競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    京成杯

    京成杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【前走後の談話】日曜中山11R・京成杯

     ◇イェッツト「聞いていたよりも乗り味がいい馬だった。道中でフワフワしていたところがあったが、抜け出してからが速かった」(和田竜騎手)

     ◇エイムアンドエンド「ゲート練習をやってくれたようで、スタートが決まった。道中は行きすぎるぐらいの感じだった。思ったよりも最後はもたついたが、まだ緩さが残っている。その辺が解消すれば、もっと良くなる」(福永祐騎手)

     ◇コズミックフォース「今日はスローペースだったせいか、反応するのに時間がかかった。でも、ラスト150メートルぐらいからの脚は本当に良かった。距離はもっと長くても大丈夫なので、これから良くなってくれば、ダービーにも出られるぐらいの馬」(ルメール騎手)

     ◇コスモイグナーツ「スタートは速かったが、後ろについてこられたので…。そのなかでもよく頑張っている。ひと雨降ってくれれば、結果は違ったと思う」(柴田大騎手)

     ◇サクステッド「道中は好位でレースを進めたけど、直線では芝に脚を取られていた。それでも、伸びてくれたが、やはり良馬場の方がいいように思う」(池添謙騎手)

     ◇ジェネラーレウーノ「この馬の脚質も考えてハナに行った。ずっと物見をして集中していなかったし、最後に詰め寄られたのはその分だろう。今日は勝ててよかったが、今後を考えると違うスタイルの競馬もしてみたい」(田辺裕騎手)

     ◇ジョリルミエール「外枠がどうかと思ったんだけど、2番手で折り合いもついたし、流れも向いてくれた。切れる脚はないが、あの位置でリズム良く運べたことが大きかったと思う」(木幡初騎手)

     ◇スラッシュメタル「初めて乗ったので分からないが、直線は反応がなかった。これから良くなってほしい」(Mデムーロ騎手)

     ◇タイキフェルヴール「初めて乗ったが、返し馬からいい雰囲気で楽しみだった。跳びが大きくて長くいい脚を使ってくれる馬。最後は接戦だったが、よく勝ち切ってくれた」(戸崎圭騎手)

     ◇ダブルシャープ「ゲートは出てくれたが、前に壁ができなくて(ハミを)かんでいた。脚をためるには(馬群の)中へ入れないといけないのかな。でも、いい馬なので、聞いていたよりも落ち着いていた」(和田竜騎手)

     ◇デルタバローズ「スタートセンスが良くて、2番手から。もっといろいろと経験させたかったけど、上手に競馬をしてくれた。早めに抜け出してからも気を抜かずに、最後まで走ってくれた。芝・ダートは問わないと思うし、楽しみな馬」(福永祐騎手)

     ◇ライトカラカゼ「2番手からだったが、我慢して走ってくれた。直線で外へ出してからの反応も上々。ゴール前できっちりかわしてくれた。まだ粗削りな面があるので、使いながら修正していけば大丈夫だろう」(大野拓騎手)

     ◇ロジティナ「もともと力のある馬なので、ここに来てレース慣れしてきた。今日は長くいい脚を使ってくれた」(内田博騎手)
    【データで勝負】日曜中山11R・京成杯
    ◎(15)ジェネラーレウーノ

    ☆近5回の同名レースを参考。3着以内の14頭は前走で芝1800メートル以上に出走していた。残る1頭はGI朝日杯FSに出走。特に注目は(A)葉牡丹賞の連対馬【1・1・1・1】(B)関西圏のオープンで5着以内だった馬【1・2・0・1】。また、3着以内の11頭は芝1800メートル以上の重賞で5着以内歴か、同舞台で連対率100%のどちらかに該当

     ジェネラーレウーノは芝2000メートルで2戦2勝。このレースと関連性の高い同舞台の葉牡丹賞を勝利している点は大きな強み。3連勝で重賞タイトルを手にする可能性が高い。
    日曜中山の危険な人気馬
    【中山9R・レレマーマ】続けて使うと硬くなりやすいタイプ。もともと攻め駆けしないとはいえ、今週の併せ馬では未勝利馬にも遅れてしまった。寒い時季に連続好走を望むのは酷だろう。

