競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    追い切り・調教

    マイルCS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    クルーガー好時計に気合、幸運を生かす/マイルCS

     <マイルCS:追い切り>
    クルーガーは、坂路でしまい重点で追い切られた。

     4ハロン53秒0-11秒9をマークしS評価。高野師は「しっかりと追って、動きは良かった」と、言った。前走3着でG1出走が危ぶまれたが、他馬の回避で参戦。「もっと早くG1に出さないといけない馬だったし、幸いにも出られるから感謝したい。出るからには力を証明したい」と気合十分だった

    【マイルCS】レーヌ反応機敏!時計上々12秒4

     桜花賞馬レーヌミノルはCWコースで6ハロン81秒4、3ハロン36秒9-12秒4をマーク。少し鈍さがあった1週前から一転、機敏な反応を披露した。

     初コンビとなる和田騎手も「2週続けて追い切りに乗りましたが、調教の感じは先週よりも良かったですね。最終追い切りは反応が良かったです」と満足そう。近走は不振だが「キャリア豊富な古馬が相手だから気後れしなければいいけど乗りやすい馬」。鞍上は桜花賞と同じマイルで反撃を誓う。

    【マイルCS】アラジン最高キープ!天皇賞のダメージなし

     マイルチャンピオンシップの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東では、春の安田記念を制したサトノアラジンがCWコースの3頭併せで、切れ味鋭く最先着。美浦ではスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが新コンビのC・デムーロ騎手を背に抜群の動き。2頭ともサンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     マイル王の座は譲らない。今春の安田記念を制したサトノアラジンが、史上7頭目の同一年春秋マイルGI制覇に向けて確かな伸びを披露。手綱を取った川田騎手は納得の表情で切り出した。

     「順調にここまでこられています。天皇賞(秋)のときは素晴らしい状態で、あの(不良)馬場の中で走った後もいい状態を維持できていますね。天皇賞の疲れを感じることはなかったです」

     午前7時の開門と同時に朝日が差し込むCWコースに登場した。僚馬2頭を追いかける流れでスタート。スムーズにスピードに乗り、4コーナーで最内に入ると大きなストライドで加速する。最後は追いすがるスプマンテ(500万下)にクビ差先着。ラスト重点だったため、全体時計は6ハロン84秒8と目立たなかったが、ラスト1ハロンは11秒8とさすがの切れ味を披露した。

     見守った池江調教師は「生涯最高のデキだった前走の状態をキープできていると思う」とうなずいた。前走の天皇賞・秋は極悪馬場に泣いて不完全燃焼の18着。川田騎手は「全く走ることができずにかわいそうでした」と振り返る。本来の走りができなかったぶん、ダメージは少なかった。

     担当の山元助手は「ジョッキーが感触を確かめた上で強めに追ったことで、ここからもう一段よくなりそう。レースではいつものアラジンをみせられますよ」と期待する。

     「土曜が雨予報なのが一番気になりますね。レースでは精いっぱい頑張ってくれるので、安田記念のような天気(晴れ)と馬場(良)でやれればと思います」

     川田騎手は好天での決戦を願う。天さえ味方をしてくれれば…。サトノアラジンが自慢の末脚でマイル界を統一する。

    【マイルCS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    エリザベス女王杯予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    東西記者

     今週の東西調教ウオッチャーはエリザベス女王杯が対象レース。美浦トレセンから東京サンスポの片岡記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、山口記者、競馬エイトの高橋賢トラックマンが参戦して好調教馬をピックアップした。

     
    山口 
    牝馬の一流どころがズラリと顔をそろえて、調教も見応えがありましたね。

     
    高橋賢 
    そうだね。でも総合的に見るとヴィブロスがNO・1。先週はCWコースで7ハロン94秒6-12秒2の好時計。2歳馬を大きく追走し、最後は悠々と半馬身の先着を果たした。これで心肺機能を高め、今週は坂路で4ハロン52秒0-12秒9。重心もブレずに躍動感があり、文句のつけようがないよ。

     
    山口 
    僕はクイーンズリングに好感を持ちました。先週、CWコースで一杯に追われ、今週は上がり重点。C・デムーロ騎手が折り合いを重視して乗りましたが、ラスト1ハロンは2週続けて11秒7でした。ひと叩きして走る気になっている証拠ですよ。

