競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    菊花賞

    菊花賞予想|2018年|枠順に関するニュースまとめ


    waku



    菊花賞過去10年枠順別データ

    kikuwaku

    基本内枠が良いんだろうね。


    ヤフーニュースより

    【菊花賞】枠順の明暗


     アイトーンは〔1〕枠(1)番。
    過去最多タイの8勝(18頭立てとなった1987年以降では3勝)を挙げる最内枠に五十嵐助手は「(ハナに)行くしかないですね。周りがくるまでに先手を奪い切れれば」と逃げ宣言。  

     グレイルは馬番別で2番目に多い7勝を挙げる〔1〕枠(2)番。
    野中助手は「内で気持ちよく走ってくれたら。引っかかることもないので、3000メートルも持ちそう」と期待。  
     
     皐月賞馬エポカドーロは内めの〔3〕枠(5)番。勝ち馬は1989年までさかのぼるが過去6勝の好枠だ。田代助手は「いいところを引けた。ロスなく運べる。ゲートの出自体は問題ない馬だし、奇数枠も気にならない」。  

     エタリオウは1987年Vのサクラスターオーを最後に連対馬が出ていない〔5〕枠(9)番。大江助手は「内外を見ながら行けるのでいいところ。リズムよく走れる位置で運べれば」とうなずいた。  

     ユーキャンスマイルは〔4〕枠(7)番。武豊騎手にとって2005年にディープインパクトを3冠に導いた“ラッキー7”で、大江助手は「この馬のことをよく知っている騎手が出たなりで判断してくれる」と全権委任だ。  

     夏の上り馬アフリカンゴールドは〔5〕枠(10)番。過去2勝と信頼度はやや低いが西園助手は「内に行きたい馬が入ったので展開的には一番いい枠」とトーンが高かった。  

     ステイフーリッシュは〔8〕枠(16)番。18頭立てになった1987年以降は0勝の厳しい枠だが安藤助手は「スタートは気にならないタイプ。あとは調教師とジョッキーが相談して…」と語った。  

     タイムフライヤーは〔7〕枠(13)番。昨年のキセキが栄冠を手にした枠で、松田調教師は「この馬の能力を引き出せる枠だと思って頑張ります。一回使って体調も上向いている」と力を込めた。  

     2頭出しの国枝厩舎はコズミックフォースが〔6〕枠(11)番、オウケンムーンが〔7〕枠(15)番。コズミックについて椎本助手は「(秋華賞の)アーモンドアイと一緒(の枠)で、いい枠」。オウケンについても「先行馬の多い内枠でゴチャつくよりはいい」と前向きだった。  

    <美浦トレセン>  
     ブラストワンピースは〔2〕枠(3)番。過去10年で2勝の好枠に大竹調教師は「全然、問題ないと思うし、いい枠が当たりました」と声を弾ませた。  

     フィエールマンは〔6〕枠(12)番。大村助手は「ゲートが速い馬でもないので、枠順は関係ない」と泰然自若の構えだ。  

     グロンディオーズは〔7〕枠(14)番。「あまり内は引きたくなかったし、大外も嫌だった。偶数だしここならいいでしょう」と田村調教師は歓迎。  

     グローリーヴェイズは〔8〕枠(18)番。尾関調教師は「(福永)ジョッキーに過去のレースを見てもらい、外枠をこなすプランを考えたい」と語った。

    メイショウテッコン 理想通りの「いい枠」/菊花賞

     3枠6番メイショウテッコンは運動で体をほぐした。「気配は、だいぶいい感じ。気持ちも乗っている」と中塚助手。枠順も「理想は4、6、8番だったので、一番いい枠」と笑顔を見せ、京都コースについても「下り坂で勢いをつけられる」と心配なさそうだ。

    【菊花賞】2枠3番ブラストワンピース、最後の1冠取りに陣営期待「いい枠当たった」

     新潟記念を勝ったブラストワンピースは18日、厩舎周りの引き運動でクールダウン。枠順は過去10年で2013年エピファネイア、16年サトノダイヤモンドが勝っている〔2〕枠(3)番に決まった。大竹調教師は「いいじゃない」と、喜びの第一声。近2走は出遅れ気味のスタートだが、「近走はたまたまタイミングが悪いときにゲートを切られただけ。この枠で全然問題ないと思うし、いい枠が当たりました」と、最後の1冠取りに期待が高まっていた。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも
    無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    菊花賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    ズバッと言いたい放題
     しの 今週は牡馬3冠のラストです。  
     
     大王 アーモンドアイ1強の牝馬戦線から一転、難解なレースだ。  
     
     しの まずは皐月賞馬エポカドーロ。神戸新聞杯ではまさかの出遅れで1番人気4着でした。  

     水谷 藤原英調教師も「粘り込むのが一番」と。今度は主導権を握りたいところやろ。  大王 もちろん巻き返しは必至。でもボクは2着のエタリオウに注目だ。スタミナ豊富なステイゴールド産駒だし、ダービーで0秒2だったワグネリアンとの差を0秒1に詰めた。  
     
