競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    スワンS

    5
    スワンS予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ

     京都では土曜メーンにスワンS(31日、GII、芝1400メートル)が行われる。1着馬にマイルチャンピオンシップ(11月22日、京都、GI、芝1600メートル)の優先出走権が与えられるレースで、2010年にマイルCSを制したエーシンフォワード(スワンS8着)をはじめ、過去10年で5頭がこのレースをステップに本番で連対している。

     混戦模様だが、まず注目はフィエロ(栗東・藤原英昭厩舎、牡6歳)。昨年のこのレースで3着に入り、続くマイルCSでハナ差2着と好走した。重賞は未勝利ながら、今年もマイラーズC3着、安田記念4着とマイル重賞で差のない競馬を続けており、重賞初制覇の期待がかかる。新たにミルコ・デムーロ騎手とのコンビで臨む点も興味深い。

     サンライズメジャー(栗東・浜田多実雄厩舎、牡6歳)は昨年の2着馬。こちらも重賞は未勝利だが、京都では4勝を挙げている。重賞でも2着2回と相性がいい。間隔があいているだけに最終追い切りの動きがポイントになりそうだ。

     実績NO.1はコパノリチャード(栗東・宮徹厩舎、牡5歳)だ。一昨年の優勝馬で、昨年の3月に高松宮記念を制覇するなど、重賞を4勝している。昨年12月の阪神C2着を最後に連対はないが、寒い時季に良績を残しており、巻き返しの可能性は十分。13着に敗れた前走のスプリンターズSも不利を受けた影響があったもので、新コンビ藤岡康太騎手の手綱と4戦3勝の京都コースで復活しても不思議はない。

     ダイワマッジョーレ(栗東・矢作芳人厩舎、牡6歳)は一昨年にこのレースとマイルCSで連続して2着。芝1400メートルは京王杯スプリングC、阪急杯と重賞を2勝している。スタートが安定しないのは課題だが、【1・2・0・1】と得意の京都だけに、流れに乗れれば上位に食い込んでくるだろう。

     サトノルパン(栗東・村山明厩舎、牡4歳)は初の1200メートル戦となった前走の道頓堀Sを快勝。1400メートルはオープン特別を勝ち、ファルコンSで2着と実績がある。流れが速くなるのが理想で、折り合えば決め手はここでも上位だ。

     3歳牝馬のアルビアーノ(美浦・木村哲也厩舎)は春にフラワーCを勝ち、NHKマイルCでも2着と好走。1番人気に支持された前走の京成杯オータムHは7着だったが、勝ち馬とは0秒1差という僅差だった。休み明け2戦目で上積みが見込めるここは、前進がありそうだ。

     夏に函館スプリントSを圧勝したティーハーフ(栗東・西浦勝一厩舎、牡5歳)は、9戦続けて1200メートルに出走している。今回は距離延長が大きなポイントになるだろう。

     春に同距離のサンケイスポーツ杯阪神牝馬Sで2着に好走しているベルルミエール(栗東・高橋亮厩舎、牝4歳)、同じく1400メートルの京王杯スプリングCで3着に善戦したオメガヴェンデッタ(栗東・安田隆行厩舎、セン4歳)は、夏の重賞で好走している点が強み。ともにマイルCSよりも今回の方が適距離というタイプだけに、休み明けの実績馬よりも勝負気配が漂う。

     また、近走は不振ながら、阪神ジュベナイルフィリーズ、キーンランドCと重賞を2勝しているローブティサージュ(栗東・須貝尚介厩舎、牝5歳)、ニュージーランドTなど重賞3勝のエーシントップ(栗東・西園正都厩舎、牡5歳)も実績では引けを取らない。今週から短期免許で来日するアンドレアシュ・シュタルケ騎手のバクシンテイオー(美浦・堀宣行厩舎、牡6歳)も侮れない存在だ。

     

    スワンS-調教タイム

    サトノルパン

    10/28 栗東坂良

    52.9-39.8-26.9-14.2

    サンライズメジャー

    10/28 栗東坂良

    56.8-41.4-26.7-12.9

    コパノリチャード 

    10/28 栗東坂

    52.0-38.5-25.3ー12.8

    アルビアーノ

    10/28 南W良

    53.2-38.7-12.6

    フィエロ 

    10/28 栗東坂

    54.7-39.1-24.9-12.3

     

     ツイッターの声

    【スワンS予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    スワンS予想|予想オッズ1番人気フィエロまとめ

     

    競馬はここを信頼
    プロの無料予想を見たい、元競馬エイトのTM在籍勝馬の栞
    tenaki-shouri





    《スワンS》フィエロ抜群の切れ味『坂の下りを利用できる京都は合っている』

     「スワンS・G2」(31日、京都)

     秋初戦を昨年同様、スワンSに定めたフィエロが28日、栗東坂路でリハーサルを展開。柔らかな身のこなしで駆け上がり、臨戦態勢を整えた。刻んだラップは4F54秒7-39秒1-12秒3。上がりを鋭くまとめたように、重いという感覚は持たなくていい。安田記念(4着)後、夏場を休養に充ててリフレッシュ。帰厩後はしっかりと状態を引き上げてきた。

     「ここを叩いて昨年と同じようにマイルCS(11月22日・京都)へというローテーションですが、単走で動きは良かったですね」。見届けた藤原英師は順調さを強調し、昨年2着だったマイル決戦を見据えた。

     これまで京都は〈1320〉と安定している。「京都は下り坂を使えるのがいいですね。次につながるレースができれば」と指揮官は好戦を見込む。3着だった前年からまずステップアップ。存在感を示して頂上決戦へと向かう覚悟だ。

     
     
    2014年ースワンS動画


    スワンS結果


    1着 ミッキーアイル 浜中俊

    2着 サンライズメジャー 池添謙一

    3着 フィエロ 福永祐一

     

    競馬ブック想定より


    1番人気 フィエロ

    2番人気 ベルルミエール

    3番人気 サンライズメジャー

    4番人気 サトノルパン

    5番人気 オメガヴェンデッタ

     

     

    ネット競馬より


    1番人気 フィエロ

    2番人気 アルビアーノ

    3番人気 サトノルパン

    4番人気 ティーハーフ

    5番人気 ダイワマッジョーレ

     

     

    【スワンS予想|予想オッズ1番人気フィエロまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