグネリアンやステルヴィオなど、中団に構える人気馬が勝負どころで前を射程圏にとらえると馬群は一気に密集。4コーナーでは外に大きく広がることが予想され、距離のロスはなるべく抑えたいところだ。

     こういう競馬で頼もしいのが、ソツのない騎乗に定評がある北村宏=オウケンムーン。デビュー3戦で全てメンバー最速上がりをマークし、前走の共同通信杯V時も33秒台の脚で抜け出したように、一瞬の決め手はある。道中は内に潜り込みジッと我慢。差し、追い込み馬が外に膨れるのを横目に、直線はインのあいたスペースを突いてくる。

    【データで勝負】日曜中山11R・皐月賞

     【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(9)オウケンムーン

    ☆2013年以降、同名レース5戦では、共同通信杯組が【3・0・0・1】、スプリングS組が【1・1・1・17】、弥生賞組が【0・3・2・17】。前走オープン特別組は【0・0・1・16】と不振だ

     共同通信杯組が好成績だ。同ステップで臨む関東馬は3戦3勝で勝率100%。軸馬としての信頼度は極めて高い。

     今年はオウケンムーンがこれに該当する。前走の共同通信杯は好位から抜け出して快勝。2走前に中山2000メートルで勝っており、舞台適性も証明済みだ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    皐月賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【皐月賞】追って一言

    ◆アイトーン・五十嵐師 「予定通りの時計。自分の競馬をするだけ」

     ◆グレイル・野中師 「先週は物足りなかったけど、良くなっている。巻き返したい」

     ◆ケイティクレバー・浜中騎手 「先週より良かった。すごく乗りやすくて、コントロールもしやすいですね」

     ◆サンリヴァル・藤岡師 「動きは良かった。どんな競馬でもできる。できればいい馬場で」

     ◆ジュンヴァルロ・友道師 「折り合いと口向きを確認したくてジョッキーに乗ってもらった。自分のリズムで運べるかどうかですね」

     ◆スリーヘリオス・村山師 「いい併せ馬ができた。最後は伸びるので、折り合えれば」

     ◆ダブルシャープ・渡辺師 「感触は良かった。中山芝2000メートルは合うと思うし、馬場も渋ってくれた方がいい」

     ◆マイネルファンロン・柴田大騎手 「しまい重点でいい反応。状態は上がっている。距離が延びて折り合いが鍵」

    【皐月賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    皐月賞予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【皐月賞】ステルヴィオ95点!“体調、気分映す鏡”尾に魅力

     躍進の秘密は尻尾に隠されている!?鈴木康弘元調教師がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第78回皐月賞(15日、中山)ではスプリングS優勝馬ステルヴィオを95点でトップ評価した。達眼が捉えたのは後肢のパワーアップを伝える尻尾だ。

      
     馬の尻尾は体調や気分を映す鏡だといいます。気持ちが高ぶれば、尾を高く上げる。不安や恐怖を感じれば尾を股の間に巻き込んだりします。大辞泉を引くと「尻尾を巻く」とは「立ち向かう気持ちをなくす」との意味。馬も尾でそんな心理を伝えています。

      
     ステルヴィオの立ち姿を見て、まず気がつくのは尾の変化。昨年の朝日杯FS時には尾離れが悪いと指摘しましたが、今回は尾の付け根の部分を尻から少しだけ離している。要するに尾離れが良くなった。トモ(後肢)、特に臀部(でんぶ)の力がみなぎっているときに見せる尾の形状です。尾椎(尾の骨)は背骨に連なっているので背腰がたくましくなった証とも言える。押しトモ(角度の浅いトモ)のため筋肉のボリュームは目立ちませんが、尾が太鼓判を押しています。2歳時よりもパワーアップしていると。

      
     肩の筋肉量は明らかに増してきた。460キロ前後の馬体重以上にたくましい。球節からつなぎにかけては弾力性にあふれています。トモや肩のパワーをクッションの利いた脚さばきに転換する絶妙なつなぎです。

      
     立ち方も素晴らしい。朝日杯FS同様にゆったりと大地をつかむ四肢。目を輝かせ、耳をしっかり立てながら、鼻の穴も適度に開いています。過不足ないハミの取り方。気負いは一切ない。気持ちの充実ぶりが立ち姿に表れています。朝日杯と同じように蹄油がしっかり塗られ、行き届いた手入れの跡がうかがえます。

