競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    スプリングS

    スプリングS予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ

    サトノアレス

    <スプリングS:追い切り>

     馬場状態を考慮し木曜追いに切り替えたサトノアレス(牡、藤沢和)は、美浦ウッドで3頭併せで追われ、力強く併入した。

     5ハロン67秒7、しまい12秒7の時計も上々だ。ウッド3頭併せで最内に入ると、前を走っていた外ダノンゴールド(障害オープン)、中シャドウチェイサー(古馬1600万)にゴール前で並びかけた。早めに抜け出さないように我慢させて、最後にピュッ。ゴール板を過ぎてからは前に出て、勢いが違った。

     テンションも上がってないし、黒鹿毛の馬体は毛づやもぴかぴか。さすが2歳王者という感じだ。戸崎騎手のテン乗りになるが、フルゲート割れなので立ち回りやすい。重賞連勝だ。

    ストロングレヴィル

    <スプリングS:追い切り>

     新馬勝ちから中2週で挑むストロングレヴィル(牡、堀)はウッドでナイルストーリー(3歳500万)と併せた。

     5ハロン69秒4-ラスト12秒6で3馬身先着という絶好の動きに「ラストでしまいを伸ばす調教。1回使って、いくらか真面目になっています」と渡辺助手。10年はアリゼオ、昨年はマウントロブソンで制した堀厩舎が今年も逸材を送り出す。

    アウトライアーズ

     フジテレビ賞スプリングステークスの追い切りが15日、東西のトレセンで行われた。美浦では4戦2勝のアウトライアーズが3頭併せで余裕たっぷりに併入。3カ月ぶりとなるが、力を発揮できる状態に仕上がった。栗東では朝日杯FS2着のモンドキャンノが軽快な動きを見せた。2歳王者のサトノアレスは16日に追い切る。

     悪条件でも走りに乱れはない。雨が舞う重馬場のWコースで、アウトライアーズが力強く水しぶきをあげた。自ら騎乗した小島茂調教師は満足げに笑みを浮かべる。

     「落ち着いて走れていたし、きょうは特に良かった。いい状態です」

     スプリングキャロル(500万下)、プラウドデイ(3歳未勝利)を5馬身以上追いかけてスタート。「離れていても追いつけると思ったし、促す必要もなかった」と話すほど楽な手応えで前の2頭に追いつき、内から馬体を併せた。4ハロン54秒0、3ハロン39秒8-12秒7で併入。馬場の悪さを感じさせないしなやかなフォームで、ゴールした後も余裕があった。

     「気負ってしまうところがある」という気性の難しさが課題だが、直線で他の厩舎の馬がさらに内で併走するような形になっても「よその馬が隣に来ても力まなかった。馬場も気になりませんでしたね」とトレーナー。「いかに負荷をかけつつ落ち着いて走らせるか」という陣営のテーマに満点の答えを出した。

     全4戦でコンビを組む田辺騎手は「まだコントロールの難しい面があるけど、能力は高い」とデビュー時から素質を高く評価。常に将来を見据えた競馬をしてきた。

     ここまで4戦2勝で、負けた2戦でも底を見せたわけではない。デビュー戦は鞍上が競馬を教える意味でも後方に控え、上がり3ハロン32秒9をマークして2着。2走前の百日草特別(3着)は勝ったアドマイヤミヤビが続くクイーンCも制し、2着カデナはその後に京都2歳S、弥生賞と連勝。クラシックで有力視される実力馬と接戦を演じた。前走のひいらぎ賞を快勝した後はトライアル一本に絞って成長を促され、心身ともにパワーアップした。

     この後は皐月賞とNHKマイルCを視野に入れており、朝日杯FSの1、2着馬も出走する今回は、距離適性も含めて試金石の一戦になる。「相手も強いので、どれだけやれるか楽しみ」と指揮官。初めての重賞で力を示し、混戦ムードが漂うクラシック戦線の主役に躍り出る。 (藤沢三毅)

     
    【スプリングS予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ】の続きを読む

    スプリングS予想|2017年|予想オッズまとめ

     日・月曜開催の変則日程となる中山の日曜メインは、フジテレビ賞スプリングS(19日、GII、芝1800メートル)。上位3頭に皐月賞(4月16日、中山、GI、芝2000メートル)の優先出走権が与えられる、関東圏では最後のトライアルレースだ。過去10年の優勝馬では、2009年アンライバルド、11年オルフェーヴル、13年ロゴタイプの3頭が皐月賞を制覇。また、15年キタサンブラックは菊花賞をV、08年スマイルジャックはダービーで2着に好走しており、牡馬3冠レース全てにつながる重要な一戦と言っても過言ではない。大舞台での戴冠を狙う3歳馬の白熱した走りに注目だ。

