競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    馬体診断

    JC(ジャパンカップ)予想|2020年|馬体診断まとめ


    ヤフーニュースの
    馬体診断をまとめています。




    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2


    3強の馬体診断

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/173ca2976921662ac346644328f35280f6b371ac

     【アーモンドアイ S評価】

     激戦の疲れがどこまで回復しているか?今回はこれに尽きるだろう。結論から言えば何も心配はない。はち切れんばかりにパンパンに張った馬体には無駄な脂肪が一切なく、筋肉の鎧をまとったまま。ボリュームがある肩回りも柔らかく、トモもみなぎる力がギュッと凝縮されているかのような、全身バネのようなつくり。

     パーツ、パーツも大きくたくましさがあって、大地をしかっかりと踏みしめる爪は、以前不安を抱えていたことなどすっかりと忘れてしまう。肌を薄くしっとりと見せているのも、寒い時季でも代謝がいい証拠だ。  

     胸を張って前を向く堂々とした立ち姿は前回と同じ。これ以上の状態を望むのはもう酷。引退レースとは思えないほど、心身ともども張り詰めている。
    (馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで5F67秒8-39秒0-13秒1(馬なり)。前を走る僚馬を目標に進み、直線も無理して追わずリズム重視。フットワークは弾んでおり、いつでもつかまえられる手応えと勢いは、激戦後の疲れをみじんも感じさせない。馬体もパンパンに張った状態を維持できている。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/52ee6f062d6da1ae3075a1aa94d92d5f7ea81ba6
     【アーモンドアイ 95点
     有終の輝きというべきか。8冠牝馬アーモンドアイの毛ヅヤは引退レースが近づいても光沢を失っていません。むしろ秋の天皇賞以上に輝いている。その鹿毛の被毛は女王の退位式に合わせて新調した茶色いサテンのドレスのように美しい。  

     晩秋を迎えると、牝馬は体を冷やさないように牡馬より早く冬毛を伸ばす傾向があります。出産という大仕事を受け持つ牝馬の本能が働くからです。3冠牝馬デアリングタクトのように冬毛が交じった被毛は光沢を失い、くすんだ色に変わる。ところが、8冠女王のドレスには1本の冬毛も交じっていません。気温と反比例して毛ヅヤがアップする不思議なドレス。繁殖に行かず現役を続けたい…母性本能よりも競走本能が強いせいなのか。それとも、よほど新陳代謝が活発なのか。ともあれ、抜群の体調。天皇賞・秋から中3週のローテに不安なしと毛ヅヤが雄弁に語っています。  

     ただし、2400メートルの距離は不安です。中距離体形が年齢を重ねて父ロードカナロア譲りのマイラー体形に変わった。18年のJC優勝時とは別馬のような筋肉マッチョ。特に首から肩、トモが厚みを増しています。長距離を走るには邪魔になる筋肉のボリューム。天皇賞・秋から400メートルの距離延長をいかに乗り切るか。有終の輝きを放つ女王に課された最後の試練です。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b7796b96b2c860a15bfc6405086b6411cdc3b2e7
     【デアリングタクト A評価】

     前走の秋華賞は、馬体重14キロ増の480キロ。それでも全く太め感はなく、むしろオークス時よりもすっきりと仕上がっていた。これは春よりも背丈が伸びて、馬体がひと回り大きくなったのが要因と言える。  

     今回は中5週の間隔になるが、以前に比べて体質も強化されており激戦の疲れはなさそう。むしろ約5カ月ぶりをひと叩きされて、トモの丸みが出たのはプラス材料だろう。牡馬と比べると肩やトモの筋肉の輪郭は見劣るが、しなやかさという点ではこちらが上位だ。  首がスラッとして長く、体高よりも体長が長い点からベストは芝2400メートル。いくらか脚が短いため、跳びは小さく回転の速いフットワークが切れる末脚の原動力となっている。前走時にうっすらと見えていたあばらが今回は見えにくいことから100点満点とは言えないが、高いレベルで安定している。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  
    〈1週前追い切り診断〉
     
     松山を背に栗東CWで6F81秒2-37秒6-11秒7(馬なり)。前半から理想的なラップを刻み、楽々と好時計をマークした。秋華賞の時より力みがなく、フォームも伸びやか。22日は栗東坂路で4F57秒1-41秒1-13秒7(馬なり)。相手関係が格段に強化されるため結果は走ってみないと分からないが、少なくとも馬体や動きに関しては前回以上だ。

