競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り・調教

    5
    毎日王冠予想2016年|調教・追い切り|ネット評価

     毎日王冠の追い切りが6日、美浦トレセンで行われた。6月のエプソムC優勝以来となる紅一点のルージュバックは、併せ馬で余裕の先着。4カ月ぶりでも仕上がりのよさをアピールした。5日に追い切ったリアルスティールは、体調が上がってこないため回避、天皇賞・秋(30日、東京、GI、芝2000メートル)に直行することになった。

     多少のもたつきも問題なし。ルージュバックがWコースで非凡な瞬発力を披露した。

     「休み明けで反応の鈍さはあったけど、タイムラグがあった感じ。ゴールを過ぎてからもジワーッと伸びていたからね。おつりは全然あった。動ける態勢になっている」

     大竹調教師は好仕上がりに納得の笑みだ。向こう正面からプエルト(500万下)を2馬身ほど追走し、4コーナーで内から馬体を併せにいく。鞍上に促されて一瞬もたついたが、すぐに持ち前の脚力を発揮。4ハロン51秒0、ラスト1ハロン12秒3をマークし、力強く1馬身先着した。

     エプソムCで、きさらぎ賞以来となる1年4カ月ぶりの勝利を飾った後は、福島県のノーザンファーム天栄で充電。9月24日に帰厩後、じんましんの症状が出たが、すぐに改善した。「環境になじませるのに時間がかかったけど、肩の出も良かったし、動きの大きさを見ても及第点」とトレーナーはデキに太鼓判を押す。

     今回はGIへのステップレースで、さらにレベルの高い牡馬が相手となるが、大竹調教師は「東京1800メートルの条件はいいと思う」。同じ舞台のエプソムCを豪快な末脚で2馬身半突き抜けたように、このコースなら気後れはない。

     「前走は3歳春に注目されていたときの末脚が戻ってきた感じ。この勢いで秋も好スタートを決めたい。相手は強くなるけど、もともと牡馬のGI級ともやれる馬だと思っていた。馬を信じて乗るだけ」と戸崎騎手も厚い信頼を寄せている。

     結果次第で天皇賞・秋かエリザベス女王杯か、今後の路線が決まる。輝きを取り戻した才女が地力を誇示し、ビッグタイトル獲得への道を切り開く。 (千葉智春)

     

    サンスポ予想王-毎日王冠

    TM追い切り診断 2016毎日王冠 美浦

     





    主な馬の調教データ
    ステファノス
    10/5 栗東CWやや
    68.3-52.7-38.3-11.9

    クラレント
    10/7 栗東坂やや
    60.2-43.5-28.3-14.1

    アンビシャス
    10/5 栗東坂ヤヤ
    52.8-39.1-25.9-13.3

    ルージュバック
    10/6 南W良
    51.7-36.9-12.4


    ここの予想が熱い
    ホースキング
    無料予想で万馬券GETせよ

    hosukin





    5
    スプリンターズ予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
    ベルカント初G1制覇へ12秒1/スプリンターズS

    <スプリンターズS:追い切り>

     夏の短距離女王ベルカント(牝5、角田)が小雨の坂路を勢い良く駆け上がった。重い馬場を、力強いフットワークで登坂。馬場の真ん中を1頭、スピード感たっぷりに上がると4ハロン52秒5-12秒1の好タイムでフィニッシュ。追い切り後もすぐに息が入り、文句なしの仕上げで挑む。

     角田師も「馬なりで、いい時計が出た。あまり重馬場も気にしていなかったね」と笑う。サマースプリントシリーズ連覇と、夏が最も力を発揮できる季節。栗東にも秋が徐々に訪れてきたが、動きや気配は活気がある。「たたき4走目で上積みはないと思うけど、いい意味で状態はキープできているよ」という。2歳時からコンスタントに活躍してきた重賞5勝の女王が、ここで引退する可能性がある。「今回いいレースをしなければ香港遠征はないだろうし、もし状態が下がるようなことがあれば行けないし…」。来年はキズナとの交配が決まっている。初のG1制覇で“嫁入り”の価値を高める。

     

    スプリンターズSー追い切り動画(サンスポ)


    サンスポ追い切りCheck 2016スプリンターズS(栗東)



    サンスポ追い切りCheck 2016スプリンターズS(美浦)



    TM追い切り診断 2016スプリンターズS(栗東)  



    TM追い切り診断 2016スプリンターズS(美浦)

     



    主な馬の調教タイム


    ビッグアーサー

    9/28 栗東坂やや

    52.5-37.9ー24.6-12.8


    ソルヴェイグ

    9/28 栗東坂やや

    52.5-37.6-24.0ー11.9


    シュウジ

    9/29 栗東坂不

    51.1-37.1-24.3-12.4


    ベルカント

    9/29 栗東坂不

    52.5ー37.5-24.1-12.1


    スノードラゴン

    9/28 南坂良

    51.1-37.5-25.0-12.6

     

