競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    アメリカJCC

    アメリカJCC予想【2020年】スピード指数他ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    アメリカJCC-スピード指数他能力指数順

    1位 ブラストワンピース
    2位 ミッキースワロー
    3位 ラストドラフト
    4位 ステイフーリッシュ
    5位 スティッフェリオ


    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    アメリカJCC予想|2020年|予想オッズまとめ

    yosouodds




    アメリカJCC1番人気結果

    2019年 フィエールマン 2着
    2018年 ミッキースワロー 2着 
    2017年 ゼーヴィンド 2着
    2016年 サトノラーゼン 10着
    2015年 ゴールドシップ 7着
    2014年 レッドイレヴン 4着
    2013年 ルルーシュ 7着
    2012年 ルーラーシップ 1着
    2011年 トーセンジョーダン 1着
    2010年 キャプテントゥーレ 11着



    1番人気の不安定度





    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【AJCC】20年始動戦ブラストGI馬の威厳示す!


     今週は冬の中山を締めくくるGII「第61回AJCC」(26日)が行われる。注目はブラストワンピース。GI馬の肩書は今年のメンバーでは明らかに格上といっていい。昨秋の凱旋門賞11着以来だけに仕上がりがポイントになるが、’18有馬記念馬の威厳を示したいところだ。  

     苦杯をなめたパリロンシャンから3カ月以上が過ぎ、いよいよブラストワンピースが伝統の中山GIIで再始動。一昨年のGPホースが気持ちを新たにリスタートだ。  アウェーは想像以上に厳しかった。日の丸を背負って挑んだ凱旋門賞はブービー11着。「スタートして間もなく手応えがなくなった」と大竹調教師が振り返るように、独特のタフな重馬場に対応できずに消耗。欧州勢に歯が立たなかった。  

     激戦の影響は残り、帰国後は疲労回復に手間取った。陣営は心身のショックを取り除くことを優先し、連覇がかかる有馬記念をパス。復帰を年明けに定め、1月4日に美浦に帰厩した。  

     丹念に乗り込まれ、16日のWコースでは7馬身先行したマサノアッレーグラに半馬身先着。馬なりの1勝クラスを引き離せなかったのは、「帰厩時が過去最高の560キロ台。まだ腹回りに余裕がある。このひと追いで変わってくれないと」。それでもマークした6F79秒6はこの日の一番時計だからさすがGI馬だ。  

     ただ、AJCCはGI馬に優しくない。99年スペシャルウィーク以来勝っておらず、15年ゴールドシップ(7着)も、昨年のフィエールマン(2着)も敗れた。ブラストはスカッと五輪イヤーをV発進で決められるか。まずは今週の最終追いで、本来のダイナミックな走りを取り戻したい。(夕刊フジ)

    アメリカJCC動画【2019年】



    アメリカJCC-2019年結果 

    1着 シャケトラ 石橋脩
    2着 フィエールマン ルメール
    3着 メートルダール マーフィ

    アメリカJCCーオッズ

    1番人気 ブラストワンピース
    2番人気 ミッキースワロー
    3着人気 ステイフーリッシュ
    4番人気 スティッフェリオ
    5番人気 ラストドラフト

    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    アメリカJCC【2019年】中山芝2200mでこの種牡馬買え?

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    2018年12月~中山競馬場芝2200m

    naka22


    ディープインパクト産駒文句ない。
    フィエールマン





    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    アメリカJCC予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【AJC杯】傾向と対策

      過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・1・0・7】、2番人気が最多3勝。

     ☆前走 勝ち馬10頭は全て重賞に出走。有馬記念組が最多4勝。

     ☆年齢 5歳が最多4勝だが今年は不在。6歳と7歳が各3勝。4歳は【0・2・2・12】と不振。

     結論 ◎トーセンビクトリー ○ゴールドアクター ▲ショウナンバッハ
    展開を読む【AJC杯=スローペース】
     マイネルミラノの逃げでゆったりした流れ。ゴールドアクターとダンビュライトは好位、ミッキースワローはそれらを見ながら運び、直線で追い比べ。この3頭が早めに動いて消耗戦になればショウナンバッハなど差し馬の出番も。
    【前走後の談話】日曜中山11R・AJCC
    ◇ゴールドアクター「(前走のときとは)返し馬が全く違ったし、劇的に良くなっていた。勝ち馬は強かったが、よく頑張っている」(横山典騎手)

