競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬重賞回顧

    ジャパンカップJC2016年回顧|強かったキタサンブラック


    競馬の無料予想サイトの最高峰…まずは無料でチェックを

     まさに“サブローJC”だ!! 混戦ムードが漂っていた27日のGI第36回ジャパンカップ(東京芝2400メートル)だが、終わってみれば1番人気のキタサンブラック(牡4・清水久)が2着サウンズオブアースに2馬身半差をつける独走V。オーナーで演歌歌手の北島三郎はレース後の表彰台で「まつり」を熱唱した。競馬場にこだましたキタサン祭りの圧勝劇を生んだ背景とは――。

     鞍上の武豊が「これまで乗った中でも一番強いパフォーマンスを見せてくれた」と言ったのもうなずける。菊花賞はクビ差、今春の天皇賞はハナ差。これまではGIを勝っても接戦という粘走型が、国内最高峰のJCで2馬身半差の完勝劇。イメージを一掃する独走劇に、どんな背景が隠されていたのだろうか。

    「本馬場に入ってからのテンションはギリギリ。極限の仕上げでした」(武豊)。今回を含めてGI・3勝のすべてが休み明け2走目。同馬の好走パターンを踏まえれば、ピークの仕上がりだったことは想像に難くない。だが、それだけで完勝は生まれない。呼び込んだのは久々に炸裂した“ユタカ・マジック”だ。
    「今日の馬場状態を考えたら、61秒台で5ハロン標識を迎えられたらいいと思っていた」

     2番手につけたワンアンドオンリーが道中で2馬身近く離れたことで、レースは名手の思惑通りに流れた。5ハロン通過はドンピシャの61秒7。

     オーナーで演歌歌手の北島三郎が「いいペースで行ってくれていたので、このまま行っちゃうんじゃないかと思った」と勝利を予感したのもこの瞬間だった。

    「直線に向いても手応えが良かったので、残り300メートルまでは最後の力を出させないよう自分に言い聞かせた」

     鞍上の言葉通り、ステッキを入れたのは2馬身のリードを保って迎えた残り1ハロン手前。スタートからゴールまで他馬に馬体さえ並ばせなかった。「しっかり脚がたまっていたので安心して見ていられた」と管理する清水久調教師が振り返った一戦は“キタサン祭り”の独壇場だった。

    「57年間、競走馬に携わってきましたが、JCは初めてなんです。興奮というよりは胸が熱くなり自然と涙がこぼれました。夢と希望をたくさんいただき、兄弟みんなで泣きました」

     北島オーナーも感極まった完勝だが、むろん今年の“祭り”はこれが最後ではない。獲得した今年のGIタイトル数(2勝)で昨年の年度代表馬モーリスに並んだ今、目指すは栄えある年間チャンプの勲章を奪うことにある。

    「一年を締めくくる有馬記念に出して勝つことが、どれだけ大きなことかは感じています」(同オーナー)

     すでにドバイ、凱旋門賞などの海外遠征も今後の視野に入れているキタサン陣営。今回の完勝劇を踏まえれば、有馬V→年度表彰を手土産に来年は海を渡る――そんな壮大なプランも決して難しいことではないはずだ。

    【ジャパンカップJC2016年回顧|強かったキタサンブラック】の続きを読む

    マイルCS2016年回顧|やっぱり酷かった、浜中とJRAを叩こう!!

    競馬ファンならここの予想を信頼⇒ギャロップジャパン


    豊様も怒っていますwwww

     20日、京都競馬場でGI第33回マイルCS(芝外1600メートル)が行われた。

     直線の攻防は、逃げたミッキーアイルと2番手を追走したネオリアリズムの壮絶な叩き合いとなった。残り100メートルを過ぎてから、浜中=ミッキーアイルが継続的に左へ寄せてネオリアリズムが外にふくれ、そのあおりでディサイファ、サトノアラジン、ダノンシャークが進路を妨害された。

     中でもディサイファは大きくバランスを崩し、落馬寸前の不利で10着に沈んだ。騎乗していた武豊は「直線まですごくいい感じだったのに…。転倒しなくて良かったが…」。外にいたイスラボニータ(2着)と追い比べの展開に持ち込めていれば…というところだけに普段は冷静沈着な第一人者も怒りをあらわにし、検量室には重々しい空気が流れた。


