競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    東海S

    東海S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【前走後の談話】日曜中京11R・東海S

     ◇オールマンリバー「道中は促しながらだったが、ペースが流れていたし、しまいの脚はしっかりしている馬なので、それを生かそうと思っていた。いい脚を使ってくれたし、乗りやすい馬」(戸崎圭騎手)

     ◇クインズサターン「1800メートルにも対応してくれたし、最後もいい脚を使ってくれた。ゲートだけ少しうるさいけど、おとなしくて乗りやすい馬。今日は最内枠だったが、もう少し外めの枠なら違ったはず。オープンでも十分にやれる」(津村明騎手)

     ◇ゴールデンバローズ「成長は感じたけど、そのぶんか、以前より距離は長い方がいいのかもしれない。マイルは忙しかった」(ムーア騎手)

     ◇サングラス「中団で勝ち馬を目標に、じょうずな競馬ができた。こういう形に慣れてくれば、あとは展開だけだろう」(古川吉騎手)

     ◇シャイニービーム「勝負どころで苦しくなるタイプだけど、さばいてからはよく伸びた。ついていったぶん、ラストで甘くなったが、こういう競馬で結果を残せたし、脚質に幅が出ていると思う」(高倉稜騎手)

     ◇タガノエスプレッソ「4コーナーでの手応えは良かったが、最後は同じ脚いろになった。今日は休み明けのレースだったぶんもあるかな」(浜中俊騎手)

     ◇ディアデルレイ「内枠からスムーズに運ぼうとイメージしていたので、ハナを主張することも選択肢にはあった。前回乗ったときに“強いな”と思っていたし、今日も期待通りの走りをしてくれた。重賞級のメンバーでこれだけの勝ちっぷりなら、オープンでもかなりやれそう」(勝浦正騎手)

     ◇テイエムジンソク「もうひと押しだった。GI初挑戦で勝ちにいき、最後に負けたという感じ。仕方がない。これからも頑張ってくれると思う」(古川吉騎手)

     ◇モルトベーネ「これを機に、たくましくなってくれれば」(秋山真騎手)

     ◇ローズプリンスダム「大外枠でもいいところにつけられた。これから力をつけていってくれれば」(戸崎圭騎手)
    【データで勝負】日曜中京11R・東海S
    【データからの注目馬・中京11R】

    ◎(8)テイエムジンソク

    ☆ここ5回の東海Sを参考。連対馬9頭が近2走でみやこS、または東京大賞典に出走

     上記のデータに合致するのは5頭いるが、テイエムジンソク以外の4頭は前走で2桁着順。主役の座は揺るぎない。
    【東海S】傾向と対策
    1月開催となった13年以降の結果から傾向を探る。

     ☆人気 優勝馬は【3・0・2・0】の1番人気と【2・0・0・3】の4番人気からしか出ていない。だが、16年以外は8番人気以下が3着以内に入っており、伏兵をヒモで仕留めたい。

     ☆近走 全勝ち馬が近3走以内のダート重賞で4着以内に入っている。

     ☆前走 全勝ち馬が前走で5着以内を確保。前走6着以下だった馬の勝利はなく、連対率もガクッと落ちる。

     ☆年齢 4歳が1勝、5歳が3勝、7歳が1勝。中心は5歳だが、2着も2回ある7歳馬には注意。

     結論 ◎テイエムジンソク ○ディアデルレイ ▲クインズサターン

    展開を読む【東海S=平均ペース】

    サルサディオーネがハナ。テイエムジンソクは好位でじっくり構える。モルトベーネ、ディアデルレイが近い位置でジンソクをけん制。オールマンリバー、クインズサターンの末脚タイプは早めに好位勢を射程圏に入れたい。


    東海Sの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    東海S予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    五十嵐師2頭出し気配上々で1強ムード崩す/東海S

    波乱の「嵐」が吹き荒れる!? 日曜中京メイン東海S(G2、ダート1800メートル、21日、1着馬にフェブラリーS優先出走権)へ向けて、五十嵐厩舎のオールマンリバーとタガノエスプレッソ(ともに牡6)が18日、栗東トレセンで最終追い切りを行った。両馬ともに上がりの時計が良く、気配上々で調教評価A。テイエムジンソク(牡6、木原)の1強ムードを崩せるか。

          ◇       ◇

     G1チャンピオンズC2着のテイエムジンソクが人気を集めそうなダート重賞に2頭出しで波乱を狙うのが五十嵐勢だ。まずはオールマンリバーが、快調に坂路を駆け上がった。藤岡康騎手を背に4ハロン53秒4-12秒0。全身を使って、ラストは抜群の伸び。好調をアピールした。

