競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    東京新聞杯

    東京新聞杯予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【東京新聞杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ

     インディチャンプの攻め気配が際立っている。2週前の17日に坂路で自己ベストの4F50秒7を叩き出したかと思えば、今週はさらに更新する50秒3をマーク。しかも、音無厩舎でも屈指の坂路巧者レッドラウダを余力残しで2馬身突き放してみせた。決して馬体は大きくないが、強靭な脚力をアピールした。  

     サトノアレスは今週の坂路で4F51秒8、ラスト1F12秒3。ハロー整地明けでやや内めを回ったとはいえ、馬なりでこのタイムは出色だ。気合乗り、毛ヅヤとも文句なしで、前走大敗のショックは感じられない。  

    ジャンダルムは3週連続してCWコースで6Fから時計を出す意欲的な内容。総仕上げの30日はきさらぎ賞出走のダノンチェイサーに胸を貸し、ラスト1F12秒0で併入した。久々に攻めを強化してきた効果があれば、能力的にも変わり身があっていい。

    【東京新聞杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  
    ☆前走 年明けの中山出走組が6連対、前年秋G1からの直行組が5連対、暮れの阪神開催組が4連対と上位勢力を形成。近年は京都金杯組の活躍も目立つ。  

    ☆年齢 4歳が8連対とリード。6歳が6連対で続く。7歳以上は苦戦。  

    ☆内枠有利 優勝10頭中9頭が8番より内枠。2桁馬番の連対は4頭のみ。  

    ☆牝馬 14年以降、出走機会3連勝中。  

    結論 ◎インディチャンプ 〇テトラドラクマ ▲ロードクエスト


    展開を読む【東京新聞杯=スローペース】

     ショウナンアンセムが飛び出してハナ。テトラドラクマ、ロジクライが追走する。道中はゆったり流れ徐々にペースアップ。

     中団タワーオブロンドン、レイエンダ、インディチャンプが末脚を伸ばすが、先行勢も余力十分で粘る。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    東京新聞杯【2019年】この騎手ぽいデータだけど

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    東京新聞杯過去10年北村宏司騎手
    0-0-0-8/8

    うーんって感じも馬質見ると北村宏司騎手自身あんまり悪くない感じも
    tokyoshi2










    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    東京新聞杯【2019年】この枠危険

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    東京新聞杯過去5年枠順別成績
    tokyoshi



    ★-1枠・8枠は不振




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    東京新聞杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【東京新聞杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探っていく。

     ☆人気 1番人気は【0・1・2・7】で不振。2番人気と3番人気が各2勝。5番人気が【3・2・1・4】と活躍し、波乱傾向。

     ☆前走 ニューイヤーS組が【2・3・2・15】と活躍。阪神カップ組とエリザベス女王杯組が各2勝(2着なし)。スポニチ賞京都金杯組も【1・3・3・28】と馬券圏内に入っている。

     ☆世代 4歳が【4・3・3・23】、6歳が【4・2・0・26】。5歳が【2・3・6・32】で続く。7歳以上の優勝はなく、ベテラン不振。

     結論 ◎ダノンプラチナ ○クルーガー ▲リスグラシュー
    展開を読む【東京新聞杯=平均ペース】
    トウショウピストがハナ候補。競りかける馬がいなければ隊列はすんなり決まる。流れが落ち着けばダイワキャグニーは早めの進出も可能。中団からリスグラシューなども伸びて最後の直線。追い込み勢も加わってゴール前は激しい争いに。
    【前走後の談話】日曜東京11R・東京新聞杯

    ◇アドマイヤリード「スローペースだった。もう少し前で運べればよかったが、後ろからになってしまった。ラストの脚は素晴らしかった」(戸崎圭騎手)

     ◇カデナ「コンディションは悪くなかったが、ひと脚使っただけで、坂で止まってしまった。流れが向かなかったこともあるが、体が成長してきて距離適性が変わった可能性があるのかも」(福永祐騎手)

     ◇ガリバルディ「直線ではジワジワと差を詰めている」(岩田康騎手)

     ◇クルーガー「4コーナーで動けない場面があったが、そこからよく頑張って伸びてくれた」(浜中俊騎手)

