競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    シルクロードS

    シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ

    競馬劇場・・・ここを信頼すべき無料予想

     ネロが京阪杯に続く重賞連勝を狙う。これを昨年の覇者ダンスディレクターや、スプリンターズSで好走したソルヴェイグなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/29(日) シルクロードS(4歳上・GIII・京都芝1200m)

     ネロ(牡6、栗東・森秀行厩舎)は昨年のアイビスサマーDとセントウルSで2着に入り、GI・スプリンターズSでも0.1秒差の6着と健闘。続く京阪杯で待望の重賞初制覇を果たした。ヨハネスブルグ産駒は早くから活躍する馬が多いが、本馬は今がまさに充実期。4馬身差で圧勝した京阪杯のように、ここでもスピードの違いを見せてほしいところだ。

     ダンスディレクター(牡7、栗東・笹田和秀厩舎)は昨年の本レース覇者。その後は脚部不安のために休養を余儀なくされたが、秋に復帰して3戦目のスワンSで4着、前走の阪神Cでも0.1秒差の4着と復調気配を見せている。ここで完全復活なるか。

     その他、スプリンターズSでタイム差なしの3着に入ったソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)、重賞2勝の実績があるブランボヌール(牝4、栗東・中竹和也厩舎)、京都で連勝中のセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、コース相性良いセカンドテーブル(牡5、栗東・崎山博樹厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
     
    2016年-シルクロードS動画




    シルクロードS-結果
    1着 ダンスディレクター 浜中俊
    2着 ローレルベローチェ 中井裕二
    3着 ワキノブレイブ 小牧太


    【シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

     シルクロードSの追い切りが28日、栗東トレセンで行われた。オープン特別を連勝中のネロは、坂路で4ハロン49秒4の超抜時計をマーク。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』を獲得し、重賞初勝利に向け好ムードだ。昨年11月の京阪杯を勝って以来のサトノルパンも坂路をパワフルに駆け上がった。

     氷点下1度のいてつく空気を切り裂いた。勢いに乗るネロが圧巻の動きを披露。日高助手は納得の表情で切り出した。

     「攻め駆けする馬で、体重の軽い見習い騎手が乗っているので、楽に時計は出る。ここまで予定通りにきています」

     朝一番の坂路に登場し、序盤から軽快にスピードに乗っていく。ラスト1ハロンで仕掛けられると、もうひと伸びしてフィニッシュ。4ハロン49秒4-12秒4と、今週の一番時計を叩き出した。

     昨年11月の京洛S、12月のラピスラズリSは、控える競馬から直線で抜け出し2連勝。以前の先行して粘る競馬から進化し、充実期に入った。

     日高助手は「以前はテンションが高くカッカして逃げ一辺倒だったけど、番手でも競馬ができるようになったのが大きい。年齢を重ねてズブくなっているし、上のクラスでは他に速い馬もいるからね。精神的にも落ち着いた」と分析する。

     重賞の今回も速い馬がそろい、得意の形に持ち込めそうだ。「ローレルベローチェが速いだろうから、その2、3番手でいければ」とVへのイメージを膨らませる。

     「次は高松宮記念(3月27日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。出られるかは微妙かもしれないので、賞金を加算してGIに向かいたい」と日高助手は力を込める。今年の飛躍を誓うネロにとっては、大きな意味を持つ一戦となる。 (川端亮平)

     
    サンスポ予想王-シルクロードS
    【シルクロードS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    シルクロードS予想|注目馬|ビッグアーサーまとめ
     

     今週の日曜京都メーンはシルクロードステークス。高松宮記念(3月27日、中京、GI、芝1200メートル)へつながる重要な一戦だ。注目は“未冠”の大器ビッグアーサー。デビューからの9戦中、今回と同じ1200メートル戦は8戦6勝、2着2回で連対率10割だ。待望のタイトルを獲得して堂々とGIに駒を進めようとしている。

