競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    有馬記念

    5
    re
    ジェンテルドンナには有利?|有馬記念の枠順確定

     28日に中山競馬場で行われる、第59回有馬記念(3歳上・GI・芝2500m・1着賞金2億円)の枠順が、25日確定した。

     前走のジャパンCを圧勝したエピファネイア(牡4、栗東・角居勝彦厩舎)は7枠13番からのスタートとなった。

     また、今回がラストランとなるジャスタウェイ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)は8枠15番、一昨年の覇者ゴールドシップ(牡5、栗東・須貝尚介厩舎)は7枠14番に入った。

     その他、今秋の天皇賞2着・ジャパンC4着のジェンティルドンナ(牝5、栗東・石坂正厩舎)は2枠4番、唯一の関東馬となったフェノーメノ(牡5、美浦・戸田博文厩舎)は5枠10番、GII連勝中のラストインパクト(牡4、栗東・松田博資厩舎)は4枠7番、今年のダービー馬ワンアンドオンリー(牡3、栗東・橋口弘次郎厩舎)は2枠3番となった。発走は15時25分。枠順は以下の通り。

     ( )内は性齢、騎手・調教師

    1-1 トーセンラー(牡6、武豊・藤原英昭)
    1-2 ヴィルシーナ(牝5、内田博幸・友道康夫)
    2-3 ワンアンドオンリー(牡3、横山典弘・橋口弘次郎)
    2-4 ジェンティルドンナ(牝5、戸崎圭太・石坂正)
    3-5 ラキシス(牝4、C.デムーロ・角居勝彦)
    3-6 トゥザワールド(牡3、W.ビュイック・池江泰寿)
    4-7 ラストインパクト(牡4、菱田裕二・松田博資)
    4-8 メイショウマンボ(牝4、武幸四郎・飯田祐史)
    5-9 ウインバリアシオン(牡6、藤岡康太・松永昌博)
    5-10 フェノーメノ(牡5、田辺裕信・戸田博文)
    6-11 サトノノブレス(牡4、池添謙一・池江泰寿)
    6-12 デニムアンドルビー(牝4、浜中俊・角居勝彦)
    7-13 エピファネイア(牡4、川田将雅・角居勝彦)
    7-14 ゴールドシップ(牡5、岩田康誠・須貝尚介)
    8-15 ジャスタウェイ(牡5、福永祐一・須貝尚介)
    8-16 オーシャンブルー(牡6、蛯名正義・池江泰寿)

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     なお、今回の枠順は出走馬が1頭ずつ抽選で選ばれ、その出走馬の関係者が希望する枠順(馬番号)を選択していくというJRA初の形式で決定した。選ばれた順番は次の通り。

    01ジェンティルドンナ
    02トゥザワールド
    03ヴィルシーナ
    04トーセンラー
    05ワンアンドオンリー
    06メイショウマンボ
    07ラキシス
    08ラストインパクト
    09フェノーメノ
    10ウインバリアシオン
    11サトノノブレス
    12デニムアンドルビー
    13ゴールドシップ
    14エピファネイア
    15ジャスタウェイ
    16オーシャンブルー

     
    本日、有馬記念の枠順が確定した、史上初のドラフト会議に盛り上がりが…
     
    【ジェンテルドンナには有利?|有馬記念の枠順確定】の続きを読む

    5
    re

    有馬記念予想|エピファネイア|有馬記念2ch
    ヤフーニュース
     

     今年の中央競馬を締めくくる有馬記念(G1、芝2500メートル、28日=中山)が、いよいよ1週間後に迫った。

     ジャパンCの覇者エピファネイア(牡4、角居)は21日午前3時半、馬場が開くと同時に栗東Cウッドコースに姿を現した。17日の1週前追い切りと同様に、単走で、前半をゆったりと入ってしまいを伸ばす内容。

     課題に挙げられている折り合いは滑らかで、見届けた角居師は「今日は大きめに乗りましたが、順調に来ています。2回使えたことでメンタルと体の両面で動きやすい状態になっていると思います」と好感触を伝えた。

     

    まあ、JC(ジャパンカップ)の勝利は衝撃ですね

     
    1着 エピファネイア スミヨン
    2着 ジャスタウェイ 福永祐一
    3着 スピルバーグ 北村宏司
     
     
     
    【有馬記念予想|エピファネイア|有馬記念2ch】の続きを読む

    5
    エピファネイアは有馬で川田将雅…最大限の不安点

     ジャパンCを4馬身差で圧勝したエピファネイア(栗東・角居勝彦厩舎、牡4歳)は、新たに川田将雅騎手(29)=栗東・フリー=とのコンビで有馬記念(28日、中山、GI、芝2500メートル)に向かうことになった。同馬が所属するキャロットクラブのホームページで5日、発表されている。

     ジャパンCでは、クリストフ・スミヨン騎手(ワールドスーパージョッキーズシリーズで来日)とピンポイントでコンビを組んで復活を遂げたが、主戦・福永祐一騎手は引き続きジャスタウェイ(栗東・須貝尚介厩舎、牡5歳)とコンビを組むことから、川田騎手に白羽の矢が立った。

     
    エピファネイア
     
    【エピファネイアは有馬で川田将雅…最大限の不安点】の続きを読む

    このページのトップヘ