競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)

    5
    マイラーズC予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価まとめ
     

     1000万下→準OPを連勝したクルーガーは前走・中日新聞杯で重賞へ挑戦したが、ゲートを潜ろうとするハプニング。出負けして直線だけの競馬となり、2番人気を裏切る6着に敗れてしまった。ただ、着差は0秒3と、次での挽回が可能な数字だった。

     高野調教師もそのポテンシャルを信じており、「ゲート、相手関係、初のマイル、1度しか走ったことのない京都と課題はいろいろあるが、まずゲートは駐立の練習をしっかりやったので問題ないと思う。マイルをこなせれば先々への選択肢が広がるし、能力の高さですべての課題を克服してほしいと思っている」と、巻き返しに期待している。

     けいこで跨った初コンビの松山騎手も、「乗りやすい。いいイメージを持っていきたい」と好感触。逆転して不思議はない。

     “究極の3連単”はクルーガーを1着に固定。安定感抜群のフィエロを2、3着に据えた10点で仕留める。

    (夕刊フジ)



    サンスポ追い切りCheck 2016マイラーズC 栗東

     

    TM追い切り診断 2016マイラーズC 栗東

     

     



    クルーザー
    4/22 栗東坂不
    71.2-51.4-31.3-14.3

    フィエロ
    4/20 栗東CW良
    66.8-51.7ー37.9-11.6


     

     
    734:2016/04/23(土) 18:29:51.60 ID:
    フィエロ出遅れて追い込むも2着まで読めた
    【マイラーズC予想|2016年|調教・追い切り・ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    マイルCS予想|マイルチャンピオンシップ予想|直前情報まとめ


    競馬予想会社が熱い!!
    マイルチャンピオンシップの馬単予想
    ブレーンの競馬予想会社
    toseresen


    マイルCS|マイルチャンピオンシップ


    ◆“外より内”で満足〔1〕ヴァンセンヌ

     〔1〕枠(1)番に松永幹調教師は、「偶数が良かったけど、外でなければいいと思っていたのでいいと思う」と満足そう。「追い切り後も変わりない。いかにスムーズに競馬ができるかですね」と語った。

    ◆逃げ馬を見ながら〔3〕レッツゴードンキ

     自ら抽選器を回した梅田調教師は〔2〕枠(3)番を引いた。「残り4つ((3)(9)(12)(17))の中で(3)は気分がいい。行き(逃げ)そうなケイアイエレガントの外というのもいい。ケイアイを見ながら桜花賞みたいに途中から行ってもいいからね」と満足げにうなずく。

    ◆枠不問…発馬次第〔4〕ダイワマッジョーレ

     〔2〕枠(4)番に甲斐助手は「枠は奇数でも偶数でもどこでもいい。スタートさえ出てくれれば」と発馬を課題に挙げる。昨年は9着も、2年前は2着と好走。「去年はやっとよくなってきたという感じだったが、今年は2年前と比べても遜色ない。絶好調のレベルにある」とデキの良さに期待していた。

    ◆「行く馬」見ながら〔7〕アルビアーノ

     栗東坂路を1本登坂し、4ハロン80秒4。軽めだが、気合が乗って動きは上々だ。枠順は〔4〕枠(7)番。「内に行く馬がいて、ここならジョッキーも仕事がしやすいんじゃないですか。すこぶる順調ですし、いいレースになるんじゃないかと思います」と木村調教師も満足げ。

    ◆「末広がり」枠に笑顔〔8〕サトノアラジン

     〔4〕枠(8)番に山元助手は「もう少し外が欲しかったが、いいところではありますね。(同じ担当馬の)ラブリーデイが秋の天皇賞を勝ったのは(8)番だったし、縁起はいい。末広がりですしね。状態も大型馬なので久々だった前走の富士Sよりよくなっている」と笑顔。

    ◆ベリーグッドな枠〔10〕フィエロ

     昨年の2着馬は、〔5〕枠(10)番に決まった。荻野助手は「ベリーグッド。いいところやないか。他の有力馬もいいところに入っているね。状態? 馬はけさもいい感じやったよ」と枠も決まって力を込める。

    ◆「ほどよいところ」〔11〕カレンブラックヒル

     〔6〕枠(11)番に決定。「ほどよいところですね。ハナだと目標になるので、出たなりでジワッといければ。きょうは抑えたままで坂路で4ハロン61秒1。馬に活気がありますよ」と小林助手は笑みを浮かべた。