     ◇シホウ「ところどころでハミを抜いてくれたけど、まだ口が重い感じ。最近は長いところを使っているぶん、テンの行きっぷりも良くない。この距離は少し長い気がするし、もう少し時計がかかってほしかった」(吉田隼騎手)

     ◇ショウナンバッハ「じっくりと脚をためた。最後は伸びたが、外枠がきつかった」(木幡初騎手)

     ◇ダンビュライト「スタートが決まったし、馬の力を信じて自信を持って乗った。まだ子供っぽいところもあるが、期待通りに成長してくれている」(松若風騎手)

     ◇ディサイファ「ポンとゲートを出てくれて、リズム良く運ぶことができた。ただ、直線に向いてからは後ろから馬がくると耳を絞っていた」(柴山雄騎手)

     ◇トーセンビクトリー「直線までうまく立ち回ることができた。反応も良かったし、最後の不利がもったいなかった」(田辺裕騎手)

     ◇トミケンスラーヴァ「血統的には短い距離なのだろうけど、穏やかな馬。2回続けていいタイミングで乗せてもらってよかった」(秋山真騎手)

     ◇マイネルミラノ「行き脚がつかず、途中から動いていった。この馬の力からすれば、もう少し粘ってくれるかと思ったが…」(柴田大騎手)

     ◇ミッキースワロー「すごい馬場だった。よく頑張った」(横山典騎手)

     ◇レジェンドセラー「エンジンがかかるのは遅かったけど、この中間で成長していたためか、最後でもうひと伸びしてくれた。この距離はぴったりだし、このまま成長していけば、重賞も狙える器だと思う」(ルメール騎手)

    日曜中山の危険な人気馬

    【中山9R・バケットリスト】未勝利脱出を果たした前走は完勝だった。とはいえ、当時のメンバーは全て次走で馬券圏外に沈んでおり、相手関係に恵まれた感は否めない。とりあえず昇級戦は様子見が妥当だろう。

     【中山10R・ブレイヴバローズ】前走は逃げ馬をとらえられず、後ろからも差されての4着。もう少しクラス慣れが必要かもしれない。乗れている鞍上込みで人気を集めるだろうが、過信は禁物だ。

     【中山11R・ゴールドアクター】7カ月のブランクを考慮して入念に乗り込まれているが、肝心の動きの方は明らかに重め。陣営のトーンが上がらないのも仕方ない。本当の狙いは次以降と見て、今回はバッサリいく手もあるか。


    アメリカJCCの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    アメリカJCC予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【アメリカJCC】ミッキースワロー、馬なりで躍動12秒6!菊花賞時より状態は上

    ◆アメリカJCC追い切り(17日・美浦トレセン)

     第59回アメリカJCC・G2(21日、中山)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。昨年のセントライト記念覇者ミッキースワローは、美浦・Wコースで躍動感あふれる動き。得意の舞台で年長馬相手に重賞2勝目を狙う。

     リズム重視の最終調整だった。ミッキースワローは美浦・ウッドチップコースに入ると、ゆったりとスタート。徐々にスピードに乗って迎えた直線では、騎乗した菊沢調教師は一切アクションを起こさず、最後まで馬の気に任せて走らせた。「先週併せたし、もう単走で十分。躍動感があったし、いい動きだったと思う。馬場の入りも落ち着いていて、精神状態はいいと思いますよ」。5ハロン67秒4で、ラスト1ハロンは馬なりで12秒6。上々のタイムをマークしたが、それ以上にテンションが上がることなく調整できたことが、菊沢師の自信を深めていた。

     3か月ぶりの一戦だが、菊花賞6着時と比べると、明らかに今回の方が状態は上。「(前走は)セントライト記念の反動がちょっとあったけど、今回の方がリフレッシュしている。分かりやすい馬で、苦しい時は馬場入りをごねたりしやすいので」と菊沢調教師。極悪の不良馬馬だった菊花賞のダメージはなく、むしろ「トモ(後肢)のバランスがだいぶとれてきた」と肉体面は進化している。

     重賞勝ちを含む2戦2勝の舞台での今年初戦。「(相性が)いいと思ったので、このレースからと考えた。古馬とは初対戦になるし、胸を借りるつもりで」と菊沢師は控えめに話したが、昨秋から一気に存在感が増してきた4歳世代。飛躍に向けて最高のスタートを狙っている。(西山 智昭)


    【アメリカJCC予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