競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    京都牝馬S

    京都牝馬S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【データで勝負】土曜京都11R・京都牝馬S

    【データからの注目馬・京都11R】

    ◎(10)デアレガーロ

    ☆近5回の京都牝馬S(2013~15年は芝1600メートル)。関西馬が連対率9%に対し、関東馬が18%と優勢。また、4歳馬が連対率16%でトップ

     上記のデータに当てはまるのはこの馬だけ。前走は同開催、1600メートルの中で最速の1分32秒5でV(GIIIターコイズSは1分34秒2)。距離短縮だが、さばきやすい頭数でV有力だ。

    【前走後の談話】土曜日京都11R・京都牝馬

     ◇アスターゴールド「今日は正攻法のレースをしようと思っていた。マイペースで行かせてもらったし、しまいもよく粘ってくれた」(田中健騎手)

     ◇ヴォカツィオーネ「いい位置で運べたし、行きっぷりも良かった。3走前から続けてよく頑張ってくれている」(丹内祐騎手)

     ◇カラクプア「今日はスタートからペースが速かったので、ずっと忙しい感じ。あまり反応がなかった」(ルメール騎手)

     ◇キーグラウンド「スタートがもうひとつだったし、外を回らされた。ただ、今日は昇級戦だったけど、よく頑張ってくれている」(藤岡康騎手)

     ◇サンライズウィズ「リズム良く運べたし、最後もひと踏ん張りしてくれた。昇級してすぐ勝ち上がってくれたし、まだ良くなってくると思う」(荻野極騎手)

     ◇ショートストーリー「勝ったときのように、最後だけでも外へ出していきたいと思っていたが、ずっと外が壁になり、なかなか出せなかった。以前と比べて真面目に走れているし、どんな競馬でも対応できるようになっている。今日の経験が次に生きてくればいいと思う。力を持っている馬」(加藤祥騎手)

     ◇テルペリオン「最後で甘くなってしまった。自分のレースをすることができたけど、今日は強い勝ち馬にマークされてしまった」(松若風騎手)

     ◇ベストセラーアスク「いつも展開待ちのところはある。スタートは1歩目が速いけど、2歩目で行けず…。それでも、今日は前へ行こうと思っていたが、周りが速くて、(ペースも)流れていたので、じっくりと内めでロスなく運び、直線勝負のつもりで進めた。直線ではよく伸びてくれた。力は持っているが、展開に左右されるので、今日のような流れのときにしっかり走れてよかった。7歳だけどよく頑張ってくれている」(荻野琢騎手)

    展開を読む【京都牝馬S=平均ペース】

    内からワンスインナムーンが出てソルヴェイグは2番手でこれをマーク。前の2頭が緩いペースをつくって粘り込みを図るが、馬場は内が荒れてきて外が伸びる状態。馬場のいい所を伸びて来るデアレガーロ、ミスパンテールに注意だ。

    【京都牝馬S】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る(16年に1600メートルから1400メートルに変更)。

     ☆年齢 4歳が【7・2・1・43】で圧倒的に強い。5歳が【2・6・3・35】、6歳が【1・2・5・37】。狙いは4歳馬。

     ☆重賞実績 1着は全馬が、3着内では24頭が重賞で1~5着までに入った実績があった。

     ☆距離実績 3着内24頭がマイル以上で2勝以上を挙げていた。距離が短縮された16年の1~3着、17年の1着馬もマイル以上で2勝以上の実績があった。

     結論 ◎ミスパンテール ○ミスエルテ ▲ヴゼットジョリー



    「広告」競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    5
    京都牝馬S|調教・追い切り|ツイッター・2chのまとめ

    ◆京都牝馬S追い切り(21日)

     微動だにしないバルジューの手綱が好調維持を示していた。京都牝馬S・G3(24日、京都・芝1600メートル)に出走するキャトルフィーユは栗東・CWコースで3頭併せ。真ん中を追走し、直線で体を併せたが、それでも馬なりのまま。内ダノンフェニックス(7歳1600万)、外エアハリファ(6歳オープン)と並んでフィニッシュした。

     バルジューは「追い切りの内容は任せてもらったが、強く追わなくていいと感じた。先週よりも確実に調子が上がっているし、反応が良くなっている」と声を弾ませた。1週前はいっぱいに追って6ハロン79秒6―12秒2。2週続けて感触を確かめた鞍上が賛辞の言葉を並べた。