      
     尾離れの良いトモで踏みだすクラシックロード。桜花賞を圧勝したアーモンドアイと同じロードカナロアの初年度産駒がルメールを背に最後の直線で見せる走りとは…。掉尾(ちょうび)の勇を奮う。最後の勇気を奮い起こす走りです。

    【皐月賞】ワグネリアン90点、全部位絶妙!無駄のないつくり

     450キロ前後の体で世代トップクラスの走りがなぜできるのか。
    ワグネリアンの立ち姿を見て、理由がすぐに分かりました。馬体の優れた機能性です。首差しから肩、背中、トモ、さらにトモのパワーを伝える飛節、球節まで全ての部位が絶妙な傾斜でバランス良 くつながっています。肩やトモの筋肉も必要十分なボリューム。
    全てに無駄のないつくりです。各部位が無駄なくリンクされているからトモのエンジンパワーを逃さず蹄の先まで伝えられる。

      
     当コーナーでは機能性の高い馬体としてこれまで何頭かのオープン馬を挙げてきました。イスラボニータ、ドゥラメンテ、ミッキーアイル。現役馬ならレイデオロ、ソウルスターリング、ヤングマンパワー、トーセンバジルなど。ワグネリアンの機能性は、これらのオープン馬と比べても全く見劣りしません。

      顔に視線を移せば、目と耳が一点に集中しています。気性にも散漫さがないので機能的な体を確実に動かせる。顎の張り方は物足りません。さほど食べる方ではないのでしょう。牡馬にしてはアバラの張りも少々頼りない。そんなウイークポイントも補って余りある機能性です。

    【皐月賞】エポカドーロ85点、オルフェ譲りの顔つき“魅力”

     エポカドーロはとても激しい気性の持ち主でしょう。カメラマンをにらみつけながら耳を左右に開き、鼻先をとがらせている。いたずらでもしてやろうか…と言わんばかりの顔つき。この面構えは父オルフェーヴルから来ているのでしょう。その一方で、力まずにゆったりと立っています。

      
     詰まり気味の体形。距離延長は微妙ですが、激しい気性で走るケースもあります。スイッチをハイに入れて、どこまでも走った父親のように…。腹周りは母ダイワパッション(重賞2勝)よりフックラして、申し分ない仕上がりです。


    【皐月賞】オウケンムーン80点、しっかり首差し手入れも万全
     詰まり気味の体形。アバラの張りがもう少し欲しいが、首差しはしっかりしています。トモの形も悪くない。四肢にも狂いなし。よく手入れされた、美しい身だしなみです。

    皐月賞はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    皐月賞予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【皐月賞展望】“1強”去って大混戦 福永ワグVSルメール・ステルVSミルコ・キタノ


       「皐月賞・G1」(15日、中山)

     弥生賞を無傷の4連勝で快勝した2歳王者ダノンプレミアムが、5日に右前肢の挫石で回避。“1強”ムードから一転して大混戦の様相を呈している。

     弥生賞で初めて土がついたワグネリアンだが、新馬-野路菊S-東スポ杯2歳Sでデビュー3連勝を達成。前走は2歳王者の前に初黒星を喫したものの、2着に追い上げ、世代トップの力を証明した。テンションの高さが課題だが、1週前追い切りに騎乗した福永は「馬場入りの1歩目から違っていて、落ち着いていた」と成長を実感する。

     スプリングSを制したステルヴィオはここにきて急成長。2着に敗れたサウジアラビアRC、朝日杯FSは勝負どころでもたついてVを逃したが、前走は瞬時に反応を示して重賞初制覇を達成した。ルメールも「今はスッとハミを取ってくれる」と成長ぶりに目を細める。5戦3勝、2着2回で、敗戦はともにダノンプレミアムに先着を許したもの。天敵不在のここは一気に頂点に立つチャンスだ。

     タレントのビートたけし命名馬のキタノコマンドールは、話題性だけでなく新馬-すみれSを連勝と実力も兼備。血統面からも、M・デムーロを背に大仕事をやってのける可能性を秘める。