     ◇グレーターロンドン「今の中山の馬場で流れが落ち着いてしまうと、後ろから追い込む馬にはきつかった。最後はよく追い上げているが、ここまでだった」(田辺裕騎手)

     ◇サトノアレス「直線はよく伸びていたが、併せにいって少しブレーキをかけていた。知らなかったけど、そういう馬みたい。それでも完璧なレースができたし、残り150メートルでは絶対勝ったと思ったけど…」(ルメール騎手)

     ◇ストーミーシー「ラストで確実に脚を使えるタイプ。初のオープンだったけど、展開がはまれば十分にやれる」(大野拓騎手)

     ◇ダイワキャグニー「テンションが高く、(道中も)苦しいポジションだったが、直線は脚を使えた」(菊沢徳師)

     ◇ダノンプラチナ「まだいい頃に比べると60%ぐらいの状態。以前ほどシュッとギアも上がらない感じだが、さすがにこの相手では負けられない」(蛯名正騎手)

     ◇ディバインコード「1600メートルはぎりぎり。この馬には1400メートルの方がいい。でも、よく頑張っていると思う」(ルメール騎手)

     ◇デンコウアンジュ「これ以上ない、いい形でレースを運べた。2000メートルだとペースが遅いが、(今日は)マイルで流れにうまく乗れた」(蛯名正騎手)

     ◇トウショウピスト「速い馬もおり、今日は相手が強かった。これがいい経験になれば」(古川吉騎手)

     ◇ハクサンルドルフ「馬場を気にしていたのか、直線の入り口では進んでいかなくなった。でも、外に出すとラストはすごい脚を使ってくれた」(大野拓騎手)

     ◇ベルキャニオン「以前乗ったときは僕がコントロールできなかったが、またチャンスを頂いたので折り合いに気をつけて乗った。勝ち馬の後ろで折り合いがついたし、3、4コーナーの手応えも良くもう少しだったが…。内容は悪くないし、ここを使って次はさらに良くなるだろう」(石橋脩騎手)

     ◇マイネルアウラート「位置取りは指示通り。ただ、向こう正面からプレッシャーがきつくて…」(丹内祐騎手)

     ◇リスグラシュー「スローになるのは分かっていたし、ゲートを出せなかったのがすべて」(福永祐騎手)

    【データで勝負】日曜東京11R・東京新聞杯

    【データからの注目馬・東京11R】

    ◎(15)ダイワキャグニー

    ☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【4・4・5・32】→Vか0秒5差以内なら【4・3・4・13】。また、連対馬の8頭は東京芝で1勝以上&連対率50%以上か、GIで3着以内歴があった

     ダイワキャグニーは東京芝で4勝のコース巧者。同舞台では1戦1勝で、そのキャピタルSのV時計は優に重賞級だった。ベストの条件で重賞奪取は目前だ。


    東京新聞杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    東京新聞杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    【東京新聞杯】柴山雄一騎手、サトノアレスと未勝利戦以来のコンビ 藤沢和厩舎の馬で重賞勝つ!

    ◆第68回東京新聞杯・G3(2月4日、東京競馬場・芝1600メートル)

     地方・笠松からJRA移籍して14年目となる柴山雄一騎手(39)=美浦・フリー=は、サトノアレスでの重賞制覇へ熱い思いを抱く。これまで重賞12勝を挙げたが、普段から調教を手伝うなど縁の深い藤沢和厩舎の馬での白星はない。「数年前の北海道開催で調教を手伝ったのがきっかけで、恩返しをしたいですね。久々に実戦で乗れるし、チャンスだと思う」と燃えている。

     今回は16年9月に勝ち上がった未勝利戦以来のコンビ復活となるが、その後も調教ではパートナー役を務めてきた。「本当にどっしりとしてよくなってきた。腰の緩さがなくなり、まだまだよくなっているというか、アレスは早熟じゃないと思う」。朝日杯FSを制して2歳王者に輝いた後、重賞戦線では結果が出ていないが、4歳を迎えての成長を確信している。

     前走のキャピタルSは、上がり最速33秒4の末脚で2着に好走して復活の手応えをつかんだ。「東京のマイルは本当にいいと思う。あの子が走りやすそうなイメージがあります」と、優しい瞳は自信に満ちていた

    【東京新聞杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