競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り・調教

    秋華賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【秋華賞】東西調教ウオッチャー
    長田 美浦ではアーモンドアイがすごい時計だったみたいですね。

     柴田 坂路で4ハロン49秒7。しかも馬なり。引き揚げてきても「フーッ」とも言っていない。心肺機能も身体能力も高い証拠。久々でも仕上がりは問題ないな。

     長田 直前でWコースから坂路に変更したのはどうなんでしょう。

     柴田 普通なら嫌な要素だけど、Wコースでやれないんじゃなくて、やらなかっただけ。踏み込みが深すぎるので、前後の脚がぶつかる可能性があるトラックを避けたようだ。

     長田 栗東ではラッキーライラックが良かったですよ。CWコースでラスト1ハロン11秒8。相手を並ぶ間もなく置き去りにしました。

     柴田 前哨戦のローズSを使えなかった影響は?

     長田 調教を見る限りでは問題ないです。それとサラキアも良かったですね。CWで単走でしたけどラスト1ハロン11秒6。うなるような手応えで4コーナーを回って、直線の加速がすごかった。

     柴田 アーモンドアイを脅かす存在ならプリモシーンだな。Wコース3頭併せでラスト1ハロン11秒9。落ち着きが出て馬体のバランスが良くなったから、真っすぐ伸びるようになった。春とは違うぞ。
    【秋華賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    京都大賞典予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【京都大賞典予想】サトノダイヤモンドとシュヴァルグラン、どちらを上と見るか 馬体診断から/JRAレース展望
      豪華メンバーが揃う京都大賞典(3歳上・GII・芝2400m)。
    このレースに出走する2頭のGI馬について馬体的見地から考察したいと思います。

    ・サトノダイヤモンド  今回、一番注目されるのはこの馬が復活しているかどうかでしょう。春はトモの筋肉が強化されているように見えましたが、この馬本来の筋肉の質の良さがなくて、質が緩い印象でした。今回の写真を見ると、まだ仕上げ自体は甘いものの、無駄肉が削げて走りやすい体付きになっていますし、本来の筋肉の質の良さも戻ってきている印象です。ようやく昨年の遠征のダメージが抜けてきたようです。四肢が柔軟でしなやかに見えますし、前が掛かり気味だった重心も改善されてバランスの良い走りができそう。ようやく本来の姿が見られそうです。

    ・シュヴァルグラン  メンバー的に勝って当然と思えた天皇賞・春では微妙にデキが落ちていたように感じました。今回は明らかに余裕残しの仕上げで、この馬にしては毛ヅヤも一息に見えますが、筋肉の張りは悪くありませんし、無様な競馬にはならなさそうです。

    【総括】  現時点ではサトノダイヤモンドの復活が期待できそうです。当然ながら各馬、次を見据えた造りですので、当日のパドックでの判断は重要になってきそうです。少ない点数できっちりと仕留めたいレースです。
    【京都大賞典予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    毎日王冠予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【覆面記者の耳よりトーク】毎日王冠
     今週は3重賞のうち毎日王冠にロックオン。トレセンで集めてきた情報からは、高連対率の3歳馬からGI馬ケイアイノーテック、距離適性が高く実績もあるステルヴィオが有力候補に浮上。一方、追い込み一手で58キロを背負い、距離不足の感もあるキセキ、前2走で落鉄したアエロリットに不安の声が上がった。

     ◇ 

     記者A 落ち着いた頭数でも好メンバーがそろったな。取捨も難しい。

     記者B 過去10年で見れば、3歳馬は計14頭が出走して2勝、2着3回。連対率3割5分7厘と、年齢別に比べると最も信頼度が高い。今年もGI・NHKマイルC制覇のケイアイノーテック、GII・スプリングS勝ちのステルヴィオは要注目です。

