東京スポーツ杯2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


「東京スポーツ杯2歳S」アグイレアーブル 岩田を背に4馬身先着

【東京スポーツ杯2歳S(月曜=23日、東京芝1800メートル)注目馬19日最終追い切り:美浦】牡馬相手の中距離新馬戦でデビューしたアグレアーブル。そして、すぐに東スポ杯挑戦を表明…ローテーションだけでも陣営の高い期待値がうかがえる。

 岩田が3週連続で騎乗したこの日は、南ウッドでナンヨーファミユ(2歳1勝馬)を1秒以上追走。4角で内めを回って一気に差を詰めると、鞍上の仕掛けに応えて4馬身先着フィニッシュ。派手なアクションはなくとも、6ハロン82・3―12・5秒の上々時計を楽々とマークしてみせた。

 斎藤誠調教師「速い時計は必要ないと思っていたけど、結果的には時計が出たね。速く見せないのに速い時計が出る。これがスケールの大きさなのでしょう。まだ粗削りだけど、馬は前走より良くなっていますよ」

 登竜門の重賞で牝馬の枠を超えた走りを見せてくれそうだ。

 

アグレアーブル

11/19 南W重

82.7-66.9-52.4-38.5-12.6

スマートオーディン

11/18 栗東坂重

53.8-39.1-24.9-12.0

フロディガルサン

11/18 南W重

70.4-54.5-39.6-13.0

 

 

 

【東京スポーツ杯2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む