    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ac7b65ae654170f5a9d6cc5bb6fc0c6c428ab55d
     【デアリングタクト 80点評価】
     
     無敗3冠牝馬の腹周りが寂しく映るのはなぜか。菊花賞以上に腹周りが厚くなったコントレイルとは対照的に、デアリングタクトの腹は秋華賞時よりも細く見えます。

     牝馬3冠制覇時に放っていたまぶしい青鹿毛の光沢が冬毛でくすんでいるのは牝馬だけに仕方ありませんが、腹周りの変化は気になる。疲労やダメージは腹に表れやすいからです。  
     毛ヅヤと腹周りを除けば非の打ちどころがありません。厚みとしなやかさを併せ持つ筋肉。特に臀筋(でんきん=臀部の筋肉)は立派です。尾の付け根が他の馬より高い位置にあるのを感じさせないほどせり上がっている。

     顔を見れば、耳、目、鼻先をカメラマンに向けながら、気持ち良さそうに立っています。名牝のかおり漂うたたずまい。無敗3冠牝馬の凄みを感じさせる立ち姿です。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ce1b02c6070788ceb393ceab9b4dbfd58349ca7
     【コントレイル A評価】
     
     中3、中4週続きのレース間隔、菊花賞での直線300メートル以上のたたき合い。残存する『疲れ』を心配したが、写真からは見受けられない。春の馬体に比べると肩の浅胸筋(せんきょうきん)や上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭がくっきりとして、馬体の成長が感じられる。  

     まだ馬体に幼さを残しており、もう一段階成長する余地はあると思うが、デビュー以来456~462キロで出走している体重の変動が少ないタイプだけに、体つきは今後も大きくは変わらない可能性も十分に考えられる。  

     馬体からは芝2000~2400メートルがベストと思えるだけに、今回は適条件と思う。絶好の状態だった前走時に比べると完璧さはないものの、馬体の張りは失っていないし毛ヅヤの光沢も十分にある。90%以上の状態は維持できている。
    (馬サブロー栗東・竹原伸介)  

    〈1週前追い切り診断〉
    福永を背に栗東CWで6F81秒8-38秒0-11秒7(仕掛け)。札幌2歳S3着のバスラットレオン(2歳1勝クラス)を0秒8、今年のJDダービー覇者ダノンファラオ(3歳オープン)を1秒4、それぞれ追走して0秒1遅れてのゴールだった。もっとも、遅れ自体は大きく追走した分で心配はなく、キビキビとしたフットワークは目を引くもの。追われてからの反応もシャープだった。22日は栗東CWで4F59秒6-41秒9-13秒1(馬なり)で軽快な動きを披露した。
    ヤフー(引用元)
    https://news.yahoo.co.jp/articles/085796d97eb961f262abc2cb2cc19ae3327a37c6
     【コントレイル 100点】
     これが菊花賞で死力を尽くして間もない馬体なのか。飛行機雲(コントレイル)と名付けられた青鹿毛がまとっているのは非凡さがひと目で分かる柔らかくてしなやかな筋肉。無敗3冠に挑んだ1カ月前と変わらない素晴らしい張りと毛ヅヤを保っています。疲れが残っていれば腹周りが多少なりとも細くなるものですが、むしろ菊花賞時よりふっくらしている。460キロ前後の体重以上に大きく見せる馬体。4冠ロードには一点の曇りもありません。   
     菊花賞では外からプレッシャーをかけてきたアリストテレスの猛追を首差しのいだ。道中掛かりながら3000メートルを何とか乗り切りました。それからわずか1カ月で反動のかけらもない普段通りの体に戻っているのはなぜか。疲労が蓄積しづらい柔軟な筋肉を備えているからです。  

     3冠制覇はコントレイルにとって通過点なのでしょう。その立ち姿は菊花賞からの新たな進化を伝えています。1カ月前には気持ちの高ぶりから少しだけ上げていた尾をごく自然に垂らしています。精かんな顔立ちでハミをゆったりと受けながら、悠然と尾を流す。3冠馬にふさわしい風格。厳しい経験は人も馬も成長させるものです。菊花賞の厳しい戦いを乗り越えて気性が成長したのでしょう。  

