競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    共同通信杯

    共同通信杯予想|2017年|スワーヴリチャード

    競馬の無料予想・・・ここのコンテンツが熱いz
    競馬劇場ならここ信頼w



     開催後半を迎える東京では12日、クラシックに直結する「第51回共同通信杯」(GIII、芝1800メートル)が行われる。父ハーツクライの大器スワーヴリチャードが登場。同舞台の東スポ杯2歳Sでクビ差2着だった実力馬が、重賞初Vを狙う。

     14年はイスラボニータ、15年はリアルスティール、昨年はディーマジェスティが勝ち、それぞれ皐月賞の1、2、1着につなげた。2年前の2着ドゥラメンテも皐月賞、ダービー優勝と、クラシックへの最重要レースだ。その登竜門でスワーヴリチャードが勝ちに出る。

     間隔は空いたが、調整は意欲的だ。先月18日にCWコースで6F84秒7をマークし、25日に5F65秒3で1馬身先着。先週1日は6F83秒0で古馬OPレッドソロモンを2馬身半突き放した。

     「1週前は行きたがっていたけど、何とか我慢できていたね。負荷はかけられたので、今週はサラッとやればいい」と、庄野調教師の表情には余裕さえ感じられる。

     半兄バンドワゴンはきさらぎ賞で逃げて頭差2着と才能をアピールしながら、故障でクラシックを棒に振った。同じ轍は踏まないよう弟は放牧で英気を養い、プラスアルファは確実だ。

     「馬体重はさほど変わっていないけど、筋肉がついて体つきにメリハリが出てきた感じはある。前走を見ても、東京コースは合っているからね」

     まだまだ3歳牡馬クラシックロードは混戦ムード。当歳セレクトセールで1億5500万円で落札されたエリート候補が快走を決め、その真打ちへ躍り出るか。(夕刊フジ)

     
     
     
    【共同通信杯予想|2017年|スワーヴリチャード】の続きを読む

    ハートレーの敗北理由がいまいち分からない件まとめ

    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    高配当21 
    http://ko-21.jp/
    高配当21の無料情報だけで大万馬券ゲット。無料情報に期待。

    ドリーム万馬券.com
    http://dream100uma.com/
    無料コンテンツの質NO1ですね!馬連・3連複が熱い!!

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    重賞の無料コンテンツが激アツ!馬連予想で万馬券ゲット

    by競馬予想会社ファン
     

     デビュー2戦の勝ちっぷりを評価されて1番人気に推されたハートレーだったが、精彩を欠く走りで9着に大敗した。課題のスタートはポンと決めたものの、向正面から鞍上が促しながらの追走。直線で追いだしても全く反応がなく、残り300メートルでは苦しくなって内にヨレてしまい、最後は鞍上が無理をしなかった。

     初騎乗だった横山典は「何でだろう。分からない。4角手前で、もう手応えがなかった。緩い馬場でノメってはいたけど、みんな(条件は)同じ」と首をひねるばかり。手塚師も「馬場状態なのか、気持ちの部分もあるのか…。でも負け過ぎは負け過ぎ。どれが敗因なのか、今は言い切れない」と動揺を隠せなかった。

     今後は当初の予定通り、放牧を挟んで皐月賞へ。師は「ホープフルSのパフォーマンスで力は証明済み。負けたのはショックだが、反省しながら次へ行きたい」と、クラシック本番での巻き返しを誓っていた。

     
     私完敗だった
    hatore1



    生で見たけど悪くないって思ったんだけどね

    hatore
     
    【共同通信杯【2016年】|ハートレーの敗北理由がいまいち分からない件まとめ】の続きを読む

    共同通信杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    無料コンテンツが熱い競馬情報会社

    高配当21 
    http://ko-21.jp/
    高配当21の無料情報だけで大万馬券ゲット。無料情報に期待。

    ドリーム万馬券.com
    http://dream100uma.com/
    無料コンテンツの質NO1ですね!馬連・3連複が熱い!!

    千軍万馬 
    http://sngn.jp/
    重賞の無料コンテンツが激アツ!馬連予想で万馬券ゲット

    by競馬予想会社ファン



    共同通信杯!ハートレー、抜群の動き

    ◆共同通信杯追い切り(10日・美浦)

     共同通信杯(14日、東京)で重賞連勝を目指すハートレーが10日、美浦のWコースで追い切りを行った。新コンビを組んだ横山典を背に抜群の動きを披露した。

     先週まで追い切りにまたがったFベリーが騎乗停止。突然の乗り替わりで気になったのは、新たに手綱を執ることになったパートナーの感触だった。代役を託された横山典がクラシック有力候補の背中をどうジャッジするのか。最も知りたいポイントだった。