     G1昇格元年のホープフルSを制したタイムフライヤーは今年の初陣となった若葉Sで5着。G1を勝った中山芝2000メートルで巻き返しを狙う。

     コース巧者として忘れてはならないのはジェネラーレウーノ。同舞台の葉牡丹賞-京成杯を連勝中と不気味だ。他にも3連勝で共同通信杯を制したオウケンムーン、スプリングS2着のエポカドーロ、弥生賞3着からの逆転を狙う武豊ジャンダルムも上位に食い込む力がある。

    【皐月賞予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    皐月賞予想|2017年|直線情報まとめ

    皐月賞の予想はここを参考にします

    ◆馬体の張り良し〔1〕マイスタイル

     展開の鍵を握るダークホースは、前走に続く中山遠征で落ち着いた様子だ。堂本助手は「輸送は前回と変わらず、イライラした感じはありません。前走より体の実入りは良くなっているし、馬体の張りもいいです」と自信を持って送り出す。

    ◆楽々輸送クリア〔2〕スワーヴリチャード

     到着すると、すぐさまカイバおけに顔を突っ込むなど元気な姿をみせた。久保淳助手は「輸送も問題ないタイプ。普段と違う寝わらでちょっと興奮しているのかもしれないけど、すぐ落ち着きますよ」と心配していない様子だった。

    ◆変わりなく順調〔3〕コマノインパルス

     角馬場で体をほぐし、Wコースを1周。ゆったりとした走りは落ち着き十分だ。「いい雰囲気。変わりないのが好材料ですね。京成杯できっちり仕上げたけど、その後もいい状態を維持できています」と大下内厩務員。

    ◆どんな馬場でも〔4〕カデナ

     唯一の重賞2勝馬は、午後3時45分に決戦の地に到着。江藤厩務員は「前走と同じで、輸送はおとなしいから助かるね。ひと叩きして前走よりいいデキじゃないかな。良馬場は持ち味が出せるけど、調教では坂路の荒れた馬場でもしっかり走れていたので、どういう馬場でもいいと思う。不安はないよ」と胸を張った。

    ◆無敗戴冠を期待〔5〕レイデオロ

     3戦3勝馬は坂路を4ハロン62秒2で軽快に駆け上がった。「いい冬休みになった。見ての通り、息遣いはすごくいいよ。久々になるけど、走るのが好きな子だから。ダービーまで無敗のままで行けたらいいね」と藤沢和調教師は期待を寄せた。

    ◆小島茂師「いい」〔6〕アウトライアーズ

     角馬場から、南Aコース(ダート)をキャンターで半周。元気いっぱいで、上昇ムードが漂う。小島茂調教師は「だいぶピリッとしてきた。一番うるさいときほどではなく、いい感じ。今は痛いところが出ても何も言わなくなったね」と良化を強調した。

    ◆「距離は大丈夫」〔7〕ペルシアンナイト

     僚馬アルアインとともに到着。齊藤助手は「前走は強い勝ち方でしたね」と3馬身差Vの前走を評価する。課題は初となる中山コースに加えてこれまでで最長の距離。「跳びが大きくて小脚が使える感じじゃないので広いコースの方が良さそう。距離は大丈夫」と同助手は前向きだった。

    ◆最高の仕上がり〔9〕プラチナヴォイス

     中山競馬場は2度目とあって「馬運車でもカイバを食べていたし、状態に関しては問題ありません」と織川厩務員。「運動でもブリンカーを毎日着けていたので、嫌がることもありません。今までで最高の仕上がりです」と期待感たっぷりだ。

    ◆名手の腕に期待〔10〕ダンビュライト

     重賞で連続3着の実力馬は、3度目となる関東圏への長距離輸送もスムーズにクリアした。「到着後もいつも通り。精神的な波がない馬です」と濱田助手。「ジョッキー(武豊騎手)は一流なので、前めで競馬ができれば」と皐月賞3勝の名手に期待を寄せた。

    ◆中2週不安なし〔11〕アルアイン

     毎日杯を好タイムで勝ったディープインパクト産駒は、僚馬と一緒に到着した。音瀬助手は「落ち着いていましたね。中2週ですが、カイバを食べるし、しっかり負荷をかけて調整した。自在性があって、乗りやすい馬ですよ」と笑顔を見せていた。

