競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    フェアリーS

    フェアリーS予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【フェアリーS】追って一言

     ◆アゴベイ・尾関師 
     「前走は後ろ過ぎたが、悪い内容ではない。マイルでも問題ない」 

     ◆アマーティ・武井師 
     「右膝の骨折休養明けになるが、仕上がりは悪くない。楽しみ」 

     ◆ウィンターリリー・岩戸師 
     「少し難しい面があるので馬具で工夫したい。スムーズなら」 
     
     ◆エフティイーリス・蛯名騎手 
     「いい反応で楽に動いていた。雰囲気がいいし、素質は高い」 

     ◆グレイスアン・斎藤誠師 
     「落ち着きがあり、能力も高い。今後を占う意味での試金石」 

     ◆コントラチェック・北村宏騎手 
     「いいリズムでリラックスした走り。息遣いや体調は良さそう」 

     ◆サンタンデール・岩戸師 
     「距離がマイルに延びるのはいい」 

     ◆シトラスノキセキ・加藤征師 
     「状態はさらに良くなっている」 

     ◆スカイシアター・高柳瑞師 
     「前走は仕上がり途上で勝った」 

     ◆セントセシリア・矢作師 
     「引き続き、状態はいい。今回も展開待ちになるかな」 

     ◆チェリーレッド・小野師 
     「センスは良い。牝馬同士なら」 

     ◆チビラーサン・中舘師 
     「どこまでやれるか楽しみ」 
     
     ◆フィリアプーラ・菊沢師 
     「順調だし、流れ次第の位置で」 

     ◆ブラックダンサー・高野師 
     「動きはまずまず。先週よりは良くみえました」 

     ◆ブリッツアウェイ・音無師 
     「すくむ傾向があったけど、それがなかったからいいんじゃないか」 

     ◆プリミエラムール・田島師 
     「抑える競馬ができたのは収穫。距離は問題ない」 

     ◆ホウオウカトリーヌ・栗田徹師 
     「稽古の動きはいいし、状態は悪くない」 

     ◆メイプルガーデン・高市師 
     「息遣いがいいし、心臓もいい。芝でもやれると思っている」 

     ◆レディードリー・伊藤正師 
     「成長途上でもこれだけ走れるからね。動きもいい」 

     ◆レーヴドカナロア・斉藤崇師 
     「息遣いは悪くなかった。問題ない仕上がりです」

    【フェアリーS】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。 
     
     ☆人気 1~3番人気は【6・2・4・18】。勝率は悪くないが、2桁人気も7度、馬連で絡んでいる。特に12年以降は7年連続で3連複が万馬券と波乱含み。 
     
     ☆距離実績 3着内25頭にJRAの1600メートル以上で勝利実績があった。前走が1400メートル以下だった馬の勝利はなく、3着内率も7%にとどまる。 ☆前走体重 440キロ未満だった馬の勝利はなく、3着内率も13%と低い。 

     結論 ◎アマーティ ○グレイスアン ▲エフティイーリス


    展開を読む【フェアリーS=スローペース】

     徹底先行が不在。グレイスアンがハナを奪い、ホウオウカトリーヌ、アクアミラビリスが追走するか。エフティイーリスが好位に収まり息が入る流れ。

     後方フィリアプーラが馬群をさばいて末脚を伸ばすが、先行勢は余力十分。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    フェアリーS【2019年】ではこの産駒危険?


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    過去10年のフェアリーS種牡馬成績

    ハーツクライ産駒
    過去10年6戦6回着外

    feari

    フェアリーS登録馬-ハーツクライ産駒
    アゴベイ(ハーツクライ産駒)




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    フェアリーS予想|2018年|直前情報

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【データで勝負】日曜中山11R・フェアリーS

     ジャンダルムは子供っぽいしぐさを見せながらも無傷の2連勝。距離が延びることを考えると落ち着きは欲しい。

     タイムフライヤーは腹袋が大きくコロンと見せる体形。いつも落ち着いており、初の関東輸送で集中力を欠くようだと減点。

     ルーカスは気性の激しいタイプだが、極端にうるさくなると黄信号。

     フラットレーは均整の取れた好馬体の持ち主で歩様も柔軟。
    今回も同様の気配なら期待大。
    【フェアリーS】傾向と対策
    現行条件となった09年以降9回の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気【3・1・1・4】。2桁人気は4勝。荒れる時は大波乱になる極端なレース。

