競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り・調教

    新潟記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    新潟記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

     【新潟記念】新潟お任せ!エンブレム、好時計“マーク”
       サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念の追い切りが30日、東西トレセンで行われた。エプソムC2着以来2カ月半ぶりのアストラエンブレムが坂路でシャープに伸びて好仕上がりをアピール。シリーズ2位のタツゴウゲキ、3位タイのルミナスウォリアーも好調教を消化した。

     実りの秋へ、2戦2勝の越後路で飛躍する。アストラエンブレムが美浦坂路で4ハロン52秒2の好時計をマーク。重賞初制覇に向けて態勢を整えた。

     小島茂調教師を背に僚馬テスタメント(1000万下)を1馬身追走する形でスタート。なめらかな走りで加速して、ラスト1ハロンは12秒5できっちりまとめた。4ハロンの時計も全体では4番目に速いもので優秀だ。

     「あまり時計は意識しないで、気分よく走ってくれれば、と思っていた。動き自体はよくなっていますよ」とトレーナーは感触のよさを口にした。

     エプソムC2着後は、放牧でリフレッシュ。当初は夏全休の予定だったが、体調の良さも手伝い参戦へ。7月27日に美浦へ戻って、10本の追い切りを消化しており、仕上がりは万全だ。

     「少し早めに入厩させた。いつもより行儀がよくて、いろいろ操作しやすかった。最近は涼しかったので体調面はすごくいい」と調教師は胸を張る。

     2000メートルは初めてになるが、ここ3走((1)(2)(2)着)の1800メートルの走りから陣営は克服可能と判断。ゴール前で気を抜く面など難しさはあるが、小島茂師は「強制されると嫌なのはミルコ(デムーロ騎手)もわかっているし、少し早めでもこの馬のタイミングで出ていければいいと思う」と、7戦連続で騎乗する鞍上に託す。

     夏の新潟は3年連続の参戦で、これまで2戦2勝。小島茂師は「気になるのは天気だけ。雨だけは降らないでほしい」と良馬場を希望。2000メートルで結果を出せば、今後の選択肢が広がる。秋の気配が漂う新潟で重賞タイトルを手にして、GI戦線に弾みをつけたい。 
    【新潟記念】フルーキー、伸びて11秒8
     エプソムC9着以来、2カ月半ぶりの実戦でも状態は申し分ない。フルーキーはCWコースの3頭追いで5ハロン67秒9。サロニカ、ハッピーモーメントを5馬身ほど追走する展開から1馬身先着した。少し気合をつけただけでラスト1ハロン11秒8とシャープに伸びた。岸本助手は「動きはよかったし、馬は悪くない。若いころの切れはないかもしれないが、雰囲気は上々です」と好感触を伝えた。
    【新潟記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    キーンランドC予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    キーンランドC注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【キーンランドC】シュウジ秀逸11秒0!折り合いも◎
      キーンランドカップの追い切りが24日、札幌競馬場で行われた。函館スプリントS10着のシュウジは、芝コースでの3頭併せで抜群の動きを披露し堂々と先着。サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』となった。1/2馬身差の2着に敗れた昨年のリベンジを果たす準備が整った。

     朝日が差すターフで躍動した。力強い蹄音を響かせたシュウジが、はじけるように鋭伸。手綱を取った小林騎手(実戦はモレイラ騎手)がうなるほどの圧巻デモだ。

     「外に出してからの反応がすごくよかった。1ハロン目は少し行きたがったけど、すぐに収まった。いつでも動ける感じで、行け、といえばスッと行って、あとは前をかわすだけだった」

     朝一番の芝コースに登場し、アドマイヤメテオ(1000万下)、クリノクーニング(2歳OP)の後ろからスタート。最初こそ力んだものの、道中は折り合いに専念してぐっと我慢する。直線を向いて外に持ち出されると、ため込んでいたパワーを解放。一気に加速し、並ぶ間もなく僚馬をパス。余力を残して5ハロン62秒0、3ハロン35秒2-11秒0の好時計を叩き出し、悠々と2馬身先着した。

     GII1勝、GIII1勝の実績は、ここでは上位。だが精神面の難しさが出世を阻んでいる。前走の函館スプリントSは2番人気に支持され、先手を奪ったが失速して10着。巻き返しを期すこの中間は、調教を工夫してきた。角馬場でダクを踏むときから馬の後ろにつけて我慢することを覚えさせ、追い切りでも、直線まで手綱をがっちり抑えてタメを意識させた。効果は徐々に表れている。