     【中山10R・アデイインザライフ】1年4カ月の休み明けでも攻め量は十分に積んできた。ただ坂路中心の追い切りで、実戦勘が戻っているかは疑問。常識的には一度使ってからがベターだろう。

     【中山11R・デルタバローズ】初戦は派手な勝ち方だったが、道悪の特殊条件だったことを忘れてはいけない。しかも、過去10年の京成杯をキャリア1戦で臨んだ馬は〈0、0、1、15〉。クリアすべき障壁は多く、いきなりの重賞挑戦は少々荷が重いのでは。

    【プラスα・京成杯】集中できるかが鍵

    <中山11R・京成杯・ジェネラーレウーノ>
    2連勝中で素質の高さを見せているが、遊びながら走っていて気性的な幼さが課題。この中間からチークピーシーズを着用し、改善を試みている。最終追いの反応や動きは前走以上。効果はありそうだ。


    京成杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く



    京成杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【京成杯&日経新春杯】東西調教ウオッチャー

    今週の東西調教ウオッチャーは京成杯と日経新春杯が対象レース。美浦トレセンからは東京サンスポの片岡、板津記者、栗東トレセンからは大阪サンスポの正木、斉藤記者が好調教馬をピックアップした。

     片岡 京成杯の美浦組からいこうや。

     板津 良く見えたのはエイムアンドエンド。馬体を大きく見せて、力の要るWコースでも迫力十分のフットワークで僚馬に2馬身先着。デビュー前に調教駆けしなかった馬がどんどん変わってきています。

     片岡 俺はイェッツトや。北Cコースで追われて、直線は先行馬の内で馬なり併入だったけど、追えばもう2段階ぐらいギアが上がりそうな感じ。キャリア1戦でも要注意!!

     板津 水曜に追い切ったコズミックフォースも、年長馬と余力十分の手応えで併入。状態は間違いなくいいでしょう。

     正木 栗東からは日経新春杯や。

     斉藤 木曜にCWコースで併せたカラビナは、大型馬らしく実にパワフル。半馬身遅れましたが、追走してのものだし、馬場の荒れた時間帯に6ハロン83秒5-11秒8なら上々です。

     正木 俺は格上挑戦でもサンタフェチーフの軽快さが目についた。CWコースの単走で馬なりながらラスト1ハロンは12秒2。のどの手術による長期休養明けの前走は、1600万下とはいえ僅差の2着。今回は状態もアップしていそうで、52キロのハンデなら穴っぽい。

     斉藤 あとは坂路追いのガンコですね。馬なりでも抜群の行きっぷりで、4ハロン51秒2-12秒7の好時計。併走馬を楽々と2馬身離して、素軽さ満点です


    【京成杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    京成杯予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)
    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【京成杯】コズミックフォース 勝った未勝利戦のような「レースができれば中山でも」
     【京成杯(日曜=14日、中山芝内2000メートル)注目馬9日朝の表情:美浦】シンザン記念をアーモンドアイで制し、勢いに乗る国枝厩舎が送り出すのがコズミックフォース。陣営は2週連続の重賞Vへ意欲を見せた。

     調整を見守った国枝調教師「坂路を1本。順調だね。初戦(3着)はまだ馬が競馬を分かっていなかったが、少しずつしっかりしてきて、前走(未勝利戦=1着)は上手に立ち回れていた。素質はあるし、ああいうレースができれば中山でも」
    【京成杯予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    京成杯予想2017年|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

     第57回京成杯・G3(15日、中山・芝2000メートル)でコマノインパルスが重賞初制覇に挑む。同馬を管理する菊川正達調教師(54)=美浦=に意気込みなどを聞いた。

     ―コマノインパルスは昨年10月にデビュー勝ちし、続く葉牡丹賞はレイデオロに0秒2差の2着。大外枠で終始外を回る不利がありましたが、3着には3馬身半差をつけました。

