競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    共同通信杯

    共同通信杯予想|2017年|直前情報まとめ

     冬の東京開催も3週目。そのメインとして行なわれるのが、3歳クラシックの登竜門とされるGIII共同通信杯(2月12日/東京・芝1800m)である。

    【写真】この馬も共同通信杯をステップにして、皐月賞を制した

     過去5年の勝ち馬のうち、ゴールドシップ、イスラボニータ、ディーマジェスティの3頭が牡馬クラシック第1弾の皐月賞(中山・芝2000m)を勝利。それぞれ、第2弾となる日本ダービー(東京・芝2400m)でも奮闘した(ゴールドシップ=5着、イスラボニータ=2着、ディーマジェスティ=3着)。ゴールドシップは秋の菊花賞(京都・芝3000m)も制している。

     栄冠は手にできなかったものの、一昨年の勝ち馬リアルスティールも皐月賞で2着、ダービーで4着、菊花賞で2着と、クラシックを沸かせた。その翌年、ドバイターフ(UAE・芝1800m)でGI勝利を果たしている。

     さらに2着馬を見ても、ディープブリランテとドゥラメンテがクラシックを制覇。ディープブリランテは皐月賞3着後、ダービーで戴冠を果たした。ドゥラメンテにいたっては、皐月賞とダービーの二冠を達成している。

     まさしく近年、共同通信杯で好走した馬から、クラシックで活躍する馬が相次いで登場しているのだ。

     そもそも、冬場の、それもGIIIでありながら、いいメンバーがそろうことが多い。過去には、アドマイヤムーン、ジャングルポケット、エルコンドルパサー、メジロブライトといった名馬も勝ち馬に名を連ねている。ものの数週間もすれば、GII弥生賞(中山・芝2000m)やGIIスプリングS(中山・芝1800m)といった、レースの格も上で、皐月賞本番と同じか、近い条件のレースがあるにもかかわらず、だ。

     その理由としては、ひとつに東京競馬場という舞台設定がある。

     3歳馬の最大目標と言えば、やはり日本ダービーである。皐月賞のみに全力投球するならいざ知らず、ダービーを狙える器であるなら、やはりその舞台となる東京競馬場のレースは前もって経験しておきたいところ。それが、本番でプラスになることは明らかだからだ。

     そういう意味では、「特に関西馬にとってはメリットが大きいレース」と、デイリー馬三郎の木村拓人記者は語る。

    「新馬や未勝利、条件戦でも容易に使える関東馬はともかく、長距離輸送をともなう関西馬にとって、東京競馬場が舞台で、しかもこのクラスのレースを経験できる数少ないチャンスとなるのが、共同通信杯。もし、ここで一発回答を出せれば、いよいよダービーも現実味を帯びてくるわけですし、素質馬の多い関西馬にとっては、試金石として最適なレースであると思います」

    共同通信杯傾向と対策
     

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・2・1・4】でまずまず。2、3番人気が4連対ずつと波乱の可能性は低い。

     ☆前走 勝ち馬10頭中、昨年ディーマジェスティ(取り消し)を除く9頭が前走3着以内。ステップはさまざまだが、芝2000メートル以上の重賞、オープンで5着以内だった馬が9連対(4勝、2着5回)と活躍。

     ☆間隔 連対馬20頭中17頭が2カ月半以内での出走があった。休養明けは割り引きたい。

     結論 ◎エアウィンザー ○ムーヴザワールド ▲アサギリジョー

     

    展開を読む


      エトルディーニュが押し出されてハナへ。今後も考えて控えたい馬が多く、ペースは上がらない。スワーヴリチャード、ムーヴザワールドは互いにけん制しながら中団待機から進出。直線はエアウィンザーも加わって瞬発力勝負。




    もう有名になりつつある
    栗東会議
    クイーンCは注目馬見事勝利

    デイリー杯クイーンカップ(GIII)
    アドマイヤミヤビ 前走:百日草特別1着

    百日草特別を勝った牝馬は過去10年でルージュバックのみ。さらに2着のカデナが京都2歳Sを制し、3着のアウトライアーズが500万特別のひいらぎ賞を勝ち上がっている事からもアドマイヤミヤビの素質は相当なもの。一部では早くも「オークスの有力候補」と評価されている逸材で、前走にしても既に本番を意識して経験を積ませるための東京遠征だったとの話。今年の3歳世代牝馬のお手馬が多数被っているルメールも、近藤オーナー地元開催の阪神JFをソウルスターリングとの使い分けのために引っ込ませた以上は、最低でもこの馬の重賞勝利をプレゼントしオーナーを納得させる事が至上命題である。


