競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    中山金杯

    中山金杯予想【2020年】スピード指数ランク付け


    keibaspeed




    うまとみらいと

    もう有名すぎて・・・某競馬場駅前に広告出すぐらいw
    まずは無料会員からかな。




    中山金杯-スピード指数

    1位 トリオンプ
    2位 クレッシェントラヴ
    3位 ギベオン
    4位 ノーブルマーズ
    5位 ブラックスピネル





    この辺りですかね。



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    中山金杯【2019年】ではこの枠に注目


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    過去5年の中山金杯枠順別成績

    kinpaiwaku



    まあこれ見たら外は買いにくい



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    中山金杯【2019年】ではステゴールド産駒に注目!!


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    過去10年の中山金杯種牡馬成績
    ステイゴールド産駒

    nakayamakinpai


    中山金杯登録馬-ステイゴールド産駒
    アドマイヤリード
    ウインブライト
    クレッシェンドラヴ
    ステイフーリッシュ
    マウントゴールド




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    中山金杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【中山金杯 追い切り】3頭併せで快走~ブラックバゴ

    11月のアンドロメダS(オープン)を快勝したブラックバゴ(牡6歳、美浦・斎藤誠厩舎)は美浦のWコースで3頭併せ。6ハロン81秒2、3ハロン39秒1-13秒1をマークし、中のストーミーシー(オープン)に半馬身先着、外のミッシングリンク(1000万下)と併入。

     「中間は本当にいい状態。自分の競馬ができてきたので、馬の気分に任せて前半は無理させない形で。こういう競馬に岩田騎手も合っていますからね。今のデキなら楽しみです」と斎藤誠調教師。

    【中山金杯】ダイワキャグニー重賞初制覇へ「太め感なく、いい感じに仕上がった」

    ◆中山金杯追い切り(3日、美浦トレセン)

     6日に開幕する2018年の中央競馬。年初恒例の東西金杯の追い切りが3日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。

     重賞初制覇を狙うダイワキャグニーは、美浦・Wコースの6ハロンから内ダイワリベラル(7歳オープン)を3馬身半先行。馬なりでリズムよく駆け2馬身先着した。87秒1―13秒2に菊沢調教師は「太め感なく、いい感じに仕上がった」とうなずいた。

     明け4歳だが、前走・キャピタルSで4勝目。うち2勝がオープンと能力はここでもひけを取らない。2月に48歳を迎える“年男”トレーナーは「注目もされるし、スタッフと力を合わせて管理馬を活躍させていきたい」と意気込んだ

    【中山金杯】ストレンジ50秒8!小島太師「かなりいい」

     
     昇級初戦になるストレンジクォークのムードがいい。追い切りは坂路で単走。水分が残る走りづらい馬場状態ながら、序盤から躍動感たっぷりに4ハロン50秒8の好時計を叩き出した。動きの良さに小島太調教師は、「前走後はひと息入れたが、ここを目標にしっかり乗り込んできた。
     
     重め感なく仕上がっており、状態はかなりいい」と満足の様子。さらに「この相手でもそう差はないと思っている」とヤル気をにじませる。ハンデ(54キロ)も魅力で、目が離せない存在だ。

    【中山金杯】4歳馬セダブリランテス、戸崎と初笑いへ「十分な追い切りができた」

    ◆中山金杯追い切り(3日、美浦トレセン)

     6日に開幕する2018年の中央競馬。年初恒例の東西金杯の追い切りが3日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。中山金杯で重賞2勝目を狙う4歳馬、セダブリランテスは美浦のWコースで力強い動きを披露。年間リーディング奪回を狙う戸崎とのコンビで初笑いを目指す。

     セダブリランテスは、戸崎を背にWコースへ。5ハロンから、外アルタイル(6歳オープン)を4馬身追走。呼吸を合わせながら徐々にピッチを上げると、馬なりのまま、力強く脚を伸ばしていく。ラスト1ハロンで内から馬体を併せ、最後は1馬身先着。67秒2―13秒6に、「馬場が悪くて脚を取られるところもあったけど、十分な追い切りができた」と鞍上は納得の表情だ。

     今年飛躍を狙う4歳馬は、年長馬と初対戦となった前走のアルゼンチン共和国杯で3着。無傷の3連勝でラジオNIKKEI賞制覇のあと、秋は菊花賞を大目標にしていたが、右前脚のザ石で路線変更を余儀なくされた。4か月ぶりの復帰戦となった前走との比較から、手塚調教師は手応えを隠さない。「今回は強め強めの調整ができている。(初の)2000メートルも問題ない」と自信の表情だ。

     戸崎にとっても、気持ちが入る2018年だ。4年連続リーディングを狙った17年は171勝でルメール(199勝)に次ぐ2位。「18年は200勝が基準になるかもしれない。それくらい、ボーダーは上がっている。勝利を重ねて、重賞やG1の大きなレースも勝てるように。今年は特にリーディングを強く意識してやっていきたい」。普段はクールな37歳の言葉は自然と熱を帯びた。

     充実した一年へ。頂点を目指す人馬がJRA最初の重賞で最高のスタートを切る。

    【中山金杯 追い切り】軽快に3馬身先着~ウインブライト

    福島記念で重賞2勝目を挙げたウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉厩舎)は美浦のWコースで6ハロン83秒1、3ハロン38秒3-13秒1を馬なりでマーク。内の古馬ディスカバー(1000万下)に3馬身先着した。

     「ふだん長めから乗り込んでいるし、しまい重点で問題ない。例年この時期は状態が良くない中でも、うまく仕上がっている」と松岡騎手。



    中山金杯の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く

    中山金杯予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)
    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です




    ヤフーニュースより

    中山金杯展望

    第67回中山金杯・G3が1月6日、中山競馬場の芝2000メートル(ハンデ戦)を舞台に行われる。 

    セダブリランテス(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)は、右前脚のザ石のため、予定していたセントライト記念、菊花賞の出走を取りやめたが、4か月ぶりの出走だったアルゼンチン共和国杯で3着。勝ったスワーヴリチャード(続く有馬記念で2番人気4着)に0秒6差と地力を示した一戦だった。デビュー3連勝でラジオNIKKEI賞を制した素質馬。安定の立ち回りで、ここを凡走するイメージはない。 

    前走の福島記念で、春のスプリングS以来の重賞Vを挙げたウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉宏厩舎)。レース後は美浦のウッドチップコースでしっかりと追われており、順調の一言。過去2勝を挙げる好相性の中山で重賞3勝目を目指す。 

    前走、好メンバー相手のキャピタルSを白星で飾ったダイワキャグニー(牡4歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。初めてのマイルで、道中しっかり折り合えたのもプラスだった。ダイナミックな走りで過去4勝全てが東京コース。中山への対応、2000メートルでの折り合いがカギになってくる。 

    喉鳴りで苦しんだ時期もあったブラックバゴ(牡6歳、美浦・斎藤誠厩舎)が本格化してきた。前走のアンドロメダSでオープン初勝利。強豪ストロングタイタンを1馬身1/4差で退ける完勝で、充実ぶりをアピールした。中山2000メートルは、2歳時のホープフルSで3着、3歳時の京成杯で2着の得意の条件。6歳での重賞初制覇に期待する。 

    チャレンジC(2着)で健在ぶりをアピールしたデニムアンドルビー(牝8歳、栗東・角居勝彦厩舎)、同じ舞台の報知杯弥生賞を勝ったカデナ(牡4歳、栗東・中竹和也厩舎)も能力は十分。ここが復活の舞台になっても不思議はない。
    【中山金杯予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