競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬重賞(G3)

    福島牝馬S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜福島11R・福島牝馬S

     ◇カワキタエンカ「前走を使ってガス抜きができていた。まだまだこれからの馬。ひとつひとつ段階を踏んでいってほしい」(池添謙騎手)

     ◇キンショーユキヒメ「いい感じで競馬ができたが、もうひと伸びがあればいい。これを使って少しずつ状態が上がっていくと思う」(蛯名正騎手)

     ◇ゲッカコウ「最後はもう少し伸びると思っていただけに、案外だった」(柴田大騎手)

     ◇デンコウアンジュ「ペースが遅すぎた。伸びてはいるが、前も止まらなかった」(蛯名正騎手)

     ◇トーセンビクトリー「最後に踏ん張れなかったのは、ポジションを取りにいったぶんもあるだろう。ハンデも影響したかもしれない」(田辺裕騎手)

     ◇ブラックオニキス「イレ込む面など自分との戦いになるが、今日は落ち着いていた。いつか重賞を勝てる馬」(松岡正騎手)

     ◇ベアインマインド「斤量が2キロ軽くなったので楽しみにしていた。道中は決してスムーズな競馬ではなかったから、勝ててよかった」(ミナリク騎手)

     ◇レイホーロマンス「今回は中山なので、残り400メートルまでにエンジンをかけた。ハンデ重賞なら上位争いができる」(岩崎翼騎手)

     ◇ワンブレスアウェイ「最近はスタートで出ない。最後は外を回ったぶんがあったかも」(戸崎圭騎手)

    【データで勝負】土曜福島11R・福島牝馬S

    【データからの注目馬・福島11R】

    ◎(3)レイホーロマンス

    ☆2013年以降の同名レース5戦を参考にすると、前走中山牝馬Sの5歳馬で、前走3着以内に好走していると【3・2・1・0】と抜群

    展開を読む【福島牝馬S=平均ペース】

    カワキタエンカがハナ。サルサディオーネ、トーセンビクトリーと続き序盤は淡々と流れる。3角からブラックオニキス、ワンブレスアウェイ、デンコウアンジュが進出を始めてペースがアップ。差しも決まる今の馬場なら後方組にも勝機。

    【福島牝馬S】傾向と対策

     過去10年(11年は新潟)の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・1・2・5】。3番人気が最多3勝。

     ☆前走 中山牝馬S組が8勝と断然だが、同勝ち馬は4、2着と未勝利。

     ☆年齢 5歳が最多5勝、勝率&連対率も年齢別トップ。

     ☆馬番 勝ち馬は全て1桁馬番で6番が4勝、8番が3勝。

     結論 ◎ゲッカコウ ○レイホーロマンス ▲トーセンビクトリー



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ダービー卿CT予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜中山11R・ダービー卿CT

      ◇アデイインザライフ「気持ちが入りすぎていると感じたので、返し馬でも落ち着かせるように工夫はしたんだけど。スタートしてからも少しハミを譲りながら、あの位置で競馬をした。力(りき)みがあったぶん最後は甘くなったが、長い休み明けだっただけに仕方ない面も。でもフットワークはいいし、高い能力を感じる馬」(石橋脩騎手)

     ◇キャンベルジュニア「前へつけられず、いいポジションを取れなかったのが痛かった」(ムーア騎手)

     ◇グレーターロンドン「ペースが速いわけじゃなかったし、位置取りは絶好だった。レースを見ると、後ろから運ぶ方がいいのかもしれない」(大竹正師)

     ◇ゴールドサーベラス「人気馬を見ながらいい形で運べたし、持ち味の長くいい脚を使ってくれた。下が掘れてきた今の馬場もこの馬には合っていたが、きっちりと前をかわしてくれた」(大野拓騎手)

     ◇サンライズメジャー「ためて運んでほしいという指示だった。この馬も伸びているけど、前が止まらなかった」(池添謙騎手)

     ◇ストーミーシー「いい感じで進めたけど。重賞でも慣れてくればやれそう」(大野拓騎手)

     ◇ソルヴェイグ「今日は頑張れなかった。ちょっと敗因が分からない」(Mデムーロ騎手)

     ◇テオドール「2番手からでもリラックスして走れていた。今日は体が絞れていたし、距離も守備範囲だと思っていたんだけど」(ルメール騎手)

     ◇ヒーズインラブ「聞いていたよりも硬さは気にならなかった。3コーナーで狭くなり、少しハミをかむ場面はあったが、それ以外は気にならなかった。いい決め手を持っているし、力のある馬」(浜中俊騎手)

     ◇マイネルアウラート「いつもは最後にもうひと踏ん張りが利くのだけど…。今日はいつもの粘りが見られなかった」(柴田大騎手)