     
    正木 
    時計よりも気配の良さが目を引いたのはモズカッチャン。もともと坂路調教は地味で、今週も馬なりだったけど、先週は水曜、日曜としっかり追われている。落鉄しながら3着になった秋華賞の反動が見られないのは何よりだな。

     
    高橋賢 
    クロコスミアは、いい競馬を続けながらも人気にならない。体にも幅が出て、坂路でも抑えるのに苦労するほど。展開と馬場次第では今度も怖い。

     
    片岡 
    関東馬は3頭しかいないけど、勝つのはルージュバックやと思う。Wコース3頭併せの内で、直線では弾むような感じ。併走馬を楽々と置き去りにしていったし、状態は間違いなく勝った前走以上やと思うわ。

    【エ女王杯】ヴィブロス変身!友道師笑み「去年と全然違う」

     水曜に完璧な最終追い切りを消化した昨年の秋華賞馬ヴィブロス。木曜朝は厩舎周りの引き運動で調整された。

     
     友道師の表情に自然に笑みが浮かぶ。「追い切りの動きも良かったけど、見た目から去年とは全然違う。毛ヅヤもいい。牝馬にしてはカイバも食べている。体は増えるぐらいがいいね」と安心しきった表情。前日土曜の雨予報に関しても「前走(府中牝馬S2着=やや重)でも走ってる。少々の雨でも大丈夫」と話していた。

    【エ女王杯】伸びシャープ!リスグラシュー、好調キープ12秒2 調教評価『S』!

     エリザベス女王杯の追い切りが8日、東西トレセンで行われた。栗東では秋華賞2着のリスグラシューが坂路で好時計をマークしてサンケイスポーツ調教評価『S』となった。昨年の覇者クイーンズリング、GI2勝馬ミッキークイーン、重賞4勝のスマートレイアーも好仕上がりを見せている。

     
     秋華賞2着のリスグラシューは、坂路4ハロン51秒4-12秒2とシャープな伸び。余力を残す形で軽快な走りを見せつけた。前走後も好調をキープしているのは、間違いなさそうだ。

     
     「いい動きでしたよ。息遣いも良かったです。いい意味で前回と気配は変わりないですね」と調整役を務めた坂井騎手(実戦は福永騎手)は好感触を伝えた。重賞は2歳のアルテミスSの1勝ながら、3歳春のクラシック(桜花賞2着、オークス5着)でも好勝負を続けてきた。「何とかタイトルを欲しいよね。古馬相手だけど力は通用すると思うから」と北口助手は、9戦して掲示板を外していない堅実派に期待を寄せた。

    ディアドラ世代交代へ秋華賞以上/エリザベス女王杯

    <エリザベス女王杯:追い切り>

     雨水をしたたらせディアドラが坂路に姿を現した。湿ったウッドチップをものともせず、外ラチ沿いを駆け抜ける。たくましく、走りがブレない。ゴール前で右ムチ1発が入り、ラスト1ハロン12秒2と力強

    く脚を伸ばした。見守った橋田師は「しまいだけ強めの指示で、その通り。(前走の)消耗も少なかった。至極順調」と目を細めた。


     少女から大人へ。岩田騎手は「夏を越して“大成長”した」と表現する。前走時の馬体重は過去最高の490キロ。デビュー時の452キロから38キロ増。もちろん、ただ太ったわけではなく、胸前や腰周りが盛り上がり、グラマラスな体形になった。その成長は走りにも表れている。鞍上は春と比較して「重心がグッと下がって、すばらしい走りになった。切れ味を増している」と証言する。


     男勝りのタフネスだ。だから、まだ上積みが見込める。重馬場での激闘となった秋華賞の5日後には乗り込みを再開した。8月から1カ月1走ペースで今回が4走目。普通の牝馬なら体調を落としたり、精神的に追い詰められてもおかしくない。それでも「全然へたらないのが、この馬のすごいところ。体力が高い。競馬を使っても、肉が落ちたりしない」と評するトレーナーは「反応が速くなってるように思う」と前走以上の手応えも口にする。


