競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    毎日杯

    毎日杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【毎日杯】前走後の談話

      ◇アルムフォルツァ「まだ気性は幼いけど、乗りやすい馬。素質がありそう」(武豊騎手)

     ◇インディチャンプ「直線での瞬発力はすごかった。スタートが良くなく、後ろのポジションからのレースになってしまったが、道中で力むこともなかったし、冷静に走れるところがいい」(岩田康騎手)

     ◇ウォーターパルフェ「先頭に並びかけてからも、ちょっとジリっぽいところがある。それでも、前でレースを進めて辛抱してくれているし、差し返すところもあった」(酒井学騎手)

     ◇ギベオン「スタートしてから頭を上げてパニックになったけど、馬の後ろにつけたらすぐにリラックスしてくれた。手応えが良かったので、追い出しを我慢した。ファイトしたのは残りの150メートルぐらい。能力の高い馬だし、長い距離でも大丈夫」(ルメール騎手)

     ◇シャルドネゴールド「道中のペースが遅かったけど、しっかりと反応してくれた。ペースが上がったときにスッとついていけたし、直線でもしっかりと伸びてくれた」(川田将騎手)

     ◇テイエムディラン「勝ち馬の後ろのポジションで、ロスなく運ぶことができた。こういう馬場も良かったと思う」(田中健騎手)

     ◇ノストラダムス「ゲート内でうるさかったし、折り合いにも課題のあるタイプだけど、今日はペースが落ち着いて、向こう正面でスムーズに上がっていくことができたのがよかった。長く脚を使ってくれたけど、これからは道中で息を入れる競馬も覚えてほしい」(和田竜騎手)

     ◇ブラストワンピース「最初は馬場を気にするそぶりを見せたが、いい形で運ぶことができた。最後は馬群の中に入れたが、狭いところを割って出てくれた。追い出してからの反応も良くて、思った以上に早く先頭に立ったくらい。今後が楽しみ」(池添謙騎手)

     ◇マイハートビート「前走よりも返し馬で落ち着きがあった。京都で輸送時間が短いのが良かったのかな。ペースが遅く前の馬は楽をしていたけど、後ろからよく頑張ってくれた。トモ(後肢)がパンとすれば、もっと良くなると思う」(津村明騎手)

     ◇ユーキャンスマイル「走るごとに内容が良くなっている。直線ではかなり内にモタれていたけど、それでも勝つのだから力を持っている」(武豊騎手)

    【データで勝負】毎日杯

    【データからの注目馬・阪神11R】

    ◎(5)ギベオン

    ☆ここ5回の毎日杯を参考。連対馬9割が中2~6週のローテーション。また勝ち馬4頭、2着馬3頭は1800メートル(ダートも含む)でV歴あり

     これらのデータに合致するのは3頭。ならば同舞台のデビュー戦、前走の500万下と連勝中の本馬を中心視。土つかずで重賞制覇へ。

    展開を読む【毎日杯=スローペース】

     逃げ馬不在。ウォーターパルフェ、シャルドネゴールドあたりが押し出されそう。好位からギベオンも早めの押し上げか。続いてブラストワンピース、インディチャンプなども発進。直線は瞬発力勝負だが、先行勢の残り目にも注意。

    【毎日杯】傾向と対策

      過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 勝ち馬は全て重賞に出走していたが、今年は不在。連対馬19頭までが1600~1800メートル戦に出走。

     ☆脚質 勝ち馬6頭までが4角7番手以降からの差し切り。

     ☆新馬戦成績 勝ち馬8頭までが新馬Vを飾っていた。

     結論 ◎インディチャンプ ○ギベオン ▲ユーキャンスマイル



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    5
    毎日杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki 
     
    【毎日杯】アンビシャス、坂路自己ベスト能勢十分
     

    ◆毎日杯追い切り(25日)

     毎日杯・G3(28日、阪神・芝1800メートル)に出走するアンビシャスは25日、栗東の坂路に入り、同じく毎日杯に挑むダノンリバティと併せ馬。半馬身追走してラストは2馬身離されたが、音無調教師は「リバティが動くから、遅れるのは織り込み済み。競馬に行くと上手に走る」と指摘。52秒4―12秒7の追い切りタイムは自己ベストを0秒8も詰めるもので、態勢十分を強調した。

     前走の共同通信杯で3着。好メンバーのG3で0秒3差なら好走だが、トレーナーは「仕掛けが早かったね。勝った2戦は瞬発力を生かした競馬。もっとタメる形で、最後の脚にかけたい」と強調。ともにメンバー最速の上がりで差し切った新馬、千両賞をイメージし、大舞台への足がかりとするか。

     

    毎日杯-追い切りタイム

    アッシュゴールド

    3.25 栗東坂良

    52.5-38.5-24.9-12.7

    アンビシャス

    3.25 栗東坂良

    52.4-38.5-25.2-12.7

     

    毎日杯-ツイッター評価

     

     

    【毎日杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