     中距離体形だけに3000メートルから2400メートルに替われば一層戦いやすい。別表の項目通り、筋肉の張りから腹周り、毛ヅヤ、立ち姿、体形までひと通りチェックした後、目を見て驚かされました。意志の強さと穏やかな気性を宿した光を放っています。過去2頭の無敗3冠馬にも見られなかった不思議な眼光。シンボリルドルフは菊花賞直後のジャパンCで3着、父ディープインパクトは菊花賞後に有馬記念に挑んで2着と、初めて土が付きました。目が口ほどにものを言うなら、この眼光が訴えるものは…。  

     父の蹄跡も上回る史上初の無敗4冠。もう1段進化したコントレイルなら新たな領域へ飛翔できます。晩秋の青空に真っすぐ伸びる飛行機雲のように。(NHK解説者)


    今週から管理人の評価もつけておきます。
    某週刊誌の写真を見た印象です。

    1位 デアリングタクト
    2位 コントレイル
    3位 アーモンドアイ
    4位 ユーキャンスマイル
    5位 キセキ





    「ジャパンカップの無料予想」はここをチェック
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
    鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
    2020-11-26_12h20_20



    マイルCS予想|2020年|馬体診断まとめ

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています。

    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2




     【グランアレグリア A評価】

     普段のフォトより肌質が黒く映るのは、天気の影響か。ただ、寒い時季を迎えても冬毛はなく、しっとりとした薄い質感。毛ヅヤの冴えは、むしろスプリンターズSよりも良く見える。

     体全体はいい意味で見た目の変化はない。前肢と後肢のバランスが良く、正方形のきれいな立ち姿。春に比べると腹袋を大きく見せて、ふっくらと丸みのある体形になった。キリッとした表情も前回同様、好調キープと言える。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     〈1週前追い切り診断〉杉原(レースはルメール)を背に美浦Wで5F69秒6-12秒9(馬なり)。僚馬を前に見ながら、行きたがるところをしっかりと我慢。直線も自分のリズムを崩さず、最後まで馬の気に任せてのフィニッシュ。それでもバネは素晴らしく、いくらでも走れそうな雰囲気。張り、ツヤの良さも目立ち、状態の不安は一切なし。

     【サリオス A評価】
     夏を越して別馬のような変わり身。前走の毎日王冠もまだ緩さがあったが、首の位置が下がり、胴も詰まって見せるようになっている。マイラー色が濃くなってきた。その前回からさらに無駄な肉が取れて、筋肉の鎧をまとったような厚みのある体形。特に緩かったトモがパンプアップされて、張りは今までで一番と言っていい。表情もかなり大人になった。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒1-12秒7(直強)。速いラップを刻みながらも、最後までフットワークの乱れはなかった。反応が良く、グイグイと伸びてセントレオナード(4歳3勝クラス)に1馬身の先着を果たした。馬体もパンパンに張った状態で、気合乗りも絶好。前走からさらに上向いた。
     【インディチャンプ A評価】

     安田記念(3着)以来で5カ月半ぶり。右トモの筋肉を痛めたため、予定を変更して休み明けでの出走となった。その安田記念時は、デビュー以来最高馬体重の480キロで、部分的に皮一枚分の余裕があった。

     それが今回はトモの大腿二頭様筋(だいたいにとうようきん)と半腱半膜様筋(はんけんはんまくようきん)の段差がくっきりとしているし、肋(あばら)もうっすらと見えている。仕上がりは当時よりも一段上と判断できる。光沢のある毛ヅヤも申し分なく、昨年の優勝時と遜色のない状態だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉福永を背に栗東坂路で4F50秒8-12秒8(G強)。サンライズノヴァ(6歳オープン)との併せ馬で優勢な動き。久々を感じさせない力強さで好時計をマークした。中間の気配も良く、好仕上がりだ


    「マイルCSの無料予想」はここをチェック
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
    鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
    2020-11-18_03h41_26



    エリザベス女王杯予想|2020年|馬体診断まとめ

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています
    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2




     【ラヴズオンリーユー A評価】

     4カ月半ぶりだった前走の府中牝馬S(5着)は、12キロキロ増でデビュー以来最高馬体重。太め感はなかったが、いくらか余裕が残っていたのは否めない。今回はひと叩きされて腹回りがすっきりとしてきた。前駆の筋肉量は落ちていないし、トモに丸みを帯びてきたのもプラスだろう。逆光のため、あばらの浮き上がり具合は判別できないが、トモの後部の毛ヅヤは申し分ない。休み明けを使われての上積みは十分にありそうだ。ヴィクトリアM時にも書いたが、首が長く胴長でトモの低い体形から中長距離がベストの舞台だ。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉坂井(レースはM・デムーロ)を背に栗東CWで6F78秒2-12秒0(馬なり)。スピード感あふれるフットワークで好時計をマーク。直線は余力十分にシャープな伸び脚 