     2歳王者サトノアレス(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)が、今年初戦で貫禄を見せる。札幌でのデビュー2戦はいずれも2着に敗れたが、3戦目で初勝利を挙げると、500万下・ベゴニア賞→朝日杯フューチュリティSと怒涛(どとう)の3連勝を飾った。前走の朝日杯FSは、前半1000メートル通過60秒6というスローペースの中、後方で折り合いに専念。直線で外に持ち出すとグイグイと差を詰め、力強い末脚で差し切った。3カ月の休み明けとなるが、2月下旬からWコースで入念に乗り込まれており、態勢は万全。今回は戸崎圭太騎手への乗り替わりになるが、3年連続リーディングの名手なら心配は無用だろう。ここで4連勝を飾り、皐月賞に向け好発進を決める。

     アウトライアーズ(美浦・小島茂之厩舎、牡)は、中山で2戦2勝。小島茂之調教師とデビュー戦から手綱を取る田辺裕信騎手が、口をそろえて素質の高さを評価する期待馬だ。前走の500万下・ひいらぎ賞は、4コーナー後方3番手から目の覚めるような末脚で差し切り勝ち。エトルディーニュを0秒4差の4着に退けている。また、2走前の500万下・百日草特別は0秒1差の3着だったが、勝ったアドマイヤミヤビは直後にクイーンCをV、2着のカデナが京都2歳S→弥生賞を連勝しており、この馬にも一目置く必要があるだろう。ここで重賞初勝利を成し遂げて、クラシックの主役に躍り出るか。

     ウインブライト(美浦・畠山吉宏厩舎、牡)は、ひいらぎ賞でアウトライアーズに1馬身半差をつけられての2着だったが、前走の500万下・若竹賞で2着に1馬身3/4差の完勝。舞台は今回と同じ中山芝1800メートルだっただけに、価値が高い2勝目だった。ステイゴールド産駒らしく、使われるごとにレースぶりが良くなっており、ここで勝ち負けに加わっても不思議はない。

     モンドキャンノ(栗東・安田隆行厩舎、牡)は、京王杯2歳Sを勝ち、朝日杯FSで2着に入った実績の持ち主だが、父がキンシャサノキセキで、母の父もサクラバクシンオーとスプリント色が強い血統。さらに200メートル、距離が延びる点が気になるところだ。陣営は最大目標をNHKマイルCに置いているが、潜在能力の高さで上位争いに顔を出すことができるか。

     エトルディーニュ(美浦・小桧山悟厩舎、牡)は1勝馬だが、キャリア9戦で全て掲示板内の堅実な走りが売りだ。前走の共同通信杯では、勝ったスワーヴリチャードに2馬身半離されたが、しぶとく盛り返して3、4着馬をアタマ、ハナ差で抑え、2着を死守した。豊富なキャリアとすんなり好位を取れる先行力は他馬を上回る大きなセールスポイント。サトノアレスとはベゴニア賞で対戦しており、1馬身半差の2着に敗れているが、持ち前の粘り強い走りで雪辱を果たしたいところだ。

     トリコロールブルー(栗東・友道康夫、牡)は3戦2勝、2着1回のステイゴールド産駒。前走の500万下・フリージア賞は、上がり3ハロン33秒9の非凡な瞬発力を見せて快勝した。これまで中京、京都、東京と異なるコースで勝ち負けを演じており、初の中山もそのレースセンスの高さで対応できそうだ。初コンビとなるミルコ・デムーロ騎手は、東京新聞杯からフィリーズレビューまで6週連続で日曜メインを制しており、神がかり的な騎乗でVに導くか。

     プラチナヴォイス(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)は、京都の2歳未勝利戦を1分45秒9の2歳コースレコードで勝った快速馬だ。続くオープン特別の萩Sも制し、軌道に乗ったかに見えたが、その後は京都2歳S6着、きさらぎ賞4着と重賞の壁に阻まれた。しかし、自分のリズムで走れれば、スピードで押し切る可能性も十分。マークは必要だろう。