     小林騎手が「折り合いはスムーズで、気の悪さは感じなかった」と証言すれば、須貝調教師は「後ろにつけて我慢がきいていたね。集中力の問題だから、調教でやってきたことがレースにつながれば」と力を込めた。

     昨年は1/2馬身差の2着。レース後にモレイラ騎手は「精神面が安定すればいいスプリンターになるよ」と能力の高さを認めていた。先週の札幌で7勝、2着4回と大活躍した鞍上と、1年ぶりのコンビ再結成。大人になりつつあるシュウジが“マジックマン”の手綱で、復権の重賞3勝目をつかむ。
    【キーンランドC】メイチ勝負かけてきた「54キロ」ソルヴェイグ
     【キーンランドC(日曜=27日、札幌芝1200メートル)札幌競馬場発取材秘話】札幌開催も終盤でフトコロ事情が楽ではない当方にとって今、楽しみのひとつが市内に点在する、こぢんまりとした銭湯巡り。函館の温泉のような情緒や大型店の華やかさはないが、集客のための創意工夫が各所になされており、癖になる味わいがある。

     先週は中央区の某所某店に今年2度目の入店。最初訪れた際は年配客中心の客層だったが、この日はなぜかシャツを着た男性も交じっていた。きっと従業員だろうと判断し、あまり気にせず体を洗って浴槽へ。ただこの時、浴槽が妙に深いことを忘れていた。足場から勢い良く入る形になり、跳ねた湯が他の客にかかる失態を犯した。すかさず「すみません」と頭を下げたが…。

     跳ねた先をよく見れば、それは当初、従業員と思っていた男。(眼鏡を外していたため)シャツと勘違いしたのは、実に立派なモンモンであった。修羅場と化す――。緊張感が走った瞬間、男は「気をつけな」と言い残して脱衣所にリターン。外観に反し(?)マナーが悪いのは当方のみという複雑な空気に包まれたのだった。

     このように見た目だけで分からないのは、今週の札幌メーン・GIIIキーンランドCに2年連続で参戦するソルヴェイグも同様だ。体のフォルムは完全に中距離馬。函館スプリントS優勝馬でも昨年の印は△止まり、距離延長の前走ヴィクトリアマイル(5着)で◎を打ったのもそれが理由だった。

    「オレも典型的なスプリンターとは思っていないし、前走も良馬場なら際どい勝負になったと思うんやけどね」

     夏の北海道で1年ぶりに再会した松浦良幸助手からも「わが意を得たり」の答えが返ってきた。ただ異なるのは、彼にはもうひとつの見方が存在することである。

    「外観は中距離馬でも、秘めるスピードは短距離馬のそれ。だから距離の守備範囲にも幅がある。切れ味勝負にならない洋芝も、この馬に合う。昨年以上に楽しみやね」

     確かに、厚みのある戦歴に反して54キロの斤量は、かなり有利。加えて「クラス編成で賞金は半分。このままでは大舞台にも出られない。サマーシリーズではなく、ここ一戦に狙いを定めたのもメイチ勝負をかけるため。最低2着で賞金加算を」(松浦助手)という出走事情を加味すれば…。今年こそ重い印を打たないわけにはいかないだろう。
    【キーンランドC予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    新潟2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    新潟2歳S注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【新潟2歳S】手塚師自慢のムスコローソに不安なし!
      新潟2歳ステークスの追い切りが23日、東西のトレセンで行われた。美浦では、6月の東京の新馬戦を5馬身差で圧勝したムスコローソが力強い動きで好仕上がりをアピール。2カ月半ぶりとなるが、万全の態勢を整えた。同じく東京で勝ち上がったプレトリアは軽快なフットワークを披露。この2頭がサンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     夏らしい暑さが戻った美浦で熱のこもった3頭併せ。6月の東京新馬戦(芝1400メートル)で5馬身差の圧勝を飾ったムスコローソが、馬なりでWコース5ハロン66秒8、3ハロン38秒1-13秒0の好時計をマークして内、外の僚馬と併入。重賞取りへ万全の状態をアピールだ。

