競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ニュージーランドT

    ニュージーランドT予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜中山11R・ニュージーランドT

      ◇アイスフィヨルド「返し馬から元気だったが、レースでは落ち着いていた。最後は差し返すしぶとさを見せてくれた」(戸崎圭騎手)

     ◇アンブロジオ「スッといいところにつけて、いいレースだった。ラストもよく頑張ってくれている」(横山典騎手)

     ◇イサチルルンルン「スタート直後にぶつけられて、ひるんでしまった。道中もカラ馬の影響があって…」(国分恭騎手)

     ◇エントシャイデン「楽な感じだったが、粘れなかった。手前も替わらなかった」(武豊騎手)

     ◇カシアス「負けたけど、レースセンスがある。馬場の悪いなか、よく走っている」(浜中俊騎手)

     ◇カツジ「スタートが良く、いいリズムで運べた。ただ、手応えほど伸び切れなかった」(松山弘騎手)

     ◇ケイアイノーテック「自分のリズムでレースを進めながら、直線でも気を抜かないようにだけ気をつけていました。ここでは能力が違いますね」(川田将騎手)

     ◇ゴールドギア「なるべく前につけてほしいとの指示だったが、行き脚がつかずあのポジションになってしまった。最後はうまく外に出せていい脚を使ってくれたので、指示通りにもう少し前で運べていれば…」(武藤雅騎手)

     ◇コスモイグナーツ「注文通りにハナへ行ったが、一歩目でトモが崩れて少し慌ててしまった。そこで出していったぶん、ペースが速くなった。これからは控える競馬も経験していければ」(津村明騎手)

     ◇デルタバローズ「調教でまたがって雰囲気はつかんでいたが、パドックで乗った瞬間からテンションが高かった。レースでも何とか我慢させて運んだが、馬混みに入ったことでエネルギーを消耗してしまったみたいで、伸び切れなかった」(石橋脩騎手)

     ◇ファストアプローチ「跳びが大きいタイプなので、内枠は厳しかった。瞬発力勝負の競馬は合わないし、エンジンのかかりが遅かった。最後は伸びていたけど…」(Mデムーロ騎手)

     ◇ペイシャルアス「ジョッキーも、「道中はいい感じで進めていたけど、伸びを欠いた」と話していたし、マイナス16キロと馬体重が減っていたのがこたえたのかもしれない」(坂口則師)

     ◇ラムセスバローズ「エンジンがかかるのに時間はかかったけど、ペースがよかったから心配していなかった。4コーナーから長く脚を使ってくれた。瞬発力はあまりないけど、ストライドがパワフル。芝でもダートでもいけるし、距離はマイルがぴったりだろう」(ルメール騎手)

     ◇リョーノテソーロ「スタートの反応は一番速いぐらいだったが、前に馬を置いて競馬をしたかったのでじっとしていた。力まずに走れて仕掛けたときもスッと反応してくれた。最後は馬混みをさばいて勝ってくれたし、持っていたイメージとは少し違った。これならどんなレースでもできそう」(吉田隼騎手)

    【データで勝負】土曜中山11R・ニュージーランドT

    【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(15)アンブロジオ

    ☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【5・2・3・31】→勝ち馬は全てそこで1着か、負けても0秒4差以内だった。特注はファルコンSで0秒4差以内だった馬【3・1・2・5】

     アンブロジオは当該レースと関連性が高いファルコンSで0秒2差の4着。2戦2勝のマイル戦でさらに前進が期待できる。

    【ダービー卿CT】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】。2番人気は【0・1・3・6】、3番人気は【1・0・0・9】で不振。4番人気以下の優勝馬7頭で波乱含み。

     ☆世代 5歳が【6・3・5・25】で圧倒的に優勢。4歳が【3・4・2・33】で続く。6歳以上の優勝は1頭だけで、ベテラン不利。

     ☆ハンデ 56キロが【3・3・3・35】でややリード。55キロが【2・2・2・28】、57・5キロが【2・1・1・6】で続く。重&軽ハンデ馬よりも“中間ハンデ”が優位。

     結論 ◎ヒーズインラブ ○テオドール ▲レッドアンシェル

    展開を読む【ニュージーランドT=平均ペース】

       徹底先行コスモイグナーツが最内枠からハナへ。内枠勢を中心に好位のポジション取りも激しくなり、道中は締まった流れ。直線は早め先頭のカシアスに直後からカツジが迫るが、ケイアイノーテックなど差し馬の決め手が生きそう。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ニュージーランドT予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    ケイアイノーテック、戸崎背に1馬身先着/NZT


     
    <ニュージーランドT:追い切り>

     ケイアイノーテック(牡、平田)は、栗東に駆けつけた初コンビの戸崎騎手を背に坂路で追い切られた。4ハロン53秒0-12秒8で、古馬500万のフィップルを1馬身半追走し1馬身先着。鞍上は「反応が良すぎちゃって、前に出るのが速くなった。すごくいい感じ。馬もしっかりしている」と笑顔。平田師も「馬なりで思った通り」と納得顔だった。

    【ニュージーランドT予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    ニュージーランドT予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     
    平馬の鉄人 管理人
    お勧めの無料予想ありサイト→指定サイトから無料会員になることができます。




    【ニュージーランドT】アルマワイオリ、追い切り順調

    ◆ニュージーランドT追い切り(8日)

     ニュージーランドT(11日、中山)で主役を務めるアルマワイオリは栗東のCWコースでメイショウブーケ(4歳500万)を1馬身半追走。荒々しいフォームで直線へ向くと、鞍上の勝浦が持ったままで加速する。6ハロン84秒6―12秒7と時計は平凡も半馬身先着した。

     「順調です。前走以上(の状態に)はあると思います」。先週に続き、栗東に駆けつけた勝浦が納得の表情でうなずいた。休み明けだったアーリントンCでも上がり最速の脚で2着。その能力に寄せる信頼は厚い。

     昨年末からNHKマイルCが大目標。大事なトライアルを理想通りの形で迎えられる点は心強い。「G1に向けて、いい段階を踏めていると思います」と勝浦。初の重賞タイトルをつかみ、堂々の主役として3歳マイル王へ名乗りを上げる。

     

    ニュージーランドT追い切り-タイム

    アクティブミノル

    4/8-栗東CW不良

    84.2-69.0-54.0-40.5-13.0

    アルマワイオリ

    4/8-栗東CW

    84.6-68.0-52.6-38.2-12.7

    クランシルク

    4/8-南W重

    70.0-53.9-39.8-13.3

    ダイトウキョウ

    4/8-南W重

    71.4-55.5-40.7-13.6

    タケルラムセス

    4/8-南W重

    66.7-51.9-38.6-13.7

    ナイトフォックス

    4/8-南W重

    83.7-67.5-52.9-38.4-13.4

    ネオルミエール

    4/8-南坂不

    58.7-43.0-27.8-13.5

    マテンロウハピネス

    4/8-栗東坂

    56.1-40.4-26.0-12.8

     

    ニュージーランドT-ツイッターの声

    【ニュージーランドT予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