競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    桜花賞

    【能力値ランキング】4月11日阪神競馬場11レース桜花賞

    nouryokuchi


    管理人馬券

    中山牝馬S
    2021-03-19_14h43_32
    阪急杯
    2021-03-05_19h43_53


    小倉大賞典
    2021-02-26_22h10_54

    京都牝馬S

    2021-02-26_22h12_06


    フェブラリーS
    2021-02-26_22h13_33



    桜花賞

    1位 ソダシ
    2位 サトノレイナス
    3位 ソングライン
    4位 アカイトリノムスメ
    5位 ジネストラ



    「広告」先週のイマカチの無料予想が大阪杯的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想
    2021-04-04_16h04_22


    ※ 的中実績
    予想を信じて買った馬券
    2021-04-04_19h17_25

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    イマカチの無料予想をゲットしに行く!!





    桜花賞予想|2021年|注目馬の馬体診断


    ヤフーニュースの馬体診断と気になった馬を扱っています。




    batais





    注目馬の馬体診断ニュース


    「広告」馬体はここで学べ
    必勝!万馬券ちゃんねる

    2021-03-24_14h08_37





    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/676544742ea2805c03a0e921a3baa21fbe71fc7b

     ソダシ A
     
     デイリー杯クイーンC週の2月11日に始動。チューリップ賞を挟むのかと思わせるぐらい早い調整だが、これはテンションの維持と、つなぎが硬いためケアが必要なことが要因。ゆったりしたローテーションがベストと判断したからだろう。

     徐々に負荷をかけて切れを増長させるメリハリの利いた調整過程。白毛馬や爪が四本とも白い馬は筋肉が緩まないことが多いが、当馬はあばらを見せて極限まで絞り込んだ姿形だ。それでいてテンションが上がっていないのは、陣営の調整過程がうまくいった証し。気性+馬体からぶっつけ本番の不安は皆無だ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉吉田隼を背に栗東坂路で4F52秒4-38秒5-11秒8(一杯)。先行する僚馬2頭を内からあっさりとかわして鋭く伸びた。中間の乗り込みも順調。仕上がりは上々だ。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8d3536ed829493ab2c4d76b640f063a19dd71dd8
     ソダシ 95
     
    桜花賞を待たずに散ってしまった里桜が再び一重の大輪を咲かせたような純白の輝き。ソダシは昨年の阪神JF時の毛ヅヤを保っています。その美しさに目を奪われると見落としてしまいますが、白毛の内側に隆起した大きな筋肉も昨年と変わっていません。

     父クロフネ×母の父キングカメハメハの血統を体現するダート馬のような体つき。スピードや切れ味よりもパワーを感じさせます。芝のレースで白星を重ねてきたのは筋肉の質が繊細だからです。被毛と同色の白覆面の間から黒い目がカメラマンをにらみつけています。気性の強そうな目の輝きも2歳時と一緒です。

     変わってきた点もあります。サトノレイナスほどではありませんが、キ甲も少し抜けてきました。立ち姿も大人びている。強いて難を言えば、腹周りに阪神JF時のようなゆとりがない。休み明けの牝馬だけにもう少し余裕が欲しい。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/943893cff3107a872f349341865e2e31039d3548
     サトノレイナス A評価

      2歳時は体に緩さが残っていたが、全体的に輪郭がはっきりとして筋肉量とのバランスが非常にいい。背丈が伸びてだいぶキ甲(※1)が抜け、確かな成長を感じさせるつくり。肌にも張りがあって体調も良さそう。1週前としては申し分ない仕上がりに映る。

     スラッとした体形で、恐らく距離が延びてこその素材ではあるが、クラシックは素質の高さで上回れる時期。現状の走りのレベルならここも期待は大。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉ルメールを背に美浦Wで5F64秒5-36秒8-12秒1(馬なり)。2頭を追い掛けて内に潜ったが、脚力の違いであっさりと前へ。スピード、切れともに素晴らしく、持ったまま矢のような伸び脚。時計も速く、体調に隙はない。

     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/63f34773319dc324d0b215ed25bcda8a8c119b5c
     サトノレイナス 100点評価

     桜と共に樫の女王にも手が届く驚異の成長力だ。鈴木康弘元調教師(76)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。「第81回桜花賞」(4月11日、阪神)ではサトノレイナスに唯一満点をつけた。達眼が捉えたのは先週の大阪杯を制したレイパパレと同じ部位の進化。昨年の阪神JFでは白毛の女王ソダシの鼻差2着に敗れたが、劇的な馬体の変化がリベンジを可能にする。

