競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    フローラS

    フローラS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

     東京開幕週を飾るサンケイスポーツ賞フローラステークスが24日に行われる。特別取材班が注目したのは3戦2勝のチェッキーノだ。前走の桜花賞トライアル・アネモネSを快勝した実力馬。疲れのため本番をパスしたが、このレースを目標にして好仕上がりを見せている。藤沢和雄厩舎ゆかりの良血が、重賞初制覇を遂げてオークスへ向かう。

     新緑もえる開幕週の府中で、開花した良血馬チェッキーノに、タイトル奪取の好機が訪れた。

     「手脚が軽くて、乗っている感じはよく似ています」。チェッキーノの調教をつけ、全兄コディーノの背中も知る杉原騎手は、乗り味の良さを兄と重ねる。

     コディーノは圧倒的な瞬発力を武器に、札幌2歳S、東スポ杯2歳Sと連勝し、皐月賞で3着と好走した。妹はここまで全3戦で上がり3ハロンはメンバー最速をマーク。軽々と前をかわして瞬時に突き放したアネモネSの勝ちっぷりは、兄をほうふつさせた。

     「瞬間的にスイッチが入るところがありますが、そこが最後の瞬発力につながっているのだと思います」と杉原騎手。兄と同様に、前向きで燃えやすい気性だが、コントロールできれば抜群の切れ味を発揮する。

     前走後に疲れが出たため、体調面を最優先し、桜花賞をパス。早々にここを目標に切り替えた。前走から距離が400メートル延長されることを考慮し、中間は道中でリラックスして走らせることに重点を置いた調教が施され、態勢を整えた。

     「このきょうだいはみんな競馬が上手だね」と藤沢和調教師。チェッキーノの3代母ハッピートレイルズより派生する母系からは、シンコウラブリイやキングストレイルなど活躍馬が多く出ており、そのほとんどを藤沢和厩舎が管理しているが、クラシック制覇はまだない。

     チェッキーノとは、イタリア語で「射撃の達人」。初タイトル、そしてその先の栄冠を、自慢の脚で射抜いてみせる。 (特別取材班)

     

    サンスポ予想王

    サンスポ追い切りCheck 2016フローラS 美浦

     

    TM追い切り診断 2016フローラS 美浦

     

    主な馬の調教タイム

    バレエダンサー

    4/20 南w重

    53.7ー39.6-13.4

    ビッシュ

    4/20 南w重

    70.5-54.8-40.5-12.8

    フロンテアクイーン

    4/20 南w重

    52.0ー37.9-12.7





    競馬ファンならここの無料コンテンツの熱さを把握しろwwww


    もう有名過ぎて、無料会員になっていない人居ない?
    当てまくる軸馬w
     300x250 



     

    489:2016/04/23(土) 08:46:09.48 ID:
    エルビッシュ チューリップ賞惨敗でも軽視できない理由
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160422-00000045-tospoweb-horse

    穴馬確定したよ
    490:2016/04/23(土) 08:51:24.58 ID:
    ビッシュ一番人気かよ、2番はアグレアブール
    1、2番人気が良く来るんだよな、しかも内枠だし
    【フローラS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    フローラS予想|2016年|絶好調蛯名の関東馬まとめ
     

     今週から東京競馬が開幕。日曜日のサンケイスポーツ賞フローラステークス(24日、GII、芝2000メートル)には、3歳牝馬の素質馬が顔をそろえた。クイーンC2着のフロンテアクイーンは桜花賞をパスして、このレースを目標に調整。心身とも成長して力強さを増した。距離延長は望むところで、オークス(5月22日、東京、GI、芝2400メートル)へ向けて弾みをつける。

     桜には見向きもせず、樫に狙いを定めたフロンテアクイーンが満を持して東京のGIIに登場だ。

     「東京コースが合うし、長めの距離も良さそう。桜花賞よりオークス向きだと思い、このレースを目標に調整してきた」と、国枝調教師が桜花賞をパスし、オークストライアルを選んだ経緯を説明する。

     全休日明けの19日は坂路をゆっくりと4ハロン69秒3。この2カ月半で「少し体が増えて力強さが出てきた」とトレーナーは目を細める。

     初勝利まで4戦を要したが、「使いながら変わってきた。緩かった体もしっかりしてきたが、特に精神面。以前と比べて集中力が出てきた」。叩き上げだった父メイショウサムソンと同様に、キャリアを積むごとに競走馬として洗練されてきた。

     前走のクイーンC(東京芝1600メートル)も、重賞初挑戦で2着に好走。出負け気味のスタートながらスッと中団につけ、直線でもしぶとく脚を伸ばした。2歳女王メジャーエンブレムには5馬身差をつけられたが、1分33秒3の走破時計は優秀だ。3着だったロッテンマイヤーは忘れな草賞を快勝。「ウチの馬もこの世代でそこそこのレベルにはいると思う」と大一番でも戦える手応えをつかんでいる。

     鞍上が前週の皐月賞を伏兵ディーマジェスティで制して勢いに乗る蛯名騎手というのも心強い。「ジョッキーもいいものがあると感じているようだからね。この馬でオークスへと考えてくれていると思う」と語る国枝調教師自身も、前週3勝と好調モードだ。

     「強い相手と戦ったことはいい経験になったはず。距離は大丈夫だと思っているが、まずは今回の2000メートルでしっかり末脚が使えるか」

     府中の長い直線で、本番を意識できるような走りを指揮官は期待している。 (板津雄志)

     

     

    クイーンCでは見事2着だった

     

     


    フローラSの馬券をゲットしたいですか?
    はい!!だったらここの無料会員になると良いですよw
    馬生が熱い
    furora12












     

     
    1:2016/04/17(日) 17:11:21.33 ID:
    第51回 サンケイスポーツ賞フローラステークス)(GⅡ) 第1回特別登録 27頭
    サラ系3歳 (国際)牝(指定)オープン 馬齢 2000m 芝・左

    アウェイク 54.0
    アグネスフェアリー 54.0
    アグレアーブル 54.0
    エマノン 54.0
    エミーズレシピ 54.0
    エルビッシュ 54.0
    ギモーヴ 54.0
    クィーンズベスト 54.0
    クリノラホール 54.0
    クロコスミア 54.0
    ゲッカコウ 54.0
    コウセイオリーヴ 54.0
    コルコバード 54.0
    シャララ 54.0
    ショコラーチ 54.0
    シークザフューチャ 54.0
    チェッキーノ 54.0
    トウカイシェーン 54.0
    パラノーマル 54.0
    バレエダンサー 54.0
    パールコード 54.0
    ビッシュ 54.0
    ファイアクリスタル 54.0
    ブルーオリエント 54.0
    フロンテアクイーン 54.0
    ラインセイラ 54.0
    リルティングインク 54.0
    【フローラS予想|2016年|絶好調蛯名の関東馬まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