     1番人気のサトノアラジンは中団のインで完璧な立ち回り。ゴール前でエンジンがかかったところでブレーキを踏む形となった。「直線までは思った通りの競馬ができた。勢い良く伸びてきたけど、つくづく運がないと思う」と川田はぶぜんとした表情。池江調教師も「競馬だから(不利は)仕方ないけど、直線まで良かっただけに運がなかったとしか言いようがない」と直線の不利を嘆いた。

     結局、降着はなく浜中は26日から12月18日(開催8日間)まで騎乗停止。通常なら騎乗停止期間は開催6日間だが、JRAの説明では「GIレースで上位着順の馬に影響があったことなども加味して」とのこと。審判のジャッジは絶対とはいえ、何とも後味の悪いレースとなってしまった。

     
     マイルCSー2016年パトロール



    まあ・・・ブエナの降着とかカワカミの降着とか・・・いろいろと言われていますが
    それとは違う。。。。。


    だって制度が違うんだろん。



    ただ・・・リオンディーズが降着になっているので
    それはどうなのって


    恐らく・・・ムーアが2着になっていたら・・・結果が変わっていたのかもしれない。



    早くこの制度やめてほしい。



    【マイルCS2016年回顧|やっぱり酷かった、浜中とJRAを叩こう!!】の続きを読む

    菊花賞回顧2016年|やっぱり強かったサトノダイヤモンド

    菊花賞勝った人も負けたも向いているのはこのサイト-ギャロップジャパン
    今週は天皇賞無料コンテンツをいっぱいGETしよう



    大上記者のレース戦評・・・菊花賞

     日本ダービー2着のサトノダイヤモンド、皐月賞馬ディーマジェスティが1、2番人気を分け合い、上がり馬カフジプリンス、ミッキーロケットが3、4番人気。実績か、勢いか―。毎年我々を悩ませるテーマは、今年のオッズにもしっかり反映された。

     ダッシュを利かせたミライヘノツバサに、サトノの先兵サトノエトワールが絡む。前半1000メートル59秒9。過去10年で3番目タイの流れで、縦長の隊列になったが、3番手以下は多少速い程度。それでもG1らしい締まった展開となった。エアスピネルは頭を上げつつの先行。サトノダイヤモンドが中団、ディーマジェスティは、それを見る形。

     中間点で1ハロンが13秒台に落ち、そこから12秒、最後の3、4ハロンは11秒台を刻む、いわゆる菊花賞ラップは、加速型のサトノに理想的。ずっとマークしていたディーマジェスティに馬体を合わすことすら許さず、直線で突き放す完勝だった。

     2着には後方でじっと動かなかったレインボーラインが突っ込み、折り合いを欠いたエアスピネルが内で粘って3着。サトノを負かしにいった4着のディーマジェスティまでの並びは、人気を背負っていたかどうか。レースのアヤだろう。

     マカヒキを含め、超ハイレベルといわれた皐月、ダービー組を差し置いて、私はカフジプリンスを本命に推したが、無理筋だった。下りの反応もイマイチで、ゆえに前走同様、直線で前が詰まった。

     これでクラシック3冠は、それぞれ別のディープインパクト産駒で独占の快挙。鬼門とされた3000メートル超も克服し、今後、よりG1寡占状態が進むことは間違いない。

     【今後の注目馬=ジュンヴァルカン】6月の1000万特別Vから、4か月半ぶりの実戦。出遅れたが、レースには参加できていた。4コーナーで外を回し、直線半ばまで鋭く伸びるも10着。それでも能力の片りんは見せたし、もともと馬体の良さはオープン級。ベッラレイア(07年オークス2着)を出した母系も魅力で、自己条件に出てくれば確勝級の評価。将来は重賞を勝ち負けする馬に育っていくと思う。(大上 賢一郎)