     ◇マルターズアポジー「惜しかった。自分のリズムで運べたし、最後までしぶとかった」(柴田善騎手)

     ◇ミュゼエイリアン「いいスタートが切れて、道中はプレッシャーをかけられることなく、自分のペースで逃げられた。うまくレースをコントロールできて、最後までしっかり走ってくれた」(ミナリク騎手)

     ◇レッドアンシェル「流れに乗って進めることができたけど、勝ち馬の勢いが違った。まだこれからの馬」(幸英騎手)

     ◇ロジチャリス「うまく流れに乗って競馬ができたが、最後はジリジリという感じになってしまった」(大野拓騎手)

    【データで勝負】土曜中山11R・ダービー卿CT

    【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(9)ヒーズインラブ

    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の8頭は前走が4着以内。例外の2頭はマイルGI馬だった。昇級馬も【2・1・1・3】と活躍→前走が3番人気以内で、今回のハンデが55キロの馬なら【2・1・1・0】

     好走傾向に合致する昇級馬のヒーズインラブに注目。当該舞台では2、3、1、1、4着と高い適性を示している。ハンデ55キロなら連勝も十分あり得る。

    【ダービー卿CT】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】。2番人気は【0・1・3・6】、3番人気は【1・0・0・9】で不振。4番人気以下の優勝馬7頭で波乱含み。

     ☆世代 5歳が【6・3・5・25】で圧倒的に優勢。4歳が【3・4・2・33】で続く。6歳以上の優勝は1頭だけで、ベテラン不利。

     ☆ハンデ 56キロが【3・3・3・35】でややリード。55キロが【2・2・2・28】、57・5キロが【2・1・1・6】で続く。重&軽ハンデ馬よりも“中間ハンデ”が優位。

     結論 ◎ヒーズインラブ ○テオドール ▲レッドアンシェル

    展開を読む【ダービー卿CT=平均ペース】

      マルターズアポジーの単騎逃げ。ミュゼエイリアン、ソルヴェイグが続き、平均的な流れ。レッドアンシェル、グレーターロンドンは中団から差し勝負。4角手前から各馬が動くと、キャンベルジュニアなど後方組も台頭。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    毎日杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【毎日杯】前走後の談話

      ◇アルムフォルツァ「まだ気性は幼いけど、乗りやすい馬。素質がありそう」(武豊騎手)

     ◇インディチャンプ「直線での瞬発力はすごかった。スタートが良くなく、後ろのポジションからのレースになってしまったが、道中で力むこともなかったし、冷静に走れるところがいい」(岩田康騎手)

     ◇ウォーターパルフェ「先頭に並びかけてからも、ちょっとジリっぽいところがある。それでも、前でレースを進めて辛抱してくれているし、差し返すところもあった」(酒井学騎手)

     ◇ギベオン「スタートしてから頭を上げてパニックになったけど、馬の後ろにつけたらすぐにリラックスしてくれた。手応えが良かったので、追い出しを我慢した。ファイトしたのは残りの150メートルぐらい。能力の高い馬だし、長い距離でも大丈夫」(ルメール騎手)

     ◇シャルドネゴールド「道中のペースが遅かったけど、しっかりと反応してくれた。ペースが上がったときにスッとついていけたし、直線でもしっかりと伸びてくれた」(川田将騎手)

     ◇テイエムディラン「勝ち馬の後ろのポジションで、ロスなく運ぶことができた。こういう馬場も良かったと思う」(田中健騎手)

     ◇ノストラダムス「ゲート内でうるさかったし、折り合いにも課題のあるタイプだけど、今日はペースが落ち着いて、向こう正面でスムーズに上がっていくことができたのがよかった。長く脚を使ってくれたけど、これからは道中で息を入れる競馬も覚えてほしい」(和田竜騎手)

     ◇ブラストワンピース「最初は馬場を気にするそぶりを見せたが、いい形で運ぶことができた。最後は馬群の中に入れたが、狭いところを割って出てくれた。追い出してからの反応も良くて、思った以上に早く先頭に立ったくらい。今後が楽しみ」(池添謙騎手)

     ◇マイハートビート「前走よりも返し馬で落ち着きがあった。京都で輸送時間が短いのが良かったのかな。ペースが遅く前の馬は楽をしていたけど、後ろからよく頑張ってくれた。トモ(後肢)がパンとすれば、もっと良くなると思う」(津村明騎手)

     ◇ユーキャンスマイル「走るごとに内容が良くなっている。直線ではかなり内にモタれていたけど、それでも勝つのだから力を持っている」(武豊騎手)