     中距離を中心に使われているが、同じ距離だった昨年のヴィクトリアMで13番人気ながら0秒1差の5着。G3なら間違いなく有力候補の一角だ。「素直で指示を聞いてくれる馬。京都も問題ないし、グッドチャンス。勝ちに行きたい」と気合を込めたバルジュー。今春の“嫁入り”前に2つめのタイトルをいただく。(橋本 樹理)

     
    京都牝馬S-2014年動画
    ウリウリ
    【京都牝馬S|調教・追い切り|ツイッター・2chのまとめ】の続きを読む

    5
    京都牝馬S予想|【2015年】ツイッター|2chまとめ

     前半最終週となる冬の京都開催は、土曜に古馬牝馬のGIII京都牝馬ステークスが組まれている。一昨年の覇者ハナズゴールは翌年の豪GIオールエイジドSを勝ち、2010年1着ヒカルアマランサス、12年1着ドナウブルーはともに同年のヴィクトリアマイルで2着と好走。ここを勝てば、飛躍が期待できる。

     50回目という節目の今年、最有力とみられるのが前年の勝ち馬ウリウリ(栗東・藤原英昭厩舎、5歳)だ。その後は勝ち星から遠ざかっているが、本格化が遅かったぶん、まだ成長の余地がある。京都外回りも【2・1・0・1】と最も得意にする条件。格上挑戦だった昨年は上がり3ハロン32秒9の瞬発力でライバルをねじ伏せており、父ディープインパクトの産駒が圧倒的な成績を残す京都のマイルこそベストの舞台だ。15日の1週前追い切りでは、栗東坂路で重馬場ながら4ハロン51秒8の好時計をマーク。1978&79年インターグロリア、89&90年リキアイノーザンに次ぐ3頭目の連覇へ態勢は整っている。

     ほかにキャトルフィーユ(栗東・角居勝彦厩舎、6歳)、アロマティコ(栗東・佐々木晶三厩舎、6歳)といったGI好走馬もいるが、データ的には6連勝中の4歳馬に目を向けるべきだろう。

     なかでもフォーエバーモア(美浦・鹿戸雄一厩舎)はクイーンCの覇者で、阪神ジュベナイルフィリーズ(3着)ではレッドリヴェール、ハープスターと接戦を演じた実力馬。オークス11着後は放牧でじっくり休ませて疲れをとり、12月20日に帰厩した。3週連続で併せ馬を消化し、ここを目標にきっちり乗り込まれている。馬体も3歳春よりグンと良化しており、あとは実戦勘がどうかだけだ。

     ベルルミエール(栗東・高橋亮厩舎)は10月に復帰してから1000万下、1600万下と連勝中。馬体に力強さが出て充実一途といった印象だ。今回は勝利がないマイル戦になるが、昨春のGIIニュージーランドトロフィーで小差3着があり、こなせる下地は十分にある。

     ダンスアミーガ(栗東・中竹和也厩舎)もマイルを主戦場としてから【2・0・1・1】の安定感。2走前の長岡Sでは、のちの京都金杯3着馬マイネルメリエンダを破っている。4カ月ぶりで折り合い面に不安が残るが、現在リーディングトップに立つクリスチャン・デムーロ騎手の手綱は心強い。

     2歳女王レーヴディソールほか、兄、姉がすべてオープン馬という良血レーヴデトワール(栗東・松田博資厩舎)も、集中力さえ保てれば好勝負が可能だ。

     このほかでは、牡馬相手にもまれているマコトブリジャール(栗東・鮫島一歩厩舎、5歳)や、岩田康誠騎手とのコンビが魅力の切れ者レイカーラ(美浦・堀宣行厩舎、6歳)、愛知杯で僅差5着だったパワースポット(美浦・菊沢隆徳厩舎、7歳)なども虎視眈々と重賞初制覇を狙っている。

     
    2014年-京都牝馬ステークス
     
    1着 ウリウリ 浜中俊
    2着 ドナウブルー 福永祐一
    3着 ノーブルジュエリー ルメール
     
     
     
    【京都牝馬S予想|【2015年】ツイッター|2chまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