     馬名には名付け親であるオーナーの願いが込められています。サトノレイナスの「レイナス」とはスペイン語で「女王たち」。1人の女王を意味する「レイナ」ではなく、複数形の「レイナス」と命名したのはなぜか。ビロードのような薄い皮膚に包まれた馬体がその理由を語ってくれます。

     ひと目で素質の高さが伝わってくるバランスの整った体。首から背中、腰にかけて流麗なトップラインを描いています。その輪郭にはしなやかな走りを可能にするディープインパクト産駒らしい柔軟な筋肉。背中と腹下の奥行きはマイル路線を一緒に歩んできた同期のライバルと一線を画している。中長距離適性を示す“長背長腹”の体形です。桜花賞と共にオークスも期待できる、桜と樫の女王候補。春の牝馬2冠獲りを可能にするのが3歳春を迎えての目覚ましい成長ぶりです。

     昨年の阪神JF時には抜けていなかったキ甲(首と背中の間の膨らみ)が発達してきた。それに合わせて首差しが奇麗に抜け、肩やトモも盛り上がっています。大阪杯で大金星を挙げたレイパパレの馬体診断でもキ甲が発達したと指摘しましたが、レイナスも大人の体つきに変わってきた。トモ(脛=すね)と前肢(前腕部)の筋肉にうっすらと浮き出る血管。阪神JF時には見られなかった。ビロードのような薄い皮膚を持つ馬が鍛え込まれると、こういう血管が映るのです。毛ヅヤも前走時より輝いている。

     顔つきには気性の成長が表れています。穏やかに耳を立て、ゆとりをもってハミを受けながら、目には獲物を追うような鋭い光を宿しています。可愛い目がプロの競走馬らしい目つきに変わった。

     4カ月の休養明け。腹周りには多少余裕がありますが、1週前の馬体だけにこれでちょうどいい。今週のひと追いと阪神への輸送で絞れるからです。複数の女王を意味するレイナス。まずは桜の女王へ、非の打ちどころがない体つきになりました。 

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ef84dbe37915589608afba983b8efc17249319ee
     アカイトリノムスメ B評価
     
     デビュー戦こそ敗れたが、立て直してから目下3連勝中。微増ながらも一戦ごとに体を増やしての出走には好感も、まだ肌のつくりは幼さがあって、目付きもキツい。現状は能力でカバーしている印象だけに、心身が伴えばさらなるレベルアップがありそう。体自体は無駄なく仕上がっている。
    (馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉横山武を背に美浦Wで5F67秒0-39秒8-12秒3(馬なり)。滑らかなフォームのまま、一気の伸び脚。馬体もたくましくなっており、状態は前走以上と言える。


    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f54cc0ebdc5a07847b3033ca278886524ce6ae7
     アカイトリノムスメ 90点評価
     
      アカイトリノムスメはハワイの赤い鳥「アパパネ」にあやかった3冠牝馬の娘。偉大な母が鹿毛なら娘は黒鹿毛ですが、毛ヅヤは抜群にさえています。母よりひと回り小ぶりの450キロ前後の馬体。小さくても首差しが良く抜けているし、トモ、特に臀部(でんぶ)が発達しています。

     馬体のつくりが硬かった母とは対照的に、娘はとても柔らかい体つき。ただし、腹周りには余裕がありません。初の関西遠征でこれ以上細くならなければいいのですが…。



    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/c1eeae5837e8362cde2b3f5b3f49f01081f010b3
     エリザベスタワー B評価
     
     同世代にシュネルマイスターがいるキングマン産駒。日本での子どもはマイル以下がベストの印象だ。

     当馬も牝馬で500キロを超す雄大な馬格を誇り、力感のあるボリューム満点のシルエット。体質の強さに負荷をかけてくる高野厩舎の調整が相乗効果を生み、鍛えれば鍛えるほど強くなりそうだ。

     チューリップ賞からさらに臀部(でんぶ)はふっくらとし、マイル~二千ぐらいで長くいい脚が使えそうな姿形になってきた。舌がハミを越すなどの口向きの難しさは、トライアビットハミとノーズバンドでかなり修正。あとは多少タフな設定になれば浮上してくる。(馬サブロー栗東・吉田順一)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒5-39秒1-12秒5(一杯)。テンからスムーズに折り合い、ラストまでしっかりと伸びた。出来は充実している。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/00fe9328df861e6d20ce925ff55c34b3d0876446
     エリザベスタワー 85点評価
     
      まだキ甲が抜けていないし、首差しも細い、発展途上の馬体。それでも、ボリューム感は満点です。特に肩とトモには大きな筋肉をつけています。ハミを着けず、モグシ(簡易頭絡)だけで立っているため緊張感は伝わりませんが、気の強そうな目をしています。



    管理人的にはサトノレイナス




    「広告」先週のイマカチの無料予想が大阪杯的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想
    2021-04-04_16h04_22


    ※ 的中実績
    予想を信じて買った馬券
    2021-04-04_19h17_25

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    イマカチの無料予想をゲットしに行く!!





