競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    馬体診断

    皐月賞予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【皐月賞】ステルヴィオ95点!“体調、気分映す鏡”尾に魅力

     躍進の秘密は尻尾に隠されている!?鈴木康弘元調教師がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第78回皐月賞(15日、中山)ではスプリングS優勝馬ステルヴィオを95点でトップ評価した。達眼が捉えたのは後肢のパワーアップを伝える尻尾だ。

      
     馬の尻尾は体調や気分を映す鏡だといいます。気持ちが高ぶれば、尾を高く上げる。不安や恐怖を感じれば尾を股の間に巻き込んだりします。大辞泉を引くと「尻尾を巻く」とは「立ち向かう気持ちをなくす」との意味。馬も尾でそんな心理を伝えています。

      
     ステルヴィオの立ち姿を見て、まず気がつくのは尾の変化。昨年の朝日杯FS時には尾離れが悪いと指摘しましたが、今回は尾の付け根の部分を尻から少しだけ離している。要するに尾離れが良くなった。トモ(後肢)、特に臀部(でんぶ)の力がみなぎっているときに見せる尾の形状です。尾椎(尾の骨)は背骨に連なっているので背腰がたくましくなった証とも言える。押しトモ(角度の浅いトモ)のため筋肉のボリュームは目立ちませんが、尾が太鼓判を押しています。2歳時よりもパワーアップしていると。

      
     肩の筋肉量は明らかに増してきた。460キロ前後の馬体重以上にたくましい。球節からつなぎにかけては弾力性にあふれています。トモや肩のパワーをクッションの利いた脚さばきに転換する絶妙なつなぎです。

      
     立ち方も素晴らしい。朝日杯FS同様にゆったりと大地をつかむ四肢。目を輝かせ、耳をしっかり立てながら、鼻の穴も適度に開いています。過不足ないハミの取り方。気負いは一切ない。気持ちの充実ぶりが立ち姿に表れています。朝日杯と同じように蹄油がしっかり塗られ、行き届いた手入れの跡がうかがえます。

      
     尾離れの良いトモで踏みだすクラシックロード。桜花賞を圧勝したアーモンドアイと同じロードカナロアの初年度産駒がルメールを背に最後の直線で見せる走りとは…。掉尾(ちょうび)の勇を奮う。最後の勇気を奮い起こす走りです。

    【皐月賞】ワグネリアン90点、全部位絶妙!無駄のないつくり

     450キロ前後の体で世代トップクラスの走りがなぜできるのか。
    ワグネリアンの立ち姿を見て、理由がすぐに分かりました。馬体の優れた機能性です。首差しから肩、背中、トモ、さらにトモのパワーを伝える飛節、球節まで全ての部位が絶妙な傾斜でバランス良 くつながっています。肩やトモの筋肉も必要十分なボリューム。
    全てに無駄のないつくりです。各部位が無駄なくリンクされているからトモのエンジンパワーを逃さず蹄の先まで伝えられる。

      
     当コーナーでは機能性の高い馬体としてこれまで何頭かのオープン馬を挙げてきました。イスラボニータ、ドゥラメンテ、ミッキーアイル。現役馬ならレイデオロ、ソウルスターリング、ヤングマンパワー、トーセンバジルなど。ワグネリアンの機能性は、これらのオープン馬と比べても全く見劣りしません。

      顔に視線を移せば、目と耳が一点に集中しています。気性にも散漫さがないので機能的な体を確実に動かせる。顎の張り方は物足りません。さほど食べる方ではないのでしょう。牡馬にしてはアバラの張りも少々頼りない。そんなウイークポイントも補って余りある機能性です。

    【皐月賞】エポカドーロ85点、オルフェ譲りの顔つき“魅力”

     エポカドーロはとても激しい気性の持ち主でしょう。カメラマンをにらみつけながら耳を左右に開き、鼻先をとがらせている。いたずらでもしてやろうか…と言わんばかりの顔つき。この面構えは父オルフェーヴルから来ているのでしょう。その一方で、力まずにゆったりと立っています。