     牝馬NO・1決定戦にふさわしい豪華メンバーだ。桜花賞馬レーヌミノルやオークス馬ソウルスターリングこそ不在だが、G1馬4頭が集結。11年ぶりに秋華賞1~3着馬が顔をそろえた。岩田騎手は「秋華賞(ルメール騎手が騎乗)もすごく強いレースをしていた。乗りやすいので、どういうレースでもできる。いい走りをしてくれるのでは」と好勝負を見込む。


     1000万クラスだった3カ月前から、4連勝で女王の座へ。シンデレラ物語にはまだ続きがある。【太田尚樹】


     ◆秋華賞VTR 3番人気のディアドラはスタートが決まらず、後方を追走。3~4角では重馬場でも特に悪い内ラチ沿いを取って前との差を詰め、上がり最速で差し切った。中団待機から脚を伸ばしたリスグラシューが2着。3着には好位から早めに動いたモズカッチャンが入った。重賞2連勝中で1番人気に支持されたアエロリットは2番手から伸びず7着に敗れた。


     ◆3歳馬が活躍 過去10年のエリザベス女王杯で3歳馬は【4 4 3 36】。勝率8・5%、連対率17%は世代別1位と活躍している。4歳馬もここ10年で4勝、現在3連勝中だが、最近2年は3歳の秋華賞馬が出走していなかった。今年は秋華賞馬ディアドラに加え、同2着リスグラシュー、3着モズカッチャンが参戦。秋華賞1、2、3着馬が3歳時にそろって出走するのは06年以来11年ぶりとなる。普段よりも軽めの内容で終えたが、いつもより2週間早く帰厩して丹念に乗り込んでおり、問題はなし。V発進を決め、上半期は果たせなかったG1・3連勝に弾みをつける。

     ラストシーズン初戦を前にしても、変わることがない光景がそこにはあった。キタサンブラックの最終デモは、黒岩(レースは武豊)を背に栗東CWでヒシコスマー(2歳新馬)と併せ馬。2馬身半後方から発進すると、直線は持ったままで差を詰める。ゴール板手前で測ったように前をとらえ、6F84秒1-39秒8-13秒1で併入に持ち込んだ。

     鞍上は「相手が動かな過ぎて(時計が)遅くなったけど、雰囲気は悪くないです。キャンターにおろす時もグッとハミを取り、戦闘モードに入っています」と好気配を伝える。清水久師も「先週までに速い時計を出しているので、きょうは確かめる程度。良かったですね」と納得の表情を浮かべた。

     実は今回、武豊騎乗で最終追い切りを行うプランもあった。調教に騎乗すれば今春の大阪杯2週前追い切り以来だったが、主戦は「“もう馬はできているし、いい”ってことだった。いまさら変わったことをするより、慣れている人が乗った方がいい」と通常パターンを貫いた。年内引退を発表した大事なシーズン初戦だが、今になって特別なことをする必要はない。

     一方で、準備には十分な時間を割いてきた。トレーナーは「2週間ほど早めに(栗東に)戻しました。変則開催も続いていたし、あとで慌てて後悔することがないようにですね」と説明する。この日で栗東CWでの追い切りは長短合わせて10本目、うち9本が併せ馬だ。「格式ある競走。たたき台のつもりはない。初戦から力が出せるように仕上げた」と言い切った。

     宝塚記念で9着に敗れたが、昨年の年度代表馬として、そして現役屈指のスターホースとして巻き返しが期待される。この後はジャパンC、有馬記念と古馬の王道を歩む予定。「惜しまれる形で3戦を終えたいし、いいスタートを切りたい」と指揮官は力を込める。テイエムオペラオーに続く史上2頭目の天皇賞V3など、さまざまな記録が懸かる一戦。日本競馬史にその名を刻み込む勝利で、ラストシーズンの好発進を決める。

