競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    JBCクラシック

    地方競馬予想【JBCクラシック】-能力指数


    chihoukeiba


    11/4に浦和競馬場でJBCクラシックが開催されます

    私の能力指数順位を公開します
    外れても責任を取れませんw

    一発狙いたいです

    優駿スプリント
    ooi



    60点買いましたけどね


    川崎競馬場
    kawasaki



    船橋競馬場
    funabashikeiba

    佐賀競馬場
    saga


    門別競馬場(北海道2歳S)
    hokaidou2



    評価指数

    1位 チュウワウイザード
    2位 オメガパフューム
    3位 ストライクイーグル
    4位 ワークアンドラブ
    5位 ロードゴラッソ


    こんな感じですかね。



    地方競馬やるならちょっとチェックしたい無料予想もある有料予想サイト
    有名になったと思いますが、まだまだ知らない人がいたらおすすめです

    大川慶次郎地方競馬

    ookawa


    JBCクラシック予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【JBCクラシック】出走馬の長所と短所

     「JBCクラシック・Jpn1」(4日、京都)

    (1)センチュリオン
    長所=ひと叩きで気配上昇。安定感は買える
    短所=全8勝が中山千八。初の京都でどうか

    (2)タガノゴールド
    長所=園田で2戦2勝と勢い。好調をキープ
    短所=中央在籍時に重賞7、16、13着。相手強い

    (3)シュテルングランツ
    長所=逃げ切りで連勝中。的場文と相性抜群
    短所=中央在籍時にオープン特別〈0・0・0・7〉で

    (4)サンライズソア
    長所=同条件の平安Sを勝利。鞍上も絶好調
    短所=発馬に不安残る。出遅れると大敗まで

    (5)アスカノロマン
    長所=G1で3着2回と実績は十分。京都5勝
    短所=16年5月を最後に勝利なし。一変疑問

    (6)マイネルバサラ
    長所=先行力魅力。相手なりに走れる堅実派
    短所=1年近く未勝利。G1級初挑戦だけに

    (7)サウンドトゥルー
    長所=末脚の切れ味はまだ健在。連覇を狙う
    短所=追い込み一手。京都の舞台は不向きか

    (8)ケイティブレイブ
    長所=G1の2勝を含む重賞8勝。実績はナンバー1
    短所=重賞Vは全て地方交流戦。京都は久々

    (9)ノンコノユメ
    長所=出遅れの前走は度外視。はまれば怖い
    短所=久しぶりの右回り。関西圏も初めてで

    (10)テイエムジンソク
    長所=砂質の軽い京都は〈5・3・1・5〉と得意
    短所=直近4走が不満。1年前の勢いに陰り

    (11)カツゲキキトキト
    長所=22勝馬。遠征の経験が豊富なタフネス
    短所=今年既に11戦消化。上積みは見込めず

    (12)アポロケンタッキー
    長所=16年東京大賞典の覇者。京都にも良績
    短所=対ケイティは6連敗中。逆転までは?

    (13)オールブラッシュ
    長所=京都〈4・1・2・2〉と得意。鞍上も新鮮
    短所=1年9カ月もVなし。先行力に陰りも

    (14)オメガパフューム
    長所=勢いある3歳馬。まだ底見せておらず
    短所=キャリア不足。あくまでも3歳ナンバー2で

    (15)テーオーエナジー
    長所=〈3・1・1・1〉と右回りでは安定感十分
    短所=前走が久々とはいえ大敗。一変までは

    (16)クリソライト
    長所=京都〈1・2・1・0〉。コース相性は抜群
    短所=8歳馬。1年2カ月の長期休み明けで

    【JBCクラシック】展開から浮上するのはこの馬だ

    「JBCクラシック・Jpn1」(4日、京都)  

    サンライズソアに、的場文男がまたがる地方馬シュテルングランツも行く気を見せる構え。出脚の速いテイエムジンソクも外から絡んで、序盤は逃げ争いが展開される。  とはいえ直線平たん、前有利の傾向が強い舞台。

    その直後につけるケイティブレイブが“ベストポジション”となる可能性が高い。超の付くハイペースにならない限り、後方一気の差し切りは難しい。穴は前づけができるようになった最内枠センチュリオンか。

    【JBCクラシック】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     「JBCクラシック・Jpn1」(4日、京都)  

    京都競馬場のある京都府南部の4日の天気予報は晴れ。
    土曜も終日、好天に恵まれており、当日は良馬場での熱戦が繰り広げられそうだ。
    土曜京都10Rの貴船S(ダート1400メートル、1600万下)の勝ち時計は1分23秒5。

    同距離で行われるようになった16、17年(いずれも良馬場)より若干速いタイムで、比較的時計は出やすいコンディションと言っていい。

    ペースが上がれば1分56秒台前半、落ち着いても1分57秒前後の決着だろう。  スピードを生かした時計勝負なら、テイエムジンソクに出番がある。近2走は不慣れなナイターに加え、深くてタフな地方の馬場で苦しんだが、良馬場でも時計の出やすい京都は、全9勝中5勝をマークするなど得意としている。その5勝中4勝が良馬場でのものだ。

    走り慣れた中央の軽いダートに戻って自分のリズムを取り戻せれば、持ち味の先行策から押し切る可能性も十分だ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    JBC(スプリント・クラシック・レディス)予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【JBC】東西調教ウオッチャー
     