     
    菊花賞-2016年レース結果





    1着 サトノダイヤモンド ルメール
    2着 レインボーライン 福永祐一
    3着 エアスピネル 武豊




    天皇賞秋のお得な情報をゲットしたい人向けサイト
    大川慶次郎の遺伝子を次ぐ伝説サイトから




    【菊花賞回顧2016年|やっぱり強かったサトノダイヤモンド】の続きを読む

    菊花賞2016年|最新ニュースまとめ

     
    《最速》 競馬。。。。ここをチェック

    サトノダイヤモンド2.4倍=菊花賞

     23日に京都競馬場で行われる、第77回菊花賞(3歳・牡牝・GI・芝3000m・1着賞金1億1500万円)の前日オッズがJRAより発表された。

     単勝オッズ1番人気には、春の日本ダービー2着馬で、前哨戦の神戸新聞杯を制したサトノダイヤモンド(牡3、栗東・池江泰寿厩舎、2.4倍)が支持された。

     続いての2番人気は皐月賞馬ディーマジェスティ(牡3、美浦・二ノ宮敬宇厩舎、3.4倍)、3番人気は神戸新聞杯でサトノダイヤモンドをクビ差まで追い詰めたミッキーロケット(牡3、栗東・音無秀孝厩舎、13.0倍)となった。

     以下、長い距離での実績があるカフジプリンス(牡3、栗東・矢作芳人厩舎、13.3倍)、神戸新聞杯3着のレッドエルディスト(牡3、栗東・笹田和秀厩舎、15.4倍)、皐月賞・ダービーともに4着のエアスピネル(牡3、栗東・笹田和秀厩舎、18.3倍)と続いている。各馬の単勝オッズは以下の通り。

     左から馬番、馬名、オッズ

    03 サトノダイヤモンド 2.4
    06 ディーマジェスティ 3.4
    08 ミッキーロケット 13.0
    01 カフジプリンス 13.3
    07 レッドエルディスト 15.4
    13 エアスピネル 18.3
    17 ジュンヴァルカン 18.4
    04 シュペルミエール 19.5
    10 ウムブルフ 21.4
    11 レインボーライン 22.6
    16 プロディガルサン 45.4
    18 マウントロブソン 56.4
    05 ミライヘノツバサ 94.8
    12 コスモジャーベ 106.9
    14 アグネスフォルテ 117.0
    15 サトノエトワール 118.9
    09 イモータル 124.8
    02 ジョルジュサンク 152.9

     その他、馬連は03-06が3.1倍、馬単は03-06が5.9倍、3連複は03-06-08が11.2倍、3連単は03-06-08が28.8倍でそれぞれ1番人気となっている。

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     

     「菊花賞・G1」(23日、京都)各馬の長所・短所

     (1)カフジプリンス

    長所=スタミナに自信。ロングスパート得意
    短所=勝負どころの反応が鈍くなるタイプで


     (2)ジョルジュサンク

    長所=折り合い不問でレースができる自在性
    短所=極端なスローの決め手勝負に不安あり


     (3)サトノダイヤモンド

    長所=最重要ステップの神戸新聞杯を貫禄V
    短所=菊未冠のディープ産駒。母も短距離系


     (4)シュペルミエール

    長所=連勝の勢い。7戦全て3着以内と堅実
    短所=持ち時計がなく、高速決着では厳しい


     (5)ミライヘノツバサ

    長所=安定した先行力。しぶとい末脚は魅力
    短所=一線級とはまだ力の差が大きい印象も


     (6)ディーマジェスティ

    長所=世代屈指の能力。仕上がりも不安なし
    短所=京都の下り坂、関西圏でのレースは初


     (7)レッドエルディスト

    長所=高い操縦性と長距離適性。末脚も確実
    短所=馬体に緩さが残る現状。本格化は先か


     (8)ミッキーロケット

    長所=前哨戦で地力強化を証明。決め手上位
    短所=発馬が不安定。使い詰めで上積みも?


     (9)イモータル

    長所=血統は長丁場歓迎。底力は秘めている
    短所=ムラな面が目立つ。成長力にも疑問符


     (10)ウムブルフ

    長所=前走が好内容。母系はスタミナが豊富
    短所=イレ込み癖があり、長距離輸送は減点


     (11)レインボーライン

    長所=精神力の強さ売り。タフな馬場も歓迎
    短所=ゲート内でうるさい面を見せる場合も


     (12)コスモジャーベ

    長所=父は06年覇者。距離延長は歓迎のクチ
    短所=1000万下の身。格は大きく見劣る


     (13)エアスピネル

    長所=世代上位の能力。母は京都G1勝ち馬
    短所=近走はしまいに甘さ。距離の壁がある


     (14)アグネスフォルテ

    長所=長距離向きのしぶとさ。京都実績あり
    短所=折り合いに課題が残る。瞬発力も不満


     (15)サトノエトワール

    長所=姉は格上挑戦した昨年の秋華賞で3着
    短所=ブリンカー装着馬。長距離で集中力?