    ルージュバック好反応、鞍上盤石/エリザベス女王杯

     <エリザベス女王杯:追い切り>

     ルージュバックが申し分ない動きで戦闘態勢を整えた。

     美浦ウッドでの3頭併せ。先行するゴージャスガール、メゾンリー(ともに古馬500万)を目標に直線で鋭く伸びてきた。前へ、前へと行く気を見せ、可動域の広いフットワークで内から最先着を果たした。大竹師は「イメージ以上に反応のスピードが速かった」と目を丸くした。4ハロン51秒7-12秒3。出来は重賞4勝目を挙げたオールカマー以上だ。師は「ここまでやってきたことが状態に反映されている」と手応えを深める。15年の4着はオークス2着以来、久々の実戦だった。前哨戦をたたいた上積みのある今年は、ひと味もふた味も違う。

     鞍上には世界的名手のムーア騎手を配し、布陣は盤石だ。「乗ってくれるのはうれしい。ここでG1を取らせたい」と師。クラブ馬主の引退規定である6歳春まで、G1制覇のチャンスは残りわずか。頼れる男を背に、ビッグタイトルを手中に収める。

    【エリザベス女王杯予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    アルゼンチン共和国杯予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    アルバート急仕上げでも能力出せる/AR共和国杯

     <アルゼンチン共和国杯:追い切り>

     日曜東京メイン、アルゼンチン共和国杯(G2、芝2500メートル、5日)に出走する昨年の2着馬アルバート(牡6、堀)が2日、美浦ウッドで最終追い切りを行った。

     ステラーインパクト(新馬)を4馬身前に見ながら、直線は内へ。強めに追われると、最後は首差先着した。4ハロン52秒7-12秒2。森助手は「いくらか急仕上げだけど、能力は出せる。(今年2月の)ダイヤモンドSが58キロで強い競馬だったので、ハンデ58・5キロも許容範囲」と地力を信頼する。前走オールカマーは直線入り口で不利を受けて7着に敗れただけに、【4 1 2 4】の東京で巻き返したい。

    【アルゼンチン共和国杯】セダブリランテス 併入「今回も力を出せる態勢」
     【アルゼンチン共和国杯(日曜=5日、東京芝2500メートル)注目馬1日最終追い切り:美浦】予定したセントライト記念を挫石で回避したセダブリランテス(写真手前)。ここは目指した菊花賞から変更された舞台となるが、この日は南ウッドで隙のない仕上げをアピールした。

     先行するバトルマイスター(2歳新馬)、スターフィールド(2歳500万下)を目標に5ハロンから進み、4角でインに潜って直線へ。併入フィニッシュとはいえ、乗り手の体重差を思えば内容は十分だ(66・4―37・6―12・9秒)。

     手塚調教師「ゴール過ぎも伸ばしているし、これまで稽古と実戦が直結した馬。今回も力を出せる態勢でしょう。(距離は)経験がない分、不安もあるが、かかる馬ではないし、血統背景は問題ない。今後の可能性が広がる競馬ができれば」

     無敗でのGII制覇で一気にスターホースへの階段を駆け上がるか、注目だ。
    【アルゼンチン共和国杯】カレンミロティック キビキビしたフットワーク「最近の中では一番いい動き」
     【アルゼンチン共和国杯(日曜=5日、東京芝2500メートル)注目馬1日最終追い切り:栗東】カレンミロティックは池添騎乗で坂路単走。攻め馬駆けしないタイプだが、キビキビしたフットワークで、しまいまで脚が衰えなかった(4ハロン52・6―12・7秒)。

     高阪助手「今朝は馬場も良かったんだろうけど、最近の中では一番いい動きだった。休養明けを叩いて上積みはあるし、あとは長距離輸送をどう克服するか」
    【アルゼンチン共和国杯】スワーヴリチャード 15馬身先行の馬に1馬身先着! ミルコ「いい感じ」
    【アルゼンチン共和国杯(日曜=5日、東京芝2500メートル)注目馬1日最終追い切り:栗東】スワーヴリチャード(写真手前)は新パートナーのM・デムーロを背にウッド6ハロンから併せ馬。ドンアルゴス(2歳500万下)、ラセット(2歳未勝利)を15馬身ほど先行させて、最後方から追撃を開始した。