    桜花賞予想|2021年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds



    過去10年桜花賞の1番人気

    20年 レシステンシア(2着)

    19年 ダノンファンタジー(4着)

    18年 ラッキーライラック(2着)

    17年 ソウルスターリング(3着)

    16年 メジャーエンブレム(4着)

    15年 ルージュバック(9着)

    14年 ハープスター(1着)

    13年 クロフネサプライズ(4着)

    12年 ジョワドヴィーヴル(6着)

    11年 ホエールキャプチャ(2着)



    1番人気は1勝


    「結果」
    1-3-1-3-0-2/10

    勝率 10%
    複勝率 50%

    まあまあ悪いですね。


    ヤフーニュースより
    サトノレイナス国枝師、鞍上ルメールを信頼/桜花賞

    引用元
    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b6d80b5ad0cd88cc5fc25990621269e6b04b577

     
     日曜阪神メインは牝馬クラシック第1弾の桜花賞(G1、芝1600メートル、11日、5着までにオークス優先出走権)が行われる。

     サトノレイナスは兄サトノフラッグ似 サトノレイナス(国枝)には頼もしい鞍上、ルメール騎手がいる。国枝厩舎と同騎手といえば18年3冠達成のアーモンドアイ。1週前追い切りにもまたがり、美浦ウッドで5ハロン64秒4-11秒7を計時した。

     かなり内めを回ったこともあるが、軽快な動きで好調を伝えている。同騎手は最終追い切りにも騎乗予定。阪神JF鼻差2着からの逆転、厩舎の桜花賞3勝目へ順調そのものだ。国枝師は「ルメさんが乗って満足していたよ。スムーズな動きができていたし、何とかしてほしいね」と全幅の信頼を置く。

    桜花賞動画【2020年】




    桜花賞 2020年結果 

    1着 デアリングタクト 松山弘平
    2着 レシステンシア 武豊
    3着 スマイルカナ 柴田大知
     
    桜花賞 人気予想

    1番人気 コントレイル
    2番人気 グランアレグリア
    3番人気 サリオス
    4番人気 レイパパレ
    5番人気 ワグネリアン


    「広告」先週のイマカチの無料予想が大阪杯的中させていました

    「管理人確認済み」

    ※ 無料公開された予想
    2021-04-04_16h04_22


    ※ 的中実績
    予想を信じて買った馬券
    2021-04-04_19h17_25

    ある意味完璧すぎた。

    指定サイトにフリーメールを入れれば無料予想ゲットできます。
    イマカチの無料予想をゲットしに行く!!





    桜花賞予想【2020年】|スピード指数他ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    桜花賞スピード指数他能力指数順

    1位 レシステンシア
    2位 クラヴァシュドール
    3位 サンクテュエール
    4位 マジックキャッスル
    5位 ヒルノマリブ

    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    桜花賞予想|2020年|JRA共同会見まとめ


    kyoudoukaiken


    フェブラリーステークスは完璧だったwww

    baken3


    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    「広告」令和競馬

    reiwakeiba


    とりあえず…無料会員になってみたいサイト
    令和ケイバ






    ヤフーニュースより引用しました。

    【JRA】レシステンシア武豊騎手「デビュー戦で乗った時と比べて成長した」/桜花賞共同会見

     ■レシステンシアに騎乗予定の武豊騎手


    ――新馬戦以来のコンビ結成ですね。

    武豊 調教もいい動きをしていると聞いていたので期待して乗った新馬戦でした。期待通りのレースをしてくれました。かなり敏感な性格があるな、という感じだったし、道中も少し外に逃げたりとか難しい面はあったんですけど。能力は感じましたね。直線を向いてからはいい脚だったので、やはり走る馬だな、と思いました。


    ――その後は逃げたこともありましたが、どういうレースが合っていると思いますか?

    武豊 デビュー戦の後は乗っていませんが強い内容で重賞、GIを勝っていますね。2歳牝馬チャンピオンとなりましたから。特に阪神ジュベナイルフィリーズは見ていて驚くくらいの強さだったので凄い馬だな、と思いました。


    ――逃げてもよし、差してもよし、という感じでしょうか?