      
     詰まり気味の体形。距離延長は微妙ですが、激しい気性で走るケースもあります。スイッチをハイに入れて、どこまでも走った父親のように…。腹周りは母ダイワパッション(重賞2勝)よりフックラして、申し分ない仕上がりです。


    【皐月賞】オウケンムーン80点、しっかり首差し手入れも万全
     詰まり気味の体形。アバラの張りがもう少し欲しいが、首差しはしっかりしています。トモの形も悪くない。四肢にも狂いなし。よく手入れされた、美しい身だしなみです。

    皐月賞はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    桜花賞予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【桜花賞】アーモンド100点!名画ほうふつ“名牝の瞳”

     「アーモンドアイ」とは字面通りアーモンドのように切れ長で中心がふっくらした眼力のある瞳。女優で言えば綾瀬はるか、黒木メイサのような目です。美人の条件でしょうか。この3歳牝馬は美しい瞳をスタッブスが描いた名馬のように遠くへ向けています。

    引き手を持つ前方のスタッフでもなく、真横からレンズを向けるカメラマンでもない、どこか“かなた”を静かに見据えながらたたずんでいる。目線に合わせて両耳を奇麗にそろえています。G1馬体診断を2年半続けていますが、こんな瞳に触れたのは初めて。目は心の窓といいます。心の余裕、穏やかさを端的に示した目。

    いや、それ以上に人知を超えた何か、底知れないスケールのようなものを伝えているのかもしれません。馬体で最も際立つのは牝馬離れした胸の深さです。スマートレイアーも深い胸を持った牝馬ですが、こちらも負けていない。大きな肺や心臓を収容する大きな胸です。適度なボリュームのある首差し、形と角度の良いトモ(後肢)。素晴らしい体つきです。一点だけ気になるのは右飛節から下の部分。窮屈な形状に映りますが、才能にあふれた上体を前にすれば、大した問題ではないでしょう。

      
     4戦全勝ラッキーライラックが不動のヒロインを務める今回の桜花賞。無敗ロードに立ちはだかるライバルがいるとすれば…。目は口ほどに物を言う。英国の名画のように遠くを見据えた聡明な瞳。希代の名牝の相かもしれません。

    【桜花賞】ライラック100点!大本命に隙なし“女傑の脚”

     最初に断っておきます。桜花賞に穴党の出番なし。尻尾を巻いて降参した方がいいかもしれません。大本命を背負うラッキーライラック。重箱の隅をつつくように馬体の隅から隅までチェックしてみましたが、どこにも隙がありません。不安どころか、前回G1(昨年の阪神JF)を明らかに上回る体つきです。

      特筆すべきは前腕(丸囲み部分)。うっすら血管が浮き立っています。阪神JF時には血管が見えなかった。浮き出るまで鍛え込まれた証です。2歳時から肩にボリュームのある筋肉を付けていましたが、肩とリンクする前腕にもパワーが加わりました。アーモンドアイが女優のような美しい瞳で魅了するなら、こちらはボディービルダーを思わせるムキムキの筋肉美が魅力です。

      トモにも厚みがあるため前後のバランスがとてもいい。飛節も絶妙な角度。トモのパワーを逃がさず推進力に換えることができる。寝肩、つまり、肩甲骨の角度が寝ているように傾斜しているため大きなストライドが可能になる。全身が柔軟性にあふれ、490キロ前後の馬体重以上にインパクトがあります。

      春だから当然とはいえ、毛ヅヤも阪神JFより輝いています。腹周りに少し余裕がありますが、今週のひと追いで絞れるでしょう。

      立ち姿も阪神JF時を上回っている。当時よりも頭の位置が低く、とてもリラックスした姿勢です。デリケートな3歳牝馬。余裕のある立ち方は大一番に向けて頼もしい。阪神JFでは「身だしなみとして距毛(きょもう=球節後部の毛)を切りそろえてほしい」と注文を付けました。今回は距毛も目立たず、脚の見栄えまで良くなりました。

      キ甲(首と背の間の膨らみ)は発達途上。つぼみの段階です。これから膨らんでくれば、ますます迫力を増してくる。不動のヒロインがリードする3歳牝馬戦線。穴党の出番はしばらくなさそうです。

