競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬重賞回顧

    NHKマイルC回顧|やっぱり強かったルメール|ネット評価まとめ

    ◆第21回NHKマイルC・G1(8日・芝1600メートル、東京競馬場、良)

     3歳マイル王決定戦の第21回NHKマイルCは8日、東京競馬場で行われ、昨年の2歳女王で1番人気に推されたメジャーエンブレム(ルメール騎乗)が逃げ切り、阪神JFに続くG1レース2勝目を飾った。2着に外を追い込んだ2番人気のロードクエストが続き、3着には12番人気のレインボーラインが入った。

    【写真】逃げ切って優勝したメジャーエンブレム

     牡馬相手でも自分のスタイルを貫いた。長い直線を先頭で進むメジャーエンブレムを、ファンの大歓声が後押しする。最後は外から追い込むロードクエストを3/4馬身しのいでゴールイン。「いいスタートからリラックスして走れた。彼女は先頭が大好き。この馬のペースで完璧なレース。リベンジできて良かった」。07年ピンクカメオ以来9年ぶりの牝馬Vに、ルメールは愛馬の上で力強くガッツポーズをつくった。

     負けられない一戦だった。断然人気に支持された桜花賞は、発馬がひと息で逃げることができず、まさかの4着。「皆さんに迷惑をかけたのに、また1番人気に支持していただいた。“チーム”として勝てて、ホッとしています」。重圧から解放された田村調教師は目をうっすらと赤くしながら、優しい笑顔で人馬を迎えた。

     厩舎、ルメール、放牧先のノーザンファーム天栄が一体となって、阪神JFに続くG1レース2勝目をつかんだ。前走から中3週の一戦へ、デビュー以来最短となる出走11日前に美浦に帰厩。牧場と厩舎で密に連絡を取り合い、前走比6キロ減の496キロで大一番を迎えた。「牧場で3本、美浦で2本追って、短い中でもしっかり負荷をかけた。これ以上そぎ落とすものはない、究極の仕上げだった」と指揮官。2R終了後には、前走の反省を踏まえルメールと入念にプランを確認。「とにかく出して行く、出負けしても主張していく」という両者の強い思いは、もうブレなかった。

     今後は未定だが、「秋華賞路線も当然、選択肢のひとつ。もっと上を目指せる馬だと信じている」と田村師が言えば、デビューからコンビを組むルメールも「今の走りを続けていけば、まだまだ勝てる。彼女とまたG1を勝ちたいです」と力を込めた。苦しんだ末に自分の競馬を取り戻した女王が、秋もVロードを突き進む。(川上 大志)

     ◆メジャーエンブレム 父ダイワメジャー、母キャッチータイトル(父オペラハウス)。美浦・田村康仁厩舎所属の牝3歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産。通算成績7戦5勝。総収得賞金は2億4310万7000円。主な勝ち鞍は阪神JF(15年)、クイーンC(16年)。馬主は(有)サンデーレーシング。

     
    NHKマイルC-2016年動画





    ヴィクトリアマイルはここの予想を期待します
    競馬予想コンシェルジュの予想が熱い
    keibavi





    【NHKマイルC回顧|やっぱり強かったルメール|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    かしわ記念回顧|デムーロ…4つのコーナーにって

     5日、船橋競馬場で行われた春のダートマイル王決定戦「かしわ記念」は武豊騎乗の3番人気JRAコパノリッキー(牡6、村山)が直線抜け出して3馬身差の完勝。一昨年の覇者が、6つ目のGI(JpnI)タイトルを手に入れた。勝ち時計は1分39秒2(稍重)。1番人気の今年のフェブラリーS覇者モーニンは8着に終わった。

     1日の天皇賞・春に続き、絶妙な手綱さばきを見せた武豊は「僕が乗った中で一番落ち着いていた。スタートが悪かったのでもまれるポジションが心配だったが、うまく外につけられたのが大きかった。本来の走りができてうれしい」と4戦ぶりの復活Vに終始笑顔を見せた。

    ★2着=ソルテ・吉原寛騎手「スタートは決める馬だから、リッキーの出方次第で(ハナも)と思っていた。からんでくる馬もなくいいペースで行けたが、4コーナーでセーフティーリードが欲しかった。GIで通用するレベルにきていますね」

    ★3着=ベストウォーリア・戸崎圭騎手「いい感じだったが、前残りの馬場で(1、2着馬に)気持ちよく行かれてしまった」

    ★4着=ノンコノユメ・ルメール騎手「コーナーがきつかった。直線はよく頑張っているが…」

    ★5着=サウンドトゥルー・大野騎手「久々のマイルでも道中はいい感じで行けたが、時計のかかる馬場が合わない」

    ★7着=ハッピースプリント・宮崎光騎手「馬混みを避けて外に出したかったが、砂をかぶりっぱなしで戦意喪失」

    ★8着=モーニン・Mデムーロ騎手「砂をかぶったのは問題ないが、初めてのコーナー4つにビックリしていた」

     
    1:2016/05/05(木) 17:50:36.75 ID:
    8着=モーニン・Mデムーロ騎手「砂をかぶったのは問題ないが、初めてのコーナー4つにビックリしていた」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00000017-tospoweb-horse
    【かしわ記念回顧|デムーロ…4つのコーナーにって】の続きを読む

