競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    シルクロードS

    シルクロードS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【前走後の談話】日曜京都11R・シルクロードS

    ◇アットザシーサイド「中団からいい手応えで運ぶことができたし、直線でも脚があったけど…。前が詰まってしまい、進路がなかった」(四位洋騎手)

     ◇アレスバローズ「いつもはゴール前で甘くなるけど、今日は最後までしっかりと伸びてくれた。展開が向いたこともあるけど、いい競馬だったと思う」(Mデムーロ騎手)

     ◇カラクレナイ「4コーナーではすごくいい感じだったが、ラストで止まった。もう少し短い距離なら、すごくいい脚を使えそうな感じがする」(池添謙騎手)

     ◇キングハート「思っていたよりもスタートを出てからスピードの乗りが良かった。勝ち馬を見ながら運んだが、ここまで上がりが速くなるとしんどい」(浜中俊騎手)

     ◇グレイトチャーター「ゲートをうまく出てくれたけど、向こう正面で外側からのプレッシャーがきつかったので、ポジションを下げる形になった。前の馬が残る展開だったし、よく頑張ってくれている」(川田将騎手)

     ◇セイウンコウセイ「最近の戦績がもうひとつだったので、今日は積極的に出していく競馬をした。復調の兆しはあった」(松田大騎手)

     ◇セカンドテーブル「悔しい。叩き3走目で本当に具合は良くなっていた。この馬場も合うと思っていた」(水口優騎手)

     ◇ダイアナヘイロー「好スタートからやりたいレースはできた。結果論だが、GIで格負けしてしまった感じ」(武豊騎手)

     ◇タマモブリリアン「スタートは良かったが、外の馬が速かったので控えた。オープンではなかなかうまくいかないが、よく頑張ってくれた」(吉田隼騎手)

     ◇ナックビーナス「勝てたのは良かったけど、あの形だったら、もっと突き放してほしかった。今回はチークピーシズを着けたのだけど、あまり効かなかったのかな。カイ食いが良くて、へこたれないのはいいことだけど、牝馬らしい面もあるといい」(杉浦宏師)

     ◇ナリタスターワン「逃げる馬の後ろにつけるイメージだったが、出遅れてしまって…。そこが痛かった」(福永祐騎手)

     ◇ファインニードル「スタートでゴチャつき、引かざるを得なかった。それほど負けたわけではないし、展開がかみ合えばやれる力はあると思う」(内田博騎手)

     ◇フミノムーン「途中から(ハミを)かんだ。1200メートルの方がいいのかも」(和田竜騎手)

     ◇ミッキーラブソング「好スタートからいいポジションを取ることができた。最後は前があいてからしっかりと脚を使い、差し切ってくれた。強い内容だったし、状態も良かった」(松山弘騎手)

     ◇ラインミーティア「ゲートは出たが、1完歩目でトモを滑らせてしまって…。ペースも遅かったし、GIであそこからでは厳しかった」(西田雄騎手)

     ◇ロードクエスト「1200メートルにも対応できると思っていた。テンに出していきながらも途中で我慢させて、しまいを伸ばすイメージだったが、思い描いた通りのレース運びだった。オープンにしては遅い流れになってしまったが、しっかりと差を詰めてくれて、力のあるところを見せてくれた。今ならスプリント戦の方が安定して走れると思う」(三浦皇騎手)
    【データで勝負】日曜京都11R・シルクロードS
     【データからの注目馬・京都11R】

    ◎(18)ナリタスターワン

    ☆ここ5回のシルクロードSを参考。連対率では24%の6歳が優勢。また、連対馬の9割が前走5着以内

     上記のデータに加え、連対馬の7割は重賞で2着内歴があった。これらの好走要件を満たすのはナリタスターワン、セカンドテーブルの2頭。長期休養明けの後者に対し、順調に使われている前者をピックアップする。時計がかかり、差し馬が台頭しやすくなっている今の馬場を援軍に、一発を期待。
    【シルクロードS】傾向と対策
    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 3着以内の30頭中23頭が前走で5着以内を確保していた。6着以下に負けていた馬の本番での3着内率は9・7%と悪い。直近の成績には注意。

