競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬重賞(G3)

    京成杯オータムハンデ予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【京成杯AH 武士沢に聞く】「マルターズアポジーいい感じでした」
      ◆京成杯オータムハンデ追い切り(9月6日、美浦トレセン)

     ―マルターズアポジーの追い切りは、美浦・Wコースで6ハロン81秒0―38秒8―12秒4。アドラビリティ(5歳500万)に5馬身先着しました。

     「前に馬を置いてかわす内容。いい感じでした。今回は中山で輸送距離が短いし、楽させると体が増える可能性もあるので、しまいはしっかりと追いました。状態はいい意味で平行線ですね」

     ―1600メートルの関屋記念で鮮やかな逃げ切り勝ち。今回も同距離です。

     「2000メートルでも駄目なことはないけど、マイルの流れの方が自分の形に持っていきやすい。ただ、この距離だと速い馬も多い。前に行く馬との兼ね合いがカギですね」

     ―勝てばサマーマイルシリーズ優勝が決定。

     「そこは意識せず、ここで結果を出せるように考えたい。58キロのハンデはしょうがないですね。これから上に行って戦うことを考えると克服してほしい。あとは枠。中山のマイルですから、やはり内が欲しいですね」
    【京成杯AH】グランシルク、“無冠の帝王”返上へ手応えあり!
    ◆京成杯オータムハンデ追い切り(9月6日、美浦トレセン)

     グランシルクは美浦のWコースを馬なりで単走。力みのないフォームで5ハロン66秒2―12秒5をマークした。「単走でものびのび走っていたね。気候も涼しくなって、元気な状態で臨めそう」と戸田調教師は納得の表情だ。

     惜敗続きにピリオドを打ちたい。末脚確かな実力馬はこれまで重賞戦線で2着2回、3着2回。前走の中京記念(2着)でも、外から懸命に追い込んだが、内の勝ち馬ウインガニオンには2馬身半届かなかった。「以前と比べて折り合いが付くようになっているし、何とか“無冠の帝王”を脱したい。勝てばサマーマイルシリーズ王者? ぜひ頑張ってほしいね」とトレーナー。順調ならば、今後はスワンS(10月28日、京都)からマイルCS(11月19日、同)を予定。1週前に感触を確かめた田辺との初タッグでまずは悲願の初タイトルを狙っていく。(川上 大志)
    【京成杯オータムハンデ|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    京成杯AH予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【京成杯AH展望】前で運べる機動力が魅力のNHKマイルC3着馬ボンセルヴィーソが中心
      ◆第62回京成杯オータムハンデ・G3(10日、芝1600メートル、中山競馬場)

     サマーマイルシリーズ、第62回京成杯オータムハンデ・G3は9月10日、中山競馬場の芝1600メートルで行われる。

     NHKマイルC3着以来となるボンセルヴィーソ(牡3歳、栗東・池添学厩舎)は、過去にマイル重賞で2歳時の朝日杯FS3着を含め【0130】。安定感ある脚力が光る。逃げても抑えても競馬ができるタイプで、前、前で運べる機動力は小回りの中山向きだ。

     昨秋からの本格化が著しいグランシルク(牡5歳、美浦・戸田博文厩舎)は、今年に入って勝ち星こそないが、5戦すべて3着以内。そのうち重賞でも中京記念2着、ダービー卿チャレンジT、京王杯スプリングCは3着と、初タイトルへあと一歩。過去【2322】の好相性を誇る中山マイルの舞台で念願の重賞初Vを目指す。

     昨年の優勝以来、4戦勝ち星なしのロードクエスト(牡4歳、美浦・小島茂之厩舎)。新潟2歳S1着、NHKマイルC2着を見るかぎり、左回りがベストのイメージだが、昨年のゴール前の切れ味は見事。450キロ台と馬格がないだけに、ハンデ(昨年は55キロでV)には注意したい。

     10か月ぶりの関屋記念で5着に入ったダノンプラチナ(牡5歳、美浦・二ノ宮敬宇厩舎)。馬体重は12キロ増えていたが、太め感はなく、良好な仕上がりだった。昨年のこのレースでは7か月ぶりの実戦で3着と適性、能力をアピールした。前走を叩いて体が締まり、朝日杯FS、富士S(ともに1着)時の瞬発力が戻れば、十分に勝負になる。