     オールザゴー(栗東・矢作芳人厩舎、牡)は、前走の500万下・白梅賞を逃げ切って2勝目を挙げた。これまで5戦して【2・2・0・1】の好成績。唯一着外に敗れた千両賞は、出遅れが響いたものだった。中山向きの先行力があり、このコースを知り尽くしたベテラン・内田博幸騎手の起用も魅力。芝1800メートルも3戦して【1・2・0・0】と相性が良く、侮れない一頭だろう。

     美浦のトップステーブル・堀宣行厩舎からは、デビュー戦を勝ち上がったばかりの2頭がエントリーしている。叔父にジャパンカップダートを制したアロンダイトがいるストロングレヴィル(牡)は、中山の芝2000メートルの新馬戦の勝ちタイムが2分07秒6と平凡だが、2着馬をハナ差で退けた勝負根性はなかなかのものだっだ。もう1頭のナイルストーリー(牡)は、37年ぶりの米3冠馬アメリカンファラオを出したパイオニアオブザナイル産駒の米国産馬。東京の芝1800メートルの新馬戦は、直線で二枚腰を発揮して2着馬に1馬身1/4差をつける逃げ切り勝ちだった。出走にゴーサインが出るようなら、2頭とも軽くは扱えない。

    【スプリングS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    スプリングS予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ



    [スプリングS]最後の大物マウントロブソン、見せた瞬発力12秒3

     伯父クロフネに似た輝く芦毛、父ディープインパクト譲りのしなやかなストライド。皐月賞戦線最後の大物マウントロブソンがWコースで噂にたがわぬ走りを見せた。スウィフトレイド(3歳未勝利)の2馬身後方から徐々に差を詰めた直線。内に進路を取ると、四肢に力がこもる。ラスト1F12秒3の瞬発力。肩ムチが入った相手をあおるように余力残しで併入に持ち込んだ。

     「しっかり反応していたし、状態はいいです。体つきはさほど変わりませんが、レースを使ってもピリピリせず、落ち着きが出てきました」と手応えを語る渡辺助手。「デビュー2戦(新馬、未勝利)とも2着でしたが、勝った馬はいずれも重賞で活躍していますからね」と続けた。デビュー戦で先着を許したリスペクトアースは京都2歳S2着、2戦目(未勝利)で首差の大接戦を演じたディーマジェスティは共同通信杯優勝。相手が悪かった。

     その後は難なく2連勝。特に前走の小倉・あすなろ賞ではしんがり追走から3コーナー手前で動いて後続をねじ伏せた。現役時代のクロフネを思い起こさせるまくり技。「ゲートを出ずに後方からの競馬になりましたが、とにかくスタミナがありますから。脚をためてスパッと切れるというより、じわじわ長くいい脚を使えるタイプ」と同助手。さらに「今回のメンバーでは簡単にいかないでしょうが、期待を持って挑みます」と続けた。

     クロフネやディープインパクトを所有した金子真人HDが堀厩舎に託した大物3歳。弥生賞でデビュー3連勝を飾ったマカヒキと共に、クラシックを狙う金子軍団の二枚看板となるか。

     
     
    【スプリングS予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    スプリングS予想|予想・オッズ|1番人気ロードクエストまとめ


    無料予想が注目の競馬情報会社

    競馬総本舗ミリオン 
    http://www.k-million.jp/
    3連単無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!!

    高配当21 
    http://ko-21.jp
    無料予想が馬連予想!馬連予想はここを見ろwww

    ハイブリッド 
    http://okanemoukeplus.com
    無料3連単が激アツ!これで予想が注目www

    的中ファクトリー
    http://tekichu-factory.com
    競馬予想の超真髄を体感できるサイト!!

