競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    騎手発言

    5
    菊花賞|2016年|熱い熱い蛯名騎手まとめ

    ◆第77回菊花賞・G1(芝3000メートル、23日・京都競馬場)

     淀の3000メートルで行われる菊花賞(23日、京都)は『強い馬』が勝つとされ、底力とスタミナが問われるとともに、2度の上り下りのあるコースはジョッキーの腕の見せどころでもある。皐月賞馬ディーマジェスティで2冠を狙う蛯名正義騎手(47)は京都の芝3000メートル以上で現役2位の6勝を挙げる長距離巧者。15年ぶりの関東馬Vを目指す大一番へ向けて、今の思いを聞いた。(聞き手・石野 静香)

     ―ディーマジェスティは秋初戦のセントライト記念を快勝。2冠に向けて好スタートを切りました。

     「順調にきていたので、普通の競馬さえすれば負けないだろうと思って乗っていた。まあ、競馬なので、いろいろあるし、前回もスタート後に2回寄られた。そういうことも想定していたけれど、力が違った」

     ―プレッシャーはありましたか。

     「なかったとは言わないけれど、とにかく順調にきていたことが、自分のなかで非常に自信になった。今まで乗ってきたなかで、一番順調だと感じていたし、大きなアドバンテージだった。秋に向けて、夏をうまく過ごせたのではないか」

     ―順調な調整ぶりが自信につながったのですね。

     「馬って一生懸命やってもうまくいかない時もある。無事にレースまで行くことは、簡単なようだけど、大変なんだ。秋華賞でも、シンハライトがあんなふうになった(屈腱炎で回避)。競馬に進むことがいかに大変か。みんな一生懸命やっているし、別に手抜きしてるわけじゃない。けいこをしなくちゃいけないけれど、やればリスクも出てくる。やり過ぎも、やらな過ぎも良くない。そういうことを含めて難しいんだ」

     ―13日の1週前追い切りは、美浦のWコースで5ハロン67秒2―12秒4で併走馬に先着。感触は?

     「しまいに気合をつけたが、それ以上無理はしなかった。落ち着いて走れていたし、いい動きだった。前走の状態が良く、上積みがすごくあるわけではないけれど、今のところ順調にきている。それが一番」

     ―京都の芝3000メートル以上のレースで、現役では武豊(19勝)に次ぐ6勝をマーク。春の天皇賞3勝など、淀の長丁場で好成績を残しています。

     「たまたまだよ。上り下りが2回あって、面白いコースだと思うけどね。関東に下るコースはないから。障害コースしかないんじゃないか。最後に坂のあるコースはあるけれど、下りってなかなかないから」

     ―下りがポイントですか?

     「上り下りだと、下りのほうが難しいね。ブレーキをかけながら走らせなくちゃいけないから。人間だって、下りを走る時にどんどん加速したら、足がついていかなくなるだろう? ブレーキをかけ気味にって、言ったらおかしいけれど、そうじゃないとうまくスピードをコントロールできない。上りは馬も結構一生懸命上るし、人間もついていきやすいけれど、下りはそういう意味で馬は走りづらいし、消耗する。下りで勢いをつけ過ぎてもいけない。だから、なだらかに走らせることが大事」

     ―3歳馬にとってはタフなレース。気を付けることはありますか。

     「3歳だと適性が分からない。古馬と比べて大事なのは、いかにリズムよく走らせられるかどうか。ディーマジェスティに関しては、折り合いがつきやすいところが一番のいいところだから、スムーズに流れに乗っていければ。それだけだよ」

     ◆蛯名 正義(えびな・まさよし)1969年3月19日、北海道生まれ。47歳。87年3月、美浦・矢野進厩舎からデビュー。その年に30勝を挙げ、民放競馬記者クラブ賞(関東新人騎手賞)を受賞。JRA通算2448勝、重賞125勝。うちG1は96年天皇賞・秋(バブルガムフェロー)で初制覇後、98年ジャパンC(エルコンドルパサー)、01年菊花賞、有馬記念、02年天皇賞・春(マンハッタンカフェ)、07年有馬記念(マツリダゴッホ)、10年牝馬3冠、11年ヴィクトリアマイル(アパパネ)など26勝。162センチ、50キロ。血液型A。



    京都G1勝利-菊花賞
    2001年-マンハッタンカフェ




    京都G1勝利-天皇賞(春)
    2002年-マンハッタンカフェ




    2013年-フェノーメノ




    2014年-フェノーメノ





    蛯名正義騎手(京都G1)
    4-3-5-16/28(14%ー42%)
    ebina1



    菊花賞も期待する-競馬情報サイト
    ウイニングチケット
    winningt



    松岡正海700勝
     

     松岡正海騎手(31)=美浦・フリー=が10日、中山競馬3Rでイルフォーコンに騎乗して1着となり、JRA通算700勝を達成した。2003年のデビューから14年目。JRA重賞は27勝。G1は、07年ヴィクトリアマイル(コイウタ)、09年天皇賞・春(マイネルキッツ)の2勝を挙げている。ウィナーズサークルで行われた記念セレモニーには戸崎、蛯名、吉田隼、田辺、丸山、石川、井上、大野、黛、嶋田ら、多くのジョッキーが駆けつけていた。

     松岡騎手「区切りの勝利は中山が多いのですが、それはきっと競馬場の近くに師匠の前田(禎)先生(元調教師)のお墓があるから。前田先生が後ろから背中を押してくれているのでこれだけ勝てたのだと思っています」

     

    G1は2勝

    07年 ヴィクトリアマイル

     

    09年 天皇賞(春)

    【松岡正海騎手700勝】の続きを読む

    5
    蛯名正義【外人の通年免許反対】|ネット評価まとめ


    競馬ファンならここのサイトを参考にしないのはもったいない
    勝利の栞。。。無料会員なら激アツwww




     
    1:2015/12/30(水) 11:05:32.78 ID:
    283:2015/12/30(水) 17:13:02.36 ID:
    >>281
    この手の記事はみんな、番記者が聞いた話の
    書き起こしだよ
    6:2015/12/30(水) 11:15:24.80 ID:
    蛯名の言ってる事はよく分かる
    例えると、哲三の様な馬を育てながら乗れる騎手のチャンスすら減っているという事だ
    社台グループにとっては関係無い事だけどね

    隼人みたいに、継続で乗せて貰えたのは個人馬主だったからだしね
    これが社台だと、ラブリーデイみたいに騎手コロコロ変わっていく

    現にラブリーは有馬で負け、勝ったのは隼人のアクター
    こういうの見ると、上手い騎手が変わりばんこで乗れば馬は必ず走る訳ではない事が分かる
    11:2015/12/30(水) 11:17:35.83 ID:
    >>6
    成程、確かに

    文脈読み取れない人は、言い訳とかって叩くけど、本質が見えてないよね
    蛯名が言いたい事を分かってない
    【蛯名正義【外人の通年免許反対】|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