     「調教の感じは初戦を使う前より楽に動けるようになっている。はじめから大人びている馬だし、何も不安はないよ」

     手塚調教師の歯切れのいい言葉に、確かな手応えと自信が感じられる。

     3頭縦列の2頭目を折り合いよく進み、4コーナーで真ん中に進路を取って直線へ。内スターフィールド(2歳未勝利)、外アルタイル(古馬OP)とラスト1ハロンあたりで横並びになり、余力を十分に残したままフィニッシュした。2カ月半ぶりでも仕上げに抜かりはない。

     デビュー戦は戸崎騎手と臨み、5番手から力強い末脚で後続を突き放すワンサイドゲーム。「距離が1ハロン延びるけど、1600メートルももつだろうし、現時点でマイナスになると思わない。楽しみが多いですよ」とトレーナーは愛馬に信頼を寄せる。

     今回コンビを組む大野騎手も好感触を伝える。1週前追い切りで初コンタクト、今週も併せ馬の相手を務め、「素直で操縦性がいいし、スピードもパワーも脚力もある。総合点が高いですね。ストライドに窮屈さもないのでマイルでも大丈夫だと思います。いい馬が回ってきました」。自身のJRA400勝にあと1勝で、「早めに決めて気持ち良く重賞を迎えたい」と今週はメモリアルと重賞勝ちを決めるつもりだ。

     ムスコローソとはイタリア語で「マッチョな」の意味だ。490キロ台の馬体は馬名通りのたくましさ。さらに、父は同じ手塚厩舎の2歳王者アジアエクスプレスを出したヘニーヒューズで、母系はドゥラメンテやエアグルーヴと同じ一族。血統にも素質にも恵まれた逸材が、まずは新潟2歳王者のタイトルをいただく。
    【新潟2歳S】軽快プレトリア!余裕の半馬身先着12秒9

     東京の新馬戦(芝1400メートル)で大外一気の差し切りを決めたプレトリアが、Wコースで軽快な動きを披露。5ハロン67秒2、3ハロン37秒8-12秒9で、併せたランボシ(3歳未勝利)に馬なりで余裕の半馬身先着を果たした。

     「動きはまずまず良かったですね。テンションが高くなるところがあるので、落ち着いてレースに臨めれば」と騎乗した吉田隼騎手は課題を挙げつつも好感触を口にする。中川調教師は「新潟の外回りは条件が向きそうだし、距離も大丈夫」と胸を張った。

    【新潟2歳S】オーデットエール伸びて12秒5

     今回と同じ舞台で初陣を飾ったオーデットエールは、坂路でアドマイヤランディ(1600万下)と併せ馬。ゴール前で強めに追われて、4ハロン54秒5-12秒5で併入した。野見山助手は「しまいは伸びているし、思い通りの動き。体も前走と同じくらいで出られそう。乗りやすい馬で、エンジンがかかってからの脚がしっかりしていますね」と前向きに話した。
    【新潟2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    北九州記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    北九州記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【北九州記念】アクティブ、ポジティブに復活12秒3
     サマースプリントシリーズ第4戦、北九州記念の追い切りが16日、栗東トレセン、小倉競馬場で行われた。栗東ではアイビスSD4着のアクティブミノルがCWコースを力強く駆け抜け、重賞3勝目への手応えをつかんだ。坂路ではエイシンブルズアイが好タイムをマークし、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』。小倉では昨年の覇者バクシンテイオーが芝コースで上々の動きを披露した。

     この夏の“3度目の正直”だ。CBC賞3着、アイビスSD4着のアクティブミノルが、重賞3勝目へ向け、重厚感あふれる動きを披露した。

     「(鞍上が)アクションをせずに最後はいい時計が出たから、いいんじゃないですか。元気いっぱいだし、いい状態で出走できると思います」

     北出調教師が納得の表情を見せた。酒井騎手が騎乗して前半をスムーズに進み、直線は大外を通ってダイナミックに脚を伸ばした。軽く手綱を動かした程度で6ハロン82秒6、3ハロン39秒4-12秒3をマーク。前日の雨で悪化した馬場を力強く駆け抜け、鞍上も笑顔だ。

     「思った以上に時計も出ているし、よかったです。直線の反応を見たかったけれど、前向きな面を見せてくれたので、無理はしませんでした」

     2歳夏に函館2歳S、3歳秋にセントウルSを勝ったが、その後は11戦して3着以内はなし。今年5月の鞍馬S(OP、9着)で初めて騎乗した酒井騎手は「掛かる面もないし、馬自身に走る気がないのかな」と感じたという。そこで陣営は協議し、前向きさを取り戻すためにブリンカーを着用。効果は抜群で、その後のCBC賞、アイビスSDでは先手を奪って、復調気配を顕著にアピールした。

