競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り・調教

    日経新春杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【京成杯&日経新春杯】東西調教ウオッチャー

    今週の東西調教ウオッチャーは京成杯と日経新春杯が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの片岡、板津記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、斉藤記者が好調教馬をピックアップした。

     片岡 京成杯の美浦組からいこうや。

     板津 良く見えたのはエイムアンドエンド。馬体を大きく見せて、力の要るWコースでも迫力十分のフットワークで僚馬に2馬身先着。デビュー前に調教駆けしなかった馬がどんどん変わってきています。

     片岡 俺はイェッツトや。北Cコースで追われて、直線は先行馬の内で馬なり併入だったけど、追えばもう2段階ぐらいギアが上がりそうな感じ。キャリア1戦でも要注意!!

     板津 水曜に追い切ったコズミックフォースも、年長馬と余力十分の手応えで併入。状態は間違いなくいいでしょう。

     正木 栗東からは日経新春杯や。

     斉藤 木曜にCWコースで併せたカラビナは、大型馬らしく実にパワフル。半馬身遅れましたが、追走してのものだし、馬場の荒れた時間帯に6ハロン83秒5-11秒8なら上々です。

     正木 俺は格上挑戦でもサンタフェチーフの軽快さが目についた。CWコースの単走で馬なりながらラスト1ハロンは12秒2。のどの手術による長期休養明けの前走は、1600万下とはいえ僅差の2着。今回は状態もアップしていそうで、52キロのハンデなら穴っぽい。

     斉藤 あとは坂路追いのガンコですね。馬なりでも抜群の行きっぷりで、4ハロン51秒2-12秒7の好時計。併走馬を楽々と2馬身離して、素軽さ満点です


    【日経新春杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    京都金杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【京都金杯】レッドアンシェル「開幕馬場でロスのない立ち回りができれば」

    【京都金杯(土曜=6日、京都芝外1600メートル)注目馬4日朝の表情:栗東】レッドアンシェルは厩舎周りの引き運動で息を整えた。陣営は好スタートに自信ありだ。

     庄野調教師「(3日の)最終追い切りはしまい重点ながら、いい動きだった。(富士S=4着→リゲルS=1着と)2走続けてしっかり走ってくれたので少し疲れを心配したが、思い通りに回復している。とにかくレースセンスのいい馬。開幕馬場でロスのない立ち回りができれば」

    クルーガー猛時計11秒7に浜中ビックリ/京都金杯

    <京都金杯:追い切り>

     強烈なラストスパートだった。雪がちらつく栗東坂路。残り1ハロンで浜中騎手が追うとクルーガーは一気に加速。11秒7(4ハロン53秒3)という猛時計をマークした。京都金杯ただ1頭のS評価だ。

     今回が初コンビの鞍上は「いい動きだった。時計もびっくりするほど速い。11秒7なんて、僕は初めてじゃないかな。イメージ通り瞬発力があるし乗りやすい」と高評価した。

     前走のマイルCSは渾身(こんしん)の仕上げを施されたが結果は7着。「外を回って早めに動くような競馬で勝ち切れるほどの力はなかった」と高野師は振り返る。一方で「うまく立ち回れば(G1でも)勝負できる」との感触もつかんだ。G3の今回は当然相手が楽になり、状態も「マイルCSに近いぐらいに仕上がった」と師はみる。

     今年の目標はもうワンランク上のマイラーになること。まずは京都金杯で2度目の重賞制覇だ。

    【京都金杯】マイネルアウラート「寒い時期の方がいい」

    【京都金杯(土曜=6日、京都芝外1600メートル)注目馬4日朝の表情:美浦】前走のキャピタルSで5着と復調気配を見せたマイネルアウラートは角馬場で軽めの調整。調教パートナーは一発を狙っている口ぶりだ。

     谷代助手「(3日の)最終追い切りはサラッと。暮れにしっかりやっているので予定通りだよ。暑い時期に比べると馬がうるさくて危なっかしいくらい。でもそのくらいの方が結果が出ているように、寒い時期の方がいいんだよね」


    京都金杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く

    中山金杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【中山金杯 追い切り】3頭併せで快走~ブラックバゴ

    11月のアンドロメダS(オープン)を快勝したブラックバゴ(牡6歳、美浦・斎藤誠厩舎)は美浦のWコースで3頭併せ。6ハロン81秒2、3ハロン39秒1-13秒1をマークし、中のストーミーシー(オープン)に半馬身先着、外のミッシングリンク(1000万下)と併入。

     「中間は本当にいい状態。自分の競馬ができてきたので、馬の気分に任せて前半は無理させない形で。こういう競馬に岩田騎手も合っていますからね。今のデキなら楽しみです」と斎藤誠調教師。

