競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ホープフルS

    ホープフルS予想|2017年|直前情報

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【ホープフルS】パドックのツボ
     ジャンダルムは子供っぽいしぐさを見せながらも無傷の2連勝。距離が延びることを考えると落ち着きは欲しい。

     タイムフライヤーは腹袋が大きくコロンと見せる体形。いつも落ち着いており、初の関東輸送で集中力を欠くようだと減点。

     ルーカスは気性の激しいタイプだが、極端にうるさくなると黄信号。

     フラットレーは均整の取れた好馬体の持ち主で歩様も柔軟。
    今回も同様の気配なら期待大。
    【ホープフルS】傾向と対策
    「ホープフルS・G1」(28日、中山)

     (1)リュヌルージュ

    長所=先行力あり。ロスのない最内枠は魅力
    短所=小柄な牝馬。初の長距離輸送がどうか

     (2)トーセンクリーガー

    長所=キャリアが4戦と豊富。操縦性は高い
    短所=前走のVはローカル戦。距離も微妙で

     (3)ウォーターパルフェ

    長所=距離不足の新馬戦以外は全連対と堅実
    短所=決め手欠き勝ちみに遅い。相手も強化

     (4)ロードアクシス

    長所=先行力があり、折り合い面に不安なし
    短所=一気の相手強化。関東遠征も初めてで

     (5)トライン

    長所=新馬戦は3馬身差の圧勝。素質劣らず
    短所=気性幼い。長距離輸送、距離延長不安

     (6)マイハートビート

    長所=紫菊賞を差し切りV。鋭い末脚が武器
    短所=発馬が不安定。ムラ駆けで当てには…

     (7)タイムフライヤー

    長所=パーフェクト連対。馬場、コース不問
    短所=1F延長の前走甘く。1800メートル最適

     (8)シャルルマーニュ

    長所=最多タイのキャリア5戦。大崩れなく
    短所=腰やトモに甘さ。切れ味勝負は厳しい

     (9)サンリヴァル

    長所=2戦2勝で勝負根性長所。当舞台Vあり
    短所=休み明け。時計の速い決着には疑問符

     (10)ルーカス

    長所=馬格や血統面を含め、スケールは相当
    短所=中間に放馬。調整過程の狂いは不安だ

     (11)フラットレー

    長所=新馬戦がインパクト大。能力を秘める
    短所=前走が案外の内容。安定感に欠ける?

     (12)ジュンヴァルロ

    長所=先行力と勝負根性を兼備。小回り向き
    短所=2戦ともに逃げ切り。もまれると不安

     (13)ステイフーリッシュ

    長所=母はG1馬2頭の異父妹。決め手あり
    短所=持ち時計が最も遅い。キャリア不足で

     (14)ワークアンドラブ

    長所=連勝中の勢い。展開不問の力強い末脚
    短所=初の芝挑戦。2カ月で5戦の強行軍で

     (15)ジャンダルム

    長所=センスが良く、折り合い面の不安なし
    短所=母系は短距離血統。距離延長歓迎せず

     (16)シャフトオブライト

    長所=着差以上に余裕のある内容で未勝利V
    短所=中1週続き。目に見えない疲れが心配

     (17)ナスノシンフォニー

    長所=牝馬でもあえて参戦。勝負気配が漂う
    短所=ケイコでも走りにムラ。気性面は幼い
    【ホープフルS】馬場状態から浮上するのはこの馬
     「ホープフルS・G1」(28日、中山)

     芝は引き続きAコースを使用。見た目に内ラチ沿いは芝がはげ上がってきたが、数字上はむしろ先行勢が有利となっている。先週の芝平地レースは計11鞍。勝ち馬の4角通過順は3、2、2、4、6、3、2、4、8、1、12だ。大半の馬が勝負どころで好位につけているように、大外一気が決まるような馬場ではない。

     今年は前走時に逃げ、または先行策を選択した馬が多い。それだけに一見すれば流れは速くなりそうだが、まだ2歳馬同士の争い。序盤は各ジョッキーとも、折り合いに専念する可能性もある。そうなればペースが落ち着き、前有利は明白。やはり先行力を重視した馬券作戦が正解だろう。

     シャルルマーニュを狙ってみたい。ここまで5戦という豊富なキャリアを誇り、成績は〈1、2、2、0〉。場数の多さは魅力で、そのなかでも崩れずに走ってきた。G1の空気にものまれることはないだろう。折り合いに苦労することなく、すんなりと好位につけて粘り込み。キタサンブラックの有馬記念Vで勢いに乗る栗東・清水久詞厩舎が、今年最後の中央G1でもV奪取だ。

    【ホープフルS】展開から浮上するのはこの馬だ

     「ホープフルS・G1」(28日、中山)

     先行タイプがそろった印象も、まだ明確に脚質が定まっていない2歳馬。各馬が相手の出方を探りながらの先行争いで、前半5Fは60~61秒台半ばの平均ペースで推移。全体的にフラットな馬場状態も考慮すれば好位組が勝機をつかみそうだ。

     内、外を見ながら、理想のポジションを確保できそうなタイムフライヤーとサンリヴァルが有力。前者は自在性、後者は折り合いに不安がない点が強み。流れに応じた立ち回りでVをつかむ。

     まだ粗削りで不器用な面が目につくルーカス。前半の位置取りがポイントになるが、行き脚がついて馬群の中で脚をためられれば、抜けてくる力は十分にある。




    有馬記念の予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

    arima


    競馬ジャパンへ行く



    ホープフルS|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)
    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です




    ヤフーニュースより

    【ホープフルS展望】デイリー杯2歳S覇者ジャンダルムなど有力馬がズラリ

    今年からG1に昇格した、もうひとつの2歳王者決定戦。栄えある初代チャンプの座を巡り、17年クライマックスに熱い戦いが行われる。中心はデイリー杯2歳S勝ち馬ジャンダルム。唯一の重賞ホースとして存在感を示すか。

     ほかにも芙蓉Sを制したサンリヴァル、京都2歳S2着のタイムフライヤー、東スポ杯2歳S2着でモーリスの全弟ルーカスなど、楽しみなラインアップだ。
    【ホープフルS|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