    ベストレコード 
    http://b-record.com
    血統から調教まで、登録料0円に期待

    by競馬予想本気


    東の大将、ロードクエスト迫力ある動き

    <スプリングS:追い切り>

     東の大将格ロードクエスト(牡、小島茂)は、2週連続で美浦へ駆けつけた池添騎手を背に美浦ウッドで追われた。

     迫力あるフットワークで5ハロン69秒8-ラスト12秒5の時計をマークした。ホープフルSで不覚を取った新潟王者の逆襲。抜け出すとフワッとする点を意識し、併せ馬の形で最後まで気を抜かせない調教が施された。師も「ジョッキーは先週よりも良かったと言ってくれた。存在を忘れられかけているけど、強いレースを見せてほしい」。弥生賞の上位を占めた強力な関西馬3頭との皐月賞対決へ、師も強い勝ち方を望んでいる。

     
    やっぱりここでは大将格なんでしょうね!!
    ある意味衝撃だった新潟2歳S


    新潟2歳S結果
    1着 ロードクエスト 田辺裕信

    2着 ウインファビラス 松岡正海

    3着 マコトルーメン  勝浦正樹

     



    ロードクエストはこのクラシック池添謙一騎手とともに向かいます

     

     

     

    【スプリングS予想|予想・オッズ|1番人気ロードクエストまとめ】の続きを読む

    5

    スプリングS予想|調教・追い切り|インターネット評価

     
    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki



    リアルスティール、さらに成長する西の秘密兵器

     今週末22日には中山競馬場で4・19皐月賞の最終トライアル、GIIスプリングS(芝内1800メートル=3着まで優先出走権)が行われる。東のエース・最優秀2歳牡馬ダノンプラチナの現況についてはすでにお届けしたが、今年は花形役者が目白押し。西からは新馬→GIII共同通信杯を連勝した超大物リアルスティールが東上してくる。その強烈なV内容からレース直後“1強”の声も上がったディープインパクト産駒のその後をお届けする。

     関東馬の大攻勢が続く今年のクラシックロードだが、関西馬のエースは底どころか、まだ真の実力を見せていない。

     その超大物の名はスプリングSに出走するリアルスティール。クラシックの登竜門・共同通信杯をキャリア1戦で制した初めての馬。当時強気の挑戦を決断した矢作調教師でさえも「期待と同時に不安もあった」と後述していた高いハードルを、いとも簡単にクリアしてしまった。それも「初戦より芯が入った程度。完成度はまだ六~七分」という状況でだ。

     その言葉に偽りがなかったことは急激な上昇カーブを描いている中間の追い切りの動きが証明している。特に圧巻だったのが栗東ウッドで行われた1週前追い切り。併走パートナーに指名されたのは交流GIのJBCスプリントなど重賞3勝のタイセイレジェンド。だが、リアルスティールはダート短距離界の古豪をまるで寄せつけない走りを見せた。6ハロン81・6秒、軽く仕掛けた程度でラスト1ハロン11・4秒(3馬身先着)。まさにモノが違った。

    「一緒に追い出したら勝負にならないから、先にこちら(タイセイレジェンド)がアクセルを踏む形の追い切り。なのにゴーサインが出たらアッサリと突き放されてしまったからね。とにかく反応の速さがケタ違い。普段は寡黙な福永騎手もこの馬の追い切り後は冗舌になってしまうみたい。よほど手応えを感じているんじゃないかな」と渋田助手。

     どよめきが起きた調教スタンドと同様にタイセイレジェンドの背中から見たリアルスティールの姿もまた格別だったようだ。

    「普段はどっしりとしているが、最近は闘争心を見せる瞬間が出てきた。ディープブリランテ(12年ダービー優勝)の時のようにこれからは精神面のほうをケアしていきたい。今回は皐月賞のための予行演習のようなもの。輸送は問題ないけど、コーナー4つの競馬は初めてだから。まずはこれを経験させたい」(渋田助手)のコメントから“是が非でも”の勝負気配は感じない。

     だが、それでもアッサリと通過してしまいそうな雰囲気が周囲には漂っている。2歳王者ダノンプラチナを抑えての重賞連勝なら本番の1番人気もほぼ確定。今年のクラシックを“東高西低”と評価するのは今回のレースが終わってからでも遅くはない。

     
    スプリングS-2015年追い切り

     

    スプリングS

    ③ ベルーフ

    3/20-栗東坂重

    59.7-44.4-29.6-14.3

    ⑤ ブラックバゴ

    3/18-美浦南坂良

    54.5-39.1-25.2-12.7

    ⑥ リアルスティール

    3/18-栗東坂良

    53.1-38.9-25.3-12.5

    ⑦ ミュゼスルタン

    3/18-美浦南W良

    68.2-53.7-39.3-13.1

    ⑧ ダノンプラチナ

    3/18-美浦南W良

    86.1-70.0-54.2-40.1-12.6

     

     ツイッターの声

    【スプリングS予想|調教・追い切り|インターネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