    【データで勝負】毎日杯

    【データからの注目馬・阪神11R】

    ◎(5)ギベオン

    ☆ここ5回の毎日杯を参考。連対馬9割が中2~6週のローテーション。また勝ち馬4頭、2着馬3頭は1800メートル(ダートも含む)でV歴あり

     これらのデータに合致するのは3頭。ならば同舞台のデビュー戦、前走の500万下と連勝中の本馬を中心視。土つかずで重賞制覇へ。

    展開を読む【毎日杯=スローペース】

     逃げ馬不在。ウォーターパルフェ、シャルドネゴールドあたりが押し出されそう。好位からギベオンも早めの押し上げか。続いてブラストワンピース、インディチャンプなども発進。直線は瞬発力勝負だが、先行勢の残り目にも注意。

    【毎日杯】傾向と対策

      過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 勝ち馬は全て重賞に出走していたが、今年は不在。連対馬19頭までが1600~1800メートル戦に出走。

     ☆脚質 勝ち馬6頭までが4角7番手以降からの差し切り。

     ☆新馬戦成績 勝ち馬8頭までが新馬Vを飾っていた。

     結論 ◎インディチャンプ ○ギベオン ▲ユーキャンスマイル



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    フラワーカップ予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【フラワーC】厩舎の話

     ◆インヴィジブルワン・田代助手 「前走は着差以上に余裕。重賞でどんな走りをするか」

     ◆ウスベニノキミ・野中助手 「未知な面は多いが、崩れていない馬」

     ◆カラリエーヴァ・中川師 「まだ緩さが残るが、センスは十分。理想は前々で粘り込む形」

     ◆カンタービレ・辻野助手 「センスがいいし、クラスが上がっても楽しみ」

     ◆キープシークレット・安藤助手 「雰囲気は良化。久しぶりの長距離輸送がどうか」

     ◆トーセンブレス・加藤征師 「上手に折り合えればチャンスはある」

     ◆ノーブルカリナン・友道師 「うまくペースが流れてくれれば」

     ◆ノームコア・萩原師 「前回よりもいい感じで出られそう。気性面なども特に変わりはない」

     ◆バケットリスト・高橋文師 「好位で折り合い、最後のひと脚でどこまで頑張れるか」

     ◆ファストライフ・青木師 「エンジンがかかればしまいは伸びる」

     ◆メサルティム・加納助手 「久々を使って息遣いは良くなっている」

     ◆モルフェオルフェ・大江原師 「中山は合っている馬だし、展開の助けがあるようなら」

     ◆ロックディスタウン・池添騎手 「力はあるので、当日落ち着いていれば」

    【データで勝負】土曜中山11R

    【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(3)ノームコア

    ☆近5回の同名レースを参考(2着同着が1回)。前走1着【5・3・2・21】→勝ち馬の4頭、2着馬の2頭は前走が3コーナーで3番手以内の競馬。先行力も重要視したい。また、芝1800メートル以上でV歴があるオープン馬は【2・3・1・3】と好走確率が高い


     ノームコアは牡馬相手に新馬、500万下を連勝した素質馬。当レース向きの先行力がある点も魅力だ。今週の調教では採点「7」をマーク。半年ぶりの実戦でも中心視する

    展開を読む【フラワC=スローペース】

     モルフェオルフェがハナへ。ノームコア、カンタービレが好位で折り合えば淡々と流れる。先行勢有利の流れでロックディスタウンは早めの仕掛けで対応か。直線は瞬発力勝負。ノーブルカリナン、トーセンブレスがどこまで追い上げるか。

    【フラワーカップ】傾向と対策

     ☆人気 1番人気は【4・3・1・2】と安定感あり。3番人気が2勝と続く。

     ☆脚質 逃げ切り4回を含め、勝ち馬8頭までが4角4番手以内。先行型が断然有利。

     ☆前走 勝ち馬7頭までが前走V。残る3頭のうち2頭は重賞での出走。

     ☆キャリア 3戦が3勝。2、4、5戦が各2勝。6戦以上は未勝利。

     結論 ◎ロックディスタウン ○メサルティム ▲ノームコア



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山牝馬S予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【中山牝馬S】登録馬(想定騎手入り)

    3月10日(土)に行われる中山牝馬ステークス(中山、GIII、芝1800メートル)の登録馬は以下のとおり。※騎手は想定

    エテルナミノル 四位洋文

    エンジェルフェイス 三浦皇成

    オートクレール 黛弘人

    カワキタエンカ 池添謙一

    キンショーユキヒメ -

    ゲッカコウ 柴田大知

    シャルール 内田博幸

    トーセンビクトリー 田辺裕信

    ノットフォーマル 江田照男

    ハローユニコーン -

    バンゴール 石橋脩

    ヒストリア 吉田隼人

    フロンテアクイーン 北村宏司

    ブラックオニキス 松岡正海

    マキシマムドパリ 藤岡佑介

    レイホーロマンス 岩崎翼

    ワンブレスアウェイ 戸崎圭太

    【中山牝馬S予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