     「前走は相手が悪かったね。完全に勝っていたレースだった。でもキャリア2戦で結果を出し、センスの良さを感じる」

     ―この馬のセールスポイントはどこですか。

     「操縦性の良さ。コントロールをしやすいので、どんな競馬でもできる」

     ―デビュー2戦はともに芝2000メートルを使いました。

     「距離は長いところの馬だと思っているので、新馬を勝った後も2000メートル以上にこだわりたかった」

     ―前走の馬体重は10キロ増の464キロ。成長はいかがですか。

     「男馬にしては線の細さがあって牝馬みたいだけど、レース後はカイバを食べるし、調教も積めている。実になって体が増えてきた。期待通りに成長している」

    (聞き手・石野 静香)

     


    サンスポ予想王
    追い切りCheck 2017京成杯ほか(美浦)

     




    TM追い切り診断 2017京成杯(美浦)






    調教注目馬
    マイネルスフェ-ン
    イブキ
    ニシノアモーレ
    サンティール
    コマノインパルス




    競馬ファンなら調教見るならここの無料サイトをチェックせよw
    ベストレコードの予想が熱い

    bestre




    5
    京成杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    【京成杯】ウムブルフ、状態に不安なし「やはり能力は高い馬」

     今年もスーパーサイアーに逆らうな。ディープインパクトJr.ウムブルフが、’16クラシック戦線に名乗りをあげる。

     初年度から産駒が爆発的に活躍。瞬く間にNo.1サイアーに登り詰め、そのあとも名声をほしいままにしている種牡馬ディープインパクト。もっとも当初、二世が得意としていたのは東京や阪神といった直線の長いコースで、小回りの中山はどちらかというと不得手な印象もあった。

     それがどうだ。13年以降、中山2000メートルの種牡馬別のトップも、やはり【21・10・16・74】のディープなのだ。勝利数だけではない。過剰人気を集める立場ながら、単勝回収率122%は勝利数10傑中で堂々の1位。加えて連対率25・6%も、ハービンジャー(33・3%)に次ぐ2位だ。

     “数”のみならず、馬券に貢献と“質”でも他を凌駕する鬼サイアー。というわけで、オンリーワンのディープ産駒ウムブルフで勝負する。

     父の中山10F巧者ぶりを見せつけるように、前走の未勝利戦はこの舞台で4馬身差の圧勝劇。同日の500万下・葉牡丹賞に0秒3差のタイムもさることながら、橋本助手が強調するのはその中身の濃さだ。

     「大外枠((18)番)ってことで、1コーナーまで行きたがって仕方がなかった。厳しい競馬だった分、力があることを再認識できた。以前は心身のバランスを崩しやすく、デビュー戦でも馬体がガクンと減ってしまったりしたけど、今は不安定さがだいぶ解消された。しっかり食べながら調整できているので、もし当日マイナス体重になっても心配はいりません」

     R・ムーアに替わって手綱を取るF・ベリーも好感触だ。2週連続追い切りに跨り、「1週前より今週のほうが動きが良くなっていた。まだ幼いってだけで、決してムズカシイ馬じゃないよ」とニッコリ。得意の中山金杯でズッコケた(ベルーフが放馬で競走除外)だけに、親日家がここぞとばかりに本気モードだ。

     “究極の3連単”は、GIを好走してきた(12)ユウチェンジを2・3着に据えた12点。

    (夕刊フジ)

     

    サンスポ予想王-調教動画

    京成杯動画

     

    主な馬の調教タイム

    メートルダール

    1/14 南W良

    68.7-53.5-40.0-13.3

    ウムブルフ

    1/14 南W良

    70.6-54.4-39.7-13.4

    プランスシャルマン

    1/14 南W良

    84.2-68.9-54.6-40.9-13.5

    ユウチェンジ

    1/14 栗東坂良

    52.7-39.5-25.6-12.5

     

     

    ツイッターの声

    【京成杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