     前との差は大きく開いていたが鞍上は慌てず騒がず――。折り合いに専念しながらジワジワと差を詰め、直線半ばで悠々と先頭に躍り出た。最後まで楽な手応えで伸び切り、1馬身先着(6ハロン80・8―37・2―12・0秒)。ダービー(2着)以来の休み明けでも、仕上がりは上々だ。

     M・デムーロ騎手「落ち着いていて、いい感じだね。手前もうまく替えてくれた」

     庄野調教師「今朝はハミをトライアビットに替えて追い切った。ジョッキーもこの馬装がしっくりきたみたいなので、本番もこれでいく。以前は頭の位置の高い走りをしていたけど、しっかり首を使って走れるようになってきた」
    プレストウィック手応えは絶好/AR共和国杯
     <アルゼンチン共和国杯:追い切り>

     プレストウィック(牡6、武藤)は美浦ウッドでアイスフィヨルド(2歳未勝利)と併せた。1馬身先行する僚馬を馬なりで追いかけ、外から併入に持ち込んだ。手応えは終始、絶好。5ハロン70秒5-13秒8。

     武藤師は「柔らかみがあっていい動きだった。スタミナの持続力がついて、去年(10着)とは馬が違う。道中、ロスなく脚をためて、直線で前が開けば」と馬群を割る競馬をイメージする。
    【アルゼンチン共和国杯予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    天皇賞(秋)予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【天皇賞・秋】クラウン雪辱へ!メンタル重視も豪快13秒0

     豪華メンバーがそろった「第156回天皇賞・秋」の木曜追いが行われ、昨年モーリスに続く連覇を狙う堀厩舎の2枚看板がそろって好仕上がりをアピールした。宝塚記念Vのサトノクラウンはメンタル重視のWコース単走で4F53秒9~1F13秒0をマーク。一方、春のクイーンエリザベス2世CでG1初制覇を飾ったネオリアリズムはWコース併せ馬で4F52秒0~1F12秒1と力強い走りを見せた。同レースは出走馬、枠順が確定。27日に金曜発売される。

     宝塚記念の追い切り後の会見で堀師はサトノクラウンについて「相手より自分との闘い」と話した。そのテーマは今回も変わらない。追い切りはWコース。同じ時間帯に追い切った僚馬4頭から大きく離れ、周囲に馬がいない完全な単走。直線で追われるとダイナミックに脚を伸ばした。

     4F53秒9~1F13秒0。体調不良の堀師に代わって会見に出席した森助手は「馬の内面を上げたくなかった。人間と馬とのコミュニケーションを他の馬に影響されることなく高めたかった」と狙いを明かした。これまで海外を含めて【7・0・1・6】。2歳時から4年連続で重賞を勝っているように早くから才能を発揮してきたが、負けた7戦のうち6戦は掲示板すら外している。ひと言でいえばムラ馬。「我の強いところのある馬。馬の意識を人間に向けることを意識してやってきた」とメンタル重視で取り組んできた。

     今年の大阪杯は併せ馬で仕上げて敗れ、宝塚記念では単走に切り替えて結果を出した。天皇賞・秋は15年が17着、昨年も14着と大敗している鬼門のレースだが、当時も直前は併せ馬。森助手は「過去2年の結果は馬の状態やレース展開など、さまざまな要因が重なってのもの。2000メートルは守備範囲だし、東京コースも合っている。馬の状態も今回は違うので、改めて能力を発揮できると思う」と力強く話した。

     やや重だった宝塚記念など重賞6勝のうち4勝はやや重と重。週末の雨予報はもちろん歓迎だが、森助手は「前向きな気性で道悪を苦にしないが、良馬場での瞬発力もこの馬の武器」と晴雨兼用との見立てを示した。名門・堀厩舎が過去2年とは異なるアプローチで臨む大一番。今秋早くもG1・2勝と絶好調のM・デムーロを背に「三度目の正直」を狙う。

     (2)サトノクラウン(3)ネオリアリズム(森助手)枠にこだわりはない。作戦は調教師とジョッキーが練っていくと思う。

    【天皇賞・秋】ネオリアリズム 隙なしウッドラスト12・2秒「道中リズム良く走れれば」
     【天皇賞・秋(日曜=29日、東京芝2000メートル)注目馬26日最終追い切り:美浦】連覇を狙った札幌記念を爪の不安で回避してのGIぶっつけ参戦となるネオリアリズム。しかし、この日はその不安を一掃するのに十分な好パフォーマンスを披露した。

