競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    注目馬

    5

    京都記念予想|予想、レーヴミストラル注目馬|ネット評価まとめ

     


    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン


    京都記念、レーヴミストラル重賞連勝決める、2月末で定年の名伯楽にVを届ける

     「京都記念・G2」(14日、京都)

     重賞連勝に向けてまっしぐら。本格化を遂げた良血レーヴミストラルが好ムードだ。「もともと古馬になったら良くなるタイプだと思っていたからな。暖かくなったらさらに状態は上がると思う」。2月いっぱいで定年を迎える松田博師は得意げな笑みを浮かべる。

     半姉で10年2歳女王のレーヴディソールがそうだったように、名繁殖牝馬レーヴドスカーの子はひ弱なタイプが多い。ミストラルの場合も例外ではなかったが、ケイコを積むごとに一歩一歩たくましさを増していった。前走の日経新春杯では最後方から大外一気で完勝。主戦の川田いわく「松田博先生が一番好きな勝ち方」で、昨年の青葉賞に続く重賞Vを決めた。「あれくらいの脚は使えると思っていた。まあ、川田が腹をくくって乗ってくれたよな」と師は満足そうに振り返る。

     厩舎の定年解散に伴い、3月からは高野厩舎に転厩する。「どこの厩舎に移っても、ちゃんと走ってくれればそれでいいさ。辞めたあとも、応援する楽しみが増えればな」。新たな重賞タイトルを鮮やかにかっさらい、名伯楽へのはなむけとしたいところだ。

     
    京都記念展望、レーヴミストラル重賞連勝なるか?
     
    【京都記念予想|予想、レーヴミストラル注目馬|ネット評価まとめ】の続きを読む

    共同通信杯予想|2016年|注目馬ハートレーまとめ

    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン


    共同通信杯、今週はオレ!ハートレー必勝だ!!

     14日、東京では「第50回共同通信杯」(GIII、芝1800メートル)が行われる。一昨年Vのイスラボニータは皐月賞を制し、昨年2着のドゥラメンテは2冠馬に輝いた。まさにクラシックへの登竜門といえるレースだ。

     今年はハートレーがGIホースへの階段を駆け上がる。キャリア1戦で臨んだホープフルSは、力強い末脚で新潟2歳Sの覇者ロードクエストを突き放しての完勝劇。鞍上のボウマン騎手をして「Flying(飛んだ)!」と言わしめた。

     短期放牧から帰厩後も順調で、3日にはWコースでラスト1F12秒6の好反応を見せ、古馬2頭に軽々と先着した。「折り合いと反応を確かめた。いかにも1週前という動きで、まだまだ良くなる」と手塚調教師。「今回は初の1800メートルとスタートをうまくこなせるかがテーマ。本番につながる内容を期待したいね。相手は強いが、無敗で行けたら楽しみが広がる」と春を見据える。

     6日のF・ベリー騎手の騎乗停止で宙に浮いた鞍上は即座に横山典騎手に決定し、「自由自在に動ける馬なので大丈夫でしょう」とトレーナー。2歳王者リオンディーズ、きさらぎ賞Vのサトノダイヤモンドなど、現3歳世代には無敗のクラシック候補生がゴロゴロ。2月の段階で脱落するわけにはいかない。(夕刊フジ)

     

    ハートレーは、もともとベリー騎手が騎乗予定でしたけど

    騎乗停止で横山典弘騎手に変更になりました。

    前走ではロードクエストに圧勝しました!!



     

    ネットでも話題になっていますね

     

    1:2016/02/08(月) 15:27:52.81 ID:
    http://www.hochi.co.jp/horserace/pog/20160206-OHT1T50109.html
    ただ、それよりも大事なのは、
    Fベリーの騎乗停止で来週の共同通信杯に出走する
    ハートレー(牡、父ディープインパクト)の鞍上が宙に浮いてしまったこと。
    制裁が決まった直後に手塚調教師と会った時は、
    「鞍上? 牧野でいいよ。それぐらい誰が乗っても勝てる」
    とワタクシの名前を挙げて冗談をかましていたんですが、
    オーナーサイドと話し合って最終レース後に決定しました。
    すでにネットでも出ているかと思いますが、
    とりあえず今回は横山典Jが騎乗することに。
    「乗りやすい馬なので乗り替わりでも問題ない。鞍上には来週の追い切りで味を確かめてもらう。
    その後の鞍上は未定」と手塚調教師は説明しておりました。

    手塚吹いてるけどハートレー1倍台か?
    【共同通信杯予想|2016年|注目馬ハートレーまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