競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    共同会見

    桜花賞予想|2020年|JRA共同会見まとめ


    kyoudoukaiken


    フェブラリーステークスは完璧だったwww

    baken3


    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    「広告」令和競馬

    reiwakeiba


    とりあえず…無料会員になってみたいサイト
    令和ケイバ






    ヤフーニュースより引用しました。

    【JRA】レシステンシア武豊騎手「デビュー戦で乗った時と比べて成長した」/桜花賞共同会見

     ■レシステンシアに騎乗予定の武豊騎手


    ――新馬戦以来のコンビ結成ですね。

    武豊 調教もいい動きをしていると聞いていたので期待して乗った新馬戦でした。期待通りのレースをしてくれました。かなり敏感な性格があるな、という感じだったし、道中も少し外に逃げたりとか難しい面はあったんですけど。能力は感じましたね。直線を向いてからはいい脚だったので、やはり走る馬だな、と思いました。


    ――その後は逃げたこともありましたが、どういうレースが合っていると思いますか?

    武豊 デビュー戦の後は乗っていませんが強い内容で重賞、GIを勝っていますね。2歳牝馬チャンピオンとなりましたから。特に阪神ジュベナイルフィリーズは見ていて驚くくらいの強さだったので凄い馬だな、と思いました。


    ――逃げてもよし、差してもよし、という感じでしょうか?

    武豊 どうでしょうかね(笑)。キャリアがまだ浅い馬なので何が一番いいかはまだわからないですけれども。ただ、ジュベナイルフィリーズのレースは圧勝だったので、そこは事実としてありますね。


    ――先週、調教に乗った感触は?

    武豊 感触を確かめる程度であまり速くならないようにという指示で本当に軽い追い切りだったんですけれども、非常に馬が力強くて状態の良さも伝わってきましたし、デビュー戦で乗った時と比べて成長したな、と感じました。2歳牝馬チャンピオンになった馬なのでそういう先入観もあったのかもしれないですけど。ずいぶん良くなったな、と思いました。


    ――桜花賞5勝しています。このレースのポイントは?

    武豊 まだ3歳になっての春ですし、キャリアの浅い馬たち、そして牝馬ですから。まぁまだまだ不確定要素が多いというか、レース自体もそうですし、馬もまだまだ手探りなところがある中でのクラシックレースだと思っていますので。乗り甲斐もありますし、難しいレースでもありますね。


    ――武騎手は平成最初の桜花賞(1989年シャダイカグラ)を勝っていますね。今回は令和最初の桜花賞ですが?

    武豊 そうですね(笑)。そのチャンスがあるのでこういういい馬とコンビを組んで出れるわけですから、このチャンスをものにしたいという気持ちは強いですね。


    ――クラシック最年長勝利記録というのもありますが?

    武豊 そうなんですか(笑)。まぁ、それも栄誉なことだと思います。本当にいいチャンスを貰ったのでそれに応えたい気持ちもあります。


     今日の追い切りは思ったより速かったんですけど、まぁタイムの指示は良かったんですけどある程度伸ばしてという指示だったので、ホントに軽く伸ばしただけだったんですけど。あれだけのタイムが出るというのは改めてポテンシャルの高さを感じたので。ますますレースが楽しみになりましたね。


    ――最後にひとこと。

    武豊 本当に今大変な状況ですけど、我々は競馬を通して、テレビやラジオで多くの方が競馬で楽しんでいただけると思って全力で騎乗するだけなので。なんとか少しでも楽しんでいただいて、勇気を与えられるようなレースができればと思います。


    (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ミヤマザクラ福永騎手「牝馬らしからぬ馬格の持ち主。パワーもスピードもある」/桜花賞共同会見

     ■ミヤマザクラに騎乗予定の福永祐一騎手


    ――前走のクイーンCを振り返ってください。

    福永 初めてのマイルだったんですけど、思っていた以上にスムーズに流れに対応してくれて、先行するかたちで、長くいい脚を使って押し切ってくれましたけれども。初めてのマイルとは思えないくらい上手に対応してくれたんじゃないかな、と思います。


    ――初コンビでしたが意識されたことは?

    福永 桜花賞に向けていろいろ確認したいことがあったんですけれども、スタートも良かったですし思った以上にスムーズに流れに乗れる脚があるんだな、と確認できましたので。


     今回、桜花賞になってペースもまた違うと思いますけど、一度レースに乗れたことでいろいろ確認もできましたので、今回に生かせればいいな、生かしたいと思っています。


    ――この馬の良さは?