    【桜花賞】マウレア90点“大人の顔”たくましく厳しい目

     少女から大人のサラブレッドへ。マウレアはキャリアを重ねて、たくましい顔つきになってきました。昨年の阪神JF時には「幼い目」と指摘しましたが、4カ月を経て厳しい目つきに変わっています。鼻の穴も開いて、競走馬にふさわしい顔立ちです。その一方、阪神JF時に上げ気味だった尾をスムーズに垂らしている。余裕が生じてきたように映ります。

      
     ディープインパクト産駒らしい柔軟な筋肉の持ち主ですが、全体的にきゃしゃ。膝は小さめで、管囲も細め。牝馬にしてももっとパワーが欲しいところですが、毛ヅヤは昨年よりもさらに良くなっています。馬体重がレースのたびに減っていたので早めに栗東入りしたのは正解でしょう。体がふっくらして見えます。前走時よりも体重増で出走できれば理想的。たくましい顔つきに表れた気性の成長を生かせるはずです。


    【桜花賞】リリーノブル80点、牡馬のような“最強の上半身”
     相変わらず素晴らしいバランスを保っていますが、体つきに3歳時の迫力が感じられない。耳を左右に開き、集中力を欠いています。欧州遠征のダメージを完全に回復していないのか。

    桜花賞はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    大阪杯予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【大阪杯】スワロー95点 仁王像思わせる闘志と筋肉浮く裸身

     中高年の間で起きた仏像ブームが若年層にも広がりを見せています。昨秋、東京国立博物館で開催された鎌倉時代の名仏師「運慶」の特別展には若い女性を中心に2カ月で60万人が入場しました。サラブレッドの美しさに魅了されて競馬好きになった女子を馬女と呼ぶなら、仏像の造形美に癒やされる女性ファンは仏女。仏像界No・1のイケメンとして仏女に絶大な人気を得ているのは京都・東寺の帝釈天像だとか。競走馬でいえば“美男子”サトノダイヤモンドでしょうか。ミッキースワローは奈良・東大寺の仁王像、金剛力士立像をオーバーラップさせます。

      運慶らによって造られたこの国宝指定の仁王像は目をカッと見開き、相手をにらみつけるかのような憤怒の表情。裸の上半身は筋骨隆々、素晴らしい筋肉美の造形です。ミッキースワローも見る者を圧倒する立ち姿。昨年の菊花賞時同様、耳を絞って周囲を威嚇しています。立ち姿の写真撮影中に耳を絞る馬など他に見たことがない。荒ぶる気性。耳だけではありません。付け根を反り返した尾、鋭い目つき、とがらせた鼻の穴…。担当スタッフが押さえ込もうとしてかませたチェーンシャンク(制御力の強い鎖状の馬具)に口を割っている。セントライト記念のパドックでは周りを威圧するように、いなないたそうです。鳴き声が想像できる憤怒の立ち姿です。

      
     馬体も激しい気性と釣り合いが取れています。中長距離仕様のゆったりとしたつくりで、どこにも窮屈さがありません。トモ(後肢)の上質な筋肉は、力をみなぎらせて立っているため、仁王像のように浮き上がっています。トモのパワーを推進力に変える飛節は昨年の菊花賞時より力強く映る。飛節の腱も浮き立っているからです。十分な張りがあるアバラ、さえる毛ヅヤ…。よほど体調がいいのでしょう。

      
     写真撮影中にも耳を絞る闘志の塊だけに距離短縮で競馬もしやすくなります。有力馬の多くが体の張りを欠く中で、異彩を放つ仁王像のような筋骨隆々のボディー。人気は東寺の帝釈天サトノダイヤモンドでしょうが、今回に限っては東大寺の金剛力士を上位に取りたい。


    【大阪杯】アルアイン90点 穏やかな立ち姿、美しき菩薩像だ

    ミッキースワローと対照的にアルアインはとても穏やかな立ち姿です。スタッフの引き手に素直に従って美しい姿勢で立っています。仏像になぞらえるなら、奈良・中宮寺の国宝、弥勒菩薩(みろくぼさつ)像でしょうか。尾を自然に垂らし、頭の位置もいい。精神状態が安定しています。