    武豊 どうでしょうかね(笑)。キャリアがまだ浅い馬なので何が一番いいかはまだわからないですけれども。ただ、ジュベナイルフィリーズのレースは圧勝だったので、そこは事実としてありますね。


    ――先週、調教に乗った感触は?

    武豊 感触を確かめる程度であまり速くならないようにという指示で本当に軽い追い切りだったんですけれども、非常に馬が力強くて状態の良さも伝わってきましたし、デビュー戦で乗った時と比べて成長したな、と感じました。2歳牝馬チャンピオンになった馬なのでそういう先入観もあったのかもしれないですけど。ずいぶん良くなったな、と思いました。


    ――桜花賞5勝しています。このレースのポイントは?

    武豊 まだ3歳になっての春ですし、キャリアの浅い馬たち、そして牝馬ですから。まぁまだまだ不確定要素が多いというか、レース自体もそうですし、馬もまだまだ手探りなところがある中でのクラシックレースだと思っていますので。乗り甲斐もありますし、難しいレースでもありますね。


    ――武騎手は平成最初の桜花賞(1989年シャダイカグラ)を勝っていますね。今回は令和最初の桜花賞ですが?

    武豊 そうですね(笑)。そのチャンスがあるのでこういういい馬とコンビを組んで出れるわけですから、このチャンスをものにしたいという気持ちは強いですね。


    ――クラシック最年長勝利記録というのもありますが?

    武豊 そうなんですか(笑)。まぁ、それも栄誉なことだと思います。本当にいいチャンスを貰ったのでそれに応えたい気持ちもあります。


     今日の追い切りは思ったより速かったんですけど、まぁタイムの指示は良かったんですけどある程度伸ばしてという指示だったので、ホントに軽く伸ばしただけだったんですけど。あれだけのタイムが出るというのは改めてポテンシャルの高さを感じたので。ますますレースが楽しみになりましたね。


    ――最後にひとこと。

    武豊 本当に今大変な状況ですけど、我々は競馬を通して、テレビやラジオで多くの方が競馬で楽しんでいただけると思って全力で騎乗するだけなので。なんとか少しでも楽しんでいただいて、勇気を与えられるようなレースができればと思います。


    (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ミヤマザクラ福永騎手「牝馬らしからぬ馬格の持ち主。パワーもスピードもある」/桜花賞共同会見

     ■ミヤマザクラに騎乗予定の福永祐一騎手


    ――前走のクイーンCを振り返ってください。

    福永 初めてのマイルだったんですけど、思っていた以上にスムーズに流れに対応してくれて、先行するかたちで、長くいい脚を使って押し切ってくれましたけれども。初めてのマイルとは思えないくらい上手に対応してくれたんじゃないかな、と思います。


    ――初コンビでしたが意識されたことは?

    福永 桜花賞に向けていろいろ確認したいことがあったんですけれども、スタートも良かったですし思った以上にスムーズに流れに乗れる脚があるんだな、と確認できましたので。


     今回、桜花賞になってペースもまた違うと思いますけど、一度レースに乗れたことでいろいろ確認もできましたので、今回に生かせればいいな、生かしたいと思っています。


    ――この馬の良さは?

    福永 牝馬らしからぬ馬格の持ち主で非常にパワーもありますし、かつスピードもありますので。非常にレベルの高い馬だと思います。


    ――先週の追い切りの印象は?

    福永 調教は動く馬なので、いつもいい動きをしていますけれども。変わらず先週も非常にいい動きをしていましたし、体調に関してもいいコンディションで臨めるのではないかと思っています。


    ――前走からの変化は?

    福永 今回はGIなので、より仕上げてくれてきているというか、優秀なスタッフがこの大一番に向けて万全の状態で仕上げてきてくれています。


    ――福永騎手は桜花賞2勝ですが、このレースのポイントは?

    福永 新しいコースになってから勝ってないんでね。ただ、阪神のマイルに関しては普段から乗っていますが、直線が長いのでね。力のある馬がより力を発揮しやすいコースだと思います。


    ――馬場状態については?

