競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    競馬重賞(G1)

    高松宮記念-直前情報まとめ

    【高松宮記念】最新ナマ情報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000531-sanspo-horse


    ◆好調キープににっこり〔4〕ラインスピリット

     角馬場からDPコースで軽め。松永昌調教師は「ここのところずっと調子はいい」とにっこり。平地GI初騎乗となる森一騎手は「けさも乗りましたが、好調キープ。いい枠なのでロスなく行ける」と目を輝かせた。

    ◆集中力持続カギ〔5〕レッドアリオン

     坂路で4ハロン64秒9-14秒7。橋口調教師は「気合が乗ってすごくいい感じ。状態は間違いなくいい。気合が乗りながらもリラックスしている。とにかく集中力を持続できれば…。ハミを取っていれば内を回っても」と変わり身を願う。

    ◆さらに成長した〔6〕セイウンコウセイ

     午前10時43分に到着し、落ち着いた脚取りで馬運車を降りた。「輸送は問題ありませんでした。美浦で量ったときに10キロ増えていたけど、成長分。前走のときも良くなったと感じたけど、その後にひと息入れてさらに良くなっています」と矢野厩務員は上積みを強調した。

    ◆いつもの感じで〔7〕レッドファルクス

     昨年のスプリンターズSの優勝馬は美浦トレセンから約7時間で到着。芝3戦全勝と相性がいい中京で、馬房に向かう脚取りは力強い。「輸送はいつも通りにクリア。このコースは走ると分かっているので心強いです。馬体重は470キロ台で、いつもの感じで臨めると思います」と齋藤助手は自信をのぞかせた。

    ◆仕上がりに満足〔8〕バクシンテイオー

     午前11時23分に到着した。「輸送は落ち着いていました。着いてからイレ込むところがあるけど、今のところ大丈夫なので、レースまで落ち着いていてほしい」と森助手。「状態は(昨夏に)北九州記念を勝った頃と遜色ありません」と仕上がりに満足げだ。

    ◆精神面ポイント〔9〕シュウジ

     坂路で4ハロン61秒6-14秒6。キビキビした脚さばきで好気配を漂わせた。北村助手は「この馬にしては普通のキャンター。ダクも歩様もいい感じ。馬は絶好調。あとは当日の落ち着き」と精神面をポイントにあげた。

    ◆変わらず好状態〔10〕クリスマス

     7つの競馬場を経験しており、輸送は慣れたもの。今回もスムーズにこなした。「輸送はいつも通りだったし、変わらずにいい状態です。けいこ量はこれまでで一番やった感じ。動きは良かったし、GIでやれることはやりました」と田村助手は力が入っている。

    ◆胸張る臨戦態勢〔12〕メラグラーナ

     角馬場で調整。軽やかな脚さばきで心身をほぐした。池添学調教師は「落ち着いていていい雰囲気でしたね。馬体重も予定通り。(中京への)輸送はあるが、順調にきています」と臨戦態勢に胸を張る。当日の馬場状態は微妙だが、「大雨でなければ大丈夫。もともと、パワーもあるタイプだから」とうなずいた。

    ◆自在の脚で勝負〔13〕ソルヴェイグ

     坂路で4ハロン65秒0-16秒0をマーク。鮫島調教師は「追い切りの動きはすごく良かったし、けさも変わらずいい雰囲気だね。きれいな馬場の方がいいが、今回はそれなりに(前へ)行きそうな馬もいるし、自在に立ち回ってくれれば」と反撃を期待する。

    ◆短距離戦楽しみ〔15〕ヒルノデイバロー

     CWコースを軽く1周した。「無理はしない。十分、体はできているし」と平岩厩務員。芝の短距離路線に転向後、徐々に力をつけてきた。同厩務員も「短距離戦を使ってから筋肉の付き方が変わってきた。どこまでやれるか楽しみ」と決戦を待つ。


    シュウジ千二で見直し消耗戦なら面白い/高松宮記念
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-01797890-nksports-horse