    福永 牝馬らしからぬ馬格の持ち主で非常にパワーもありますし、かつスピードもありますので。非常にレベルの高い馬だと思います。


    ――先週の追い切りの印象は?

    福永 調教は動く馬なので、いつもいい動きをしていますけれども。変わらず先週も非常にいい動きをしていましたし、体調に関してもいいコンディションで臨めるのではないかと思っています。


    ――前走からの変化は?

    福永 今回はGIなので、より仕上げてくれてきているというか、優秀なスタッフがこの大一番に向けて万全の状態で仕上げてきてくれています。


    ――福永騎手は桜花賞2勝ですが、このレースのポイントは?

    福永 新しいコースになってから勝ってないんでね。ただ、阪神のマイルに関しては普段から乗っていますが、直線が長いのでね。力のある馬がより力を発揮しやすいコースだと思います。


    ――馬場状態については?

    福永 先週をみても土曜日と日曜日では馬場傾向が違いましたし、やはりそこは当日の馬場のコンディションであったり傾向であったり、そういったところを加味しながら対応しなければならないのかな、と思います。


    ――最後にひとこと。

    福永 こういった状況下の中で競馬を続けさせてもらえるということは感謝していますし、関係者一同、精一杯いいレースを提供できるようにしていきたいなと思っていますので、またたくさんの方々に支えていただけたらと思っています。


    (取材・文:花岡貴子)



    【JRA】サンクテュエール藤沢和雄師「若いうちから評判の馬」/桜花賞共同会見

    (追い切りについて)

    「いつもは坂路で追い切っていますが、先週はウッドチップコースで追い切っていますし、今週は輸送もあるので(最終追い切りは)坂路で追い切りました。そんなに時計は速くないですけど、動きはいつも良い馬なので、このくらいで十分だと思います。休み明けになりますが、気が良いので順調に来ています」


    (改めて京都でのシンザン記念・GIII・1着を振り返って)

    「スタートが良くなくて、最後は幾分狭いところに入って少し気を遣っていたのですけど、結果は強かったのでひと安心しました」


    (この馬のセールスポイントは?)

    「若いうちから評判の馬で、(入厩から)ひと月くらいで夏の新馬戦を使わせてもらったのですが、すごく気が良くて調整がしやすく、勝たせてもらうことができました。2戦目(アルテミスS・GIII・2着)は相手がとても強い馬で残念な結果でしたけど、その後はまた頑張ってくれましたし、順調に3歳の春を迎えられました」


    (舞台が阪神のマイルになるが?)

    「(これまで3戦は)それぞれ違う競馬場で走らせてもらったのですけど、何とかこなしてきています。阪神は良いコースですし、相手も強いですけど頑張ってもらいたいです」


    (その3戦すべて前めでの競馬だが、今回も先行を?)

    「今回は速い馬もたくさんいますから、あまり置かれないようについていってほしいと思っています」


    (レースを前にルメール騎手とはどんな話をする予定?)

    「最初からずっと乗ってもらっていて色々わかっていると思いますし、馬も順調に来ているので、そんなにたくさん話をする予定はないです」


    (桜花賞連覇にかける思いは?)

    「昨年は素晴らしい馬(グランアレグリア)で勝たせてもらいましたが、今年はまた違うタイプなので、秋にも来年にも繋がる素晴らしいレースをして、何とか頑張ってもらいたいと思います」


    (輸送はいつ?)

    「前日に輸送する予定です」


    (こういう状況の中での競馬が行われるが?)

    「我々は何もできないのですけど、家で退屈している人がいればテレビで競馬を応援してもらいたいですし、また素晴らしく綺麗な馬たちがたくさんいますので、応援してもらいたいと思います」


    (ファンへのメッセージを)

    「大変な時期ですが、馬はすこぶる元気良く順調に来ていますので、応援してください」


    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】マジックキャッスル国枝師「終いの脚を生かせれば」/桜花賞共同会見


    ■マジックキャッスルを管理する国枝栄調教師


    (追い切りについて)

    「先週結構やっていましたし、今日は半マイルから前に2頭置いてそれに並んでいくという調教をしました。別にかかることもなく折り合って、スムーズな脚捌きだったのではないかなと思います」


    【写真】マジックキャッスルこれまでの軌跡


    (大一番を前に仕上がり具合は?)

    「特に気になるところもなく順調に来れたので、週末に阪神に行って、あとは馬場が良ければと思っています」


    (輸送については?)