     

    ギャロップジャパンの予想はここが熱い
    だから無料予想で毎週万馬券をゲットしていますよwwww
    ギャロップジャパンの無料会員になろう
    gyrofee1

    オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価

     

    クリールカイザーが注目馬・・・田辺で1発あるか

    【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)得ダネ情報】天皇賞・秋へのステップレース。ゴールドアクター&マリアライトの両グランプリ馬が参戦も両馬とも久々のうえ、目標は先。使われてきた馬との比較はこの時期の永遠のテーマだが、得ダネ班は使われてきた馬を優先。クリールカイザーの激走に望みを託した。

     先週、東西で行われた3歳GIトライアルはともにGI馬が断然人気に応えて快勝した。だが、先々も条件馬で終わるであろう格下馬も多い3歳戦と、歴戦のキャリア組が揃う古馬重賞では様相は異なる? 先週までの流れにあえて逆らい、オールカマーは穴馬激走の可能性に懸けたい。

     当欄が候補指名するのはクリールカイザーだ。その根拠は「モチベーションの高さ」。トライアル戦でよく言われる“勝負度合い”というものだが、先を見据えたGI馬たちを逆転するには必須な材料であることは間違いない。

    「ここが目イチ勝負」――相沢調教師がそう意気込むのも無理はない。オールカマーが行われる中山2200メートルは重賞V(昨年のAJCC)の舞台。しかも、ゴールドシップを筆頭に、ミトラ、エアソミュール、ディサイファといったそうそうたる面々を破ってのものだ。「中山2200のコース形態はこの馬にピッタリ。ここを狙って調整してきたし、ここと来年のAJCCは大きな目標になる」と、ここは“勝ちにきた一戦”とみていい。

     前走・七夕賞の5着善戦に「展開は厳しかったけど、見せ場を作っていいところは見せた。だいぶ復調してきたね」と師。7歳馬とはいえ衰えはなく、むしろ1年近いブランクの影響から徐々に立ち直りつつある。

    「(脚元の関係で)坂でしか追えないけど、1週前に併せ馬をビッシリやっているし、太め感はない。今週でキッチリ仕上がるはず」

     夏休みを挟んだとはいえ、GI馬たちとは異なる“勝負仕上げ”。得意の舞台で再度の大金星が期待できそうだ。

     
    【オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    5

    神戸新聞杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    今週も競馬予想で儲けよう・・・・ならばここをチェック 


    菊のことの考えて乗る

    【神戸新聞杯(日曜=25日、阪神芝外2400メートル=3着までに菊花賞優先出走権)稲富菜穂のだいじょばない】どうも、稲富菜穂です。気は早いですけど、来週はいよいよ凱旋門賞ですねっ。実は私、マカヒキの友道調教師に独占取材してきました! 来週の月曜日紙面に掲載予定ですので、皆さん楽しみにしててください。

     その前に今週の神戸新聞杯。そのマカヒキとダービーでハナ差の競馬をしたサトノダイヤモンドが登場します。「GIを取れなかった。多分、まだ若かったです。でも、いい走りを見せました。ポテンシャルが高かったです。秋で良くなれる」となかなかの日本語で語ってくれたルメール騎手。この中間は騎乗していないそうですが、「厩務員さんと話しました。問題ない、大丈夫」とあっさり。ああ、わかってくれとは言わないが~、早めに大丈夫と言わないで~(個人的にコラムを書くうえで大問題。行数が足りなくて、デスクに怒られちゃう!)。って、そうですよねえ。この馬に�だいじょばない�という言葉は、似合わないですもんねえ。

     でも、それはエアスピネルだって同じでしょ。この馬のこれまでの走りを見ていたら、みなさんも分かりますよね?

    「前走(日本ダービー=4着)は狙ったレースをしたんだけど、残念だったね。春のメンバーはかなりハイレベル。でも、心配していた距離は大丈夫だったし、レースが上手な馬で、きっちりと自分の走りをしてくれる」と鞍上の武豊騎手。もちろん、この馬も能力はトップレベル。今年のクラシックがいかに激戦なのかがヒシヒシと伝わりますし、しびれますなぁ。

    「ダービー以来で初めて乗ったのが先週の追い切り。悪くはないけど、ちょっと重いかな、と。でも、調教師と一緒に映像を見ていた今週は、すごくいい動きになっていました。レース間隔は空いていますから、折り合いは注意しなければいけませんし、次の菊花賞は3000メートル。だから、そこを頭に入れて乗りたい」