    5
    天皇賞(春)2016年回顧|サブちゃん凄かったwwww
     

     第153回天皇賞・春(1日、京都11R、GI、4歳上オープン国際(指)、定量、芝・外3200メートル、1着本賞金1億5000万円 =出走18頭)千両役者が夢の共演!! 中央競馬の長距離王を決める天皇賞・春(GI、芝3200メートル)は、武豊(47)騎乗の2番人気キタサンブラック(栗東・清水久詞厩舎、牡4歳)が優勝し、2度目のGI勝ちを果たした。タイム3分15秒3(良)。表彰式では北島三郎オーナー(79)が「まつり」の一節を披露し、GI70勝を飾った名手と演歌界の大御所が、勝利の喜びを分かち合った。

     ♪ま~つりだ、まつりだ、まつりだ、キタサンま~つり~。空に再びサブちゃんの歌声が響き渡った。キタサンブラックが昨秋の菊花賞に続いて天皇賞・春を制覇。歌わないつもりだった北島三郎オーナーも約8万人の歓声に後押しされ、『まつり』を熱唱した。

     「泣きました。涙が出ました。本当に、ただただ感謝でいっぱいです」

     愛馬をGI2勝目に導いた武豊騎手とともにお立ち台に上がり、感無量の表情を浮かべる。うれしさのあまり「きょうは私のまつりじゃなく、ユタカさんのまつりを…」と“ムチャぶり”をし、「ちょ、ちょっと待ってください」とユタカをあわてさせるシーンもあったが、最後はショートバージョンながら、♪きょうはユタカさんとまつりだよ~ と歌い上げた。

     北島は4月29日に旭日小綬章を受章し、その2日後に今度は天皇盾を受け取った。「普通は軽くても雰囲気で重く感じるものだけど、きょう(の天皇盾)は本当に重かった。重さとありがたさでいっぱい。きょうまで生きてきてよかった」。サブちゃんにとって、まさにこの週は“ゴールデンウイーク”となった。

     GIで武豊騎手とのコンビは念願だった。馬主になって約50年だが、15年ほど経過したころ、タケユタカ(1971年生まれ、父パーソロン)という繁殖牝馬との縁ができた。タケユタカの娘パーセントの子供や孫を多く所有。その中にはキタサンチャンネルやキタサンヒボタンといった重賞勝ち馬もいた。“タケユタカ”とは浅からぬ縁があったのだ。

     もともと武豊騎手とは前走の産経大阪杯(2着)1戦だけの予定だったが、主戦・北村宏騎手の古傷が悪化して乗れなくなったため、再び騎乗を依頼。大舞台の経験豊富な大御所も、気持ちは高ぶった。興奮と喜び。ゴールして、気付けば半べそをかいていた。「3200メートルを逃げ切った、差し返した。さすが武さんの腕だと思います」とユタカを絶賛した。

     見事大役を果たした鞍上も「オーナーとハグしたときは、お互い言葉にならなかった」と感激。JRA・GI70勝目は特別なものになった。

     次戦については、GI2勝目の余韻にゆっくり浸ってから検討される。「まだまだ強くなる馬」とユタカに太鼓判を押されたキタサンブラック。その未来は、澄み切った淀の青空のように広がっている。 (板津雄志)

    ★単独トップ盾12勝

     武豊騎手は、天皇賞・春7勝目。同一GI(級)7勝は、保田隆芳元騎手の天皇賞・秋に並ぶ最多タイ記録となった。また、天皇賞は春秋合わせて12勝目。これは保田元騎手の10勝を上回る単独トップで、さらに差を広げた。GI以外の同一重賞最多勝記録は、武豊騎手の札幌記念など8勝が3例ある。

    ★サブちゃんの賞金は?

     天皇賞の1着本賞金は1億5000万円。この中から調教師、騎手、厩務員への進上金が引かれ、一般的には賞金の80%が馬主の取り分となる。キタサンブラックの獲得賞金は5億3657万7000円。単純に計算すると約4億3000万円がサブちゃんの収入だ。ただし、馬主生活50年で、重賞勝ち馬は3頭だけ。中央競馬で競走馬を維持する費用は1頭あたり年間600万円前後とされており、長年の“投資”をようやく一部回収できたか。ちなみに、武豊騎手の生涯入着賞金(JRA)は770億円を突破。このうち5%が騎手の収入となる。デビュー30年で38億円以上を稼ぎ出した計算だ。

    ★GWは武豊展!!

