競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    天皇賞(秋)

    【能力値ランキング】11月1日東京競馬場11レース(天皇賞秋)


    nouryokuchi


    管理人の最近の的中報告重賞報告
    オールカマー
    orukama



    セントウルS
    sentouru


    紫苑S
    sions

    ローズS
    4



    天皇賞秋

    1位 クロノジェネシス
    2位 フィエールマン
    3位 ダノンキングリー
    4位 アーモンドアイ
    5位 キセキ




    「広告」最近できたNEW、競馬情報会社サイト無料だけでも権利を取っといてください
    誰でも無料・フリーメールで閲覧可能-TENKEI
    2020-10-31_17h23_40


    天皇賞秋予想|2020年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou

    ホライズンの無料コンテンツはチェックしましたか?
    天皇賞秋の無料情報はチェック!!
    2020-10-28_09h04_42



    ヤフーニュースより
    【天皇賞・秋】アーモンドアイ 8冠へ万全1F12秒5!超加速「フェラーリ」健在

     府中のターフに咲くのは晩節を全うする8冠の女王花だ。「第162回天皇賞・秋」(11月1日、東京)の追い切りが美浦、栗東トレセンで行われた。現役最後の秋を迎えたアーモンドアイ(牝5=国枝)は、美浦ウッドコースで5F64秒6~1F12秒5と、女王にふさわしい衰えのない加速力を披露。史上初の芝G1・8勝、牝馬初となる秋の盾連覇へ王手をかけた。同レースの枠順は29日に確定。馬券は30日、一部ウインズで金曜発売される。   

     ツル性多年草の女王クレマチスが晩秋の気配をにおわす美浦トレセンの馬道。夏に株を切り戻してエネルギーをためれば秋に返り咲く、その多年草の傍らでターフの女王から下りた主戦・ルメールが安どの笑みを浮かべている。「5歳秋になってもフェラーリのままです。いつものアーモンドアイだった」。ルメールが女王の乗り味をフェラーリに例えたのは3歳時のJC。それから2年、現役最後の秋を迎えても女王の加速力に陰りはない。  

     まばたきする間もなく先行2頭を抜き去った。Wコースでアンティシペイト(3歳3勝クラス)、ロジスカーレット(5歳2勝クラス)との併せ馬。直線入り口で手前を替えた途端、いつも通りの俊敏な反応でトップギアに入った。  「やっぱり凄いよな」。感心しながら出迎えた国枝師にルメールは「ばっちりです。トップコンディション!過去の休み明けの中でも最もいい」と馬上から笑顔を返した。「この年齢だからもう成長はしないが、ずっとトップの力を維持している。消長の激しい牝馬にはとても難しいこと。国枝先生が無理せずゆっくり調教してきたからエネルギーがなくならない」。  

     デビューから足かけ4年、息の長い活躍は花が咲くまで待ち続ける国枝流調教法に秘訣(ひけつ)がある。女王を凡百の競走馬と隔てているのは驚異的な集中力。アドレナリンの分泌で体内のリミッターが一時的に外れるのだろう。限界まで力を出し切るからレース後は熱中症にかかったようにフラつくのだ。だが、多年草のように休養で充電すれば返り咲く。中146日の休養明けは一昨年の秋華賞、昨年の天皇賞・秋、ヴィクトリアマイルと同じ全勝ローテだ。  

     寄る年波には勝てぬという。今秋、国枝師は帰厩した姿に繁殖が近づく母性の本能を見た。子づくりに備えるようにどっしりと体の幅が増し、調教を重ねても体重が減らない。10年前に管理した3冠牝馬アパパネの引退前の姿とダブった。だが、寄る年波を押し戻すように健在ぶりを示した女王。「体が大きくなっても重たさは感じない。相変わらずフェラーリです」とルメールは繰り返す。馬道を彩る多年草の女王クレマチスのように競走生活の晩秋にもうひと花。8度目の大輪で晩節を全うするターフの女王花だ。