     「動きは良かった。すごくコントロールしやすいし、やれば動く。ためればはじけると思います」。3週続けて調教にまたがった鞍上は、手応えを隠さない。見守った五十嵐師も「良かったね。雰囲気がいい。乗り役の思い通りに動けるから」と操縦性を信頼する。前走で1600万クラスを“卒業”したばかりだが、ダート左回りで【4 1 4 0】と4着以下がないのも強みだ。

     僚馬タガノエスプレッソも動きでは負けてはいない。Cウッドで6ハロン81秒3-12秒0をマーク。しまいのスピードは迫力十分で、師は「しっかり動いてくれたね。時計も動きも良かった」と目を細めた。5カ月ぶりの前走は6着も、今回は1度使った上積みを見込める。「前回伸びなかったのは休み明けの分。たたいた今回は違うと思う」と、変わり身に期待をかける。

     人気のテイエムジンソク、オープン特別を連勝中のディアデルレイはともに先行馬で、緩みのない流れになりそう。差し脚が武器の五十嵐勢2頭も、付け入る隙はある。新年の中京で、文字通りの「嵐」を吹かせたい。


    【東海S予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    東海S予想|2018年|注目馬「テイエムジンソク」まとめ

    chuumokuuma



    テイエムジンソク
    父ークロフネ、母父ーフォーティナイナー

    2017年-セントライト記念




    1着 テイエムジンソク 古川吉洋
    2着 ルールソヴァール 幸英明
    3着 キングズガード 藤岡佑介


    (ヤフーニュース引用)
    テイエムジンソク関連ニュース

    21日の中京では、ダート重賞の東海S・GIIが実施される。同レースの勝ち馬は、実施時期が1月となった2013年以降、13年グレープブランデー、15年コパノリッキーの2頭が同年のフェブラリーS・GIを制している。今年は、チャンピオンズC2着のテイエムジンソク(牡6歳、栗東・木原一良厩舎)、16年の勝ち馬アスカノロマン(牡7歳、栗東・川村禎彦厩舎)など20頭が登録。勝ってGI制覇に前進するのはどの馬なのか。

     また、テイエムジンソクには、前走に続き古川吉洋騎手が騎乗する予定。同騎手とテイエムジンソクは、初めてコンビを組んだ咋年5月の東大路S(1600万下)で勝利を挙げて以降、6戦連続連対中。古川騎手は昨年のエルムS2着からJRAダート重賞で騎乗機会4連続連対中だが、東海Sでも連対を果たすことができるか注目だ。


    種牡馬データ

    クロフネ-中京ダート1800m

    2015年以降
    9-8-3-82/102(8.8%-19.6%)

    重賞
    0-1-0-4/5
    1回はテイエムジンソクのチャンピオンズカップ


    騎手データ

    古川吉洋-中京ダート1800m

    2015年以降
    6-6-1-23/36(16.7%-36.1%)




    とりあえず買い・・・




    「広告」競馬ジャパンの無料予想が激アツなの知っているw

    keibaj


    愛知杯の無料予想が凄かった。
    無料馬連予想で万馬券


    競馬ジャパンへ行く



    5
    東海S|2017年|直前情報まとめ


    ファーストの無料会員が熱い。。。こういうサイトはしっかりゲットしたいw


    【東海S(日曜=22日、中京ダート1800メートル=1着馬に2・19フェブラリーS優先出走権)得ダネ情報】一昨年秋にダート路線に転向するや、破竹の6連勝を記録するなど、一気に頂点に上り詰めたアウォーディーの大躍進は記憶に新しい。このGIで栗東得ダネ班が猛プッシュしてきたのも“松永幹ブランド”の砂転向馬ピオネロ。ドバイ遠征を予定している僚馬に代わって、上半期のダート界を席巻するのはこの馬だ。

     5歳夏にして砂路線に転じると、準オープン、オープン特別を連勝。初のダート重賞挑戦でも2着と、ピオネロは芝で勝ち切れない競馬を続けていたことがうそのような活躍を見せている。

     とりわけ前走のシリウスSは、直線で勝ち馬マスクゾロに寄られる不利がありながらも、闘争心がなえることはなく、クビ差の大接戦。3着に競り落とした相手も後に東京大賞典を制したアポロケンタッキーとなれば、すでにダート界の上位ランカーに扱える。普段は謙虚な松永幹調教師も「前走は相手も強くなっていたし、右回りでどうかというところもあったんですが、十分にメドの立つ競馬をしてくれましたね」とその走りを高く評価している。