     3日から日本橋三越本店で、「デビュー30周年記念 武豊展」が開催される。デビューから30年の軌跡を振り返り、数々の名場面の映像や愛用の馬具、勝負服などが展示されるほか、貴重なオフショットの写真も公開。4日には本人が来場してトークショーとサイン入り写真集の販売会も行われる。

    ■天皇賞

     1905(明治38)年に創設された「エンペラーズカップ」が前身。37年に日本競馬会が誕生したのを機に、春秋2回の実施となり、47年秋から天皇賞の名称となった。84年には秋が2000メートルへと変更され、春は平地最長距離GIとして、ステイヤーの頂上決戦という位置付けに。優勝馬主には、馬主最高の栄誉といわれる天皇盾が下賜される。

     

    天皇賞-2016年動画



    1着 キタサンブラック 武豊

    2着 カレンミロティック 池添謙一

    3着 シュヴァルグラン 福永祐一

     

    サブちゃん=祭り・・・



    武豊に祭り歌わせたかったwww

     

     

    天皇賞(春)を外した人へ
    NHKマイルCはここを期待wwww
    ベストレコードの無料予想にかなり期待度マックス

    bestre








     

    262:2016/05/01(日) 15:47:16.29 ID:
    キタさんぽいなー
    263:2016/05/01(日) 15:47:17.14 ID:
    この血統で凄いなキタサン
    【天皇賞(春)2016年回顧|サブちゃん凄かったwwww】の続きを読む

    5

    皐月賞回顧|2016年|やっぱりこんなもん?ルメールサトノダイヤモンド

     

    <皐月賞>◇17日=中山◇G1◇芝2000メートル◇3歳◇出走18頭

     1番人気のサトノダイヤモンドは3着に敗れた。直線手応えよく脚を伸ばしたが、残り1ハロン付近で内の馬に接触されバランスを崩した。それでも体勢を立て直し盛り返したが、外2頭に後れを取った。ルメール騎手は「いい状態だったが、久しぶりの分、坂で甘くなった。もう少し良くなる余地はある。ダービーではベストコンディションになると思う」と巻き返しを誓った。

     きさらぎ賞から直行で皐月賞を勝てば90年のハクタイセイ以来26年ぶりだったが、ハイレベル世代の争いだけに余計に厳しかったか。池江師も「甘くないね。久々の分だけ坂でいっぱいになった。勝てると思ったんだけどね。でも、逆転は可能」と鞍上同様、次の舞台でのリベンジをイメージ。里見治オーナーの悲願はダービー制覇。次はもっと強い姿を見せるはずだ。

     
     
    皐月賞2016年

    1着 ディープマジェスティ 蛯名正義 

    2着 マカヒキ 川田将雅

    3着 サトノダイヤモンド ルメール

     



    池江は調整ミスを予感させる発言をしていましたけど

    ダービーでは意外とやれるんではって思いますwww




    ギャロップジャパンの無料予想が激アツ
    競馬ファンならチェックしましょうwwww
    来週はいよいよ東京開催-ギャロップジャパン
    furoragj



    競馬予想はここを参考にします。
    競馬ファンならまずここをチェックしましょう


     

     

    【皐月賞回顧|2016年|やっぱりこんなもん?ルメールサトノダイヤモンド】の続きを読む

    メジャーエンブレムがなんで負けた|2016年桜花賞

    <桜花賞>◇10日=阪神◇G1◇芝1600メートル◇3歳牝◇出走18頭

     単勝1・5倍のメジャーエンブレムは、4着に敗れた。直線はラベンダーヴァレイと馬体をぶつけながら進出したが、外から追い上げた上位馬に伸び負けた。「スタートが良くなかった」。田村師もルメール騎手も同じ敗因を口にした。

     道中は好位のインで包まれ、早め先頭の競馬ができなかった。鞍上は「スタートが速くなくて4、5番手に。スペースができてから脚を使ったけど、最後のスピードが上がらなかった」と肩を落とした。何度もパトロールビデオを確認し、検量室を出た田村師は「すみません」と頭を下げた。

     あらためて競馬の怖さを知った。「集中力がありすぎる馬でいつものスタートがあまりに良すぎる。こういうこともいつかあると心配していたけど…。今日は1完歩目が速くなかった。あそこから押していくのはできないし、あの位置でもいいと思って見ていた。状態はこれまでと変わらなかった。タイミングが合わなかった」。不可思議な敗戦を田村師は説明する。

     次走はオークスか、NHKマイルCか。師は「何も決めていません。馬の状態を確認してから」と言葉を濁した。「迷惑を掛けてしまった。必ず巻き返したい」。トレードマークのひげを震わせ、2歳女王の逆襲を宣言した。【木南友輔】




    桜花賞・・・なぜ逃げなかったのか?
    アンカツもツイッターで…


    ankatu3



    ankatu4


    【メジャーエンブレムがなんで負けた|2016年桜花賞回顧】の続きを読む

    このページのトップヘ