    <柏山自夢・MyDream:高松宮記念>

      前走阪急杯組は直近の10回中9回で連対、残る1回でも3着に入っている。中京コースの改修を挟んでも、優位は変わりない。


      その阪急杯でスプリント色の濃さを出した最高級の◎シュウジ。好位で引っ掛かり通し、4角ではお釣りが無かった(8着)。1400メートルでも持て余してしまうほどの推進力は、陣営が「本質的にはスプリンター」(北村助手)と指摘する通り。もう1段階流れが速くなるこの距離で見直したい。


      今回は内外にテンの速い馬がおり、前に壁が作れそう。全4勝中3勝をやや重の馬場で挙げ、昨夏は洋芝コースの重賞で接戦の2着を続けた。天候悪化で消耗戦になれば、チャンスは拡大する。父キンシャサノキセキは10、11年と連覇。ゆかりのレースから、産駒のG1初勝利を届ける。単勝(9)。馬単(9)→(2)(6)(13)(3)(7)(12)(15)。(大阪駐在)


    【細原・騎手で獲る 特別編】26日中京11R 先行力抜群セイウンコウセイが好枠から押し切る
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000067-spnannex-horse

    今年の高松宮記念(中京11R)は近年まれに見る混戦ムード。「うちの馬でも勝てるんじゃない!?」と、関係者が口にするほど抜けた馬がいない。こういう年こそ展開で買える。

    ◎は先行力抜群で内寄り(6)番と絶好枠を引き当てたセイウンコウセイで勝負する。
    勝ち上がるまでに7戦を要したが、その後は持ち前のスピードで7戦4勝2着2回の快進撃。

    大敗したのは休養明けの白秋S(13着)だけだ。
    最大の武器は直線を向いてもう一段ギアがあること。

    近3年は全て「4角4番手以内」の先行馬が制しているように、粘り強い走りは最大の買い材料だ。  初コンビの幸も手が合うイメージ。

    大跳びで力強く“追って味のある”タイプだけに、
    体全身を使って豪快に追い込む鞍上のスタイルは頼もしい。
    幸は1週前に美浦に駆けつけ特徴は把握済み。
    前々から内ラチ沿いを粘り込む“優しい武闘派”の手綱さばきに期待する。
    馬券は馬単と馬連。相手はレッツゴードンキ、ラインスピリット、クリスマスを厚めに。
    レッドファルクス、メラグラーナ、ワンスインナムーンを押さえる。
    【広告】
    競馬予想会社が不安が多いですけど・・・
    ここは無料で試してみることができますw
    それでしっかり馬券もGET-ギャロップジャパンは熱すぎる
    gjj






    高松宮記念予想|2017年|予想オッズまとめ

     今週日曜は、中京競馬場で高松宮記念(芝1200メートル)が行われる。春のGIシリーズの開幕戦で、皐月賞まで4週連続でビッグレースが開催される。春のスプリント王を決める一戦は、混戦模様となったが、実績でレッドファルクスがリードする。昨年のスプリンターズSを制し、中京コースは3戦3勝。香港スプリント以来、3カ月半ぶりとなるが、仕上がりは順調だ。

     史上7頭目となるJRAスプリントGI完全制覇に、レッドファルクスが挑む。得意の中京での大一番に、尾関調教師は手応え十分の様子だ。

     「順調にきています。中京は別馬かと思うほど相性がいい。期待しています」

     昨年はCBC賞、スプリンターズSと連勝し、スプリント界の頂点に立った。もともと左回りにこだわって芝、ダートを問わずレースに出走していたほどで、なかでも中京芝は3戦全勝。重賞初制覇を飾ったCBC賞では、馬場が改修された2012年以降の中京芝で最速となる上がり3ハロン32秒7をマークしている。

     前走の香港スプリントは激しくプレッシャーを受けたこともあって力を発揮できず、12着に敗れた。今回はそれ以来3カ月半ぶりとなるが、予定通り。帰国後は放牧で体力の回復に努め、早くからここ一本に照準を定めて調整されてきた。

     スプリンターズSも3カ月ぶりで結果を出しており、「しっかりと疲労を取って、スプリンターズSのときと似たような感じでこられたと思います」とトレーナー。16日の1週前追い切りでも力強い走りを見せ、「動きは良かったし、時計、内容ともにいい追い切りになりました。体の感じもいい」と表情は明るい。