      
     昨年も指摘しましたが、上半身が非常に発達した体形。トモや肩が立派すぎるつくりです。ディープインパクト産駒の多くは繊細でしなやかな筋肉を持っていますが、こちらは重厚な筋肉を付けている。岩のようにゴツい。野太い首もディープ産駒らしくありません。腹袋にもボリュームがある。同じ500キロ超の大型馬でもキタサンブラックは伸びのある体形でしたが、こちらはガチッとした馬体。長距離より中距離の方が向いています。今回の舞台はG1制覇を飾った昨年の皐月賞以来となる2000メートル戦。巻き返せる舞台です。

      
     発達した上半身に比べて下半身は寂しく映る。その頼りなさを各部位の滑らかな傾斜が補っています。飛節は小さくても、絶妙な角度。しっかり浮き出た腱も下半身を安定させています。今回は両前にバンデージを巻いているため、膝と前肢球節の状態が分かりません。昨年の3冠レースではバンデージを着けていなかっただけに、ちょっと気になります。

    【大阪杯】リチャード90点 スケール大きく伸びのある上半身

     上半身の素晴らしさならスワーヴリチャードが一番でしょう。キ甲(首と背中の間の膨らみ)の発達に伴って、背中から腰にかけて流れるようなラインを描いている。一流馬にふさわしい輪郭です。筋肉で盛り上がったトモや肩は弾力性に満ちている。臀部は分厚くて幅がある。腹袋も立派。スケールが大きくて、伸びのある上半身です。奈良・薬師寺の国宝、聖観世音菩薩像になぞらえておきましょう。

      対照的に前肢は頼りない。小さくて窮屈そうな膝、細い管囲、立ち気味のつなぎ。左右で角度の異なる蹄。右前の蹄は昨年の有馬記念同様にエクイロックス(接着装蹄)で固めています。上半身が発達しているだけに前肢の負担が大きくなる。厩舎のケアは大変だと思います。

      立ち姿にはちょっと注文を付けたい。両前肢が昨年以上に前方へ踏み込み過ぎ。ハミはしっかり取っていますが、耳を左右に開いて集中力を欠いています。昨年のダービー、有馬記念では耳をしっかり前へ向けていただけに気掛かりです。


    【大阪杯】ダイヤモンド80点 好バランスも迫力感じられない
     相変わらず素晴らしいバランスを保っていますが、体つきに3歳時の迫力が感じられない。耳を左右に開き、集中力を欠いています。欧州遠征のダメージを完全に回復していないのか。

    大阪杯はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    高松宮記念予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【高松宮記念】柔軟ファルクス100点!7歳でも衰え知らず

     不老長寿の泉に入ってきたような、みずみずしい張り。レッドファルクスは加齢とともに白さを増していますが、衰えはどこにも感じられません。7歳馬とは思えない柔らかい筋肉を身に付け、ふっくらと丸みを帯びている。筋肉が柔軟だから疲れを引きずりません。レース後の反動も少なく、若々しさを保っていられるのです。特に際立っているのが肩。はち切れそうな筋肉を付けています。トモ(後肢)のパワーを受け止める飛節も立派。スプリンターズS連覇を遂げた昨秋と比べても何一つ見劣りしません。


     スウェプトオーヴァーボードの産駒には筋肉の硬い馬が多いのですが、ファルクスは数少ない例外。柔軟な筋肉は母の父サンデーサイレンス(SS)から受け継いだものでしょう。SSは柔らかく、しなやかな筋肉を遺伝することで、02年の死後もサイヤー(父)、ブルードメアサイヤー(母の父)の頂点に君臨しました。スウェプトオーヴァーボードの硬さも柔らかくしてしまう。SSの血の威力というべきでしょう。


     立ち姿には余裕があります。どこにも力みがなく、ごく自然に均等な負重を四肢にかけています。顔にもゆとりがある。口を半分開けて引き手を持つスタッフにじゃれています。いい意味での遊び心。気負うよりもずっといい。


     消長の激しい短距離戦線。王位を守り続けるのは至難です。ファルクスを5歳時から王者に君臨させているのは柔らかい筋肉。それを伝えたSSは32年前の3月25日に米国で生まれました。高松宮記念当日はSS誕生祭です。

