競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り・調教

    5

    青葉賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    管理人おすすめ
    超絶無料会員コンテンツ!!
    keibayo

     

    レッドライジェルなど、青葉賞厩舎情報/美浦トレセンランキング

     2着までダービーの優先出走権が得られるダービートライアル、青葉賞(GII・芝2400m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    レッドライジェル(牡3・美浦・藤沢和雄)について、柴田善臣騎手。
    「他馬を気にする面が解消してきました。ここまで順調ですし体調も良いので、稽古の動きも当然良いです。勝てれば良いですね」

    大江原勝調教助手。
    「2走前(未勝利)に勝った時は展開がはまった感じもありましたが、前走の山吹賞(500万下)では終いを生かすレースをして勝てたのは良かったですし、力もつけているのでしょう。体つきは変わりはないですが、体調はキープできています。東京も良いと思います」

    ブラックバゴ(牡3・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
    「前走のスプリングS(GII・6着)はスローの流れで、あの位置取りでは厳しいですね。以前より追い切りで動かなくなっていますけど、線の細いタイプで太目感はありません。オンとオフがはっきりしている馬なので距離が延びるのは良い方向に出ると思いますし、東京コースに替わるのも良いでしょう」

    タンタアレグリア(牡3・美浦・国枝栄)について、蛯名正義騎手。
    「能力は新馬の追い切りの時から感じていました。ここのところ常識にかかってきましたし、この馬のタイプがつかめてきました。どのようにしていけば良いか、方向性がわかってきましたね。順調に来ていますし、今週(4/29)の追い切りの動きも良かったです。距離は長い方が良いと思っていましたが、更に延びても良いくらいです」

    ヴェラヴァルスター(牡3・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
    「前走のゆりかもめ賞(500万下・1着)後は、ノーザンファーム天栄に放牧に出ました。4週前くらいに戻ってきて、順調にここに向けて調整してきました。馬体や馬体重など肉体面は変わっていませんが、フレームが大きくなって成長した感じがします。今週(4/29)の追い切りは3頭併せの1番後ろから進み、ひと呼吸置いてから仕掛ける内容でしたが、良い動きでした。レース間隔は開いていますが、ここを目標にやってきましたし楽しみですね」

    カカドゥ(牡3・美浦・奥村武)いついて、奥村調教師。
    「切れる感じではないので東京コースはどうかなと思っていましたが、前走の水仙賞(500万下・4着)は上がり33秒5の脚を使ってくれましたし、東京の方が良さが出るのではないかと思います。先週は横山(典)騎手が乗ってビシッとやっていますし、ここまで順調です。もう少し体が増えてほしいですが、成長力のある血統なのでこれから良くなってくれると思います」

    ストレンジクォーク(牡3・美浦・小島太)について、柴山雄一騎手。
    「前走(500万下・1着)は厳しい競馬でしたが、馬の力で勝ってくれました。あのような競馬ができればどんなレースでもできると思いますし、東京コースはもっと良い脚が使えそうですね。先週も今週も追い切りの動きは良かったですし、前走以上の状態で臨めそうです。前半の折り合いに気をつければ、東京の2400mも問題ないと思います」

    ミュゼダルタニアン(牡3・美浦・高市圭二)について、高市調教師。
    「前走の山吹賞(8着)は馬場が硬かったですし、前に行き過ぎて目標にされてしまいチグハグな競馬になりました。道中は引っ掛かる馬でもないので、2走前の水仙賞(3着)では良い脚を使ってくれましたね。今回と同じ条件で未勝利を勝っていますし、同じ舞台で頑張ってほしいです」

    スモークフリー(牡3・美浦・戸田博文)について、戸田調教師。
    「先週併せ馬でやりましたが、1頭になると若干遊ぶところがあるので、それを考慮して今週(4/29)は単走で追い切りました。だいぶ幼さも取れてきましたし、1勝馬ですけど力はある馬だと思います。負けはしたものの、前走(500万下・2着)で芝の適性も見せてくれました。今回は2回目の芝のレースで、ガラリ一変があってもおかしくないと思っています。トビが大きい走りをしますので、広い東京コース向きだと思います」