     充実一途の逃げ馬マルターズアポジー(牡5歳、美浦・堀井雅広厩舎)は、今年すでに重賞2勝(小倉大賞典、関屋記念)。中山マイルは昨年10月に秋風S(1600万)を勝ち、オープン入りを決めた舞台だ。父ゴスホークケンが朝日杯FSを制したのもこのコース。期待が高まる。

     勝ちにいった安田記念はしんがり負けも、G3なら力差はないブラックスピネル(牡4歳)、暑い時期が得意のダノンリバティ(牡5歳)の栗東・音無秀孝厩舎2騎にも警戒。
    【京成杯AH予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    紫苑S予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【紫苑S】レース展望
      今週の日曜メインは2つのサマーシリーズで王者を決める重賞が組まれているが、競馬の暦の上では秋競馬のスタート。その初日となる9日には、中山で秋華賞トライアルのGIII紫苑S(芝2000メートル、1~3着までに本番の優先出走権)が組まれている。

     重賞に格上げされて2回目。昨年はここを勝ったビッシュが本番で1番人気に支持されたものの、実際に秋華賞馬に輝いたのは紫苑S2着のヴィブロスだった。さらに、ここで5着だったパールコードも本番で2着に好走。かねて設定されているトライアル・ローズSよりもはるかに本番に直結する結果となっただけに、今年も注目が集まりそうだ。

     桜花賞8着、ラジオNIKKEI賞11着とここ2戦は大敗しているが、中山では3戦3勝という戦歴を誇るのがライジングリーズン(美浦・奥村武厩舎)。2000メートルに距離が延びる点は微妙だが、コース実績は無視できない。フェアリーS、アネモネS勝利の実績は明らかに上位。得意コースで復活を図る。

     3月のミモザ賞1着以来となるが、スケールの大きさから注目されるのがルヴォワール(美浦・手塚貴久厩舎)だ。新馬戦に続いて、相手を全く寄せ付けない大楽勝でのV2。2戦とも中山2000メートルという点は見逃せない。ここもあっさり勝つようだと、本番の最有力候補になるはずだ。

     オークス4着のディアドラ(栗東・橋田満厩舎)は、ひと息入れて臨んだ札幌のHTB賞をクビ差でV。2着ラヴィエベールは1600万下でも2戦してともに2着という降級馬だけに、改めて底力を印象付けた形だ。どんな展開でも確実に伸びてくる勝負根性があり、ここも大崩れは考えにくい。

     使いつつ着実に力をつけてきたポールヴァンドル(美浦・上原博之厩舎)も期待は大きい。スイートピーS5着、江の島特別4着とワンパンチ足りないレースが続いたが、前走のかもめ島特別は2番手追走からしぶとく伸びて快勝。大型馬が徐々に本格化ムードを漂わせている。今回は三浦皇成騎手とのコンビで臨む予定だ。

     前走でそのポールヴァンドルにクビ差及ばず2着だったカリビアンゴールド(美浦・小島太厩舎)は、スイートピーS2着の実績もあり、力を出し切ればここでも通用する。2勝はいずれも中山でマーク。ともにマイル戦ではあったが、距離に大きな不安はなく、軽視は禁物だろう。

     桜花賞を左後肢跛行(はこう)で出走取消となり、キャリア3戦のみで復帰するのがサロニカ(栗東・角居勝彦厩舎)。間隔があいていることに加え、力関係の比較も難しいところだが、底を見せていないのも事実だ。母はドイツオークスの勝ち馬で、未知の2000メートルもむしろ歓迎できる。一発の魅力を秘めている存在だ。

     夏に力をつけてきたナムラムラサキ(美浦・岩戸孝樹厩舎)や、フラワーC2着の実績があるシーズララバイ(美浦・竹内正洋厩舎)、中山2000メートルの寒竹賞を制しているホウオウパフューム(美浦・奥村武厩舎)、マイペースに持ち込めばしぶといミッシングリンク(美浦・斎藤誠厩舎)、スタミナ豊富なマナローラ(栗東・鮫島一歩厩舎)なども本番の出走権を目指して参戦予定。春の実績馬が勝つのか、それとも夏の上がり馬が勢力図を塗り替えるのか。本番を占う意味でも、秋競馬初日から目の離せない一戦だ。
    【紫苑S予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    小倉2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    小倉2歳S注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【小倉2歳S】モズスーパーフレア、軽快51秒6
      19日小倉の新馬戦(芝1200メートル)を好タイムで勝ったモズスーパーフレアは、坂路を軽やかに駆け上がり、4ハロン51秒6-12秒9(馬なり)。僚馬で、同じく小倉2歳Sに出走するアサクサゲンキと併入も手応えでは上回り、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。