    「落ち着いた馬ですし、ファンタジーS(GIII・2着)の時も特に問題なかったので、大丈夫だと思います」


    (阪神のマイルについては?)

    「走りやすいコースになってから不利もなく競馬ができるので、良いのではないかなと思います」


    (あとは天気、馬場のコンディションということになる?)

    「そうですね、やはり良い馬場で競馬をしたいと思っています」


    (ここ3戦すべて2着と惜しい競馬が続いているが?)

    「少し届かなかったりしていたのですけど、十分やれるのではないかと思っています」


    (錚々たる顔ぶれになるが?)

    「そういう意味でも楽しみです」


    (どのようなレースを期待?)

    「流れてくれて、終いの脚を生かせればと思います」


    (桜花賞はアパパネとアーモンドアイで勝っているが、その2頭と比較して)

    「あの2頭はやはり特別ですし、そこまではちょっと無理かもわからないですけど、すべてうまく噛み合えば良い競馬になると思います」


    (ファンにメッセージを)

    「ここのところあまり良いムードではないですし、華やかな桜花賞ということで、競馬で少し盛り上がってもらいたいです。頑張ります」


    (取材・文:佐々木祥恵)




    競馬ファンなら一度は体感してみたい高配当馬券
    無料でこれだけ見れるのは激アツ!!
    勝ちうま上昇理論

    hanro

    高松宮記念予想|2020年|JRA共同会見まとめ


    kyoudoukaiken


    フェブラリーステークスは完璧だったwww

    baken3




    「広告」令和競馬

    reiwakeiba


    とりあえず…無料会員になってみたいサイト
    令和ケイバ






    ヤフーニュースより引用しました。

    【JRA】タワーオブロンドン藤沢和雄師「穏やかだけどヤル気になっている」/高松宮記念共同会見

     ■藤沢和雄調教師

    (前走のオーシャンS・GIII・3着を振り返って)
    「長い休み明けでしたし、内枠で斤量(58キロ)もあったのですけど、3着とよく頑張ってくれたと思います」

    (前走後からの調整は?)
    「前走後は在厩でしたが、さほど疲れもなかったみたいで、1週間目からは順調に普通キャンターの調教をして、先週、今週とペースアップしてます」

    (先週の1週前追い切りについて)
    「疲れも取れましたし、そんなに速くはなかったのですが、単走でやっておきました」

    (最終追い切りも単走だったが?)
    「1度使う前は幾分イライラしていたのですけど、随分馬も落ち着いてきました。昨年も併せ馬はしなかったですし、(今回も)単走で良い感じで落ち着いて走ってくれたと思います」

    (1回使っての変わり身は?)
    「体重はそんなに変わらないのですけど、輸送もありますし、気持ちの方は穏やかですけどヤル気になっているので、頑張ってくれると思います」

    (中京コースは初めてになるが?)
    「大きな馬で幾分モタつくところがあるので、直線が長い中京は向いていると思います」

    (鞍上の福永騎手とは何か話を?)
    「日頃競馬で一緒になっていますのでよくわかっていると思いますし、当日話をする予定です」

    (どんな騎乗を期待する?)
    「昨年はスプリント路線に変更してから良かったのですが、そのあたりも見ていると思うので、自信を持って頑張ってくれるように伝えたいと思います」

    (理想の流れや展開は?)
    「競馬は乗りやすい馬なので、どんな流れになっても大丈夫だと思います」

    (雨予報が出ているが?)
    「どのくらいの量なのか心配なんですけど、この馬は洋芝も走っていますので、重い馬場はこなしてくれると思います」

    (秋、春のスプリントGI連覇を目指す意気込みを)
    「昨年は強かったですし、十分休養をさせてこのレースに向けて調整をしてきました。順調に来ていて馬も元気良いですし、体調も良さそうなので、応援してください」

    (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】グランアレグリア藤沢和雄師「前走内容はとても感動」/高松宮記念共同会見

     ■藤沢和雄調教師
    (前走の阪神C・GII・1着を振り返って)
    「休み明けが多い馬ですが、初めて古馬との対戦でしたし、距離もまた1600mから1400mになって幾分忙しいかなと心配していたのですけど、競馬は素晴らしい内容でとても感動していました」 