    マイネルサクセサー(牡3・美浦・畠山吉宏)について、畠山調教師。
    「追い切りの動きは、まずまず合格点だったと思います。だいぶ体も締まってきましたね。スタミナがありそうなので、距離延長はプラスだと思います。切れ味があるタイプではないので、スタミナを生かす流れになってほしいです」(取材・写真:佐々木祥恵)

     
    サンスポ予想王-動画

     

    おもな馬の追い切りタイム

    ブラックバゴ

    4/29-南坂良

    54.8-40.1-26.6ー13.6

    タンタアレグリア

    4/29ー南坂良

    53.3-39.3-25.8ー12.9

    レッドライジェル

    4/29ー南W良

    69.7ー53.6-39.6-13.1

    ヴェラヴァルスター

    4/29-南W良

    68.2-52.5-38.4ー12.6

     

     

    ツイッターの声

     

    【青葉賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    マイラーズカップ予想|調教・追い切り|予想・2ch・ネット情報まとめ 
     
    無料予想で40万円・・・!!
    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki




    【マイラーズカップ復活のサンライズメジャー】

    【マイラーズC(日曜=26日、京都芝外1600メートル=1着に安田記念優先出走権):栗東・得ダネ情報】

     6・7安田記念への重要なステップとなるGIIマイラーズC(26日=京都芝外1600メートル)は、昨秋のマイルCSを制したダノンシャークが左前脚挫石により出走回避。ならば当時ハナ差でビッグタイトルを逃したフィエロが、新マイル王へ向けてうっぷん晴らしの快走を見せる? いやいや、穴党が注目すべきはサンライズメジャー。対フィエロで先着歴のある実績馬の戦列復帰がレースを熱くする。

     サンライズメジャーは昨秋のマイルCSを目前にして無念の出走取り消し。前哨戦のスワンSでは2着と、フィエロ(3着)に先着を果たしただけに、無事に出走できていたならと思わずにはいられない。

     マイル路線は絶対王者不在の混迷の時代が続いている。今年になって一気に台頭してきた新星のモーリス(ダービー卿CT)が本番でも高い支持を集めることが予想されるほど。逆に言えばフィエロはもちろん、このサンライズメジャーも、ここでの走り次第で一気に主役候補に躍り出ることが可能なのだ。そのサンライズメジャー。能力はフィエロにも劣らないことを実証済みとはいえ、ブランクが長い割に帰厩後は目一杯に追っておらず、最終追い切りも馬なり。手ぬるく感じる調整内容が、評価を下げる要因にもなりそうだが…。

    「牧場できっちり乗り込んでいたようで、全く太め感のない体で帰ってきたんですよ。だから帰厩後は、ゆったりとした調整を続けてきました。もちろん体調の不安は何もありませんし、久々でも力を出せる状態にありますよ」(小林助手)

     もともと早くから素材的には有望視されていたが、発馬難や折り合い難が出世を遅らせた。それでもキャリアを重ねることにより落ち着きが出て、昨夏からはオープンでも崩れ知らずの走りを見せている。

    「昨年から良くなってきた馬だけど、今年はさらに大きなところで活躍してほしいと、大いに期待しています。折り合いのことを考えれば、道中の流れも速くなる京都の高速馬場は悪くない」(小林助手)

     スワンSで、いったんは前に出かけたフィエロを差し返すような形で先着を阻止したゴール前の脚は着差以上の強さを感じさせた。復活のサンライズメジャーからの馬券に思わぬ好配当の予感が漂っている。

     

    マイラーズカップ=調教動画

    マイラーズカップ-栗東1

    マイラーズカップ-栗東2

     

    主な馬調教タイム

    テイエムタイホー

    4/23-栗東CW良

    68.8ー53.5-38.9ー11.6

    マイネルメリエンダ

    4/22-南坂稍

    59.0ー42.8ー27.4-13.5

    サンライズメジャー

    4/22-南W稍重

    69.1-53.5-38.8ー12.7

    ディアデラマドレ

    4/25-栗東坂良

    62.4-45.1-28.8ー14.0

    フィエロ

    4/22-栗東坂稍重

    54.4-39.5-25.2-12.3

    フルーキー

    4/25-栗東坂良

    64.2-45.8ー29.0ー13.9

    ヒストリカル

    4/25-栗東坂良

    59.3-42.2-26.7ー13.2

     

     

    競馬馬場のついてはこの1冊をチェック!!

