競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    海外競馬

    メルボルンカップ予想|2016年|ニュースまとめ

      オーストラリアのG1・メルボルンカップ(11月1日、フレミントン競馬場・芝3200メートル、ハンデ戦)の枠順抽選会が29日、行われ、日本馬として2006年のデルタブルース以来の勝利を目指すカレンミロティック(セン8歳、栗東・平田厩舎)は18番ゲートからの発走が決まった。

     各ブックメーカーの前売り1番人気に推されているハートネルは12番ゲート、前哨戦のコーフィールドカップを制した牝馬のジャメカは3番ゲートからの発走となった。

    1《7》 ビッグオレンジ 57キロ Jスペンサー騎手

    2《6》 アワーアイヴァンホウ 57キロ Dダン騎手

    3《18》 カレンミロティック 56・5キロ Tベリー騎手

    4《5》 ボンダイビーチ 56キロ Rムーア騎手

    5《13》 エクソスフェリック 56キロ Dオリヴァー騎手

    6《12》 ハートネル 56キロ Jマクドナルド騎手

    7《20》 フーショットザバーマン 56キロ Hボウマン騎手

    8《24》 ウィックローブレーブ 56キロ Lデットーリ騎手

    9《19》 アルムーンクィス 54・5キロ Mウォーカー騎手

    10《2》 ギャラントゥ 54・5キロ Bシン騎手

    11《9》 グランドマーシャル 54・5キロ Bメルハム騎手

    12《3》 ジャメカ 54・5キロ Nホール騎手

    13《23》 ハートブレークシティー 54キロ Jモレイラ騎手

    14《14》 サージョンホークウッド 54キロ Bスプリッグス騎手

    15《21》 エクセスノレッジ 53・5キロ Vジューリッチ騎手

    16《1》 ビューティフルロマンス 52・5キロ Dレーン騎手

    17《17》 アルマンダン 52キロ Kマカヴォイ騎手

    18《22》 アサイン 52キロ Kマリオン騎手

    19《16》 グレーライオン 52キロ Gボス騎手

    20《11》 オーシャノグラファー 52キロ Cスコフィールド騎手

    21《10》 シークレットナンバー 52キロ Sベイスター騎手

    22《4》 ペンタスロン 51・5キロ Mデュプレシス騎手

    23《15》 キウイ 51・5キロ Cウィリアムズ騎手

    24《8》 ローズオブバージニア 51キロ Bトンプソン騎手

    ※左の数字は馬番、《 》の中の数字はゲート番

     

     豪G1メルボルンカップ西洋梨コース攻略

     

    【メルボルンC(11月1日、フレミントン競馬場・芝3200メートル)】“デビュー戦”の凱旋門賞(2日)で40億円超の売り上げを記録したJRAの海外GI発売。その第2弾で、日本馬カレンミロティックが出走する豪メルボルンカップが週明け11月1日の昼に発走する。ここではおなじみの海外競馬通・TPC秋山響氏が、舞台となるフレミントン競馬場を徹底解析。勝ち馬のイメージを指南してもらった。

     フレミントン競馬場はビクトリア州の州都メルボルンの中心部から6キロほどのところにある。1840年開場という長い歴史を持つ、オーストラリアを代表する競馬場だ。コースは1周芝2312メートルの左回り。最後の直線は450メートル。ただし、メーンスタンド前の直線につながるように直線コースが延びており、メルボルンCの行われる3200メートルはそこからのスタートとなる(コース図参照)。

     秋山氏によると「高低差のない平坦競馬場。これといった大きな癖はない」とのことだが、厄介なのは3コーナーから4コーナーにかけての形状。「カーブが延々と続きます。別名“西洋梨”と呼ばれ、曲線を長い距離走らされます。ゆったりとしているとはいえ、走る距離の合計を考えれば内めを回りたい」

     改めてコース図を見ると、確かに3コーナーからは大きな半円を走るイメージ。ここで馬群の外めを回るのはかなりのマイナスだ。「地元ではコーナーに入る前にインを確保するのが定石」というのもうなずける。

     一方、芝の質は日本同様“高速型”。傾斜がないこともあるが、時計が出やすい馬場で、スピードが生きる。「たとえば1600メートルのレコードは1分33秒49。タイム計測方法の違い(日本はゲートより前の地点に計測開始のセンサー設置)で、日本より少なくとも1秒は時計がかかることを加味すれば、日本と遜色ないレコードといえます」と秋山氏。今年のカレンミロティックを含め日本馬は基本的に馬場に戸惑う可能性は低い。