    無料会員で予想をゲットしましょうw

     

    5

    共同通信杯予想|追い切り・調教|最新情報


    共同通信杯ニュース

    teki

     加速力ならドゥラメンテより上。リアルスティールを単なる1戦1勝馬とはやはり片付けられない。

     新馬戦でマークした上がり3F33秒3が破格。これは5回阪神の芝9F10鞍中No.1の速さで、きさらぎ賞2着のポルトドートウィユでさえ同33秒5(シクラメン賞)止まりだった。まして福永騎手いわく、「加速力がありすぎて、抜け出してから物見をしていた」というから驚かされる。もしかしたら、すでにダービーまでの伝説が始まっているのかもしれない。

     一方、1番人気必至のドゥラメンテが未勝利戦で繰り出した上がり3Fは33秒7。5回東京の新馬戦でプレイヤーハウスが記録した33秒6に0秒1劣る。たかが上がり、されど上がり-。ペース、馬場の違いなど勘案する必要はもちろんある。ただ、少頭数で加速力勝負が濃厚な今回だからこそ、この単純すぎる数字比較がカギを握っているような気がしてならない。

     リアルの1週前追い切りが圧巻。調教駆けすることで知られる古馬準OPのタイセイドリームを子供扱いし、ラスト1F12秒1の切れ味で1馬身先着してしまった。それでも、「間違いなく走ってくるとは思う。でも、まだ走りのバランスは今ひとつ。どこで本格化するかはまだ分からない」と、福永騎手に浮かれる様子は一切ない。

     ただ、こういう見方もできる。ユーイチとは逆に、ゾッコンモードの石橋脩=ドゥラメンテに何らかの心理戦を仕掛けているのではないだろうか、と。先週のきさらぎ賞で激勝したルージュバックしかり、珍しく(?)今年のクラシック戦線は東に風が吹きつつあるからこそ、静けさを漂わせる関西馬が逆に怖い。

    (夕刊フジ)

     
    共同通信杯-調教動画
    サンスポ予想王(1)
    【共同通信杯予想|追い切り・調教|最新情報】の続きを読む

    5

    共同通信杯予想|アヴニールマルシェがアツイかどうか?

    アヴニールマルシェ

    teki
     

    ◆共同通信杯追い切り(11日)

     共同通信杯・G3(15日、東京・芝1800メートル)で、念願の重賞初制覇を狙うアヴニールマルシェは、美浦・ウッドチップコースで3頭併せ。約6馬身前にバンスタンウォルツ(7歳1000万)、その2馬身後ろにマンインザムーン(5歳500万)を置き、最後方からスタートした。

     直線は最内へ。前方で僚馬2頭がビッシリ馬体を併せていたが、残り150メートルでようやく出された合図にスムーズに加速して5ハロン68秒7―13秒6。フットワークは軽快で、状態の良さをうかがわせた。

     騎乗した北村宏は「先生(藤沢和調教師)が『促して出してみようか』と言っていたので、最後少しやったけど、そんなに強くしたわけじゃないのに、いい動き。もともと良かったが、いい意味でコンパクトないい走りができていた」と好感触。トレーナーも「順調。反応が良かったし、いいんじゃないか」と満足げだ。

     前走の東京スポーツ2歳Sは、好位で進めながら、直線で前が詰まる形になり、首差で2着惜敗。「結果的に差されたのは残念だったが、スタートを出てくれて、道中馬込みで我慢できていた。いいところはあった」と鞍上に気落ちはない。

     重賞連続2着から臨む3歳初戦。「前2戦はスムーズじゃなかったからね」と藤沢師。3度目の正直で、初タイトルを手土産に、春の主役へ躍り出る。(上倉 健)

     
    アヴニールマルシェ
    父-ディープインパクト
    【共同通信杯予想|アヴニールマルシェがアツイかどうか?】の続きを読む

    このページのトップヘ