     記者C ベテランのG調教師は「血統、育成、調教法などの進化で3歳馬は年々レベルアップ。昔と違って、夏を順調に越した3歳馬は、年長馬と互角以上に戦えるよ」と成長度を力説しとったで。

     記者D とくにケイアイはこれまでの最低着順がGI・朝日杯FSの4着。「仕掛けどころが難しそうだが、相手なりに駆ける勝負根性はすごい」とは何度も対戦したJ騎手。過去10年の毎日王冠で同年のNHKマイルCを使っていた馬は3頭で1勝、2着2回のパーフェクト連対だからな。

     記者A とはいえ、ケイアイはマイルまでしか距離経験がない。その点「ステルヴィオは皐月賞(4着)や日本ダービー(8着)と違い、1800メートル(2戦2勝)は最適なのでは」と、データ通のP助手は鋭く指摘していた。

     記者C 距離でいえばキセキは微妙や。昨年の菊花賞馬やけど、1800メートルは昨年3月の毎日杯3着以来。ずっと2000メートル以上を使われてきた追い込みタイプだけに、58キロを背負った今回は、仕掛けどころでペースについていけるか…。

     記者D モレイラ騎乗で人気になりそうなアエロリットは、前2走のヴィクトリアマイル(4着)、安田記念(2着)と続けて落鉄していた。「落鉄しやすい馬はいる。爪そのものが弱い場合や走り方もある。左右の前脚をこすってチャカついたり、後肢で前肢の蹄鉄を蹴ったりするタイプ」とR調教師は話してくれた。
    【毎日王冠予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    スプリンターズS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【スプリンターズS】夕刊フジ・調教チェッカーズ
     1番手はワンスインナムーン。  
    以前から坂路などで軽快な動きを見せてきたが、今回は気持ちの部分が充実しているのか、動きのメリハリ、仕掛けられての反応が極上のレベルだった。スピードオンリーだったこれまでとはキャラクターまで違って見えるほどで、ピークのデキで大一番に臨む。  
     
     アレスバローズは坂路の前半でフワフワとしたフォームになってしまうが、後半の集中力は素晴らしく、ハミを取るや一気に鋭く伸びた。夏場の好調をキープできたどころか、さらに上向いている雰囲気もある。  

     ファインニードルは坂路で内めを回ったとはいえ、素軽いフットワークで上々の雰囲気。この中間に疲れが出たというが、表面上の気配は前走をしのぐレベルだ。
    【スプリンターズS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    神戸新聞杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【産経賞オールカマー&神戸新聞杯】東西調教ウオッチャー

     片岡 社杯の産経賞オールカマーからいこか。

     山川 木曜追いではショウナンバッハの動きが良く見えました。Wコースで単走でしたが、荒れた馬場も気にせずラスト1ハロン12秒2(4ハロン52秒8)を馬なりでマーク。時計がかかっていた馬場を考えると数字的にも優秀です。7歳ですが、全く衰えは感じません。AJCC3着の実績もある舞台ですしね。

     片岡 水曜追いではゴールドアクター。格下馬を1秒ほど追走して、直線は内から併入したけど、ゴール後も気を抜かせないように1ハロンぐらいスピードを保ったまま流していた点に好感が持てるわ。絶好調時と比べるとまだ物足りないけど、どん底状態からは確実に上向いとる。あとは馬の気持ちが戻るかどうかやな。神戸新聞杯はどうや?

     長田 栗東からはタイムフライヤーを推奨します。サンスポ調教評価『S』となったように、坂路で2本目に4ハロン51秒6-12秒1の好タイムをマークしました。パワフルな脚取りが目立ちましたし、松田調教師も「いい時の状態に戻ってきたね」と期待していました。

     片岡 もう1頭頼むわ。

     長田 エポカドーロですね。芝コースの併せ馬で馬なりでしたが、直線で抜かされそうになると鋭く反応して差し返す動きを見せました。追うごとに良化しているし、態勢は整ったとみていいと思います。

    【神戸新聞杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