競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    アメリカJCC

    5
    アメリカJCC予想|追い切り・調教|動画まとめ

    ◆AJCC追い切り(21日)

     有馬記念の勝ち馬として、32年ぶりにアメリカJCC(25日、中山・芝2200メートル)に参戦するゴールドシップが21日、栗東の坂路で追い切り、併せ馬で2馬身先着した。前走から想像以上の上昇ぶりを、山本武志記者が分析した。

     普段なら聞き流してしまいそうな言葉が、新鮮に感じられた。坂路での最終追い切り後。岩田はこう口にした。

     「有馬以上の出来だと思います」

     ゴールドシップとコンビを組むのは今回で3度目。昨年の阪神大賞典(1着)はテン乗りで、昨年の有馬記念(3着)は9か月ぶりの騎乗だった。2戦続けてのコンビはなかっただけに、初めて耳にする前走との比較が印象的だった。

     その調教をモニター画面で見た。ディーセントワーク(4歳500万)を1馬身追走し、ラスト1ハロン過ぎに岩田が軽く手綱を動かしただけで2馬身先着した。前走の有馬記念では1週前追いが物足りなかったため、レース当週でビッシリと追ったが、今回は1週前にCWコースで7ハロン93秒0―12秒4の猛時計を叩き出していた。今週が軽めだったのはそのためで、中山への長距離輸送を考えれば理想的だろう。岩田は実は、追い切り前から手応えがあったようだ。

     「常歩(なみあし)や速歩(はやあし)などすごくリズムよく、キビキビとした歩きでした。ラスト1ハロンの反応もよかったし、すごくいい動きだったと思います」

     G1・5勝馬が有馬記念から中3週で今年初戦を迎えるのは異例だが、絶対の自信があるからの参戦にほかならない。「トモ(後肢)がドッシリとしてきているし、有馬記念のダメージもありませんでしたから」と北村助手が言い切った。

     「初戦からすごく楽しみにしています。ゴールドシップにとってすばらしい1年にしたい」

     最後に、岩田はこう言って、笑顔で締めくくった。宝塚記念(6月28日、阪神)の3連覇を大目標に掲げる今春。万全の仕上がりであることだけは間違いない。(山本 武志)

     
    アメリカJCC動画-追い切り動画
    【アメリカJCC予想|追い切り・調教|動画まとめ】の続きを読む

    5
    アメリカJCC予想|ゴールドシップ|ニュースまとめ

     今週のアメリカJCC・G2(25日、中山・芝2200メートル)に、G1・5勝馬のゴールドシップが参戦してきた。昨年末の有馬記念(3着)からわずか1か月で、出走に踏み切った。担当の今浪隆利厩務員に仕上がり具合を聞いた。

     ◆今浪厩務員に聞く

     ―有馬記念後の状態は。

     「レース後の疲れは全然なかった。今は有馬記念の時よりも(馬体を)絞るのに苦労するほどで、日曜日(18日)の計測では522キロ(前走時510キロ)。ものすごく元気いっぱいで、アメリカJCCから始動することを調教師から伝えられてもビックリはしなかった」

     ―今年で6歳。

     「お父さんのステイゴールドは7歳、おじいさんのメジロマックイーンは6歳まで現役を続けた。だから、この馬も頑張れるんじゃないかな。それにいい体の形、いいフォームで走っているから、故障知らずで長い間、一線級で戦えるのだと思う。本当にすごい馬だね」

     ―さらに進化した点は。

     「トモ(後肢)の筋肉がついてきて、有馬記念の当時とは盛り上がりが違う。僕が第一発見者。後方から見ると『本当に良くなったな』と思う」

     ―今年を占う意味で、注目の始動戦だ。

     「岩田騎手が乗ると、いつもいいスタートを切る。合っているんだろうね。気が若く、いい時のうるささがある。調整は順調に進んでいる。この馬の競馬をしてくれたらと思う」

     
    ゴールドシップ-中山G1好走例
    皐月賞-2012年
    【アメリカJCC予想|ゴールドシップ|ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