    (直線での反応は?)
    「斤量(54キロ)も軽かったのですけど、最後の100mくらいは素晴らしかったと思います」

    (休み明けの影響はなかった?)
    「桜花賞も休み明けで前走も休み明けでしたし、新馬戦も勝たせてもらったように、すごく気の良い馬で調教しやすい馬ですから」

    (前走後の調整について)
    「前走後は牧場に帰って調整してきました」

    (池添騎手が初めて乗った1週前追い切りについて)
    「単走で、時計は遅かったのですけど、上手に折り合ってたので安心しています」

    (池添騎手はどんな感想を?)
    「敏感そうな素晴らしい馬だと褒めて頂きました」

    (今朝の最終追い切りは?)
    「休み明けですが、随分勘の良い馬で気が乗ってきましたし、今日は坂路の方で馬なりで調整しておきました。いつもと変わらず良かったと思います」

    (休み明けに実績があるが、3ヶ月少々あく今回は?)
    「時期もちょうど暖かくなってきたし、輸送もあるので、頑張ってくれると思います」

    (1200mの距離については?)
    「今回は1200mが得意な馬たちがたくさんいますし、この馬は桜花賞馬ですから、200mずつ短くしてきたのですけど、上手に対応できるかなと思っています。何とか頑張ってもらいたいです」

    (中京も初めてになるが?)
    「東京デビューだったのですけど、阪神に行ったり、何回も輸送してるので、その辺は問題ないと思います」

    (雨予報が出ているが?)
    「どのくらいの量なのか心配ですが、グランアレグリアは前向きな馬なので、重い馬場もこなしてくれると思います」

    (意気込みを)
    「速い馬たちがたくさんいる中でどういう競馬をしてくれるか少し心配ですが、素晴らしい馬なので応援してください」

    (取材・文:佐々木祥恵)


    【JRA】ダノンスマッシュ川田騎手「左回りは特に心配していません」/高松宮記念共同会見

    ダノンスマッシュに騎乗予定の川田将雅騎手
    ――前走のオーシャンSを振り返ってください。
    川田 とてもいい内容で前哨戦を終えることができたと思います。スプリンターズSからひとつ成長した姿をみせてくれたと思います。馬がひとつ成長していましたし、競馬の内容もよりよくなりました。そういう少しずつの成長が競馬に繋がったと思います。 

    ――課題はゲートという話がありますが。
    川田 香港は行っていないのでわからないのですが、香港のときにゲートで少し悪さをして出遅れるようなかたちになっていたので用心はしていたんですけど。  
    前回(オーシャンS)に関しても、入ってすぐからスタートを切れる恰好ではない状態になってしまったので。そこはとても課題として残ったなぁというところですね。

    ――この中間、ゲート練習をしているようですが、そのあたり陣営とお話しされましたか? 川田 練習ではまったく(悪さを)やらないと。そういう馬はたくさんいますので。競馬場でしかやらないという。当日どういう反応をするかな、というところです。

    ――今回は中京競馬場が舞台です。左回りで勝っていないことについては?
    川田 僕はまだ左回りは乗ってないですが、特に心配していません。

    ――ライバル関係は?
    川田 ミスターメロディとライトオンキューはドバイに行ってしまっているので、それ以外は一線級が揃ったと思っています。とてもいいメンバーで行われるGIではないかな、と思っています。

    ――今回の騎乗、現時点でのイメージは?
    川田 枠が出てから考えます。

    ――週末は雨予報ですが影響は?
    川田 かなりの雨予報なので馬場が悪くなるのは間違いないと思います。ただ、どういう走りをするのか、得意とも不得意ともわからないのですが、それでも走ってもらいたいと思います。

    ――今週はドバイが残念なことになりました。最後に意気込みを。
    川田 ドバイに関連して話が二転三転して安田厩舎に非常に申し訳なく思っています。その上で三浦(皇成)くんにも1週前追い切りに乗って競馬にも乗る予定だったのに非常に申し訳なく思っています。ただ、オーナーからドバイがなくなったことによって改めて騎乗依頼を頂いての今回なので、ぜひとも厩舎のためにもオーナーのためにも結果を残したいという気持ちが強いです。スマッシュとともに精一杯頑張りたいと思っています。

    (取材・文:花岡貴子)

    【JRA】ノームコア萩原師「流れが切れのある馬に向けば」/高松宮記念共同会見


    ■萩原清調教師
    (前走の香港マイル・G1・4着を振り返って)
    「枠も悪かったので、思った通りのレースがジョッキーもできなかったと思っています」

    (直線の伸びは?)
    「自分で動く形になったので、その分甘くなったかなと思います」

    (今回スプリントに挑戦する経緯も含めて前走後の様子を)
    「定量で出られる競馬は限られてきていますので、そこを1番考慮させて頂きました。

    (ここまで)
    順調にいっていると思います」

    (追い切りについて)
    「良い動きを2週続けてできたと思っています」

    (今朝の最終追い切りはどのような指示で?)
    「事前にいろいろな話をしていますので、特に指示はしていないです」

    (動きを見て評価は?)
    「良かったと思っています」

    (初めての中京芝1200mはどんなイメージで?)
    「1200というのも初めてなのですが、他力本願型の競馬をする馬なので、展開が向けばと思っています」

    (スプリントGIでの相手関係については?)
    「スペシャリストとノームコアのように切れが持ち味の馬との比較はしかねますけども、レースの流れが切れのある馬に向けばと思っています」

