競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    京阪杯

    京阪杯予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【データで勝負】日曜京都12R・京阪杯
    【データからの注目馬・京都12R】

    ◎(7)ソルヴェイグ

    ☆ここ5回の京阪杯を参考。逃げた馬が【3・1・0・1】と連対率80%

     先行力を武器にGI3着、GIIとGIIIを各1勝の実績を持つ。前走はハナを切って押し切ったが、ここも主導権を奪えそうな組み合わせで、押し切りに期待。
    展開を読む【京阪杯=ハイペース】
    ソルヴェイグが飛ばすが、フィドゥーシアやタマモブリリアンも前へ。セイウンコウセイも本来の先行策なら、乱ペースは避けられない。前有利の京都6F戦でも末脚温存のアットザシーサイド、メラグラーナなど差し馬に出番。
    【京阪杯】傾向と対策
    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】、2番人気は【2・0・2・6】で信頼性に乏しい。5番人気以下の優勝4頭で波乱含み。

     ☆世代 5歳が【4・5・2・39】、4歳が【3・3・2・31】でこの2世代が主力。3歳が【2・2・2・22】。

     ☆枠順 黒帽の2枠が【3・1・0・16】。赤帽の3枠が【2・1・3・14】、白帽の1枠が【2・1・1・14】で内枠が圧倒的に強い。外枠は成績が落ちる。

     結論 ◎ビップライブリー ○ソルヴェイグ ▲アルマワイオリ


    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre


    京阪杯予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【京阪杯】登録馬(想定騎手)

     26日(日)に行われる京阪杯(京都、GIII、芝1200メートル)の登録馬は以下のとおり。※騎手は想定

    アットザシーサイド 四位洋文

    アルマワイオリ -

    イッテツ 石橋脩

    ジューヌエコール 北村友一

    セイウンコウセイ 松田大作

    ソルヴェイグ 川田将雅

    タマモブリリアン 吉田隼人

    ダイシンサンダー 和田竜二

    ティーハーフ 国分優作

    ナックビーナス -

    ナリタスターワン 幸英明

    ネロ 吉原寛人

    ヒルノデイバロー 古川吉洋

    ビップライブリー 大野拓弥

    ピンポン -

    フィドゥーシア 三浦皇成

    メラグラーナ A.シュタルケ

    ラインスピリット 森一馬
    【京阪杯予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    ベルカント|京阪杯予想|注目馬

    <京阪杯:追い切り>

     日曜京都メーンの京阪杯(G3、芝1200メートル、29日)に出走するベルカント(牝4、角田)が25日に坂路で追い切られ、4ハロン51秒9-12秒0の好タイムをマークした。

     単走強めで、ラストまでしっかりとした脚取り。角田師は「2週続けて併走で追い切ったので、今日は気持ち良く単走で。相変わらずいい動きでしたね」と話した。ビッグアーサーに唯一の土をつけた快速娘が、その再現を狙う。

     

    ベルカント

    父-サクラバクシンオー、母父-ボストンハーバー

    北九州記念では見事の勝利だった

     

    ツイッターの声

    【ベルカント|京阪杯予想|注目馬】の続きを読む

    5
    京阪杯予想|予想オッズ1番人気ビックアーサー|まとめ

     京都では最終日の29日に京阪杯(GIII、芝1200メートル)が行われる。スプリント戦に衣替えされてから今年で10回目。世界の短距離王になったロードカナロアが3歳時に重賞初制覇を飾ったレースで、若い馬にとっては一流スプリンターへの登竜門になる。なお、京阪杯は最終12R(発走16時15分)に組まれているので、レース番号のお間違えがないように…。

     主役は何といっても4歳馬ビッグアーサー(栗東・藤岡健一厩舎、牡4歳)だ。デビューから7戦6勝、2着1回とパーフェクト連対。スプリンターズSは次点で無念の除外となったが、前走の夕刊フジ杯オパールSはそのうっぷんを晴らすかのような3馬身差の圧勝劇を演じた。Vタイム1分6秒7(良)もコースレコードタイ。父サクラバクシンオー譲りのスピードを存分に見せつけた。ここで重賞初Vを飾って、父のような、そしてロードカナロアのような超一流への足がかりとしたいところだ。

     今年、サマースプリントシリーズ王者に輝いたベルカント(栗東・角田晃一厩舎、牝4歳)もサクラバクシンオー産駒。前走のスプリンターズSで13着と案外な大敗を喫したが、角田調教師は「中山が合わなかったのかもしれない」と分析している。京都では2歳時にファンタジーSを勝った実績があるだけに、巻き返しが注目されるところだ。2009年以来のJRA年間100勝まであと「3」としている武豊騎手の手綱さばきに期待が集まる。

     アースソニック(栗東・中竹和也厩舎、牡6歳)は一昨年の覇者で、京都芝コースでは登録30頭中最多タイの4勝をマーク。ここ4走は3、2、3、2着と成績も安定している。6歳馬だが今が最も充実している印象だ。今回は新たにアンドレア・アッゼニ騎手とのコンビで挑む。

     前走の桂川Sを勝って再度、オープン入りを果たしたエイシンブルズアイ(栗東・野中賢二厩舎、牡4歳)も同じく京都芝で4勝をマークしているコース巧者。前走が3カ月ぶりのレースだっただけに、上積みも見込める。こちらも豪州の名手ヒュー・ボウマン騎手とのタッグが興味深い。

     昨年の高松宮記念優勝馬コパノリチャード(栗東・宮徹厩舎、牡5歳)は2桁着順が続いているが、中間もけいこの動き自体は悪くない。58キロの斤量も楽ではないが、新コンビ・古川吉洋騎手の騎乗で変わり身が望まれる。

     昨年の2着馬サドンストーム(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳は、約3カ月ぶりでも好仕上がり。流れ次第で上位争いに加わってきそうだ。他では、出遅れて8着だったスワンSは度外視できるサトノルパン(栗東・村山明厩舎、牡4歳)、良馬場なら見直せるウイングザムーン(栗東・飯田祐史厩舎、牝6歳)、距離短縮で折り合いの不安が解消されそうなフミノムーン(栗東・西浦勝一厩舎、牡3歳)あたりもマークしておきたい。

     

    京阪杯-2014年動画

     

    2014年-レース結果

    1着 アンバルブライベン 田中健

    2着 サドンストーム 秋山真一郎

    3着 サガジロロイヤル 国分優作

     

    ネット競馬より 

    1番人気 ビッグアーサー 1.7
    2番人気 ベルカント 4.5
    3番人気 エイシンブルズアイ 8.1
    4番人気 アースソニック 11.3
    5番人気 サトノルパン 12.5

     ツイッターの声

    【京阪杯予想|予想オッズ1番人気ビックアーサー|まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