     【センチュリオ B評価】
     昨年の4着馬。3カ月半ぶりの前走オールカマーで牡馬相手に重賞初制覇を飾った。昨春のオープン入り後は、464~472キロと馬体重に大きな変動はない。間隔をあけてリフレッシュされながら使われているのが、好循環につながっている印象だ。今回は久しぶりの中6週となるが、激走した反動やダメージは感じられない。ただ、毛ヅヤは昨年の方が良かったように感じる。加えて、下腿(かたい)の血管が見えにくく、薄皮一枚分厚い印象でB評価とした。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F53秒9-12秒3(一杯)。テンからスムーズに折り合い、ラストまでしっかり伸びた。状態はさらに上向いている印象。
     【ラッキーライラック B評価】

     相変わらず牝馬とは思えないほどに雄大な馬格で、迫力十分の馬体をしている。ただ、肩と前腕部の筋肉量は変わっていないが、輪郭がぼんやりとしている点が気に掛かる。腋窩(えきか)から腹の前部の毛脚が長く、冬毛が出ているように見える点も物足りない印象だ。それでも肩や腹の上部の毛ヅヤは十分だし、札幌記念(3着)以来約3カ月ぶりでもすっきりとした体つきをしている。仕上がり自体は九分以上で、実績のある阪神芝コースなら力は出せそう。(馬サブロー栗東・竹原伸介)

     〈1週前追い切り診断〉栗東CWで6F81秒1-36秒9-11秒9(馬なり)。僚馬を追い掛ける形でもピタリと折り合い、直線では並ぶ間もなくあっさりと突き放した。併せることがなく単走となったが、力強いフットワークで迫力十分の動き。気配も好調時と遜色なく、態勢は万全だ。


    「エリザベス女王杯の無料予想」はここをチェック
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
    鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
    2020-11-11_22h51_33








    天皇賞秋予想|2020年|馬体診断まとめ

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています
    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2




     【アーモンドアイ S評価】

    【アーモンドアイ S】  

    【アーモンドアイ S】
     姿勢が良く、品を感じさせる立ち姿。肌を薄く見せ、張り感も申し分なし。間隔のあいたヴィクトリアM時に気になった目のくすみもなく、暑さの中での調整をうまく乗り越えたようだ。前走の安田記念が個人的には完成型の姿。それと比べてみても、見劣るところは一切なし。全体的なボリューム、四肢の踏み込みもバランスが良く、力強さもある。トモもパンパンに張っており、万全の態勢で復帰戦を迎えられそうだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  
    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで5F64秒9-12秒6(馬なり)。前を走る僚馬2頭を目標に進み、直線は内から抜群の手応え。最後まで追うことなく、鋭く伸びて最先着を果たした。バネの利いた走りは好調時と遜色なく、万全の態勢。


     【キセキ A評価】

     【キセキ A】

     3カ月半ぶりだった前走の京都大賞典(2着)では、馬体重の増減はなくきっちりと仕上がっていた。そのため体つきに大きな変化は見られないが、毛ヅヤが大幅に良化したのは叩かれた効果だろう。加えて肩や前腕部と下腿(かたい)に血管が浮き出て、皮膚が薄くなったのも良い傾向だ。以前に菊花賞馬ではあるが守備範囲は芝2000~2400メートルと書いたが、この夏を超えて首が長く見えるようになり、脚長でスラッと見せている。守備範囲が長距離方向にスライドしているように感じられるものの、東京芝2000メートルは十分に対応できる舞台でもあり、500キロを超える大型馬が馬体を小さく見せている点にも好感が持てる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東坂路で4F52秒5-37秒9-12秒7(馬なり)。終始、落ち着いた走りで軽快に駆け上がってきた。馬体の張りも目立ち、久々を好走した反動はなさそうだ。