     馬場入りのキャンターは実にスムーズだった。美浦のWコースの5ハロンから、先行した外ローズクランス(3歳500万)を、内シベリアンスパーブ(7歳オープン)とハートレーが追走する形でスタート。先導馬のペースが遅すぎたため、3コーナーで早くも先頭に立ったが、すぐに修正を利かせたのはこの馬のなせる業か。直線でゴーサインが出ると、2頭の間を割って伸びた。その豪快なフットワークは目を見張るものがあった。

     数々の名馬を知る横山典はストレートに感触を口にした。

     「見ての通り、攻め馬は良かったよ。難しいところはない。手のかからない馬だよ。レースに乗るのが楽しみ」

     全体時計は5ハロン68秒0で、ラスト1ハロンは馬なりで12秒5を刻み、古馬に首差先着した。たった1回のコンタクトでも、優れた操縦性に手応えをつかんだように映った。

     新馬、ホープフルSを連勝。キャリアはまだ2戦だが、ポテンシャルは計り知れない。「未完成でこれだけ走れるのは能力があるから。中山より東京の方が力を出せるんじゃないか」と手塚調教師は強調した。無敗でこのレースを制すれば、テンポイントやエルコンドルパサー、リアルスティールなどと肩を並べる。百戦錬磨のベテランによる味付けで、バージョンアップした走りを見せる気がして仕方がない。(牧野 博光)

     
    共同通信杯ーサンスポ
    サンスポ追い切りCheck 2016共同通信杯ほか 美浦
    【共同通信杯予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    共同通信杯予想|2016年|注目馬ハートレーまとめ

    無料予想が激アツの競馬情報会社

    ターフビジョン 
    http://tr-vision.net
    3連複無料予想が激アツ!!無料会員になることをおすすめします!! 

    ハイヴォルテージ 
    http://high-voltage.tokyo
    元グリーンch解説者在籍!!注目無料予想が期待度大!!

    トライキャスト 
    http://tricast.jp
    無料コンテンツと有料コンテンツが豊富!!

    馬生
    http://umanama.com/
    競馬予想の真髄を学べるサイト!!

    競馬劇場 
    http://keiba-gekijo.com
    マコちゃんの予想が面白い、登録料0円に期待

    by競馬予想会社ファン


    共同通信杯、今週はオレ!ハートレー必勝だ!!

     14日、東京では「第50回共同通信杯」(GIII、芝1800メートル)が行われる。一昨年Vのイスラボニータは皐月賞を制し、昨年2着のドゥラメンテは2冠馬に輝いた。まさにクラシックへの登竜門といえるレースだ。

     今年はハートレーがGIホースへの階段を駆け上がる。キャリア1戦で臨んだホープフルSは、力強い末脚で新潟2歳Sの覇者ロードクエストを突き放しての完勝劇。鞍上のボウマン騎手をして「Flying(飛んだ)!」と言わしめた。

     短期放牧から帰厩後も順調で、3日にはWコースでラスト1F12秒6の好反応を見せ、古馬2頭に軽々と先着した。「折り合いと反応を確かめた。いかにも1週前という動きで、まだまだ良くなる」と手塚調教師。「今回は初の1800メートルとスタートをうまくこなせるかがテーマ。本番につながる内容を期待したいね。相手は強いが、無敗で行けたら楽しみが広がる」と春を見据える。

     6日のF・ベリー騎手の騎乗停止で宙に浮いた鞍上は即座に横山典騎手に決定し、「自由自在に動ける馬なので大丈夫でしょう」とトレーナー。2歳王者リオンディーズ、きさらぎ賞Vのサトノダイヤモンドなど、現3歳世代には無敗のクラシック候補生がゴロゴロ。2月の段階で脱落するわけにはいかない。(夕刊フジ)

     

    ハートレーは、もともとベリー騎手が騎乗予定でしたけど

    騎乗停止で横山典弘騎手に変更になりました。

    前走ではロードクエストに圧勝しました!!



     

    ネットでも話題になっていますね

     

    1:2016/02/08(月) 15:27:52.81 ID:
    http://www.hochi.co.jp/horserace/pog/20160206-OHT1T50109.html
    ただ、それよりも大事なのは、
    Fベリーの騎乗停止で来週の共同通信杯に出走する
    ハートレー(牡、父ディープインパクト)の鞍上が宙に浮いてしまったこと。
    制裁が決まった直後に手塚調教師と会った時は、
    「鞍上? 牧野でいいよ。それぐらい誰が乗っても勝てる」
    とワタクシの名前を挙げて冗談をかましていたんですが、
    オーナーサイドと話し合って最終レース後に決定しました。
    すでにネットでも出ているかと思いますが、
    とりあえず今回は横山典Jが騎乗することに。
    「乗りやすい馬なので乗り替わりでも問題ない。鞍上には来週の追い切りで味を確かめてもらう。
    その後の鞍上は未定」と手塚調教師は説明しておりました。

    手塚吹いてるけどハートレー1倍台か?
    【共同通信杯予想|2016年|注目馬ハートレーまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