    ◆堀厩舎2騎、前々へ〔13〕リアル&柔軟に〔16〕モーリス

     追い切り翌日とあって、恒例の歩様チェック。美浦北馬場の角馬場調整で体をほぐした。「2頭とも歩様の確認をしました。心配されていた硬さもなく、順調です」と橋本助手。枠順はリアルインパクトが〔7〕枠(13)番、モーリスが〔8〕枠(16)番に決まった。これについては堀調教師が「作戦は、枠順が出てから決めようと思っていました。モーリスは戦法に幅が出て、いろいろな状況に対応できるようになっています。リアルは(スタートで)出していくタイプ」。先行のリアル、差しのモーリスが濃厚か。

    ◆外不問…偶数歓迎〔14〕トーセンスターダム 

     過去3勝(2位タイ)を挙げている〔7〕枠(14)番を引いた。「外めは問題ない。中で待たされるのは好きじゃないので、偶数は歓迎です。(3コーナーの)坂の下りで勢いをつけられれば」と兼武助手は期待を込めた。

    ◆外枠から内目指し〔17〕ロゴタイプ

     3連休の渋滞を回避する目的で、イスラボニータと同じ馬運車で朝4時に京都へ向かった。枠順は〔8〕枠(17)番となったが、田中剛調教師は「スタート後の直線が長いですし、ロスなく運んで内に入れられれば」と前向きだ。土曜の朝は、現地でスクーリングをする予定になっている。

     

    モーリス、渋滞?の影響なしとか言っているw

     マイルG1連勝を狙うモーリス(牡4、堀)は渋滞の影響で午後3時過ぎに京都に到着した。

     それでも歩様は力強く、気性の高ぶりも見せない。宗像助手は「馬房に入っても変わりないし、何とか無事にクリアできました。久々でも調教は積んでいるし、心配はしていません」と万全をアピールした。

     

     秋のマイル王を決するマイルCS(G1、芝1600メートル、22日=京都)の枠順が20日、確定した。

     16番枠に決まったモーリス(牡4、堀)は僚馬リアルインパクト同様、美浦北の角馬場で調整。追い切り翌日もテンションが上がることなく落ち着き払った脚取りを見せた。橋本助手は「追い切り後も、心配していた体の硬さは出ていません」と、久々でも走れる状態であることを強調。春秋マイル王へ視界良好。

     

    マイルCS傾向で対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・3・1・3】6連対とまずまずの成績。一方で、2桁人気も過去7年では4回馬券に絡んでいる。

     ☆所属 関西馬【8・6・7・90】、関東馬【2・4・1・52】、外国馬【0・0・2・6】。現在関西馬が7連勝中。

     ☆年齢 4歳【3・6・3・24】、5歳【4・4・4・42】の2世代がリード。3歳は【0・0・2・33】で優勝馬0。

     結論 ◎サトノアラジン ○イスラボニータ ▲トーセンスターダム


    勝馬プラチナムの競馬予想を信頼!!
    口コミ・評価・検証
    kachiumap


    5
    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|最新調教・追い切り|ツイッター・2ch評価まとめ


     レッドアリオンなど、今週の主要調教馬場の時計/栗東トレセンニュース

     今週の栗東は17日夜から18日の明け方にかけて大雨。調教開始時刻には一旦止んで、調教が終わる頃に再び降り始めて、昼から夜にかけては再び大雨。これだけ降れば、通常ならウッドチップ馬場に与える影響は大きいのだが、実際の時計の出方を見てみると、さほど影響はなかった感じ。詳しくは各馬場の説明を見ていただきたい。

     気温に関しては、18日は少し動けば汗ばむくらい。19日も冷え込みは厳しくないが、さすがに朝夕が少し寒いので、特に牝馬は冬毛が目立つ馬も多くなっている。

    【坂路/4F51.9秒】
     18日。一番時計はダンツロビン(栗東・池添兼雄厩舎)の4F50.7秒。キャリア1戦(未勝利)の2歳牝馬がマークした時計であり、こんなに動いたのは初めて。よって、数字評価が難しいところだが、二番時計は4F50.9秒のアドマイヤドバイ(栗東・橋田満厩舎)。この馬を物差しにすれば、さほど時計を要する馬場というわけではなさそう。