    【中山金杯】ダイワキャグニー重賞初制覇へ「太め感なく、いい感じに仕上がった」

    ◆中山金杯追い切り(3日、美浦トレセン)

     6日に開幕する2018年の中央競馬。年初恒例の東西金杯の追い切りが3日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。

     重賞初制覇を狙うダイワキャグニーは、美浦・Wコースの6ハロンから内ダイワリベラル(7歳オープン)を3馬身半先行。馬なりでリズムよく駆け2馬身先着した。87秒1―13秒2に菊沢調教師は「太め感なく、いい感じに仕上がった」とうなずいた。

     明け4歳だが、前走・キャピタルSで4勝目。うち2勝がオープンと能力はここでもひけを取らない。2月に48歳を迎える“年男”トレーナーは「注目もされるし、スタッフと力を合わせて管理馬を活躍させていきたい」と意気込んだ

    【中山金杯】ストレンジ50秒8!小島太師「かなりいい」

     
     昇級初戦になるストレンジクォークのムードがいい。追い切りは坂路で単走。水分が残る走りづらい馬場状態ながら、序盤から躍動感たっぷりに4ハロン50秒8の好時計を叩き出した。動きの良さに小島太調教師は、「前走後はひと息入れたが、ここを目標にしっかり乗り込んできた。
     
     重め感なく仕上がっており、状態はかなりいい」と満足の様子。さらに「この相手でもそう差はないと思っている」とヤル気をにじませる。ハンデ(54キロ)も魅力で、目が離せない存在だ。

    【中山金杯】4歳馬セダブリランテス、戸崎と初笑いへ「十分な追い切りができた」

    ◆中山金杯追い切り(3日、美浦トレセン)

     6日に開幕する2018年の中央競馬。年初恒例の東西金杯の追い切りが3日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。中山金杯で重賞2勝目を狙う4歳馬、セダブリランテスは美浦のWコースで力強い動きを披露。年間リーディング奪回を狙う戸崎とのコンビで初笑いを目指す。

     セダブリランテスは、戸崎を背にWコースへ。5ハロンから、外アルタイル(6歳オープン)を4馬身追走。呼吸を合わせながら徐々にピッチを上げると、馬なりのまま、力強く脚を伸ばしていく。ラスト1ハロンで内から馬体を併せ、最後は1馬身先着。67秒2―13秒6に、「馬場が悪くて脚を取られるところもあったけど、十分な追い切りができた」と鞍上は納得の表情だ。

     今年飛躍を狙う4歳馬は、年長馬と初対戦となった前走のアルゼンチン共和国杯で3着。無傷の3連勝でラジオNIKKEI賞制覇のあと、秋は菊花賞を大目標にしていたが、右前脚のザ石で路線変更を余儀なくされた。4か月ぶりの復帰戦となった前走との比較から、手塚調教師は手応えを隠さない。「今回は強め強めの調整ができている。(初の)2000メートルも問題ない」と自信の表情だ。

     戸崎にとっても、気持ちが入る2018年だ。4年連続リーディングを狙った17年は171勝でルメール(199勝)に次ぐ2位。「18年は200勝が基準になるかもしれない。それくらい、ボーダーは上がっている。勝利を重ねて、重賞やG1の大きなレースも勝てるように。今年は特にリーディングを強く意識してやっていきたい」。普段はクールな37歳の言葉は自然と熱を帯びた。

     充実した一年へ。頂点を目指す人馬がJRA最初の重賞で最高のスタートを切る。

    【中山金杯 追い切り】軽快に3馬身先着~ウインブライト

    福島記念で重賞2勝目を挙げたウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉厩舎)は美浦のWコースで6ハロン83秒1、3ハロン38秒3-13秒1を馬なりでマーク。内の古馬ディスカバー(1000万下)に3馬身先着した。

     「ふだん長めから乗り込んでいるし、しまい重点で問題ない。例年この時期は状態が良くない中でも、うまく仕上がっている」と松岡騎手。



    中山金杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く

    東京大賞典予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ


    「PR」 東京大賞典予想もある・・・地方競馬の予想はここを見ろw
    高配当21の無料予想が激アツz

    kouhai21s



    ヤフーニュースより引用

    【東京大賞典・月曜追い】ミツバ順調も「まだ気難しいところが」


    前走・チャンピオンズCで差して6着のミツバ(牡5=加用)は
    25日、栗東坂路で追い切って4F55秒2~12秒9としまいを伸ばした。

     「順調に来ているし、状態は変わらない」と加用師。「前走を見ても、もう少し前に行ければいいんだけど、まだ気難しいところがある。

    うまく走る方に気持ちが向けば」と好走へのポイントを挙げた。

    【東京大賞典・月曜追い】コパノリッキー 有終ラストへ好調キープ

     チャンピオンズC3着をステップに参戦するコパノリッキー(牡7=村山)は引退、種牡馬入り前のラストランで日本競馬史上初のG1・11勝を狙う。最終追い切りは25日、栗東CWコースで5F69秒7~11秒8としまい重点で鋭く伸びてきた。