     話をメルボルンカップに絞ると、フルゲートが24頭と非常に多いだけに前記コース形状による有利不利を含め、枠順がかなりの重要要素になる。

    「スタートから最初のコーナーまで約900メートル。決定的とまでは言えないものの、外を回らされやすい外枠はやはり不利。過去10年のデータでも15番ゲートより外は成績が悪いです」(秋山氏)。極端な例は昨年で「散水やエアレーション作業により極端に内有利になっていたこともありましたが、ゲート番号1の馬が1着、2が2着、4が3着と内枠が上位を独占。あまりの偏りに現地でも物議を醸しました」。

     今年もフルゲート24頭が出走予定で、枠順は日本時間29日夜に確定する予定。カレンミロティックを含め全馬にとって、“運命の抽選”ということになりそうだ。



    競馬情報会社はここを信頼
    競馬劇場…
    ここ激アツwwww
    無料コンテンツが注目
    keibagekimu




    【メルボルンカップ予想|2016年|ニュースまとめ】の続きを読む

    マカヒキ凱旋門賞登録

     


    皐月賞2着馬マカヒキ(牡3、友道)が、10月2日に仏シャンティイ競馬場で行われる凱旋門賞(G1、芝2400メートル)に登録を行った。3日、友道師が明らかにした。同師は「2日に登録を済ませました。ダービーの内容次第で、ということになると思います」と話した。現在は5月29日東京のダービー(G1、芝2400メートル)に向け栗東で調整中。同レースの結果、内容で出否が検討される。

     参戦となれば、金子真人オーナーにとっては2度目の挑戦だ。初参戦だったディープインパクトは06年、3位入線後に失格。そのディープ産駒で、母ウィキウィキも所有馬だった“ゆかり”のマカヒキで再度、夢への挑戦となるか注目だ。

     
     
     
     
    【マカヒキ|2016年凱旋門賞登録へ】の続きを読む

    5
    モーリス強すぎ|チャンピオンマイル2016年
     

    モーリス香港G1連勝/チャンピオンマイル

    <チャンピオンズマイル>◇1日=香港シャティン◇G1◇芝1600メートル◇3歳上◇出走12頭◇1着賞金798万香港ドル(約1億1600万円)

    【写真】Cウッドを単走で追い切るモーリス

     昨年の年度代表馬モーリス(牡5、堀)が香港での今年初戦で圧勝し、G1・4連勝を達成した。J・モレイラ騎手騎乗で勝ちタイムは1分34秒08。2馬身差2着は香港馬のコンテントメント。昨年12月以来の実戦だったが、断然の1番人気に応えてみせた。

     種も仕掛けもいらない独壇場だった。好位4番手を進んだモーリスは直線を向き、鞍上モレイラも驚く加速を見せた。逃げるビューティーフレーム、抜け出しを狙うコンテントメント、リワーディングヒーローの3頭を並ぶまもなく外から抜き去った。激しい2着争いを尻目にゴール前はモレイラが右手を上げ、2度もガッツポーズするほどの余裕だった。「とてもうれしいし、素晴らしい馬。いいポジションを取れたし、反応も素晴らしかった。信じられない」と、「マジックマン」と称される鞍上は絶賛した。

     敵地シャティンを自分の庭に変えた。昨年12月に地元の英雄エイブルフレンドを破った香港マイル以来の実戦で、再び香港の国際G1を連勝。最終的な単勝オッズは2・1倍と断然だった。G1・4連勝を含め、昨年1月の若潮賞からの連勝は7まで伸びた。海外G1複数勝利はアグネスワールド、エイシンプレストン、ロードカナロアに続く史上4頭目の快挙になる。

     堀師は「今回はファンの皆様から大きな支持を受けていたので結果を残せてホッとしています。一生懸命走った馬と香港ジョッキークラブのサポートに大変感謝しています」とコメントした。注目されるのは今後の動向。安田記念(G1、芝1600メートル、6月5日=東京)参戦なら連覇が期待される。16年初戦を制し、今年もモーリスの快進撃が始まった。

     

     チャンピオンズマイル-2016年

     
     

    競馬ファンならここの無料予想
    無料コンテンツがこれだけあるのかwwww

    bestre



     1:2016/05/02(月) 18:58:39.71 ID:
    【モーリス強すぎ|チャンピオンマイル2016年】の続きを読む

    5

    香港国際カップ-ニュース拾い読み 

    4人の騎手が香港への海外渡航届

    JRAは4日、4人の騎手が香港への海外渡航届を提出したと発表した。福永祐一騎手(37)=栗東・フリー=とライアン・ムーア騎手(31)=イギリス=は、ともに8日~15日の期間で、ロンジンインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ(10日、ハッピーバレー競馬場)への参戦と、香港国際競走への騎乗が目的。また、大野拓弥騎手(28)=美浦・フリー=も同期間で、香港スプリントへの騎乗が予定されている。また、柴田大知騎手は13~16日の期間で、香港カップに騎乗する予定。