     ☆枠番 3着以内30頭中22頭が1~9番枠。1~9番枠が【9・6・7・68】なのに対し10~17番枠は【1・4・3・60】と見劣りする。内寄りの馬を狙いたい。

     ☆年齢 中心は【4・3・4・21】の5歳と【4・3・3・29】の6歳。4歳は【1・2・0・29】と苦戦し、7歳以上は1勝しかしていない。

     結論 ◎アレスバローズ ○アットザシーサイド ▲セカンドテーブル
    展開を読む【シルクロードS=ハイペース】

    外寄りナックビーナスがハナを主張。ファインニードル、セカンドテーブル、セイウンコウセイが続けばスローはあり得ない。ダイアナヘイロー、アレスバローズも好位で流れに乗る。アットザシーサイド、ロードクエストの末脚が怖い。


    シルクロードSの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    シルクロードS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    ロードクエストなど、シルクロードS厩舎情報/美浦トレセンニュース

    シルクロードS(GIII・ハンデ・京都芝1200m)に美浦から出走する注目馬について、各調教師の追い切り後のコメント。

    ■ナックビーナス(牝5・美浦・杉浦宏昭)について、杉浦調教師。
    「今週(1/24)の追い切りはいつもと変わらない動きでした。タフなのか真面目に走らないのかわかりませんが、とにかく丈夫ですね。牝馬ですが夏バテをするので、冬場の方が調子は良いです。体はもう少し絞れても良いように思いますが、体重はさほど気にしていません。

     スピードがあるので行こうと思えば前に行けますし、抜け出すと止めてしまうところがあるので、前走(カーバンクルS・OP・1着)のように行き切ってしまう形も合っているかもしれません。前走で装着したチークピーシーズはあまり効果を感じませんでしたので、今回は何も付けずに臨みます。京都は枠順に左右されるので、内めの枠でポンと行ければいいですね」

    ■ロードクエスト(牡5・美浦・小島茂之)について、小島調教師。
    「今週(1/24)は坂路で追い切りました。併せ馬で遅れて時計も目立ちませんでしたが、元々坂路は動かないですし、併せた馬に遅れても構わないと思っていました。ただ最後まで踏ん張って走っていましたし、追い切った後にバランスよく歩けていたのは良かったです。前走(カーバンクルS・3着)はマイルから距離を短縮して1200mを使いましたが、使った後にうるさくならないのも良かったです。

     これまではマイルで走れるように馬を作っていましたが、昨年の秋頃は馬がしっかりしてきたのに結果が出なかったこともあり、1200mの方が合っているかなと考えました。5歳になるまで経験をいろいろとしてきましたし、タイミング良く路線変更できたと思います。前走は騎手がハミをかけて馬を怒らせて走らせていましたが、これまで後ろからの競馬ばかりでしたので、前走のように前についていけるとは思っていませんでした。夏場が調子の良い馬なので、年明け1、2回使って休ませることも考えていたのですが、前走の内容も良かったので、今回の結果次第では大きいところに向かうことも検討するかもしれません」

    ■キングハート(牡5・美浦・星野忍)について、星野調教師。
    「今週(1/24)は雪が降ってウッドチップコースの状態が悪かったですが、その割には動きはまずまずでした。自分で体を作る馬ですし、全国いろいろな競馬場に輸送している割に体重に大きな変動もありません。今回も見た目は太くはないですね。京都コースは相性が良いですし、好レースをしてほしいです」

    ■ラインミーティア(牡8・美浦・水野貴広)について、水野調教師。
    「今週(1/24)の追い切りはまずまずの動きでしたが、叩いて良くなっていくタイプですからね。前走(スプリンターズS・GI・13着)はスタートで滑ってしまって後方からの競馬になりました。GIでそうなってしまうと厳しかったですね。前走後は放牧に出てこのレースを目標に調整をしてきましたが、明け8歳でも元気で衰えは感じないです。今回はハンデ(57キロ)を見込まれた感もありますが、次に繋がる競馬をしてほしいと思います」

    【シルクロードS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です


    ヤフーニュースより

    【シルクロードS展望】ダイアナヘイローが始動戦Vを狙う

     「シルクロードS・G3」(28日・京都)

     主役は昨年4連勝で北九州記念を制したダイアナヘイロー。前走のスプリンターズSは直線で失速して15着に沈んだが、5月から使い込んでいて、目に見えない疲れがたまっていた感もある。1週前には栗東坂路で軽快な動きを披露して、リフレッシュ効果は十分。〈2・4・1・0〉と好相性の京都で始動戦Vを決めて、再進撃へ。

     スプリンターズSは12着に終わったファインニードル。道中掛かり気味の追走となり、外々を回るに苦しい展開。それでは大敗もうなずける。1週前には栗東坂路で好時計をマークしたが、陣営のコメントから、若干まだ馬体に余裕がある印象。ただ、セントウルSを正攻法の競馬で快勝。G2勝ちの底力は侮れない。