     

    【マイラーズカップ予想|調教・追い切り|予想・2ch・ネット情報まとめ】の続きを読む

    5

    福島牝馬S(福島牝馬ステークス)予想|調教・追い切り|2ch・ネットまとめ

     


    無料予想で40万円・・・!!

    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki



    パワースポットは体調上向き、福島牝馬S厩舎情報/美浦トレセンニュース

     4月25日(土)に福島競馬場で行われる福島牝馬S(GIII・芝1800m)に出走予定の美浦所属各馬について、関係者に取材した。

    ■オメガハートロック(牝4・美浦・堀宣行)について、橋本篤典調教助手。
    「前走の中山牝馬S(GIII・8着)は途中で止める気難しい面も見せず、集中して走れていました。若干のんびり構えた感じもあり、もう少し早めに仕掛けても良かったようにも思いますが、レース内容は良くなってきています。前走後は、短期放牧を挟んで順調にきています。まだ気の悪さも残っていて良化途上ではありますが、体も締まってきました。中山でも走っていますから、小回りの福島も大丈夫でしょう」

    ■パワースポット(牝7・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「最近は輸送をしても体が減らなくなりました。中間も飼い葉を食べていますし、元気一杯です。暖かくなってきて体調もさらに上向いてきました。福島コースなので、直線でうまくさばければ良いですね」

    ■フィロパトール(牝6・美浦・武藤善則)について、武藤調教師。
    「先々週、先週と少し重たかったのですが、追い切りはビシッとやっています。その分、体も絞れてきました。今回は重賞なので、今週(4/22)も動く馬の後ろに入れてビッシリ追い切りましたが、時計も良く動きも良かったです。データ的には叩き良化型と言われていますが、福島では休み明けで2着になったこともありますし、昨年の福島記念(GIII)ではいつもよりレースをしにくい位置で4着に来てくれました。得意な福島ですし、期待したいですね」

    ■アルマディヴァン(牝5・美浦・高橋文雅)について、高橋調教師。
    「レースを使うごとに良くなっています。これまでは左回りで良績を収めていますが、前走の幕張S(1600万下)は中山の1600mで勝てたことは大きかったと思います。これまでは脚質的なものもあって、1400m、1600mを使ってきたので、おのずと左回りの中京や東京で走ることが多かったのですが、右回りでも問題はありません。今回は小回りで距離も1800mに延長されますが、力をつけていますし、展開がハマれば楽しみはありますね」

    ■グレイスフラワー(牝6・美浦・宗像義忠)について、宗像調教師。
    「前走の中山牝馬S(6着)は休み明けでしたが、最後は良い脚を使っていました。叩かれて良くなっていますし、今週(4/22)の追い切りでも気合いが入ってきた感じがしました。体もだいぶ絞れてきましたね。小回りの1800mになりますが、柴田善臣騎手にうまく乗ってもらえればと思います」

    ■ペイシャフェリス(牝4・美浦・高市圭二)について、高市調教師。
    「いつも追い切りは動きますが、今週は時計も動きも良かったです。前に行く馬なので、枠順が鍵になると思います。できれば真ん中くらいの枠が理想です。小回りの福島なら距離も大丈夫だと思います。自分のペースで行ければ持ち味を発揮できるでしょう」

    ■ウエスタンメルシー(牝4・美浦・奥村武)について、奥村調教師。
    「1000万下、初音S(1600万下)と連勝する前の4戦は、夏場で馬が萎んでいたのもありましたし、雨が降ったり、札幌の外枠に当たったりと惨敗続きでした。馬が精神的に折れてしまってはいけないということで、刺激を与える意味もあり、2走前に勝った時は中1週でレースに出走させました。また初音Sで乗ってくれた後藤騎手が、レース後に折り合いも心配ない、脚をためてレースを進めるのも大丈夫、中山牝馬Sに行ったらおもしろいと言ってくれまたので、この条件も大丈夫だと思います。

    攻め馬の動きとレースが直結するわかりやすい馬です。先週、丸田騎手が乗ってビシッとやり、今週は予定通りに良い併せ馬ができました。馬の後ろに入れても折り合いも良かったです。重賞ですから甘くはないですけど、状態が良いので期待したいです」

    (取材・文・写真:佐々木祥恵)

     
    【福島牝馬S(福島牝馬ステークス)予想|調教・追い切り|2ch・ネットまとめ】の続きを読む

    5

    天皇賞予想【2015年】|1週前追い切りまとめ|ネットまとめ

     


    無料予想で40万円・・・!!