    【高松宮記念】ファイン重厚100点!5歳驚異の成長力

    2強の尾張決戦だ。鈴木康弘元調教師がG1有力馬の馬体を診断する「達眼」。第48回高松宮記念(25日、中京)ではファインニードル、レッドファルクスに100点満点を付けた。中でも達眼が捉えたのはファインニードルの成長力。昨秋のリクエスト通りに大変身を遂げた。


     昭和の中央競馬には奇妙なニックネームを持つ馬がいました。“新聞を読む馬”といえば、67年秋の天皇賞、有馬記念を制したカブトシロー。人気になると凡走し、人気が落ちた途端に穴をあけたクセ馬です。へそ曲がりだから馬房の前で厩務員さんが開いた競馬新聞をこっそり盗み読みして、人気に逆らう走りをする…。そんな噂も立ったとか。今となっては真偽を確かめようもありませんが、高松宮記念のファインニードルは間違いなく“新聞を読む馬”です。


     前回のG1(17年スプリンターズS)の馬体診断で私は素質を評価する半面、2つの注文を付けました。「あとは立派な前肢に後肢が追い付いてくれば理想的。口を開きながら立っているが、ハミをしっかり取ってほしい」と。それから半年、当時の記事を読んでいたかのように注文に応えてくれたのです。後肢には重厚な筋肉を付け、立派な前肢に追い付いている。前走・シルクロードSでは馬体重18キロ増。後肢の筋肉の増量分と考えていいでしょう。立ち姿を見れば、口をしっかり閉じてハミを取っています。もう一つの注文にも応えてくれました。


     後肢の筋力と集中力のアップ。注文通りに変化したのは5歳の成長力です。顎っぱりがとても良く、食欲旺盛なのでしょう。四肢の腱にも狂いがなく、加減せずに調教できるのでしょう。こういう馬は期待通りに成長するものです。


     G1初挑戦となった昨年のスプリンターズSにしても歴戦のG1馬と比べて遜色ありませんでした。飛び抜けて発達したキ甲(首と背中の間の膨らみ)、短くて太い首、立派な前駆…。ひと目で一流スプリンターだと思わせる馬体でした。そこに新たな成長も加わったのです。現代版「新聞を読む馬」が穴をあけるか。

    【高松宮記念】コウセイ90点、筋肉量凄い!重馬場で強さ発揮

     セイウンコウセイは欧州の短距離ホースのような重厚な体つきです。詰まった胴の前後につながる分厚い筋肉。特に首と肩、腰の筋肉量が凄い。ただし、その筋肉は硬質です。切れよりも馬力で押しまくるパワーホースの肉体。
     こういう欧州型の体形は高速馬場で切れ負けしてしまいますが、時計のかかる重たい馬場なら無類の強さを発揮します。昨年の高松宮記念時を上回る毛ヅヤ。リラックスした立ち姿にも好感が持てます。天気予報では今週半ばまで名古屋は雨。レース当日も馬場が渋っているようなら連覇のチャンスです。


    【高松宮記念】やんちゃ面消えた!ドンキ90点、大人のゆとり
     おてんば娘から淑女へ。レッツゴードンキの奇麗な四肢からは気性の成長が読み取れます。昨年の高松宮記念時は四肢の随所に擦り傷の痕がありました。調教中にできる傷ではありません。おそらく馬房の中で暴れたのでしょう。ところが、今回はその四肢に傷痕がほとんどありません。

     顔を見れば、以前のやんちゃ面が消えて、ゆとりさえ感じられる。大人になりました。奇麗な四肢はしっかり台地を踏みしめ、馬体にも十分な張りがあります。ただし、昨年の高松宮記念時よりも冬毛が伸びているのはどうしたことか。冬毛は馬自身が寒さを感じ、新陳代謝を鈍らせると伸びてくることが多い。
    首と前腕に残っている冬毛が少々気になります。

    高松宮記念はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    有馬記念予想|2017年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【有馬記念】ブラック100点 引退すると思えない“完全体”