     村山師は「きちんと反応して、いい動き。前走後は連戦の疲れがあるかなと思ったけど、いい状態をキープしています」と好調をアピール。「大井の二千は去年、帝王賞を勝っている舞台。最後にリッキーらしい走りを期待したい」と力を込めた。

    【東京大賞典・月曜追い】ロンドンタウン巻き返しへ 力強くラスト11秒7


     韓国遠征明けの前走・チャンピオンズCで15着に終わったロンドンタウン(牡4=牧田)が叩き2走目で巻き返しを図る。25日、栗東CWコースで追い切って直線しっかり反応。6F83秒3、ラスト11秒7と力強く伸びてきた。

     宇田助手は「いい動きでしたよ。前走も仕上がりは悪くなかったけど休み明けでG1となると、きつかったのかも。1回使って良くなっています」と上積みを強調している。

    【東京大賞典・月曜追い】アポロケンタッキーに太鼓判「いい動き」


     昨年の覇者アポロケンタッキー(牡5=山内)は25日、栗東坂路で2本乗り。2本目はテンから行きっぷり良くラップを刻み、4F53秒3~12秒6で駆け上がった。

     富岡助手は「いい動き。おそらく当日プラス体重になると思うけど時期的なものもあるし、しっかり乗っているから気にしなくていいと思う」と納得の表情。3日のチャンピオンズCは右前ハ行で出走取消。幸い症状は軽かった。仕切り直しの一戦で連覇を狙う。

    【東京大賞典・月曜追い】ケイティブレイブ 目野師「しっかり動けている」


    6月の帝王賞に続くG1獲りを狙うケイティブレイブ(牡4=目野)は25日、栗東坂路で最終追い切りに臨み、スムーズに加速して4F53秒4~12秒1で駆け上がった。

     前走・チャンピオンズCは4着。目野師は「しっかり動けている。もともと調子の波はなく、この中間も変わらない。テンから行く脚があるし、他馬が行けば控える競馬でも問題ない」と自在に立ち回る構えだ。

    うまく走る方に気持ちが向けば」と好走へのポイントを挙げた。



    「PR」 地方競馬の無料予想ありサイトは注目

    「PR」 東京大賞典予想もある・・・地方競馬の予想はここを見ろw
    高配当21の無料予想が激アツz

    kouhai21s

    ホープフルS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【ホープフルS】東西調教ウオッチャー

    東西調教ウオッチャーは、新設GIのホープフルSが対象。栗東トレセンからは大阪サンスポの長田記者、関西競馬エイトの坂本和トラックマン、美浦トレセンからは東京サンスポの片岡記者が参戦して好調教馬をピックアップした。

     片岡 GIとはいえ、キャリアの浅い2歳馬同士の競馬。ここは有力馬の多い栗東から頼むで。

     長田 はい。坂路では、併せ馬で2馬身先着したジャンダルムの動きが目を引きました。徐々にラップを上げてラスト1ハロン12秒1(4ハロン52秒5)の切れ味。脚さばきはパワフルでしたし、あとは血統面からくる距離延長だけが鍵ですね。

     坂本和 CWコースのサンリヴァルがイチ押しですね。しまい重点の調教で、仕掛てからの反応が実に鋭かった。抜群の推進力でラスト1ハロン11秒8。数字以上の迫力があったし、これだけ動いていたら3カ月ぶりの実戦でも不安はありません。

     片岡 美浦からは、Wコースでの3頭併せで動いたフラットレー。年長馬2頭を最後方から追走して、4コーナーで最内に入ると思いきや、2頭の外に持ち出して併入まで持ってきたのには驚いた。これなら、昨年勝った僚馬のレイデオロに近いパフォーマンスも期待できそう。

     坂本和 タイムフライヤーは土曜日の坂路で2本目に4ハロン52秒7-12秒6の好タイム。松田厩舎らしく、今の時期でこれだけ負荷をかけられるのは体力とスタミナがある証拠です。

     長田 穴っぽいところではステイフーリッシュ。坂路で4ハロン52秒9-12秒6とシャープな伸び。新馬勝ちから中2週の間隔でグンと素軽さが増して、上積みも大きそうです。


    【ホープフルS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