競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ダイヤモンドS

    ダイヤモンドS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【データで勝負】土曜東京11R・ダイヤモンドS

    【データからの注目馬・京都11R】


    ◎(14)フェイムゲーム

    ☆近5回の同名レースを参考。トップハンデ馬が全てのレースで連対している。前走が芝の重賞【4・3・2・25】→今回斤量減を除く、前走が1着から0秒8差以内の馬なら【4・2・1・4】

     フェイムゲームは当レースで2勝を挙げるなど、長距離重賞で存在感を放つ古豪。前走はGIIステイヤーズSで2着と、8歳を迎えた今でも衰えはない。トップハンデでも中心

    【前走後の談話】土曜日東京11R・ダイヤモンドS

    ◇グランアルマダ「いい形で逃げられたけど、3コーナーで早めに差を詰められ、厳しかった。直線へ向くときにセーフティーリードが欲しかったけど…」(松山弘騎手)

     ◇ソールインパクト「どこかで内へ潜り込みたかったが…。スローの瞬発力勝負で、外を回る形では苦しい」(福永祐騎手)

     ◇トウシンモンステラ「もう少しセコく(距離損なく)乗ればよかったかな。でも、よく走っていると思う」(岩田康騎手)

     ◇ハッピーモーメント「返し馬からいい雰囲気だったし、道中も上手に競馬ができていた。でも、3、4コーナーで一杯になってしまった」(津村明騎手)

     ◇フェイムゲーム「道中はところどころで掛かって(体力を)消耗したが、レース自体はうまく運べたと思う。ただ、勝った馬は強かった。すごくスタミナがあるし、掛からなければもう少しやれたかも…」(ボウマン騎手)

     ◇プレストウィック「前走はテンから進んでいかない感じだったけど、今日は流れに乗れたし、4コーナーでもいい手応え。一瞬やれると思ったけど、上位2頭が強かった。直線で内にササるのを矯正しながらで、他馬には迷惑をかけてしまったのは申し訳ない気持ち。長丁場は合う」(シュミノー騎手)

     ◇ホウオウドリーム「感じは良かったけど、3コーナーから4コーナーにかけて手応えが怪しくなった。それで内を狙った。今日は体に重さがあったし、使って良くなる」(戸崎圭騎手)

     ◇リッジマン「3コーナーの坂の下りから早めに仕掛けていこうと思っていた。道中はロスなく内で我慢して、いいタイミングで動けたけど、差が詰まりそうで詰まらなかった。でも、格上挑戦でよく頑張っている」(古川吉騎手)

     ◇リッチーリッチー「気持ちが走る方に向いていなかった。早めに外へ出して何とかしようと思ったが…」(Mデムーロ騎手)

     ◇レジェンドセラー「この距離の重賞は難しい。2400メートル以上がいいかもしれない」(ルメール騎手)

    展開を読む【ダイヤモンドS=平均ペース】

    グランアルマダがハナ主張。ハッピーモーメント、ラブラドライトが好位へ。例年通り、1周目はスロー濃厚。2周目3角からプレストウィック、フェイムゲーム、ホウオウドリームなど人気馬が一斉に仕掛け、最後は底力勝負。

    【京都牝馬S】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 AJC杯組が3勝で最多。有馬記念、万葉S組が2勝ずつ。連対馬の前走は多彩。前走で掲示板(5着以内)を確保していることが理想。

     ☆ハンデ 53キロ以下は2勝、2着3回だが、近5年は昨年2着ラブラドライト(51キロ)以外は連対なしと不振。ハンデ頭は近5年連続で連対中。軽量馬より重いハンデの実力馬に注目。

     ☆年齢 4、5歳が7勝、10連対と安定。6歳馬は2勝、2着2回と健闘も7歳以上は信頼度が落ちる。

     結論 ◎レジェンドセラー ○フェイムゲーム ▲ホウオウドリーム



    「広告」競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    5
    ダイヤモンドS回顧|結果・動画|ネットニュースまとめ

     長距離重賞「第65回ダイヤモンドS」が21日、東京競馬場で行われた。道中11番手で折り合った1番人気フェイムゲームが力強く伸びて、重賞4勝目。スルーオダイナ(89、90年)、ユウセンショウ(96、97年)以来となる、3頭目の同レース連覇を飾った。

     58キロのトップハンデも何のその。スタミナが違った。道中は慌てず脚を温存。馬群を縫う余裕があった。残り1Fでファタモルガーナを内から抜き去り、2馬身差の完勝。「前向きに走ってくれた。直線もいい感じで反応してくれた」と北村宏。宗像師も「スタミナがありますね。直線の長い東京も合う」と振り返った。

     有馬記念除外で挑んだ前走・AJC杯(12着)はスローが全て。東京では重賞3勝目。もう、賞金不足で除外になることもない。今後は天皇賞・春(5月3日、京都)を目指す。鞍上は「昨年(6着)のリベンジを」と誓えば、師も「強い馬にモマれ、力もついた」と頂点を見据えた。

     ◆フェイムゲーム 父ハーツクライ 母ホールオブフェーム(母の父アレミロード)牡5歳 美浦・宗像厩舎所属 馬主・サンデーレーシング 生産者・北海道安平町ノーザンファーム 戦績15戦5勝 総獲得賞金2億325万円。

     
    フェイムゲーム連覇!最速34秒6
     
    【ダイヤモンドS回顧|結果・動画|ネットニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