     南ウッドでサトノソルタス(2歳新馬)の1馬身後方からゆったりとスタート。折り合いもスムーズに4ハロン標識手前から徐々にピッチを上げ、コーナーでインに潜って直線へ。一杯に追われる相手とは対照的に、全くの馬なりで楽々と併入。力強いフットワークで隙のない仕上がりを約束した(4ハロン51・9―37・4―12・2秒)。

     今年4月末の香港のクイーンエリザベスII世カップで、兄リアルインパクトに続いてGIタイトルをゲット。陣営は“遅咲き”6歳馬のGI連勝に期待を寄せた。

     森助手「爪の状態が安定したことで帰厩後は順調に乗り込めた。春に比べて落ち着きが出たように、精神面の成長も感じます。コーナー4つのほうが息を入れやすいのは確かだけど、東京でも条件戦でいい勝ち方をしているからね。道中リズム良く走れれば」
    【天皇賞・秋】リアリズム12秒1、派手さなくても集中MAX
     秋の澄んだ空気に栗毛のボディーが映える。ネオリアリズムはWコースで併せ馬。サトノソルタス(新馬)を2馬身追走からスタート。水分をたっぷり含んだチップを力強く蹴り上げながら馬なりで内から並び掛けると、ジワジワと差を詰め鼻面をやっと並べたところでフィニッシュ。重馬場を考えれば4F52秒0~1F12秒1の時計は秀逸だ。

     森助手は「1週前に1頭で抜け出した時に気を抜いたので、矯正しながらの追い切り」と意図を説明。新馬相手に併入と、決して派手な動きではないが、「最後まで集中して走れていた。休み明けだが動きは良く、仕上がりもいい」と課題はクリア。連覇の懸かった夏の札幌記念を爪の不安で回避し6カ月ぶりの“ぶっつけ”となるが、元々鉄砲は問題ないタイプ。いきなり力を出せる仕上がりとみていいだろう。

     充実の6歳シーズンを迎えている。今年の始動戦・中山記念で2つ目の重賞タイトルを手に入れると、春にはモレイラの“神騎乗”に導かれて香港G1・クイーンエリザベス2世Cを優勝。国内より先に海外G1のタイトルを手にした。森助手は「気性が前向きで若い時はコントロールがうまくいかないところがあったが、年齢を重ねて心と体のバランスが取れるようになってきた」と分析。東京コースは一昨年11月のウェルカムS(1着)以来だが、6戦3勝と苦手意識はなく「スピードの持続性を生かした先行力がこの馬の持ち味。いかにリズム良く進めるかがポイント」とレースを描いた。

     ドイツでリーディングを8度獲得したベテランA・シュタルケ(43)と初コンビを組む。今春はニュージーランドTで12番人気のジョーストリクトリを勝利に導くなど大一番での勝負強さは健在。「折り合いを付けるのが上手なジョッキー。能力を引き出してくれるのでは」(同助手)と手腕に信頼を寄せる。昨夏、やや重の札幌記念ではモーリスを撃破したリアリズム。雨予報も味方に、乱盾の台風の目となるか。
    【天皇賞】キタサンブラック余裕の最終リハ 有終シーズンまずは秋盾V発進決める
    「天皇賞(秋)・G1」(29日、東京)

     残り3戦無敗での有終へ-。まずは始動戦に向けての準備は整った。年内引退&種牡馬入りが発表されたキタサンブラックの最終リハは25日、栗東CWでの併せ馬。終始馬なりで、手応えに余裕を残したまま併入を決めた。普段よりも軽めの内容で終えたが、いつもより2週間早く帰厩して丹念に乗り込んでおり、問題はなし。V発進を決め、上半期は果たせなかったG1・3連勝に弾みをつける。

     ラストシーズン初戦を前にしても、変わることがない光景がそこにはあった。キタサンブラックの最終デモは、黒岩(レースは武豊)を背に栗東CWでヒシコスマー(2歳新馬)と併せ馬。2馬身半後方から発進すると、直線は持ったままで差を詰める。ゴール板手前で測ったように前をとらえ、6F84秒1-39秒8-13秒1で併入に持ち込んだ。