    (意気込みを)
    「香港では、あの馬の持ち味が生きるレースにはならなかったので、そういう意味で馬の能力が出る競馬になってくれればと思っています。ただし1200ですし、本当の地力というわけにはいかないので展開の助けは必要だと思いますけど、良いパフォーマンスを見せられるように、あと4日、しっかり調整していきたいと思います」

    (週末天気が崩れる予報もあるが?)
    「それも見つつですね。天も味方になってくれればと思っています」
    (取材・文:佐々木祥恵)

    【JRA】モズアスコット矢作師「ひじょうに楽しみな挑戦。ワクワクしている」/高松宮記念共同会見

    ――新型コロナウイルスの影響は?

    矢作 モズアスコットに関してはオーストラリアのほうがリスクが高いのではないかということを以前から考えていましたので、(オーストラリア遠征を)やめたら高松宮記念に行くということはスタッフにも早くから言ってありましたのでスムーズに移行できたと思います。


    ――初の1200m挑戦についてはやってみないと、というところはあると思いますが適性は?

    矢作 やってみないと(笑)。まぁ、フェブラリーSでダートを使うときにも言ったんですけれども、体型的に少しそういうふうにシフトしているんではないかとみているので、距離延長よりはここは短縮かな、と。常に挑戦し続けてきた馬ですから、またこの新たな挑戦も面白いのではないかと思っています。


    ――この中間の調整は?

    矢作 ドンカスターマイルは4月4日でしたので、予定が1週前倒しになったということ。中間は東京競馬場でのダートコースでの調整だった(注:東京競馬場で出国検疫中だったため)ということ。このあたりが普段とは違うと思います。


    ――特に気を遣った部分は?

    矢作 あまり無事な馬ではないのでダートコースでの調整だと、やはりあまり負荷をかけられなかったですね。


    ――坂路での最終調整はいかがでしたか?

    矢作 指示は51秒台くらい、先導馬のペースが早過ぎて調教としては最低ですね。でも、動きはひじょうによかったと思います。


    ――中京コースは?

    矢作 直線も十分ありますし、坂もあるということで。特に意識していないというか。むしろ左回りがいいというのは確かなので、その点にも期待しています。


    ――週末は雨予報ですが?

    矢作 そうですね。これは何とも言えないんですけれども、おそらくこなすんではないかな、と。あんまりマイナスなほうには考えていません。


    ――レースのポイントは?

    矢作 やはり、スタート。どの程度の位置がとれるか、ということですね。スタートさえよければそれほどダッシュのない馬ではないので、大きく置かれることはないのではないかと思っています。


    ――ライバル関係は?今回はマイル組からの参戦が多いように思いますが?

    矢作 そうですね。相手関係よりもこの馬に関しては彼自身の状態を上げてあげることが第一だと思っていますので、まずその点だけを考えています。


    ――今回、ミルコ・デムーロ騎手が初コンビです。

    矢作 やっぱり大きなレースでの彼の勝負強さというのはひじょうに魅力的ですし、道悪にも強いという話も聞いていますので、大変期待しています。


    ――厩舎は昨年の有馬記念からGI・3連勝中ですね。

    矢作 まぁ、それに関してはあまり意識しても仕方ないので。というか、普段の仕事を黙々とこなすだけだと思っていますけれども。でも、まぁこんな状況の中、少しでも明るい話題を提供できればという気持ちはあります。


    ――最後に意気込みを

    矢作 ひじょうに楽しみな挑戦だと思っているので。自分もファンの皆さんのようにワクワクしています。今日、追い切りがちょっと強かったのでそこのケアをしっかりして、とにかく当日良い状態にもっていきたいと思っていますので応援よろしくお願い致します。


    (取材・文:花岡貴子)








    競馬ファンなら一度は体感してみたい高配当馬券
    無料でこれだけ見れるのは激アツ!!
    勝ちうま上昇理論

    hanro

    このページのトップヘ