     全体的な時計の出方を見ても、4F51秒台の頭数はそれなりにいる。もちろん、速い時計は馬場開門直後など、時計が出やすい時間帯ではあるが、ある程度馬場が荒れてもそれなりの時計を出している馬がいるので「雨=時計を要する馬場」というのは早計。厩舎コメントなどに時計が遅い原因を馬場のせいにしていることがあるかも知れないが、それは疑ってかかった方がよい。

     19日。前夜に更に雨が降っているが、時計は普通に出ていた。マイルCSの出走を予定しているレッドアリオン(栗東・橋口弘次郎厩舎)が最終追い切りを行った。ハイプレッシャーを追走する内容だったが、楽に追いついて最後は突き放す動き。ラスト1F13.1秒と数字は少し要したが、4F52.0秒は優秀。動きが目立っただけに、前走後のリフレッシュ効果は大きかった様子。

     先週の馬場差が「-0.2秒」。さすがに先週よりも時計を要する馬場であることは間違いないが、雨量を考えるとさほど時計を要していない。よって18日、19日とも『±0.0秒』の馬場差で記録している。

    【CW/5F66.5秒】
     18日。7時30分すぎの時間帯から、徐々に霧で向正面が見えにくくなり、数分すると完全に視界不良。ホームストレッチしか見えない状況が30分ほど続いて、その後、再び霧が晴れるという感じだったので、この時間帯の追い切りは全体時計の計測ができなかった。

     追い切りで目立った動きを見せたのは、トレセンニュースでもお伝えしたアドマイヤデウス(栗東・橋田満厩舎)やサウンズオブアース(栗東・藤岡健一厩舎)といったジャパンカップ(11月29日・東京芝2400m)を予定している組。19日には同じくトレセンニュースでお伝えしているラブリーデイ、ミッキークイーンの池江泰寿厩舎のジャパンカップ出走予定2頭が順調に追い切りを消化している。

     先週の馬場差が「-0.5秒」。こちらも坂路馬場同様、さすがに先週よりも時計を要しているのは間違いない。よって、馬場差は18日、19日とも『±0.1秒』で記録している。

    【DP/5F64.5秒・D芝/5F63.0秒】
     雨の影響を考慮したのか、今週は芝馬場の利用頭数が激増。ただ、どの追い切りを見ても芝の大きな塊が飛び、最後の直線は芝らしくない少し重苦しい動き。実際、ラスト1Fで11秒台をマークした馬はおらず、かなり時計を要する状態だった。よって馬場差は18日、19日とも『+1.0秒』で記録している。

     今週のポリトラック馬場も先週同様、利用頭数が多い。時計の出方としては、ラスト1F11秒台前半という馬が多く、水分を含んで時計が出やすい状態。よって馬場差は18日、19日とも『-1.5秒』で記録している。

    ※調教馬場横の数字は基準時計。この数字以下の時計であれば、標準より速い時計と判断してよい。
    (取材・写真:井内利彰)

     

    サンスポ予想王-動画

    【追い切りCheck】マイルCS(片岡&板津)



    TM追い切り診断 2015マイルCS 栗東
     



    TM追い切り診断 2015マイルCS 美浦

     

     


    主な馬の調教タイム


    アルビアーノ

    11/18 栗東CWやや

    49.4-36.6-11.4


    イスラボニータ

    11/18 南W重

    81.7-65.8-51.2-37.5-11.8


    カレンブラックヒル

    11/18 栗東坂重

    52.1-37.6-24.5-12.1


    サトノアラジン

    11/18 栗東CW重

    54.5-38.7-12.0


    ダノンシャーク

    11/18 栗東坂重

    52.6-38.1-24.6-12.0


    フィエロ

    11/18 栗東坂

    52.2-38.4-24.6-12.2


    モーリス

    11/19 南W重

    52.4-38.0-12.1


    レッドアリオン 

    11/19 栗東坂

    52.0-38.2-25.8-13.1

     

    ツイッターの声

    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|最新調教・追い切り|ツイッター・2ch評価まとめ】の続きを読む

    5

    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|調教・追い切り|1週前追い切りまとめ


    金馬券、20万円無料馬券公開中!!
    只今限定無料会員募集中!!!!
    指定サイト見逃すなw
    kinba


     