    【競馬エイト調教診断】天皇賞秋(籔本&坂本和)



    「コメント」
    木々の葉が色づき始めた栗東トレセンから天皇賞・秋(11月1日、京都、GⅠ)の「競馬エイト調教診断」です。坂路は関西競馬エイト・籔本俊介TM、コースは坂本和也TM、『YABU×SAKAでない』コンビが担当します



    【競馬エイト調教診断】天皇賞秋(横山)




    「コメント」
    美浦トレセンからの「競馬エイト調教診断」天皇賞・秋(11月1日、東京、GⅠ)は関東競馬エイト・横山英二TMが担当します。アーモンドアイから全7頭をチェック!





    某評価
    ※ アーモンドアイ
    ※ クロノジェネシス
    ※ フィエールマン



    「広告」天皇賞秋無料予想は鬼勝ち馬券情報局でチェック
    2020-10-27_13h11_29



    「種牡馬・血統」天皇賞秋の血統評価

    chi




    血統はここのサイトチェック」-無料血統サイト(血統シックス)
    kettou61



    最近の中央重賞

    セントライト記念
    orukama



    ローズS
    4


    紫苑S
    shions1

    セントウルS
    sentou2020s


    北九州記念
    red5


    天皇賞秋血統分析
    1) 過去5年の天皇賞秋の血統
    2020-10-30_10h10_33



    ※ 2回以上馬券になっているのは
    キングカメハメハ産駒
    18年 レイデオロ 2番人気1着 ルメール
    15年 ラブリーディ 1番人気1着 浜中俊


    2)天皇賞秋-登録馬父東京競馬場芝2000m
    2020-10-30_10h26_59





    「天皇賞秋連覇は難しいデータ???」ー天皇賞秋「アーモンドアイ」


    chuumokuuma



    断然人気だろう、アーモンドアイ。





    「広告」ギャロップジャパンのLINE会員になりましたか?
    gp1



    天皇賞秋を勝利した馬が
    その後、天皇賞秋に出てきた時
    (1985年以降)

    1-3-2-8/14
    (勝率7%、複勝率42%)


    天皇賞秋を勝利した馬の次走以降の成績(レース名別)

    2020-10-28_09h30_09


    連覇を目指した時、前年勝利→翌年出走
    ()勝利時は2着馬・敗北時は1着馬

    成功

    ※ シンボリクリスエス【3歳→4歳】
    2003年 1番人気1着 ペリエ
    (ツルマルボーイ)
    2002年 3番人気1着 岡部幸雄
    (ナリタトップロード)
    注)2002年は中山競馬場で開催


    失敗

    ※ ラブリーデイ【5歳→6歳】
    2016年 5番人気9着 ルメール
    (モーリス)
    2015年 1番人気1着 川田将雅
    (ステファノス)

    ※ スピルバーグ【5歳→6歳】
    2015年 8番人気10着 北村宏司
    (ラブリーディ)
    2014年 5番人気1着 北村宏司
    (ジェンティルドンナ)

    ※ エイシンフラッシュ【5歳→6歳】
    2013年 6番人気3着 デムーロ
    (ジャスタウェイ)
    2012年 5番人気1着 デムーロ
    (フェノーメノ)

    ※ トーセンジョーダン【5歳→6歳】
    2012年 7番人気13着 スミヨン
    (エイシンフラッシュ)
    2011年 7番人気1着 ピンナ

    ※ ブエナビスタ【4歳→5歳】
    2011年 1番人気4着 岩田康誠
    (トーセンジョーダン)
    2010年 1番人気1着 スミヨン
    (ペルーサ)

    ※ ウオッカ 【4歳→5歳】
    2009年 1番人気3着 武豊 
    (カンパニー) 
    2008年 1番人気1着 武豊
    (ダイワスカーレット)