     前走後は武蔵野SからチャンピオンズCへ駒を進めるプランも挙がったが、飛節に軟腫(コブのようなもの)ができたことで一旦はローテーションを白紙に。勢いを止めてしまったようにも見えるが、「腫れはありましたが、熱を持ったり、痛がったりすることもなかった。それほど心配するようなものではありません。今は腫れも引いて、加減することなく、しっかりと調教を積めていますよ」とトレーナーは順調な仕上がりをアピールする。

     松永幹厩舎といえば、アウォーディー、アムールブリエ、ラニと、名牝ヘヴンリーロマンスの子供たちがダート路線で活躍。ピオネロにはその強力な“砂一族”にも劣らない期待がかけられている。

    「スッと前へ行ける脚がありますし、少々砂をかぶっても大丈夫ですから、安定して力を発揮できるタイプと言えるでしょうね。もともと左回りが合う馬。次に予定しているフェブラリーSへ向けて、休み明けでもいいレースをしてほしいと思っています」

     ここで重賞初制覇を決めるようなら、一気にダート界の頂点も見えてくる。

    グレンツェントはノリで一発あるかも

    <東海S:追い切り>

     日曜の中京メインは東海S(G2、ダート1800メートル、22日)。関東馬グレンツェント(牡4、加藤征)が18日、美浦ウッドコースの3頭併せで万全の態勢を整えた。昨年暮れの師走Sを制してダートでは8戦5勝、2着2回と底を見せていない。今年はここをステップに、G1取りを狙う。

     実戦さながらの3頭併せだ。横山典騎手が手綱を取ったグレンツェントは1馬身前にランディングバース(古馬1000万)、1馬身後ろにシャドウウォリアー(3歳未勝利)を置き、スタートを切った。あえて真ん中に入れた意図を加藤征師は「今回はテン乗りだからね。追いかける時と、後ろから来られた時の感触を、ジョッキーにつかんでほしかった」と説明した。

     直線は馬なりの2頭に対して、いっぱいと手応えは見劣ったが、もともとウッドコースでは動かないタイプ。外ランディングバースに出られてからが、しぶとかった。最後はきっちり盛り返して併入。5ハロン68秒7、上がり39秒7-13秒5なら及第点だ。「しっかりと負荷をかけた。息遣いも良かったし、状態はいい」と師。仕上がりに不安はない。

     師走Sから東海Sは予定のローテ。昨夏のレパードSで初重賞制覇を飾った後も、無理せず相手を見ながら番組を選んできた。そこには陣営の「ダートは芝以上に経験が物を言う」との思いがある。オープン特別で段階を踏みながら高みへ。機は熟した。みやこSではアポロケンタッキーと接戦した実績もあり、4歳初戦で「新ダート王」候補に名乗りを上げる。【水島晴之】

    【東海S|2017年|直前情報まとめ】の続きを読む

    東海S予想|2017年|注目馬ニュースまとめ
    連覇へ好仕上がりのアスカノロマン

     今週は、勝ち馬にフェブラリーS・G1(2月19日、東京・ダート1600メートル)の優先出走権が与えられる東海S・G2(22日、中京・ダート1800メートル)が行われる。

     注目はチャンピオンズC3着のアスカノロマン(牡6歳、栗東・川村禎彦厩舎)だ。このレースで連覇を飾り、昨年3着に敗れた本番へ弾みをつけるか。

     勝負の年だ。2017年初戦に臨むアスカノロマンに、川村調教師の口ぶりが熱を帯びる。「今年、いよいよ馬が完成してくると思っている。今はどんどん、良くなってきているから」。本格化を迎えている6歳馬への手応えを隠さない。

     昨年は確かなステップを刻んだ。そのきっかけが重賞初制覇したこの東海Sだ。2番手抜け出しての完勝。続くフェブラリーSを3着、平安Sでタイトルを上積みして、暮れのチャンピオンズCでも3着と好走した。川村師が「いい器はあったけど、まだ中身が追いついていなかった。そこが少しずつ、伴ってきたね」と目を細めた。

     昨年暮れの交流G1・東京大賞典を使わず、ここへ向けてじっくりと調整してきた。12日の栗東・CWコースを7ハロンから意欲的に追った。最後はさすがにバテたが、川村師は納得の表情を見せた。

     「予定通り(レースの)10日前にこれだけ負荷をかけられたので良かった。今回の競馬を見て、今年を組み立てていくつもり。いい形でクリアして、フェブラリーSに向かいたい」。連覇を飾って、悲願のG1奪取に堂々向かう。(宮崎 尚行)

     


    【東海S予想|2017年|注目馬ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