     鞍上は「相手が動かな過ぎて(時計が)遅くなったけど、雰囲気は悪くないです。キャンターにおろす時もグッとハミを取り、戦闘モードに入っています」と好気配を伝える。清水久師も「先週までに速い時計を出しているので、きょうは確かめる程度。良かったですね」と納得の表情を浮かべた。

     実は今回、武豊騎乗で最終追い切りを行うプランもあった。調教に騎乗すれば今春の大阪杯2週前追い切り以来だったが、主戦は「“もう馬はできているし、いい”ってことだった。いまさら変わったことをするより、慣れている人が乗った方がいい」と通常パターンを貫いた。年内引退を発表した大事なシーズン初戦だが、今になって特別なことをする必要はない。

     一方で、準備には十分な時間を割いてきた。トレーナーは「2週間ほど早めに(栗東に)戻しました。変則開催も続いていたし、あとで慌てて後悔することがないようにですね」と説明する。この日で栗東CWでの追い切りは長短合わせて10本目、うち9本が併せ馬だ。「格式ある競走。たたき台のつもりはない。初戦から力が出せるように仕上げた」と言い切った。

     宝塚記念で9着に敗れたが、昨年の年度代表馬として、そして現役屈指のスターホースとして巻き返しが期待される。この後はジャパンC、有馬記念と古馬の王道を歩む予定。「惜しまれる形で3戦を終えたいし、いいスタートを切りたい」と指揮官は力を込める。テイエムオペラオーに続く史上2頭目の天皇賞V3など、さまざまな記録が懸かる一戦。日本競馬史にその名を刻み込む勝利で、ラストシーズンの好発進を決める。
    リアルスティール瞬時に2馬身差/天皇賞・秋
     <天皇賞・秋:追い切り>

     リアルスティールは25日、リッパーザウィン(古馬1600万)と併走し、ゴール前で仕掛けられると鋭く反応。あっという間に2馬身差をつけゴールした。

     矢作師は「馬体面は仕上がっていたが、息遣いも格段に良くなった。ようやく本格化してきた感じ」と満足そうな表情。今後に関しては「ジャパンCではなく香港(カップかマイル)が目標。ただ今は、ここに全力投球したい」と話した。
    【天皇賞(秋)予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    菊花賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【菊花賞】ベストアプローチ 1馬身先着に岩田「折り合えるし、バテないので距離は問題ない」

     【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬19日最終追い切り:栗東】ベストアプローチは岩田騎乗で芝に登場。僚馬イダエンペラー(2歳未勝利)を4馬身前に行かせて追撃が始まった。

     雨で湿った馬場は本番でも想定される状況。欧州血統の栗毛馬は、そんな悪路を豪快なフットワークで突き進む。直線半ばで標的を捕らえると、ラスト1ハロンは12・2秒を刻んで、1馬身先着フィニッシュを決めてみせた(5ハロン66・5―37・5秒)。

     岩田騎手「下は悪かったけど、動きは素軽かった。折り合えるし、バテないので距離は問題ない。むしろ、いいんじゃないかと思う」

     荻野助手「ひと夏を越して体がしっかりした。ひと叩きしたことで、いくらか絞れてくると思うし、どういう結果が出るか楽しみ」

    【菊花賞】ミッキースワロー「リラックスして走れれば三千でも脚は使ってくれるはず」
     【菊花賞(日曜=22日、京都芝外3000メートル)注目馬19日朝の表情:美浦】京都への遠征を考慮して、前日は“静”の追い切りで体調を整えたミッキースワロー。この日は厩舎周りで引き運動を行い、落ち着いた様子で周回を重ねた。