     板津 JBCが3競走もあるから余談はなしで。まずはクラシックの注目馬を。  
     
     長田 栗東ではオメガパフュームです。パワフルなフットワークで4ハロン52秒7-1ハロン13秒2。ひと際目立ちましたよ。  

     板津 いつも存在感がひと息の長田とは正反対だな。美浦ではサウンドトゥルー。8歳とは思えない活気にあふれていた。宗方助手も「馬場がすごく荒れた時間帯だったのに馬なりでラスト1ハロン12秒7(4ハロン53秒4)。すごく具合がいい」と絶賛のデキ。

     じゃあ次はスプリント。46歳とは思えないほど感性が鋭い内海さん、お願いします。  

     内海 嘘でも36歳と言ってくれる優しさがあってもいいだろう。ダートに転戦するGI馬セイウンコウセイは前走より確実に行きっぷりが良くなっている。俺と同じでイケイケだ。  

     長田 レディスクラシックは、CWで熱のこもった3頭併せを行ったクイーンマンボです。1ハロン12秒0(6ハロン85秒7)のシャープな伸びで最先着と急上昇です。  

     板津 穴ならリエノテソーロ。軽く仕掛けただけでスパッと切れた。レースでも脚をためればはじけそうな雰囲気。おとなしすぎて、全くはじけるところのない長田とは大違い。  

     長田 余談じゃなくて、余計なひと言が多いっす。
    【JBC(スプリント・クラシック・レディス)予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    JBCスプリント予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【前売・JBCスプリント】陣営の思惑
    〔1〕アウォーディー・松永幹師「前走はドバイ遠征の疲れが抜けていなかった。立て直した効果は大きく、今は背腰の具合が良くなり、息遣いも変わってきた。連覇を狙える気配です」

    〔2〕フェスティヴイェル・加藤誠師「状態はいいけれど、メンバーがそろっている。ひとつでも上を目指したい」

    〔3〕オールブラッシュ・村山明師「久々のぶん、割引は必要かもしれないが、いい感じに仕上がった。マイペースで行けるといいが…」

    〔4〕タマモネイヴィー・小久保智師「縦長の展開なら力を発揮できるので、交流の速いペースは合っている。末脚を発揮できれば」

    〔5〕ミツバ・加用正師「前走は気の悪さが出た感じ。デキは変わらず順調だし、コースや距離も心配はしていない。気分良く走って持ち味を出せれば」

    〔6〕サブノクロヒョウ・阪本一師「前走のようにスタートさえ決まれば、あれくらいは走れる馬。ただ、今回は相手も強い」

    〔7〕グレンツェント・加藤征師「心身ともにフレッシュな状態で戻ってきた。当日輸送で臨めるのはいいし、大井のダートも合うタイプで楽しみ」

    〔8〕サウンドトゥルー・高木登師「調教は動かないけれど、いい状態をキープしている。前走は久々のせいか、直線で手前を替えなかった。大井は実績があるので、スムーズに運べれば違うよ」

    〔9〕バルダッサーレ・中道啓師「デキは悪くないけど、前走が案外で…。気持ちが途切れないように走らせられるかが鍵だね」

    〔10〕アポロケンタッキー・山内研師「デキも良くなっていたが、前走は外枠で競馬がしやすかった。状態は安定。今回もいい枠が引けたし、スピードを乗せて直線に向くことができれば、好勝負になると思う」

    〔11〕ハーキュリーズ・山越光師「前走のデキにあるけれど、さすがに相手が強い」

    〔12〕ケイティブレイブ・目野哲師「具合はいいよ。乗り難しい面はあるけど、能力はあるし、コースも合う。本来の積極策になると思う」

    〔13〕スパイア・宗形竹師「順調だが、相手が強い。1頭でも多く負かせるよう頑張ってほしい」


    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    JBCクラシック予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【AR共和国杯】リチャード実力証明!ミルコと新コンビ

    一日にダート交流GI3レースが開催されるダート競馬の祭典、JBC3競走に出走するJRA所属馬の追い切りが31日、東西のトレセンで行われた。美浦では、クラシック制覇を狙うサウンドトゥルーは坂路で軽快な動き。休み明けを叩いて、体調は上向いている。レディスクラシック3連覇を目指すホワイトフーガも態勢を整えた。

     過去2年は2着、3着。三度目の正直に燃えるサウンドトゥルーが美浦坂路を4ハロン53秒3-39秒4-12秒9で軽快に駆け上がった。

     「馬なりで感じは良かった。前走より状態面も上向いていると思う」と手綱を取った大野騎手が好気配をアピールだ。

     3カ月ぶりの前走、日本テレビ盃は4コーナーで前を射程圏に入れたが、アポロケンタッキーをとらえきれずクビ差の2着。「勝てなかったのは残念だけど、直線で手前を替えていなかったし、そのあたりは休み明けが出てしまったのかな」と高木調教師は敗因を分析する。その点、今回は「この年になって、調教で少し掛かる面を見せるようになったくらい元気で闘争心がある。雰囲気は過去2年よりも、今年の方がいいかも」と状態面に確かな手応え。31日に確定した馬番も昨年勝ったチャンピオンズCと同じ(8)番で験がいい。

     JBCの後は今年もチャンピオンズC、東京大賞典を予定しており、「年内3戦とも全力で取りに行きたい」とトレーナーはきっぱり。キャリア44戦目にもかかわらずムードは最高潮だ。7歳のタフネスが自慢の末脚でGI3連戦の初戦を飾る。

    【JBCクラシック予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