     松若騎手は「無理をさせたくなかったですし、最後まで余裕がありました。初戦ぐらいのいい仕上がりですね。(初戦は)時計ももうちょっと詰まりそうな感じがあった」と納得の表情。音無調教師も「ほぼ(手綱を)持ったままだったからね。カイ食いはいいし、状態はいいよ。前走は普通の馬ならかわされて終わるところを根性を見せたから」と自信の口ぶりだった。
    フローラルシトラス軽快ラスト11秒8/小倉2歳S
    <小倉2歳S:追い切り>

     藤田菜七子騎手(20)が小倉2歳S(G3、芝1200メートル、9月3日=小倉)でフローラルシトラス(牝、武井)に騎乗し、自身4度目の重賞挑戦で初Vを狙う。

     菜七子騎手が3戦連続でコンビを組むフローラルシトラスは、小倉の芝コースで追い切られた。4ハロン52秒6-11秒8を計測。武井師は「動きは相変わらず素軽くて、良かったですよ」と話した。

     馬体重は410キロ前後の小柄な牝馬。輸送を考慮して早めに入厩した。「体を戻す時間がほしいと思った。直前だと厳しいので」と説明。僚馬はおらず、1頭で初めての小倉競馬場だが、さびしげな様子も見せず、落ち着いた雰囲気を保つ。「1頭でも調教できているし、しっかりしていますね」と目を細める。

     キャリア2戦。どちらも抜群のスタートセンスで、ハナを切った。前走はその長所を生かしての圧勝。「仕上がりが早く、完成度が高いところが一番のセールスポイント」と同師。今回も小回りの平たんコースでスピードを生かせれば一発があってもおかしくない。
    【小倉2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    新潟記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    新潟記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

     【新潟記念】新潟お任せ!エンブレム、好時計“マーク”
       サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念の追い切りが30日、東西トレセンで行われた。エプソムC2着以来2カ月半ぶりのアストラエンブレムが坂路でシャープに伸びて好仕上がりをアピール。シリーズ2位のタツゴウゲキ、3位タイのルミナスウォリアーも好調教を消化した。

     実りの秋へ、2戦2勝の越後路で飛躍する。アストラエンブレムが美浦坂路で4ハロン52秒2の好時計をマーク。重賞初制覇に向けて態勢を整えた。

     小島茂調教師を背に僚馬テスタメント(1000万下)を1馬身追走する形でスタート。なめらかな走りで加速して、ラスト1ハロンは12秒5できっちりまとめた。4ハロンの時計も全体では4番目に速いもので優秀だ。

     「あまり時計は意識しないで、気分よく走ってくれれば、と思っていた。動き自体はよくなっていますよ」とトレーナーは感触のよさを口にした。

     エプソムC2着後は、放牧でリフレッシュ。当初は夏全休の予定だったが、体調の良さも手伝い参戦へ。7月27日に美浦へ戻って、10本の追い切りを消化しており、仕上がりは万全だ。

     「少し早めに入厩させた。いつもより行儀がよくて、いろいろ操作しやすかった。最近は涼しかったので体調面はすごくいい」と調教師は胸を張る。

     2000メートルは初めてになるが、ここ3走((1)(2)(2)着)の1800メートルの走りから陣営は克服可能と判断。ゴール前で気を抜く面など難しさはあるが、小島茂師は「強制されると嫌なのはミルコ(デムーロ騎手)もわかっているし、少し早めでもこの馬のタイミングで出ていければいいと思う」と、7戦連続で騎乗する鞍上に託す。

     夏の新潟は3年連続の参戦で、これまで2戦2勝。小島茂師は「気になるのは天気だけ。雨だけは降らないでほしい」と良馬場を希望。2000メートルで結果を出せば、今後の選択肢が広がる。秋の気配が漂う新潟で重賞タイトルを手にして、GI戦線に弾みをつけたい。 
    【新潟記念】フルーキー、伸びて11秒8
     エプソムC9着以来、2カ月半ぶりの実戦でも状態は申し分ない。フルーキーはCWコースの3頭追いで5ハロン67秒9。サロニカ、ハッピーモーメントを5馬身ほど追走する展開から1馬身先着した。少し気合をつけただけでラスト1ハロン11秒8とシャープに伸びた。岸本助手は「動きはよかったし、馬は悪くない。若いころの切れはないかもしれないが、雰囲気は上々です」と好感触を伝えた。
    【新潟記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