     ☆前走 勝ち馬のうち3頭は阪神JFに出走、3頭は前走で初勝利。

     ☆馬番 勝ち馬8頭までが1桁馬番。

     ☆所属 関東馬が8連勝中。

     結論 ◎デュッセルドルフ ○ライレローズ ▲サヤカチャン
    展開を読む【フェアリーS=ハイペース】
     最内枠からサヤカチャンが逃げを打つが、ジーナスイートなど先行型がそろって息の入らない流れ。テトラドラクマは大外枠から5、6番手に付ける積極策。トロワゼトワルは中団、スカーレットカラー、プリモシーンは後方から直線勝負へ。

    フェアリーSの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く



    フェアリーS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)
    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    荒れる牝馬重賞を制するのは/フェアリーSの見どころ

     過去9回で10番人気以下の馬の優勝が4回という荒れる重賞。今年も混戦模様のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ※年齢表記は出走時

    ■1/7(日) フェアリーS(3歳・牝・GIII・中山芝1600m)

     サヤカチャン(牝3、栗東・田所秀孝厩舎)はアルテミスSで13番人気ながら2着と好走。続く阪神JFでは14着に終わったが、1勝馬しかいないこのメンバーの中では力上位と言っていいだろう。このレースは関東馬が8連勝中だが、久々の関西馬Vなるか。

     グランドピルエット(牝3、美浦・田村康仁厩舎)は京成杯オータムHを制したザレマの仔。前走のひいらぎ賞では牡馬2頭に先着を許した(3着)が、牝馬同士のここならチャンスは十分にあるだろう。父ロードカナロアに初タイトルを届けられるか。

     その他、アルテミスSで4着のトロワゼトワル(牝3、栗東・安田隆行厩舎)、新馬戦を勝ったジーナスイート(牝3、栗東・矢作芳人厩舎)、デュッセルドルフ(牝3、美浦・木村哲也厩舎)、レッドベルローズ(牝3、美浦・鹿戸雄一厩舎)、未勝利戦で断然人気に応えたプリモシーン
    【フェアリーS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    フェアリーS予想|調教・追い切りまとめ


    ここの予想の期待度大・・・まずは無料登録から

     1月8日は、中山競馬場で第33回フェアリーS・G3(芝1600メートル)が行われる。

     16頭中13頭が1勝馬という低調な組み合わせ。3戦2勝コーラルプリンセス(牝3歳、美浦・高橋裕厩舎)が一応の中心か。唯一の敗戦が2戦目のアルテミスS。勝ったリスグラシュー(阪神JF2着)、2着のフローレスマジックからは離されたが、3着とは0秒4差。上がり3ハロンは1、2着馬に次ぐ3位だった。勝負強さを見せた前走、赤松賞のレース内容も濃かった。

     新潟2歳S5着のあと、オープン、500万を3戦使われ、2、2、2着のキャスパリーグ(牝3歳、栗東・浅見秀一厩舎)の安定性はこのメンバーなら上位。正直もうひと押し欲しいが、立ち回りは巧みだ。

     前走のサフラン賞は鼻差2着のアエロリット(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。早めに抜け出し、楽勝ムードだったが、勝ち馬の鬼脚に屈した。先行力が生きる中山マイルは絶好の舞台で、重賞Vは十分あり得る。

     札幌2歳S2着のブラックオニキス(牝3歳、美浦・加藤和宏厩舎)は、ファンタジーS(8着)、阪神JF(12着)と強いメンバーと戦い、敗れてはいるが、この相手なら実績上位。

     父スクリーンヒーロー、母の父エルコンドルパサーとパワーあふれる配合のメローブリーズ(牝3歳、美浦・石毛善彦厩舎)。馬場が渋れば台頭も。(大上 賢一郎)

    【フェアリーS予想|調教・追い切りまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