     全6勝を挙げている1200メートル戦に戻れば、主役の座は譲れない。快速馬ビッグアーサーが、重賞初制覇を狙う。

     25日朝の栗東トレセンは氷点下3度。凍て付く寒さの中で、犬山助手が意気込みを口にした。

     「人気になりそう? 周りが持ち上げ過ぎですよ。ただ、ここまで3着を外していないのは偉いですね。5歳だけど数は使っていないし、伸びしろはまだあると思う」

     3歳4月のデビューからの5連勝を含め、9戦して6勝、2着2回、3着1回。キャリアが浅いとはいえ、まだ底を見せていない。

     前走の阪神Cは初めての1400メートル戦。インの4、5番手で折り合いがつき、直線では緩い馬場状態だった内側から伸びて一旦、先頭に立ったが、外から2頭にかわされて3着だった。

     しかし、1200メートル戦は連対率100%。今回と同じ舞台だった3走前のオパールSは1分6秒7のコースレコードタイで快勝している。「展開など難しい面はありますが、スムーズなら勝負になると思います」と同助手は力を込める。

     今回は鞍上を強化。現在16勝でリーディング首位のM・デムーロ騎手と初めてコンビを組む。「うまい騎手だし、競馬を見ていてもいい位置にいますから」。期待は大きい。

     臨戦態勢も整いつつある。年明けにフレグモーネ(皮膚の化膿性疾患)のため4日ほど休養。しかし、21日の1週前追い切りは坂路で4ハロン51秒8の好時計をマークした。 「いい休養になったと思います。(この先の)GIに向けていい感じです」

     重賞ウイナーの勲章を得て、堂々と春のスプリント王決定戦、高松宮記念へ向かう。 (渡部陽之助)

     

    ビッグアーサー

    父ーサクラバクシンオー 母父ーキングマンボ

     

    やっぱり注目なのは藤岡康太騎手→デムーロ騎手

     

    2chでも話題になっていますw

     

     

    1:2016/01/25(月) 19:59:19.49 ID:
    京都では31日、「第21回シルクロードS」(GIII、芝1200メートル)が行われる。
    ベスト距離に戻るビッグアーサーが、鞍上にミルコ・デムーロを迎えて勝ちにきた。
    「春の目標は高松宮記念(3月27日、中京、GI、芝1200メートル)。
    もう2着はいらない。重賞ウイナーとして向かいたい」と藤岡調教師。

     そのために手綱をミルコに依頼。
    僚馬のサウンズオブアース(有馬記念2着)、ジュエラー(シンザン記念2着)にも跨る名手にすべてを託す。

     重賞以外の6戦はデビュー5連勝+夕刊フジ杯オパールSと6勝。
    ただ重賞は昨年の北九州記念と京阪杯で2着、初の7Fだった阪神Cも3着。
    なかでも上がり3F32秒8で頭差敗れた京阪杯は痛恨の極みか。
    息子の藤岡康太の騎乗に「のんびり構えすぎ」と、
    指揮官には勝負どころさえ間違えなければ…と映っていたのだろう。

     先週21日は坂路で最初の1Fこそ我慢は利いたが、2F目からハミを取り4F51秒8。
    ラスト1Fを12秒3で駆け上がった。
    「2Fまで我慢できれば完璧だったね。雰囲気は悪くないし、直前でサッとやれば仕上がるかな。
    体は大丈夫。太いとか細いとかはない」。前走後にフレグモーネで4日間馬場入りを休んだ影響はない。
    あとはV請負人、ミルコに任せるだけのところまできている。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160125-00000519-sanspo-horse
    90:2016/01/25(月) 21:48:14.41 ID:
    >>1
    >サウンズオブアース(有馬記念2着)、ジュエラー(シンザン記念2着)にも跨る名手にすべてを託す。

    デムに頼んでも、結局2着じゃんw
    【シルクロードS予想|注目馬|ビッグアーサーまとめ】の続きを読む

    5
    管理人お勧めの無料予想ありサイト

    シルクロードS|調教・追い切り|予想まとめ

     シルクロードSの追い切りが29日、東西のトレセンで行われた。栗東では、アンバルブライベンが、坂路でラスト1ハロン11秒7の鋭い動きで、サンケイスポーツ調教評価『S』を獲得。大好きな京都で重賞2勝目を狙う。またカオスモス、ホウライアキコも、栗東の坂路で気配の良さを見せた。

     快速を誇る6歳牝馬が坂路で躍動した。アンバルブライベンが、主戦の田中健騎手を背に、ラスト1ハロン11秒7(4ハロン53秒3)とシャープな動きを披露。目下の充実ぶりをアピールした。