     大阪サンスポ・渡部 エタリオウの陰に隠れがちだけど、ユーキャンスマイルもいいですよ。追い切りに騎乗した武豊騎手も好感触で、侮れないと思います。  

     水谷 2頭出しは人気薄って格言もある。  

     しの ベタね。で、神戸で3着だったメイショウテッコンも0秒1差の惜敗。ただ、距離が延びると決め手で見劣るような気が。  

     大王 ダービー5着のブラストワンピースは新潟記念で復帰と異例のローテ。平坦コースで直線一気の競馬は、京都の外回りを意識してのものか。近年はスローの上がり勝負が多いから、いかにも合いそうだ。  

     東京サンスポ・柴田 右回りは3走前の毎日杯以来2回目。追い切りは3頭併せで楽々最先着していたし、コーナリングもスムーズだった。  

     東京サンスポ・片岡 モレイラ騎乗で注目が集まるグロンディオーズは、美浦Wコース3頭併せで好タイム。重賞初挑戦になるけど、血統的にも距離延長はいい。  
     
     大王 ダービー前日に同条件の500万下を2分24秒4でVと早くから素質は見せていたし、父ルーラーシップは昨年の菊花賞馬キセキを輩出しているね。  

     しの とはいえ、これまでキャリア4戦以下は3着が最高。となると4戦目のフィエールマンも黄信号?  

     柴田 追い切りの動きは抜群。手塚調教師も「すごい動きだった」と満足していた。  しの 私はジェネラーレウーノにしようかな。セントライト記念の勝ちっぷりや、プレッシャーのかかる展開で3着に粘った皐月賞からもスタミナはかなり豊富です。  

     片岡 グローリーヴェイズは祖母がメジロラモーヌ。晩成型だろうけど、未知の魅力はあるで。  

     渡部 栗東ではグレイルも怖い1頭。スピード感あふれる動きで岩田騎手、野中調教師ともに状態に自信を持ってます。うまく脚を残せれば一発があっても。  

     しの そういえば水谷さん、金曜はウインズ梅田で予想会ですって?  

     水谷 大阪サンスポの川端記者と。何とか先輩の貫禄でいいところを見せんとな。  

     しの 古い話ばっかりしないで、ちゃんと予想してきてくださいね!
    【菊花賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    長距離強い種牡馬(2018年菊花賞向けデータ)


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo

    2015年~平地2600m以上種牡馬成績

    chokyori1


    ※ ステイゴールド産駒
    ※ アドマイヤドン産駒
    ※ ナカヤマフェスタ産駒
    ※ ディープインパクト産駒
    ※ ハーツクライ産駒


    まあこのあたりでしょうけどね。
    菊花賞では、マンハッタンカフェ産駒大不振。




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    長距離強い騎手(2018年菊花賞向けデータ)


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo

    2015年~平地2600m以上騎手成績

    chokyori

    ※ ルメール騎手(56%)
    ※ モレイラ騎手(75%)


    ・・・

    M・デムーロ騎手
    1-2-1-9/13(30.8%)










    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    菊花賞予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【菊花賞】ジェネラーレウーノ100点 まさにステイヤーの見本

     キタサンブラックから最強ステイヤーのたすきを受け継ぐのは…。鈴木康弘元調教師(74)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第79回菊花賞(21日、京都)ではジェネラーレウーノを1位指名した。達眼が捉えたのは、戦後日本を代表するマラソンランナー・君原健二氏ともダブって映る筋肉と首の姿勢。皐月賞3着後はダービー大敗、秋初戦のセントライト記念1着。キタサンブラックと同じ蹄跡で菊の大輪をつかむ勢いだ。


      ジェネラーレウーノとブラストワンピース。今菊花賞で人気を集める東の両雄ですが、その体形は対照的です。ワンピースが陸上の短距離ランナーを思わせる筋肉質の馬体なら、ウーノは無駄な肉をそぎ落としたマラソンランナー。ちょうど50年前のメキシコ五輪(68年)で日本人初の銀メダルに輝いた君原健二氏を思い起こします。首を鶴のように曲げながら加速するウーノの走法は、首を傾けた君原走法のように個性的。「あの走法は苦しくなったときのあがき」と本人は語っていたそうですが、ウーノの鶴首は気迫を示すしぐさ。首を曲げながら長距離馬らしい体を伸縮させ、君原氏のようなしぶとく粘り強い走りを見せてくれる。


      背中も胴も長いステイヤーの見本のような体形。総じて短距離ランナーは瞬発系の速筋と呼ばれる厚い筋肉が発達するためマッチョなボディーになる。一方長距離ランナーは遅筋という持久力のある薄い筋肉を付けるためスリムなボディー。今年の菊花賞有力馬ではグロンディオーズ、メイショウテッコン、タイムフライヤーも長距離型の体形ですが、ウーノが最もステイヤーらしい薄くて上質な筋肉を付けています。