    『マイルCS』春秋統一王者へ!モーリスぶっつけOK

     GI7連戦の第2弾は下半期のベストマイラーを決める「第32回マイルCS」(22日、京都、芝1600メートル)。最大のトピックは安田記念以来となる春のマイル王モーリスのぶっつけVが成功するかどうかだろう。先週までの動向からその可能性を探った。

     新マイル王モーリスがステップレースに予定していた毎日王冠を使えてさえいれば話は簡単だったか。ところが背腰の張りで回避したため、今年のマイルCSは難解なものになってしまった。

     ただ、Wコースで行われた12日の1週前追いは度肝を抜くもの。見た目に体を持て余しているのが分かったが、ともに出走するリアルインパクトを子供扱いし、引っ張り切りの手応えのまま2馬身突き放してしまった。

     この動きを見せつけられれば、あとひと追いで何とか、という気持ちにさせられてしまう。早い段階で背腰の疲れが取れたとあって、橋本助手の振る舞いも前向きだ。

     「2週連続、追い切りで強い負荷をかけた。休み明けでGIに直行する形になってしまったが、いい状態に持っていけると思う」

     さらに“ぶっつけ”を一気にカバーしてしまいそうなのが、その伸びしろだ。父スクリーンヒーローは4歳秋にAR共和国杯を勝ち、ジャパンCも制覇。先日のAR共和国杯を同産駒ゴールドアクターが勝ったことにより、改めてその血が注目されている。モーリスこそ少々、爆発の時期が早かったが、さらなる上積みが残っていそうだ。

     88年にはサッカーボーイが8月21日の函館記念から、98年には仏遠征帰り直後のタイキシャトルがロングシュートを決めている。超一流馬にとって休み明けなど、むしろ朝飯前ともいえなくもない。血統的な伸びしろと陣営の仕上げへの自信。直行Vは大アリだろう。(夕刊フジ)

     
     
    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|調教・追い切り|1週前追い切りまとめ】の続きを読む

    5
    マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|予想・オッズ|1番人気濃厚イスラボニータまとめ
     【マイルCS】イスラボニータ、有馬でなくマイルで反撃!栗田博師「距離適性考え」

    ◆第32回マイルチャンピオンシップ・G1(22日、芝1600メートル、京都競馬場)

     イスラボニータがマイルに矛先を向けてきた。1600メートル戦は、デビュー2戦目の新潟2歳S(2着)以来。有馬記念(12月27日、中山・芝2500メートル)を使うプランもあったが、栗田博調教師は「距離適性を考えてここへ。2500メートルを無理して使う必要はないからね。マイルの方が走りやすいし、競馬が上手な馬なので、距離は心配ない」と説明した。

     昨年のセントライト記念以降、勝ち星はないが、この2戦は盛り返しを見せている。秋初戦の毎日王冠では好位で粘り、0秒2差の3着。天皇賞・秋では後方からメンバー3位タイの上がり(3ハロン33秒6)を繰り出し、3着に食い込んだ。「特に毎日王冠は想像以上の走りで、改めて走る馬だと感じた」と栗田博師。G1馬の能力を再確認したようだ。

     美浦のWコースで行った1週前追い切りは、軽快に伸びて5ハロン71秒3―13秒2。「体全体を使って走れていた。(休み明けを)使って良くなっているかは分からないけれど、前走の疲れは取れてきた」と好調を維持している。充実の4歳秋を迎え、1年7か月ぶりのビッグタイトルが見えてきた。

     「だいぶ気持ちがどっしりして、古馬の風格が出てきた」。大人になった昨年の皐月賞馬が、マイルの舞台で反撃するか。

     

    前走、天皇賞で3着・毎日王冠で3着

     

    競馬ブック印より想定

    1番人気 イスラボニータ

    2番人気 フィエロ

    3番人気 モーリス

    4番人気 サトノアラジン

    5番人気 ダノンシャーク

     

    ネット競馬より

    1番人気 イスラボニータ 3.3
    2番人気 フィエロ 4.3
    3番人気  モーリス 4.3
    4番人気  サトノアラジン 6.0
    5番人気  アルビアーノ 11.1

     

     

    イスラボニータ-ツイッターの声

    【マイルCS(マイルチャンピオンシップ)予想|予想・オッズ|1番人気濃厚イスラボニータまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