    ◆陣営「具合いい」〔12〕アメリカズカップ

     午後3時40分に僚馬とそろって中山に入った。「体があまり増えてきませんが、具合はいいですよ。でも、前走は道悪と展開に恵まれた面もあったから」と橋本助手は好感触を伝えつつも、慎重な口ぶり。

    ◆名伯楽自信あり〔13〕サトノアレス

     逆襲を期す2歳王者は坂路4ハロン65秒8で登坂。リラックスムードに好感が持てる。「1回使って、すごく良くなっている。距離に関してはいろいろ言われているけど、ここで分かるでしょう」と藤沢和調教師は自信ありげだ。

    ◆精神面も大人に〔14〕キングズラッシュ

     午前4時の開門直後に軽快な脚取りで坂路を2本(4ハロン68秒7、同63秒4)。「いい雰囲気。休養をはさんでバランスが良くなり、体を使って走れるようになった。やんちゃな面もなくなってきた」と久保田調教師は成長ぶりに笑顔を見せた。

    ◆輸送の疲れなし〔15〕アダムバローズ

     午後0時半に到着した。7時間半の長旅にも疲れた様子はなく、「落ち着きがありましたね。(僚馬など)3頭での輸送でしたし、雰囲気はよかったですよ」と戸谷助手は笑顔を見せた。

    ◆予想上回る成長〔16〕クリンチャー

     すみれSの勝ち馬は初めての関東圏への輸送も難なくこなした。「馬運車の中でも問題ありませんでしたね。新馬戦(12着)のときはまさか皐月賞の舞台に立てるとは思っていませんでした。予想を上回るいい競馬をしてくれて、成長を感じます」と長谷川助手はレースを楽しみにしている。

    ◆坂路調整で進化〔17〕ウインブライト

     坂路(4ハロン69秒5)から、南Dコースをキャンターで1周と、意欲的な調整。「馬が少ないところでゆったりと。変わらずきています。休養で体がしっかりしてきたことで、前走時から坂路に入れるようになった。段階的に成長してくれている」と畠山調教師は愛馬の進化に目を細めた。

    【皐月賞】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「皐月賞・G1」(16日、中山)

      さすがはJRA馬場造園課というか、何というか…。いずれにしてもこの事態を想定していたファンは少ないだろう。時折見られる、G1ウィークの“馬場高速化”。土曜の中山芝コースは先週とガラリ一変し、速い決着が見られた。

      雨中決戦となった先週末の影響で、内は荒れている状態。それでも時計は速い。3R・3歳未勝利(芝2000メートル)は2分0秒4がマークされた。前後半5Fは61秒5-58秒9のスローにも関わらず、好時計を記録。前は簡単に止まらず、後方一気は苦しい状況だ。最終週という意識は捨てた方がいい。

      馬場としてはディープインパクト産駒向き。ファンディーナも当然V候補だが、配当面の妙味を狙ってアルアインを推したい。前走の毎日杯を1分46秒5。近5年ではダービー馬に輝いたキズナ(13年=1分46秒2)に次ぐ時計で走破している。時計勝負は歓迎のクチだろう。一流の

    【皐月賞】展開から浮上するのはこの馬だ
     マイスタイル、クリンチャー、トラストあたりが逃げ候補だが、いずれもハナにこだわるタイプではなく、後続にまくられない程度の平均ペースでの逃げとなりそうだ。  もまれる形だけは避けたいファンディーナは2~3列目の外を是が非でも確保したい。ここをクリアできれば69年ぶり牝馬Vの偉業がグッと近づく。  3~4角で横に大きく広がりそうな流れ&構成。土曜の時計は速かったとはいえ、例年より荒れた芝も考慮すると、外々の進出は伸び切れないリスクを伴う。小細工はしたくないカデナの福永は悩みどころ。差し勢なら大胆に馬群に突っ込める組。M・デムーロで馬場も合いそうな(7)ペルシアンナイトがはまり役か。





    ギャロップジャパンが熱い・・・
    もちろん注目サイトで皐月賞予想も激アツ
    無料コンテンツだけで充分すぎる
    satukigp






    このページのトップヘ