     香港での悔しさを晴らすためにも力が入る一戦。自慢の切れ味で再びライバルを切り伏せ、スプリント王の座を確固たるものにする。

    【高松宮記念予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    フェブラリーS予想|2017年|調教・追い切り

    うまコラボバナー
    ↑↑
    ここの指数激アツwwww
    まずは無料会員から
    うまコラボはこちらから無料登録






     JRAで今年最初のGIとなるフェブラリーステークス(19日、東京、ダ1600メートル)の追い切りが15日、滋賀・栗東トレーニングセンターで行われた。昨年の優勝馬モーニン(栗東・石坂正厩舎、牡5歳)が、坂路で抜群の動きを披露。自己最速の4ハロン50秒4を楽にマークし、サンケイスポーツ調教評価は最上級の『S』だ。万全に体調を整え、今回は名手、ライアン・ムーア騎手(33)=英国=を初めて鞍上に迎える。史上2頭目の連覇へ向け、視界は良好だ。

     これがディフェンディングチャンピオンの貫禄だ。気温2度と冷え込んだ栗東で、モーニンが圧巻の走りを披露。動きを見届けた石坂調教師は、復権への期待を込めた。

     「(昨年の)フェブラリーSの後は結果が出ておらず心配ですが、あのときと同じか、もっと強くなっていると思う。力を発揮できれば、連覇があると期待しています」

     朝一番の坂路に登場し、単走でスタート。ウッドチップを力強く蹴り上げ、前半から快調に飛ばしていく。引っ張り切りの手応えで直線に向くと、先行していた他厩舎の併せ馬を内からあっさりパス。軽く仕掛けられてラスト1ハロン(200メートル)を11秒9でまとめ、余力十分に自己最速の4ハロン(800メートル)50秒4を叩き出した。騎乗した荻野要助手は「うなっていた。息の入りもよかったね」と好感触を証言。サンケイスポーツ調教評価では、ただ1頭の最上級の『S』だ。

     1月末に左前脚のフレグモーネ(主に外傷で皮膚などが化膿=かのう=する疾患)を発症したが、担当の濱名助手は「幸いにもピッチを上げていく前でした。牧場からいい状態で戻ってきていたので、うまく対応できた」と心配無用を強調する。

     昨年は1分34秒0のコースレコードをマークし、JRAのダートでは最速のデビュー7戦目でのGI制覇。だが、その後は4戦未勝利で、近2走の武蔵野S、チャンピオンズCでは、もまれ弱さを露呈して連続7着に終わった。音に敏感な面があり、この中間はストレスを軽減するため、運動中に音を遮る効果があるメンコを着用。輝きを取り戻すために試行錯誤を重ねている。

     今回は英国のムーア騎手が騎乗する。昨年も世界を股にかけた活躍を見せ、日本では天皇賞・秋を制覇。東京ダ1600メートルは得意としており、JRAのコース別では最も多く勝っている。2015年以降の勝率28・6%は出場予定騎手の中で最高だ。石坂調教師は「世界NO・1のジョッキーで、本当に心強い」とうなずく。

     迫力満点の動きを見せて、復権への態勢は整った。2014、15年のコパノリッキーに次ぐ史上2頭目の連覇に突き進む。 (川端亮平)

    ★世界NO・1ジョッキー

     ムーア騎手は昨年、ロンジンワールドベストジョッキーで優勝した。これは世界の主要GIレース100鞍における着順(1~3着)を集計するもので、166ポイントを獲得して、98ポイントで2位のスミヨン騎手(仏)に大差をつけ、14年に次ぐ2度目のVとなった。昨年は天皇賞・秋のほかに、凱旋門賞、“キングジョージ”、ドバイターフ、香港C、仏2000ギニーなど世界でGI20勝を挙げた。

    ★この日のムーア

     ムーア騎手は15日、栗東トレセンを訪れ、ドバイのマクトゥームチャレンジ・ラウンド3(3月4日、メイダン、GI、ダ2000メートル)に挑むラニ(栗・松永幹、牡4)の追い切りにまたがった。モーニンには騎乗しなかったが、石坂厩舎の所属馬は2013年のジャパンCで初騎乗のジェンティルドンナを勝利に導いており、指揮官は全幅の信頼を寄せている。