    福永 先週をみても土曜日と日曜日では馬場傾向が違いましたし、やはりそこは当日の馬場のコンディションであったり傾向であったり、そういったところを加味しながら対応しなければならないのかな、と思います。


    ――最後にひとこと。

    福永 こういった状況下の中で競馬を続けさせてもらえるということは感謝していますし、関係者一同、精一杯いいレースを提供できるようにしていきたいなと思っていますので、またたくさんの方々に支えていただけたらと思っています。


    (取材・文:花岡貴子)



    【JRA】サンクテュエール藤沢和雄師「若いうちから評判の馬」/桜花賞共同会見

    (追い切りについて)

    「いつもは坂路で追い切っていますが、先週はウッドチップコースで追い切っていますし、今週は輸送もあるので(最終追い切りは)坂路で追い切りました。そんなに時計は速くないですけど、動きはいつも良い馬なので、このくらいで十分だと思います。休み明けになりますが、気が良いので順調に来ています」


    (改めて京都でのシンザン記念・GIII・1着を振り返って)

    「スタートが良くなくて、最後は幾分狭いところに入って少し気を遣っていたのですけど、結果は強かったのでひと安心しました」


    (この馬のセールスポイントは?)

    「若いうちから評判の馬で、(入厩から)ひと月くらいで夏の新馬戦を使わせてもらったのですが、すごく気が良くて調整がしやすく、勝たせてもらうことができました。2戦目(アルテミスS・GIII・2着)は相手がとても強い馬で残念な結果でしたけど、その後はまた頑張ってくれましたし、順調に3歳の春を迎えられました」


    (舞台が阪神のマイルになるが?)

    「(これまで3戦は)それぞれ違う競馬場で走らせてもらったのですけど、何とかこなしてきています。阪神は良いコースですし、相手も強いですけど頑張ってもらいたいです」


    (その3戦すべて前めでの競馬だが、今回も先行を?)

    「今回は速い馬もたくさんいますから、あまり置かれないようについていってほしいと思っています」


    (レースを前にルメール騎手とはどんな話をする予定?)

    「最初からずっと乗ってもらっていて色々わかっていると思いますし、馬も順調に来ているので、そんなにたくさん話をする予定はないです」


    (桜花賞連覇にかける思いは?)

    「昨年は素晴らしい馬(グランアレグリア)で勝たせてもらいましたが、今年はまた違うタイプなので、秋にも来年にも繋がる素晴らしいレースをして、何とか頑張ってもらいたいと思います」


    (輸送はいつ?)

    「前日に輸送する予定です」


    (こういう状況の中での競馬が行われるが?)

    「我々は何もできないのですけど、家で退屈している人がいればテレビで競馬を応援してもらいたいですし、また素晴らしく綺麗な馬たちがたくさんいますので、応援してもらいたいと思います」


    (ファンへのメッセージを)

    「大変な時期ですが、馬はすこぶる元気良く順調に来ていますので、応援してください」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】マジックキャッスル国枝師「終いの脚を生かせれば」/桜花賞共同会見


    ■マジックキャッスルを管理する国枝栄調教師


    (追い切りについて)

    「先週結構やっていましたし、今日は半マイルから前に2頭置いてそれに並んでいくという調教をしました。別にかかることもなく折り合って、スムーズな脚捌きだったのではないかなと思います」


    【写真】マジックキャッスルこれまでの軌跡


    (大一番を前に仕上がり具合は?)

    「特に気になるところもなく順調に来れたので、週末に阪神に行って、あとは馬場が良ければと思っています」


    (輸送については?)

    「落ち着いた馬ですし、ファンタジーS(GIII・2着)の時も特に問題なかったので、大丈夫だと思います」


    (阪神のマイルについては?)

    「走りやすいコースになってから不利もなく競馬ができるので、良いのではないかなと思います」


    (あとは天気、馬場のコンディションということになる?)

    「そうですね、やはり良い馬場で競馬をしたいと思っています」


    (ここ3戦すべて2着と惜しい競馬が続いているが?)

    「少し届かなかったりしていたのですけど、十分やれるのではないかと思っています」


    (錚々たる顔ぶれになるが?)

    「そういう意味でも楽しみです」


    (どのようなレースを期待?)

    「流れてくれて、終いの脚を生かせればと思います」


    (桜花賞はアパパネとアーモンドアイで勝っているが、その2頭と比較して)

    「あの2頭はやはり特別ですし、そこまではちょっと無理かもわからないですけど、すべてうまく噛み合えば良い競馬になると思います」


    (ファンにメッセージを)

    「ここのところあまり良いムードではないですし、華やかな桜花賞ということで、競馬で少し盛り上がってもらいたいです。頑張ります」


    (取材・文:佐々木祥恵)




    競馬ファンなら一度は体感してみたい高配当馬券
    無料でこれだけ見れるのは激アツ!!
    勝ちうま上昇理論

    hanro

    このページのトップヘ