    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki


    【天皇賞春】ゴールドシップ・横山典弘【乗り味は相変わらずいい】

    ◆天皇賞・春1週前追い切り(22日)

     次週の天皇賞・春・G1(5月3日、京都・芝3200メートル)に出走する一昨年のダービー馬キズナが22日、栗東のCWコースで躍動感あふれる動きを披露。G1・5勝馬ゴールドシップも、同じくCWコースで併走遅れながらも、シャープなフットワークを見せた。

     久々の感覚を味わった。ゴールドシップは、美浦から駆けつけた横山典が手綱を執り、1週前追い切りをスタート。栗東のCWコースでブラヴィッシモ(3歳オープン)に8馬身先行、向正面で差を詰められ、一度は抜かれても、リズム重視の走りを続けた。

     直線で馬体を併せたが、最後は半馬身遅れてフィニッシュ。ただ手綱を抑えるような感じで、7ハロン95秒4のタイムは上々だ。「元気いっぱいだった。脚もとに違和感もないし、乗り味は相変わらずいいですね」。昨年の凱旋門賞(14着)以来の騎乗となった横山典は納得の表情。3連覇した阪神大賞典後、蹄球炎が判明したが、状態をしっかりと見極めての出走で全く問題はなさそうだ。

     天皇賞・春は過去2年で5、7着。結果を残していないが、須貝調教師は「(同じ京都外回りの)菊花賞を勝っているんだからね。コースうんぬんじゃないと思う」と強調した。3度目の正直を託された横山典は来週の最終追い切りでも栗東へ駆けつける予定。「こういう手こずらせるタイプでも、結果を出せれば騎手冥利に尽きる」とベテランは笑った。互いの理解をさらに深め、今年こそ現役最強を証明する。

    (山本 武志)

     
    主な馬の追い切りタイム
    アドマイヤゼウス
    【天皇賞予想【2015年】|1週前追い切りまとめ|ネットまとめ】の続きを読む

    5

    皐月賞予想|調教・追い切り|いろいろなまとめ

     

    無料予想で40万円・・・!!
    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ


    teki&



    【皐月賞】 ドゥラメンテ、馬なりのまま56秒0-12秒6

    ◆皐月賞追い切り(16日)

     見た目より内容を重視した最終調整だった。Wコースで3頭併せを行ったドゥラメンテ。道中はアンギアーリ(3歳未勝利)、ファントムロード(7歳1000万)に挟まれる形で真ん中を進んだ。迎えた直線で大外に持ち出したところでいったん、2頭に離されたが、直線では馬なりのまま末脚を伸ばし、4ハロン56秒0―12秒6。先行した馬にクビほど遅れる結果となったが、陣営に悲観の色がないのは、明確な意図があったから。堀調教師が説明した。

     「前走で折り合いの不安が出たので、馬の後ろにつけ、後ろの馬には3/4馬身差くらいでプレッシャーをかけながらという指示でした。ちょっと(直線での)行きだしは遅くなりましたが、騎手が意図してやってくれたみたいだし、しまいに向けてハミをとって、いいストライドで伸びていました」

     この日のために栗東から駆けつけ、初めてまたがったMデムーロも終始、笑顔で満足げだ。「すごく良かった。前走の映像を見て引っかかっていたが、今日は大丈夫だった。パワーがある。体が柔らかい。賢い」と、ひたすら賛辞の言葉を並べた。

     過去に乗った中で似ている馬を聞かれると「ネオユニヴァース。皐月賞を勝ったから」とちゃめっ気たっぷりに笑った後、真顔に戻って切り出した。「僕は難しい馬は大好き。ネオもダイワメジャーも難しい馬だった」。折り合いに課題のあるドゥラメンテだが、武豊と並ぶ現役最多タイの皐月賞3勝を誇るMデムーロの表情は自信に満ちあふれていた。サトノクラウンは強敵だが、僚馬を従えてのワンツーフィニッシュは、十分にあり得る。(西山 智昭)

     
    皐月賞、追い切り・調教動画
    2015年-栗東

    【皐月賞予想|調教・追い切り|いろいろなまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