    【フェブラリーS予想|2017年|調教・追い切り】の続きを読む

    フェブラリーステークス|2017年|共同会見まとめ

    うまコラボバナー
    ↑↑
    ここの指数激アツwwww
    まずは無料会員から
    うまコラボはこちらから無料登録



    ホワイトフーガ高木師「左回りのダート1600mはベスト」

     サウンドトゥルーに引き続き、同じくフェブラリーS(GI・ダ1600m)に出走するホワイトフーガ(牝5・美浦・高木登)について、高木調教師が共同記者会見に応じた。

    (前走のTCK女王盃3着について)
    「1800mでどのくらい掛かるかなと正直思っていたのですけど、折り合いもつきました。3コーナーくらいでハミを少し噛んでいましたが、ジョッキーも許容範囲だと言ってくれました。パサパサのダートで引っ掛かりが悪いような感じがあったので、58キロの斤量が余計応えたかなと思います。3着に負けましたけど、レース内容は良かったと思います」

    (フェブラリーS参戦の経緯は?)
    「TCK女王盃の後に、ジョッキーから行きましょうという話がありました。確かに左回りの1600がこの馬にはベストですし、それで参戦を決めました」

    (中間の調整は?)
    「使った後も順調です。1度使うと多少はピリピリしてくるのですけど、今のところ許容範囲で良い仕上がりで来ていますね」

    (坂路での最終追い切りについて)
    「先週併せ馬でしっかり負荷をかけておいたので、今週はジョッキーの感触に任せてサラッと流して追い切りをしてもらったのですけど、最初から折り合いもついて良い走りでしたね」

    (蛯名騎手が騎乗して53.4-12.8という時計は?)
    「予定通りの時計でした。折り合いだけ心配だったのですが、全く問題なく良かったです」

    (2年連続のフェブラリーS出走になりますが?)
    「昨年はかなりの重馬場で高速決着になりましたが、なるべくなら良馬場でやれれば持ち味は生きると思います」

    (レースのポイントは?)
    「この馬は競馬が上手ですので流れに左右されませんし、馬群に頭さえ入れば間を割っていける勝負根性もありますので、何の心配もしていません」

    (牝馬のダートのチャンピオンとして迎えるフェブラリーSについて)
    「女馬とはいえ馬格もありますし、良い根性をしています。今回は前走の58キロから3キロ減る55キロなので、何とか頑張りたいと思っています」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

     
     
    【フェブラリーステークス|2017年|共同会見まとめ】の続きを読む


    有馬記念はここの予想をチェック
    無料予想で大万券GET






    ◆力を出せる状態〔1〕キタサンブラック

     気配がすこぶるよく、毛づや、馬体の張りも上等だ。“極限”を思わせたジャパンC制覇時には及ばないかもしれないが、存分に力を出せる状態にある。最終調整は坂路でラスト1ハロン16秒8(4ハロン72秒8)。うなるように登坂してきた。「うまく調整ができたと思います。必要以上にテンションは高くなっていないので。このままの雰囲気でレースに臨めれば」と辻田厩務員は胸を張った。

    ◆復帰後一番いい〔3〕ムスカテール

     角馬場で長めに乗られた。山田助手は「この馬にしては身のこなしが柔らかいし、状態は言うことない。(復帰してから)5走目になるが、具合が一番いいのは間違いない。相手は強いが、自信を持って出せる」と状態に太鼓判を押す。

    ◆初の距離も克服〔4〕ヤマカツエース

     角馬場から坂路(4ハロン66秒4)で調整。軽快なフットワークで好調をアピールした。池添兼調教師は「雰囲気はいいし、変わらずきている。今の具合の良さを生かして(初の)距離も克服してくれないか。(2戦2勝の)中山も相性いいしね」と力を込める。

    ◆脚取りキビキビ〔5〕サムソンズプライド

     美浦の南Dコース1周後、坂路をキャンターで1本(4ハロン76秒3)。キビキビした脚取りで気配の良さを感じさせる。杉浦調教師は「変わりない。中間は順調にきた。枠はどこでもよかったけど、近くに(前に)行く馬がいるから道を作ってくれるんじゃないか」と自然体で構える。