     ああ、わかってくれとは言いませんが、そんな武豊騎手の言葉に気合をすごく感じ、ビリビリにしびれています。いや、ギザギザかな。

     さらにもう一頭。稲富的に気になるのが、ナムラシングン。「3週連続で追い切りに乗っているけど、精神面の成長を一番感じた。皐月賞は7着。上位とは少し差があったと思うけど、この夏でその差が埋まっていれば」とは若葉S以来のコンビになる池添騎手。新馬戦は7番人気。ちっちゃなころから注目されていた馬ではないですが、ちっちゃなころから注目されていた2頭(サトノダイヤモンドもエアスピネルも新馬戦は1番人気)とも、今回は差のない競馬ができそうです。

    ☆いなとみ・なほ=1990年12月16日生まれ。関西在住のタレントとして幅広く活躍し、現在はKBS京都の「競馬展望プラス」、ABC「おはよう朝日です」に出演中。彼女が取材した馬が激走することが多いことから、一部のトレセン関係者から「競馬界の女神」と呼ばれている。

     
     
    【神戸新聞杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    ローズS予想|2016年|調教・追い切りまとめ

     秋華賞トライアル・ローズSの追い切りが14日、栗東、美浦の両トレセン、公営・笠松競馬場(岐阜)で行われた。オークス馬のシンハライトは坂路でラスト1ハロン12秒2をマーク。力強い伸びで先着し、サンケイスポーツ調教評価で最上級の『S』を獲得した。桜花賞馬のジュエラーは併せ馬で楽に先着。骨折明けでも上々の仕上がりを印象づけた。

     前哨戦でも態勢は十分に整った。樫の女王シンハライトが坂路で絶好の動きを披露だ。最後の1ハロンを12秒2と際立った伸びで、一気に駆け抜けた。

     「全体の時計(4ハロン54秒7)はかかったけれど、しまいの反応はよかった。先週は1頭になったときにフワッとしたけど、きょうは集中して走れていたね。相変わらず乗り味は抜群です」

     2週連続で追い切りに騎乗した池添騎手は、納得の笑みを浮かべた。

     グランジャー(3歳500万下)を追走してスタート。最初の2ハロンは15秒2-14秒4とゆったり入ったが、3ハロン目に12秒9とペースアップ。パートナーとの差を詰めるとラスト1ハロンで並ぶ間もなくかわし、1馬身突き放してフィニッシュだ。

     「1週前(同4ハロン53秒5-12秒7)、今週と、同じようにしっかりと伸びてくれた。しまいを伸ばす調教をして、しまいの時計も速いし、何の注文もつかない調教ができたと思う」。満足の調整を終え、石坂調教師は声を弾ませた。

     春は桜花賞でジュエラーにハナ差の2着と敗れたが、オークスは後方から直線で馬群を割って伸び1冠をつかんだ。その後は滋賀県のノーザンファームしがらきで夏を過ごし、8月10日に入厩。トレーナーは「夏を越して背が伸び、体重も少し増えていると思うけれど、いい意味で変わりなく順調」と目を細め、「すごく軽い走りで、乗り手に従順。そして最後まで負けない勝負根性を見せる。それがこの馬の良さ」と愛馬に寄せる信頼の高さを口にした。

     対戦成績で1勝1敗のジュエラーとは3度目の対決。石坂師は「シンハライトが、ちゃんと競馬をしてくれればそれでいい。だんだんと競馬の内容がよくなっているし、能力もある」とドンと構える。自分の力をしっかりと出せれば、牝馬2冠制覇をはっきりと視界にとらえることができるはずだ。 (渡部陽之助)

     

    サンスポ-予想王動画

    サンスポ追い切りCheck 2016ローズS 栗東


    シンハライト・ジュエラー・フォールインラブ・フロムハイハート・レッドアヴァンセ

    動画を見た感想

    レッドアバンセの評価

     

    サンスポ追い切りCheck 2016ローズS 栗東

     

     
    シンハライト・アットザシーサイド・ジュエラー・レッドアバンセ

     

    動画を見た感想

    レッドアバンセの評価

     

    某スポーツ紙評価

    S評価-アドマイヤリード

    A評価-カイザーバル

    A評価-ジュエラー

    A評価-シンハライト

    A評価-フロムハイハート


    主な馬の調教タイム
    レッドアバンセ
    9・14 栗東坂
    53.0-38.8-25.2-12.3
    ジュエラー
    9・14 栗東P
    64.8-50.2-36.8-11.2
    シンハライト
    9・14 栗東坂
    54.7-39.5-25.1-12.2



    当コーナーの推奨馬
    アドマイヤリード
    ジュエラー
    シンハライト


    無料会員になって馬券を儲けるという簡単な作業
    ホースキングの予想が激アツwwww
    hosukin

     

     

     

     

     

     

    このページのトップヘ