     昨年の高松宮記念制覇後は精彩を欠いているセイウンコウセイ。前走も得意の京都で斤量56キロと条件はそろっていたが、好位から踏ん張り切れず7着。内容に不満は残るが、昨年は当レースで2着したように、1月~2月の厳冬期は4戦4連対。この時季が得意なタイプの可能性も。トップハンデは確実だが、克服して王者の走りを。

     カーバンクルSを逃げ切ってオープン特別3勝目を手にしたナックビーナス。これまで重賞では〈0・1・1・5〉とあと一歩が足りないが、今回は初のハンデ重賞。斤量差を生かせればもうひと押しが利きそうだ。上位食い込みへ。

     3年連続の参戦となるセカンドテーブル。一昨年4着、昨年3着と着順を上げており、ここを目標に好仕上がり。今年は連対圏突入も十分だ。
    【シルクロードS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ

    競馬劇場・・・ここを信頼すべき無料予想

     ネロが京阪杯に続く重賞連勝を狙う。これを昨年の覇者ダンスディレクターや、スプリンターズSで好走したソルヴェイグなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/29(日) シルクロードS(4歳上・GIII・京都芝1200m)

     ネロ(牡6、栗東・森秀行厩舎)は昨年のアイビスサマーDとセントウルSで2着に入り、GI・スプリンターズSでも0.1秒差の6着と健闘。続く京阪杯で待望の重賞初制覇を果たした。ヨハネスブルグ産駒は早くから活躍する馬が多いが、本馬は今がまさに充実期。4馬身差で圧勝した京阪杯のように、ここでもスピードの違いを見せてほしいところだ。

     ダンスディレクター(牡7、栗東・笹田和秀厩舎)は昨年の本レース覇者。その後は脚部不安のために休養を余儀なくされたが、秋に復帰して3戦目のスワンSで4着、前走の阪神Cでも0.1秒差の4着と復調気配を見せている。ここで完全復活なるか。

     その他、スプリンターズSでタイム差なしの3着に入ったソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)、重賞2勝の実績があるブランボヌール(牝4、栗東・中竹和也厩舎)、京都で連勝中のセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、コース相性良いセカンドテーブル(牡5、栗東・崎山博樹厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
     
    2016年-シルクロードS動画




    シルクロードS-結果
    1着 ダンスディレクター 浜中俊
    2着 ローレルベローチェ 中井裕二
    3着 ワキノブレイブ 小牧太


    【シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

     シルクロードSの追い切りが28日、栗東トレセンで行われた。オープン特別を連勝中のネロは、坂路で4ハロン49秒4の超抜時計をマーク。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』を獲得し、重賞初勝利に向け好ムードだ。昨年11月の京阪杯を勝って以来のサトノルパンも坂路をパワフルに駆け上がった。

     氷点下1度のいてつく空気を切り裂いた。勢いに乗るネロが圧巻の動きを披露。日高助手は納得の表情で切り出した。

     「攻め駆けする馬で、体重の軽い見習い騎手が乗っているので、楽に時計は出る。ここまで予定通りにきています」

     朝一番の坂路に登場し、序盤から軽快にスピードに乗っていく。ラスト1ハロンで仕掛けられると、もうひと伸びしてフィニッシュ。4ハロン49秒4-12秒4と、今週の一番時計を叩き出した。

     昨年11月の京洛S、12月のラピスラズリSは、控える競馬から直線で抜け出し2連勝。以前の先行して粘る競馬から進化し、充実期に入った。

     日高助手は「以前はテンションが高くカッカして逃げ一辺倒だったけど、番手でも競馬ができるようになったのが大きい。年齢を重ねてズブくなっているし、上のクラスでは他に速い馬もいるからね。精神的にも落ち着いた」と分析する。

     重賞の今回も速い馬がそろい、得意の形に持ち込めそうだ。「ローレルベローチェが速いだろうから、その2、3番手でいければ」とVへのイメージを膨らませる。

     「次は高松宮記念(3月27日、中京、GI、芝1200メートル)の予定。出られるかは微妙かもしれないので、賞金を加算してGIに向かいたい」と日高助手は力を込める。今年の飛躍を誓うネロにとっては、大きな意味を持つ一戦となる。 (川端亮平)

     
    サンスポ予想王-シルクロードS
    【シルクロードS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