    ◆デムーロに一任〔6〕サウンズオブアース

     角馬場で体をほぐした後、ダクでCWコースを1周。前走のジャパンC(2着)同様に気配は上々だ。藤岡調教師は「やるだけのことはやった。前回もよかったけど、さらにいい感じ。あとはデムーロ騎手に任すだけ」と両手を合わせる。神頼みのポーズでGI初制覇を願った。

    ◆発馬が決まれば〔7〕マルターズアポジー

     3連勝で重賞初制覇を飾り勢い十分。金曜は坂路を1本上がってからPコースを1周した。「いつも通り、掛かる感じはありました。落ち着いて走らせる調教をしていますが、ここまで具合が良すぎるとね。初速ならこのメンバーでも速いんじゃないかな」と米良助手。スタートが決まれば、自然に先手を奪う形となりそうだ。

    ◆ミッキークイーン〔8〕追い切り後も順調

     滋賀・栗東トレセンの坂路コースで最終調整。軽めのキャンターで4ハロン69秒5のタイムをマークした。齊藤助手は「前回とは気配が全然、違いますね。追い切り後も順調にきているし、元気がいい。小回りの中山に対応できれば」と一変ムードの愛馬を頼もしそうに見つめていた。

    ◆8歳も元気一杯〔9〕ヒットザターゲット

     CWコースから坂路を軽め(4ハロン69秒6)。清生助手は「変わらずいいですよ。とくに変動がある馬じゃないですしね。8歳馬という体ではないし、獣医師さんもいいと言ってくれてます」と順調な態勢に納得する。

    ◆展開の味方期待〔10〕アドマイヤデウス

     坂路を軽やかに駆け上がった(4ハロン67秒4)。落ち着きがあって調子のよさが伝わってくる。橋田調教師は「いい具合に仕上がっている。強い馬が多いので、展開が味方してうまく立ち回ってほしいね」と祈った。

    ◆文句なしの状態〔11〕サトノダイヤモンド

     坂路の急勾配を真っすぐに駆け上がってきた。タイムは4ハロン64秒2-15秒7。脚さばきは力強く、それでいて軽やか。文句なしのムードを最終調整で漂わせていた。「状態はOKですよ。あとは『無事に無事に』の思いだけです。長距離輸送はありますけど、前回の体重とそんなに大きく変わらないと思いますよ」と中澤助手。2度目のGI制覇へ、仕上がりは万全だ。

    ◆変わりなく順調〔12〕サトノノブレス

     坂路で4ハロン64秒0-14秒7のタイムを計時。15-15の調整で最終決戦に備えた。「馬はいつもと変わりない感じですよ。体は前走を使ってできているので。輸送も問題ないです」と田重田助手。大幅な良化はないが、デキは高いレベルをキープしている。

    ◆納得の臨戦態勢〔13〕デニムアンドルビー

     坂路で4ハロン62秒7-14秒6。キビキビした脚さばきで叩き2走目の上積みを披露。角居調教師は「順調ですよ。長い休み明けを叩いて引き締まった。前回は脚元を用心しながらでしたからね」と臨戦態勢に満足げ。

    ◆初の中山もOK〔14〕シュヴァルグラン

     角馬場で軽く乗られた後、DPコースをシャープなフットワークで駆けた。津田助手は「状態は言うことないですね。(奥手の)ハーツクライ産駒だからでしょうか、体もたくましくなって成長しています。中山は初めてですが、問題ないですよ」と期待を寄せる。

    ◆スタート決める〔15〕アルバート

     追い切り翌日は北の角馬場で歩様のチェック。「コンスタントに使ってきた昨年より、長期休養明けから3戦目の今年はフレッシュな状態。前走はゲートを出ず行き脚がつかなかったので、今回はスタートを決めてほしい」と橋本助手。発馬がポイントとなりそうだ。

    ◆有終の美へ闘志〔16〕マリアライト

     これがラストランとなるGI2勝の女王は角馬場で体をほぐした後、美浦Pコースをゆったりとキャンターで1周した。久保田調教師は「静かに内に闘志を秘めている感じで、気配はすごくいい。体重もレースで438~440キロくらいのイメージ。本来はこれくらいなんだろうし、動ける体つきです」と仕上がりに自信を見せる。



    いつも美味しいぐらいの結果を出している注目サイト
    ホースキングの予想が注目

    housekin




    このページのトップヘ