     「中2週なので上がりだけ。ラストは速かった? 時計が出る馬だからね。前走時も(ラスト1ハロンは)11秒7だったし、デキは変わらない。以前は暑い夏が良かったが、今は寒い時期でも状態は安定している」。福島調教師が胸を張った。手綱をとったジョッキーも「相変わらず動きますね。しまいだけ気合をつけて反応を確かめて、あとは馬なり。いつも通りいい反応でした」と満足げにうなずく。

     戦法は、単純明快で逃げ一手。3走前の福島民友CでOP初Vを挙げると、2走前の京阪杯で重賞初制覇。前走の淀短距離Sでは、牡馬なら59キロに相当する57キロで2着と踏ん張っている。トレーナーは、ハイペースで逃げて12着に失速した4走前のセントウルSをポイントにあげた。「その速さが印象に残っていて、他馬が競りかけてこないで、展開がうまくいっている」と分析する。

     引き続き、初タイトルを奪取した京都芝1200メートル。逃げ馬には有利な直線が平坦で、5戦2勝、2着2回、3着1回と大好きなコースだ。「ハナにこだわりたい」と田中健騎手がいえば、福島師も「自分の競馬をするだけ。今回も得意な京都だから」と力を込めた。

     別定戦の前走より1・5キロ軽くなるハンデ55・5キロも後押し。その前走の勝ち馬で、今回も有力候補のエイシンブルズアイに対して、2キロ重かったのが、逆に0・5キロ軽くなる。直線が長く坂がある中京のGI・高松宮記念は「考えていない」とトレーナー。条件ベストの一戦へ、アンバルブライベンが全力投球だ。(森本昭夫)

     
    シルクロードS-追い切り
    ② サドンストーム
    【シルクロードS|調教・追い切り|予想まとめ】の続きを読む



    シルクロードS(シルクロードステークス)予想|過去結果・動画|2ch・ツイッターまとめ


    エイシンブルズアイは人気でしょうね!!

    ◆シルクロードS追い切り(28日)

     第20回シルクロードS・G3(2月1日、京都・芝1200メートル)の主役エイシンブルズアイが28日、栗東の坂路を余裕たっぷりの手応えで駆け上がった。春の目標・高松宮記念へ、重賞初制覇で確実に賞金加算したい一戦だ。

     秋山を背にエイシンブルズアイは栗東の坂路に入り、トウカイビジョン(5歳1000万)を4馬身半追走。持ったままで差を詰め、ラスト2ハロンで内を突き、僚馬を一度パス。内、外離れたぶん最後に半馬身かわされたが、いっぱいの相手に対し、手応えは促す程度だった。

     「もう少し後ろで我慢するイメージだったけど、行きっぷりが良くて、早く抜け出した。調教はいつも動くし、状態はいい。相変わらず、いい馬」。昨夏のキーンランドC以来のコンタクトに、鞍上はほれぼれした表情。野中調教師も「強い負荷はいらない。すごく躍動感があった。時計も予定通りで、何の問題もない」と53秒5―12秒4のタイムに満足そうだ。

     「元々、スプリント路線かなと思っていた」(野中調教師)と、昨夏から満を持して投入した1200メートル戦。4戦目の前走、淀短距離Sで待望の勝利を挙げたが、トレーナーは「2走前、3走前は取りこぼした感じ。前走は正攻法のレースで勝てた。レースの幅が広がり、安定感が出てきた」と、1勝以上の価値を見いだす。

     重賞未勝利だが、トレーナーは先の大舞台まで見据える。「ここで結果を出せないと、春のG1(高松宮記念)は厳しい。56キロは見込まれたが、それだけ実力を評価されているということ。克服してほしい」。すべての壁を乗り越え、混戦のスプリント界に新風を吹かせるか。(宮崎 尚行)

     
    シルクロードS-2014年
     
    1着 ストレイトガール 岩田康誠
    2着 レディオブオペラ 藤田伸二
    3着 リトルゲルダ  菱田裕二
     
     
     
     
    【シルクロードS(シルクロードステークス)予想|過去結果・動画|2ch・ツイッターまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