     (16)プロディガルサン

    長所=春先よりも精神面は成長。血統は一流
    短所=馬体はまだ完成途上。本格化は来年か


     (17)ジュンヴァルカン

    長所=新馬戦4着後は全て3着以内の堅実派
    短所=外傷の影響でぶっつけ。息持ちが心配


     (18)マウントロブソン

    長所=相手、舞台を問わず走る堅実なタイプ
    短所=前走が案外。中間の動きも平凡に映る

     


    菊花賞馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     

     「菊花賞・G1」(16日、京都)

     芝は引き続きAコース(内柵を最内に設置)を使用。傷みは少なく、良好な状態を保っている。

     土曜の傾向から、芝自体は9R(古馬1000万下、芝1200メートル)の勝ち時計が1分7秒5と速く、引き続き時計の出やすいコンディション。また、芝2200メートルで行われた8R(古馬500万下)は、馬場の内めを通った先行勢が上位を独占した。芝2400メートルの10R(古馬1600万下)も、直線で馬場の四分どころを通った馬が1~3着に入線。基本的に“インコースが有利”の見立てでいい。

     今年の菊花賞は、確たる逃げ馬が不在。奇策に出る馬がいなければ、恐らくスローペース↓上がりの勝負になるだろう。勝ち時計は3分4秒0前後、上がり3Fは35秒0前後の決着を想定。勝つためには(1)インで我慢できる精神力(2)小脚を使える器用さ(3)鋭い決め手が求められる。

     ミッキーロケットは前哨戦の神戸新聞杯で2着に敗れたが、上がり3Fはメンバー最速を記録。直線は勝ったサトノダイヤモンドの内を突き、いったんは馬体を並べる場面もあった。課題のゲートを五分に出て、大外枠からソツなく運んだように、流れにさえ乗れれば器用に立ち回れるタイプだ。今度は絶好と言える4枠8番をゲット。昨年のキタサンブラックのように、中団のインで脚をため、直線で一瞬の切れ味を生かせれば、大仕事を成し遂げても驚けない。

     

     


    《菊花賞の無料予想が熱いサイト・・・ベスト3位》
    誰でも無料登録でき、しかも的中可能性が高い


    第1位 高配当21
    第2位 ベストレコード
    第3位 ギャロップジャパン

    全部無料でチェックすれば…
    菊花賞はあたる???








    【菊花賞2016年|最新ニュースまとめ】の続きを読む

    5

    レパードS2016年|回顧|やっぱり強かったグレンツェント


    【PR】くま速


    さすが山本昌… 47万円ゲット

     野球評論家の山本昌氏(50)が7日、GIIIレパードステークスが行われた新潟競馬場に登場した。

     昼休みに行われたレース検討会では、この日の2Rで万馬券(23万5350円)を的中させたことを告白。3連単を「200円買っていた」と47万円以上の払い戻しを受けたことを明かしファンを驚かせた。

     レパードステークスの表彰式では、グレンツェントで優勝した戸崎圭太騎手(36)とがっちり握手を交わし祝福した。

     競馬好きで知られ、現在オンエア中の競馬ゲーム「ダービーインパクト」のテレビCMにも出演中の山本氏だが、意外にも新潟競馬場は初めてだったそうで「映像でしか見たことがなかったのですが、今回、実際に来てみて直線レースの迫力に驚きました。また、これだけの広いコースで景色もきれいなので、とても開放感がありました」と新潟競馬場を満喫した様子。

     さらに「ジョッキーや競走馬の頑張り、血統のロマン、生産者の方々の思いを考えると競馬はスポーツだと思いますし、魅力的だと思います。競馬場は明るく楽しめる場所になっていますので、家族揃って訪れてほしいと思います」と独自の競馬観を披露して来場をアピールした。

     
     
    【レパードS2016年|回顧|やっぱり強かったグレンツェント】の続きを読む

    このページのトップヘ