     菊沢調教師「ひと夏を越して、肉体面が良くなり、走りがスムーズになった。精神面では落ち着きが出てきたのも大きいですね。当日のテンション次第ではありますけど、リラックスして走れれば、3000メートルでも脚は使ってくれるはず」
    【菊花賞】アルアイン、2冠へ「完璧」追い!
     クラシック最終戦、菊花賞の追い切りが18日、滋賀県の栗東トレセンで行われた。今年はダービーの1~3着馬が不在で混戦模様の中、皐月賞馬が存在感を示した。アルアイン(栗東・池江厩舎、牡3)がCWコースでの併せ馬で確かな伸びを見せて先着。皐月賞制覇時と同じように、休み明けをひと叩きして心身とも右肩上がりの態勢で、2冠達成に挑む。

     雨雲が去った栗東の空のように、2冠奪取へ視界良好だ。メンバー唯一のGI馬、アルアインがCWコースで力強い動き。風格漂う走りに、手綱を取ったルメール騎手は満足げにうなずいた。

     「すごくリラックスして自分から動いていた。前回は休み明けで少し重くて最後はちょっと疲れていたけど、今回はいいコンディション。状態は完璧になったと思う」

     プロフェット(1600万下)を2馬身追ってスタートし、序盤はゆったりしたペースで向こう正面を流す。3コーナー過ぎからスピードを上げ、内側に進路を取って最後の直線へ。仕掛けられると伸びやかなフットワークで加速し、クビ差先着した。前日までの雨の影響で稍重だった馬場状態を考えれば、6ハロン81秒5、3ハロン37秒3-12秒0の時計も上々。見届けた池江調教師は「使ったぶん、動きや息の入りがよくなっている」と納得の表情だ。

     今春は2カ月半ぶりの毎日杯で勝ち、1カ月後の皐月賞も制覇。担当の音瀬助手が、当時との共通点を語った。

     「(レースを)使ってガス抜きができて、余計なことをしなくなりました。春も、毎日杯を使った後に落ち着きが出ました。肉体的にも、使ってからビルドアップされて筋肉が付くタイプなので上積みはありますよ」

     3カ月半ぶりだった前走のセントライト記念は、見せ場十分ながら2着に終わった。その後、心身ともに一変の気配。皐月賞時の“Vモード”に入ったのは間違いない。

     名手・ルメール騎手も最後の1冠奪取へ自信をみせる。3000メートルへの対応力が鍵となるが、「いけると思います。オートドライブ。何もしなくていい。どんなペースでもいいポジションを取れるので、いけそう」。道悪になっても、重馬場で勝利経験があり問題はない。

     ルメール騎手は昨年、サトノダイヤモンドでV。秋華賞(ディアドラ)からの2週連続GI制覇に加え、1981、82年の菅原泰夫元騎手以来、史上4人目となる菊連覇もかかる。

     「すごく楽しみです。アルアインはまたGIを勝てると思います。先週(の秋華賞V)は素晴らしかった。また、GIを勝ちたいです」

     名手のエスコートで、史上9頭目の皐月賞&菊花賞の2冠(3冠馬は除く)達成へ。アルアインが歴史にその名を刻む。
    【菊花賞】キセキ、最後方から併入
     神戸新聞杯2着のキセキは芝コースの3頭併せで6ハロン82秒2、3ハロン37秒2-12秒0をマーク。最後方追走から、内ロイヤルバローズ(新馬)、中グローブシアター(1000万下)の外へ楽に並びかけ、ゴール前は手綱を抑え気味で併入した。

     M・デムーロ騎手は「追い切りでもいつも一生懸命だね。前回と変わらないいい動き」と状態キープを強調。距離や道悪については「前走の最後の伸びなら3000メートルも問題ない。きょうの少し重い馬場でもいい走りだったし、道悪も悪くないよ」と前向きだった。
    【菊花賞】ダンビュライト、力強い脚さばき
     神戸新聞杯4着のダンビュライトは坂路の併せ馬で一杯に追われ、4ハロン53秒0-12秒8。スティッフェリオ(1000万下)に1馬身遅れたが、脚さばきは力強かった。

     「しっかりやって動けていたし、馬体も見映えがいい。状態も前走と同様、いい意味で変わらない」と生野助手が力を込めれば、武豊騎手も「乗った感じはしぶといし、まぎれた時にうまくはまってくれれば」。キャリア8戦で1勝だが、皐月賞では3着。菊花賞最多の4勝を誇る名手を背に、再び大舞台で輝く
    【菊花賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