     これが有馬記念でターフを去る現役最終盤の雄姿なのか。キタサンブラックの全身には浮き立つ鋼のような筋肉。トモ(後肢)と肩、首にはひと目で超一流馬と分かる厚みと幅としなやかさがあります。3歳時から脚長で首の高い姿勢を「キリン型」と揶揄(やゆ)してきましたが、今では脚の長さも首の高さも目立ちません。古馬になって上体が成長してきたからです。威風堂々たる馬体は完成形といってもいいでしょう。秋のG12戦を戦い抜いた疲れなどどこにもありません。

      立ち姿にはちょっと驚かされました。3歳時から馬体を診断してきましたが、これほど集中した風貌を見るのは初めてです。ハミをしっかり取りながら、目、耳は一点を見据えている。四肢はしっかり大地をつかんでいます。気持ちの入った立ち姿。これで引退するのは惜しい。現役をもう1年続けても、中・長距離界の頂点に君臨できる姿です。

      あとは、レース当日までこの雄姿を維持できるかでしょう。1週前に撮影した写真とは思えないほど馬体は出来上がっています。腹周りもパラパラとアバラを見せて完璧なつくり。レース直前に撮影したようなピークに仕上がった体つきなのです。今週の追い切りでも速い時計はいらないでしょう。「馬は調教が少々足りなくても走るが、調教をやり過ぎると走らない」。英国にはこんな格言があります。余計なお世話かもしれませんが、ラストランだからと張り切って調教する必要はない。

      この馬体写真と同じ姿で当日のパドックを周回できれば、まず負けません。額にはひときわ目立つ流星。魔法のツエのような形のその流星が引退の花道へいざなってくれるでしょう。



    【有馬記念】リチャード90点 上半身が発達して“進化形”

     スワーヴリチャードの上半身には伸び盛りの3歳馬の勢いがあります。ダービー(2着)時に比べてキ甲(首と背中の間の膨らみ)が発達してきた。それに伴い背中から腰にかけてのシルエットがとても良くなった。大人の輪郭です。腹袋も今春より立派。ダービー時も弾力性のある厚手の筋肉を身につけていましたが、馬格の成長でさらにスケールの大きな上半身になりました。

      
     立ち方も良くなっています。皐月賞、ダービー時よりも前肢に負重をかけています。ハミのくわえ方、耳の立て方にも気持ちが乗っています。休み明け2戦目で精神的に充実しているのでしょう。

     
     上半身に比べて下半身は頼りない。小さくてゆとりのない膝、細い管囲、立ち気味の左前蹄とつなぎ。蹄の硬くなる季節とはいえ、右前蹄の後部内側にはダービー時になかったエクイロックス(接着装蹄)。上半身が発達した分だけ前脚の負担がより大きくなる。ケアは大変だと思いますが、今のところ大丈夫。前肢の腱はしっかり浮いているし、むくみもありません。
     ダービーとは見違えるほど成長した上半身と充実した気持ちで古馬の壁を崩せるか。



    【有馬記念】シュヴァルグラン80点 適度の緊張感

      ジャパンC時よりも少し頭を上げ、適度な緊張感を見せています。陰部を出した前回を上回る立ち方。馬体の張りも前回から落ちていない。毛ヅヤも非常にさえている。ジャパンCでは全てがうまくいきすぎた。最大の勝因は強運か。ともあれ、反動はありません


    【有馬記念】クラウン85点 目に輝きが戻った
    サトノクラウンはジャパンCで10着に敗れました。道悪の天皇賞・秋(2着)で激走した反動としか思えない大敗。その後、どこまで立ち直っているのか。立ち姿から疲れは見当たりません。岩のように盛り上がった胸前やトモには筋肉で素晴らしい張りがある。首を起こして四肢をしっかり地に着ける立ち方も好調時と変わりません。JC時には「目力が弱くなっている」と指摘しましたが、その目にも輝きが戻っています。  ただし、何かが足りない気がする。具体的に不満な部位こそありませんが、訴えかけてくるものがない。オーラのような感覚的なものです。ラストランへ独特のオーラを漂わせるキタサンブラックとの決定的な違いかもしれません。

    有馬記念はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    このページのトップヘ