     当初はセントウルSの予定も、体調のよさと相手関係を考慮し、参戦を決断。北出調教師が今回にかける思いは強い。

     「ブリンカー着用と酒井騎手、どちらもいい方に働いていますね。ハンデの56キロは仕方がない。何とか復活させたい」

     3年前、夏の北海道で重賞初Vを飾ったアクティブミノルが5歳の夏、今度は南の地で輝きを取り戻す。 (下村静史)
    【北九州記念】バクシンテイオー連覇へ好状態
     バクシンテイオーは勝った昨年と同様に、早めに小倉に入っての調整。最終追い切りは芝コースで5ハロン64秒0、3ハロン36秒0-11秒3を馬なりでマークした。森助手は「テンから行きっぷりが良く、最後は馬なりでしたが、気持ち良く伸ばして反応も良かったですよ」と納得の様子。続けて「昨年の状態にまで持ってくることができた感じです」と連覇への手応えを伝えた。
    【北九州記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    札幌記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    札幌記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【札幌記念】モレイラも合格点!ロブソン1馬身半先着
     夏競馬最大のレース、札幌記念が17日に確定した。ただ一頭の木曜追いとなったマウントロブソンには、来日したばかりのジョアン・モレイラ騎手(33)=ブラジル出身、香港拠点=が騎乗。僚馬にあっさりと1馬身半先着した。この動きには“マジックマン”も合格点のジャッジ。復調気配の素質馬が、心強い相棒を得て飛躍を果たそうとしている。

     北の大地から、人馬ともに飛躍へ。9カ月ぶりで福島テレビOPを快勝したマウントロブソンが、モレイラ騎手を背に札幌のダートコースで力強い走りを披露した。香港の名手も、手綱から伝わる感触にご満悦だ。

     「すごくいいフィーリング。テンションが高くなったけど、困るほどではない。元気がいいという感じだね。併せてからの反応も良かった」

     朝5時半の馬場開場直後に登場。涼しげな風が吹き込む中、半マイルからサトノヴィクトリー(3歳未勝利)を2馬身追いかける。リズムのいい脚取りで、4コーナーで内へ。馬なりで僚馬を抜き去ると、4ハロン54秒8、3ハロン39秒6-12秒6で1馬身半先着した。

     11日の輸送まで、美浦トレセンで入念な乗り込み。「順調に仕上がっています。休養明けを使った後も反動はなく、前走より状態もいい」と小林厩務員も自信のデキだ。

     手綱を託されたモレイラ騎手は、3季連続のリーディングに輝いた香港のNO・1ジョッキー。日本でも【26・19・8・36】で勝率29・2%、連対率50・6%と破格の数字を残すなど、その技量は世界中に知られている剛腕だ。

     日本馬の海外挑戦でもGI4勝。サトノクラウン(香港ヴァーズ)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世C)をGI初制覇に導くなど、その“神騎乗”ぶりは日本のファンにも浸透している。「カミキジョウ? ナイスなニックネームだね。ありがたい」と名手は笑顔を見せつつ、切なる思いもある。「昨年はモーリスに乗って2着。悔しかった。札幌記念は勝ちたいレースになった。日本ではまだ重賞を勝っていないし、今回は取りたい」と雪辱&初タイトルへ意欲を燃やす。

     「しまいの脚がすごくいいし、非常にポテンシャルは高い。スムーズに流れに乗れれば、チャンスはある」。マウントロブソンの持ち味を生かし切り、札幌のファンを魅了する。
    【札幌記念】3年連続参戦ヤマカツエース「今回が一番いい状態で臨める」

    【札幌記念(日曜=20日、札幌芝2000メートル)注目馬17日朝の表情:函館競馬場】
    3年連続の当レース参戦となるヤマカツエースは厩舎周辺で引き運動を行った。  土屋助手「2年前(4着)は3歳で古馬トップクラスとの対戦だったし、昨年(5着)は宝塚記念(13着)のダメージが残って調子が上がらなかったもの。今年はここ一本に絞って調整してきたので今回が一番いい状態で臨める。前走の大阪杯(3着)でGIでもやれるだけの力があるのを見せてくれたし、秋へ向けて弾みをつけたい」
    【札幌記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