     【ダノンキングリー B評価】

     【ダノンキングリー B】安田記念当時よりも皮膚を薄く見せて、毛ヅヤもピカピカ。顔つきも以前よりふっくらとしており、よく食べて、よく寝てるのだろう。3歳時には頼りなかった腰やトモも、ここにきてたくましさを増している。上質な筋肉は硬くなりにくく、いつ見ても牝馬のような柔らかさがある。ただ、胴が詰まり気味の体形から個人的にはマイラーと見ている。ポテンシャルの高さでこれまではこなしてきたが、正直、条件はベストとは言えない。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒4-13秒0(一杯)。鞍上のゴーサインに瞬時に反応。前2頭を並ぶ間もなく抜き去った。迫力満点のフォームで、追ってからの反応も確か。パワーアップされて、これ以上ないほどの仕上がりだ。


    「天皇賞秋の無料予想」はここをチェック
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
    鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
    2020-10-27_13h11_29







    菊花賞予想|2020年|馬体診断まとめ

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています
    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2




     【コントレイル A評価】

    【コントレイル A】  

     6戦6勝の実績を引っさげての三冠挑戦。体長や体高の成長は多少あるが、ここまで456~462キロと体重の変動は少ない。

     キ甲(※1)の抜け具合や馬体のバランス面から、もう一段階の成長の余地は残しているが、余分な脂肪が付かず仕上げに手間取らないタイプだ。  
     
     秋は神戸新聞杯をひと叩き。デビュー以来、最も間隔が詰まるローテーションになるが、臀部(でんぶ)の丸みや股部分の膨らみからすれば確かな上積みは見込める。前重心で撮影者に顔を向ける点も皐月賞&ダービー同様。あばらをうっすらと見せ、盤石の態勢だ。  

     馬体のバランスから距離は適性外に思うが、多少なりともストライドが伸びたことと絶対能力の高さで偉業達成に挑む。  (馬サブロー栗東・吉田順一)  

    〈1週前追い切り診断〉

    福永を背に、栗東CWで6F84秒6-37秒7-12秒1(馬なり)。タイセイモンストル(3歳1勝クラス)を0秒7追走して0秒5先着した。行きたがるそぶりも見せず、道中はしっかりと折り合うと、直線は併走馬を楽々突き放してシャープに伸びてきた。休み明けを叩いて状態はさらに上向いている。  
     (※1)「キ甲」とは首と背の境の膨らんでいる部分。幼いうちは目立たないが、成長すると隆起してきてよく分かるようになる。この部分が隆起してよく見えるようになることを「キ甲が抜ける」と表現される。]


     【ヴェルトライゼンデ B評価】

     【ヴェルトライゼンデ B】

     熱発でセントライト記念の予定を1週スライド。馬体や攻め気配は悪くなかったが、不安材料を抱えて挑んだ神戸新聞杯は中身の濃いレースで2着と地力を示した。  
     
     陣営の思惑よりは1週短くなって挑む菊花賞だが、その影響は皆無。1週前撮影時の池江厩舎らしい、たくましいフォルムとなっている。毛ヅヤ、トモのボリュームは相変わらず満点。あとは週末や最終追いでしっかりと負荷をかければ、いつも通りにいい状態で挑めそうだ。腹袋がしっかりとあり、折り合いに不安がないことから距離への融通性も十分にありそうだ。  (馬サブロー栗東・吉田順一)  
    〈1週前追い切り診断〉
     栗東CWで6F82秒2-37秒5-11秒8(強め)。先行する古馬を相手に追走先着。一頓挫あって決して順調ではなかった前回時と違い、前半から気負いもなく非常に滑らかな走りを披露した。騎乗した池添のゲキに素早く反応して抜け出す脚は迫力十分。前回からの伸びしろは相当大きい。

     【サトノフラッグ B評価】

     【サトノフラッグ B】

     分厚い皮膚のつくりもあって、ややコロンとしたシルエットに映っていた今春。首回りは適度な肉付きだが、お腹周りは引き締まっており、バランスが良化している。  窮屈さがなくなってきたことで後肢の可動域も広がり、セントライト記念のパドック時では広い歩幅で気分良く歩けていたのも印象的。キリッとした目で、表情も大人になってきている。  (馬サブロー美浦・石堂道生)  〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F64秒2-36秒3-12秒6(馬なり)。アンティシペイト、ダノングロワールの2頭を追いかける意欲的な攻め。直線で内に潜ると重心がグッと沈んで迫力のフットワーク。走る気に満ちあふれ、いくらでも動きそうな勢い。時計も文句なしで良化は著しい。


    「秋華賞の無料予想」はここをチェック
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
    鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
    2020-10-13_11h13_31


    このページのトップヘ