     福永騎手とムーア騎手が出場するロンジンインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップは、世界各国から12人のトップジョッキーが集結。先週、東京で行われたワールドスーパージョッキーズシリーズに出場したクリストフ・スミヨン(フランス)、リチャード・ヒューズ(イギリス)、パット・スマレン(アイルランド)、ジェームズ・マクドナルド(オーストラリア)、ザカリー・パートン(香港)に加えて、ケリン・マカヴォイ(オーストラリア)、スマンガ・クマロ(南アフリカ)、イラド・オーティス(アメリカ)、ジョアン・モレイラ(香港)、ヴィンセント・ホー(香港)によって争われる。

     シリーズは1650メートルと1000メートルの4競走で施行。1着12ポイント、2着6ポイント、3着4ポイントの合計得点で優勝者が決まり、優勝ジョッキーには50万香港ドル(約773万円)、2位20万香港ドル、3位10万香港ドルが授与される。

     

    香港国際諸競走(14日、シャティン、GI)の国内最終追い切りが4日、東西トレセンで行われた。

     【カップ・芝2000メートル】マイネルラクリマ(美・上原、牡6)はWコースを単走。ラスト1ハロン12秒5(5ハロン69秒0)をマークした。騎乗した柴田大騎手は「すごくいい動きでしたね。体調は安定しています。人も馬も(香港・シャティン競馬場は)2度目なのでいい結果を残したい」と語った。

     【マイル・芝1600メートル】引退レースとなるグランプリボス(栗・矢作、牡6)は坂路で4ハロン50秒6-13秒0の好タイムをマークした。「最後は余力残しで入線しましたが、今年一番の動きでした」と渋田助手は好感触。

     ワールドエース(栗・池江、牡5)も坂路で4ハロン55秒3-12秒6を計時した。「ちょうどいい感じですね」と池江調教師。

     【スプリント・芝1200メートル】今年のサマースプリント王者リトルゲルダ(栗・鮫島、牝5)は坂路でラスト1ハロン12秒4(4ハロン52秒4)としまいを伸ばした。「いい感じだね。香港の馬場は合いそう」と鮫島調教師。

     JRAは4日、4人の騎手が香港への海外渡航届を提出したと発表した。福永祐一騎手(37)=栗東・フリー=とライアン・ムーア騎手(31)=イギリス=は、ともに8日~15日の期間で、ロンジンインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ(10日、ハッピーバレー競馬場)への参戦と、香港国際競走への騎乗が目的。また、大野拓弥騎手(28)=美浦・フリー=も同期間で、香港スプリントへの騎乗が予定されている。また、柴田大知騎手は13~16日の期間で、香港カップに騎乗する予定。

     福永騎手とムーア騎手が出場するロンジンインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップは、世界各国から12人のトップジョッキーが集結。先週、東京で行われたワールドスーパージョッキーズシリーズに出場したクリストフ・スミヨン(フランス)、リチャード・ヒューズ(イギリス)、パット・スマレン(アイルランド)、ジェームズ・マクドナルド(オーストラリア)、ザカリー・パートン(香港)に加えて、ケリン・マカヴォイ(オーストラリア)、スマンガ・クマロ(南アフリカ)、イラド・オーティス(アメリカ)、ジョアン・モレイラ(香港)、ヴィンセント・ホー(香港)によって争われる。

     シリーズは1650メートルと1000メートルの4競走で施行。1着12ポイント、2着6ポイント、3着4ポイントの合計得点で優勝者が決まり、優勝ジョッキーには50万香港ドル(約773万円)、2位20万香港ドル、3位10万香港ドルが授与される。

     

    ストレートガール

    香港国際競走(14日、シャティン競馬場)に出走する関西馬3頭が3日、国内最終追いを行った。藤原英厩舎からは3頭出し。香港スプリント(芝1200メートル)に出走するストレイトガール(牝5)は岩田を背に坂路でしまい重点に4F55秒5―12秒0。岩田は「以前に比べて体全体を使っていて、いい動きだった。調教も落ち着いていた」と好感触。

     香港カップ(芝2000メートル)に出走するアルキメデス(牡5)も岩田が手綱を取りCWコースで6F87秒9。キビキビとした動きでラストも11秒9とGOサインに鋭く反応した。「先週よりも動きは良かった。馬は仕上がっている」と同騎手。

     香港マイル(芝1600メートル)に出走するフィエロ(牡5)は、レース間隔を考慮して国内追いは行わず現地で追い切られる。

     香港ヴァーズ(芝2400メートル)に出走するカレンミロティック(セン6=平田)は池添を背に坂路で4F52秒3―12秒7。「間隔は空いたが調整は順調。長くいい脚を使えるので自分から動いていく競馬ができれば」と鞍上。

     なお香港マイルに出走するワールドエース(牡5=池江)の鞍上にパートンが決まった。関西馬は全頭5日、関西国際空港から出国する。

    このページのトップヘ