    ※ ゼンノロブロイ【4歳→5歳】
    2005年 1番人気2着 デザーモ
    (ヘヴンリーロマンス)
    2004年 1番人気1着 ペリエ
    (ダンスインザムード)

    ※ テイエムオペラオー【4歳→5歳】
    2001年 1番人気2着 和田竜二
    (アグネスデジタル)
    2000年 1番人気1着 和田竜二
    (メイショウドトウ)

    ※ バブルガムフェロー【3歳→4歳】
    1997年 1番人気3着 岡部幸雄
    (エアグルーヴ)
    1996年 3番人気1着 岡部幸雄
    (マヤノトップガン)





    「PR」天皇賞の無料予想はここで充分?
    ホライズンの無料予想はチェック必至!!

    2020-10-28_09h04_42

    天皇賞秋予想|2020年|馬体診断まとめ

    ヤフーニュースの馬体診断をまとめています
    batais




    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2




     【アーモンドアイ S評価】

    【アーモンドアイ S】  

    【アーモンドアイ S】
     姿勢が良く、品を感じさせる立ち姿。肌を薄く見せ、張り感も申し分なし。間隔のあいたヴィクトリアM時に気になった目のくすみもなく、暑さの中での調整をうまく乗り越えたようだ。前走の安田記念が個人的には完成型の姿。それと比べてみても、見劣るところは一切なし。全体的なボリューム、四肢の踏み込みもバランスが良く、力強さもある。トモもパンパンに張っており、万全の態勢で復帰戦を迎えられそうだ。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  
    〈1週前追い切り診断〉
     ルメールを背に美浦Wで5F64秒9-12秒6(馬なり)。前を走る僚馬2頭を目標に進み、直線は内から抜群の手応え。最後まで追うことなく、鋭く伸びて最先着を果たした。バネの利いた走りは好調時と遜色なく、万全の態勢。


     【キセキ A評価】

     【キセキ A】

     3カ月半ぶりだった前走の京都大賞典(2着)では、馬体重の増減はなくきっちりと仕上がっていた。そのため体つきに大きな変化は見られないが、毛ヅヤが大幅に良化したのは叩かれた効果だろう。加えて肩や前腕部と下腿(かたい)に血管が浮き出て、皮膚が薄くなったのも良い傾向だ。以前に菊花賞馬ではあるが守備範囲は芝2000~2400メートルと書いたが、この夏を超えて首が長く見えるようになり、脚長でスラッと見せている。守備範囲が長距離方向にスライドしているように感じられるものの、東京芝2000メートルは十分に対応できる舞台でもあり、500キロを超える大型馬が馬体を小さく見せている点にも好感が持てる。(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

     〈1週前追い切り診断〉武豊を背に栗東坂路で4F52秒5-37秒9-12秒7(馬なり)。終始、落ち着いた走りで軽快に駆け上がってきた。馬体の張りも目立ち、久々を好走した反動はなさそうだ。


     【ダノンキングリー B評価】

     【ダノンキングリー B】安田記念当時よりも皮膚を薄く見せて、毛ヅヤもピカピカ。顔つきも以前よりふっくらとしており、よく食べて、よく寝てるのだろう。3歳時には頼りなかった腰やトモも、ここにきてたくましさを増している。上質な筋肉は硬くなりにくく、いつ見ても牝馬のような柔らかさがある。ただ、胴が詰まり気味の体形から個人的にはマイラーと見ている。ポテンシャルの高さでこれまではこなしてきたが、正直、条件はベストとは言えない。(馬サブロー美浦・佐野裕樹)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで5F67秒4-13秒0(一杯)。鞍上のゴーサインに瞬時に反応。前2頭を並ぶ間もなく抜き去った。迫力満点のフォームで、追ってからの反応も確か。パワーアップされて、これ以上ないほどの仕上がりだ。


    「天皇賞秋の無料予想」はここをチェック
    誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
    鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
    2020-10-27_13h11_29







    このページのトップヘ