      長距離馬らしい穏やかな表情にも好感が持てる。顔つきはシャープではないが、耳にも尾にも力みなし。3000メートルを乗り切るのにちょうどいい精神状態でしょう。皐月賞3着からダービー大敗、セントライト記念快勝を弾みに菊の大輪を咲かせたキタサンブラックと同じ臨戦過程ですが、悠然とした立ち姿もダブって映ります。どちらも一瞬のスピードがない代わりに、主導権を獲って平均ペースで押し切るスタミナ型。キタサンブラックのような首と脚が長い「キリン体形」ではありませんが、発達したキコウ(首と背中の間のふくらみ)も似ている。ダービー時よりも腹袋にボリュームが増したのはひと夏越しての成長力です。四肢を見れば、腱がしっかり浮き出ていて、とても丈夫。加減せずに調教を積める。タフな脚部もキタサンと同じです。


      君原健二氏は自著にこんな名言を残しています。「人生はよくマラソンに例えられるが、私はむしろ、人生は駅伝であると思う。前を走った者から、たすきを受け継ぎ、後に走る者につなぐ…」。馬名通り世代1番(ウーノ)の長距離資質を備える3歳馬がキタサンブラックから受け継ぐのは最強ステイヤーのたすきか。君原氏がメキシコ五輪のゴールを駆け抜けたのは50年前の日本時間10月21日、今菊花賞の当日です。 (NHK解説者)


      ○…関東馬ジェネラーレウーノは前走・セントライト記念で2番手から早めに抜け出し、1月京成杯に続く重賞2勝目。2走前のダービー16着から巻き返しに成功した。矢野師は「ダービーは先行争いをした皐月賞(3着)の影響が出ただけ。控えても競馬はできる馬だし、能力を見せてくれた」と評価。先週末の13日に早めに栗東へ移動。「スタミナはあるし、この馬の力を出せれば楽しみ」と手応えを得ている。


    【菊花賞】エポカドーロ95点 骨格を闘争心でカバーできるか

     血統は体形を超えられるか。ブラストワンピースが抱えるテーマはエポカドーロにもそのまま当てはまります。背中も腹下も短いマイラー体形。かつて私の義兄、増沢末夫の厩舎で短距離重賞を連勝したダイワパッション(母)の影響でしょうか。ダービー時よりも腹周りに厚みが増し、首から肩にかけてたくましくなってきた。全体に実が入ってきたような体つき。3歳秋を迎えて成長しているのは間違いないのですが、マイラーを思わせる胴の詰まった骨格は時を経ても変わりようがないのです。


      だが、立ち姿は変わってきた。皐月賞、ダービー時には穏やかに垂らしていた尾を上げています。父オルフェーヴルの激しい気性が体の成長と共にもたげてきたように映ります。並の馬とはちょっとズレた気性。一度へソを曲げてしまうと修正が利きませんが、前向きになれば信じられないような闘争心とパワーを発揮します。ノーザンテーストやサンデーサイレンスの気性もズレていました。エポカドーロがマイラー体形を乗り越えられるとすれば…。血統通りの激しい気性を闘争心に転化できた時です。

    【菊花賞】ブラストワンピース95点 屈強のマイラ―体型

    血統は体形を乗り越えるのか。菊花賞でブラストワンピースに課された宿題です。ケタ違いの筋肉量。全身に筋肉の鎧(よろい)をまとったようなボリュームです。野太い首、はち切れそうな肩とトモ。キングカメハメハ(母の父)の特徴をストレートに体現している。ワンピースというよりもノースリーブとハーフパンツの筋トレ用ツーピースのほうが似合っています。アスリートに例えるなら、前回の東京五輪(64年)陸上100メートルで金メダルに輝いた“弾丸”ボブ・ヘイズ氏の隆々たる筋肉。無条件に満点の馬体です。長距離G1でなければ…。屈強のマイラーを思わせる体形。3000メートルを走るには筋肉が立派すぎるのです。


      血統は長距離仕様のハービンジャー産駒。レースに集中しすぎず、遊びがある子が多い。だから体力の消耗を防げる。ゆったりとレースに向かえる精神力を備えた産駒もいる。ブラストツーピース、いや、ワンピースがそうです。立ち姿には一切の気負いがない。ゆとりに満ちたたたずまいです。


      ダービー時には未成熟だったキコウもだいぶ抜けてきました。3歳夏を越しての成長力です。古馬になればもっとキコウが抜けて完成されるでしょう。四肢に着けた肢巻きもダービーと同じ。膝の周辺には湿布の痕がのぞいていますが、予防のためでしょう。


      短距離型の体形に宿る長距離の血統。血統は体形を乗り越えるのか。正解は神のみぞ知る…。


      〇…新潟記念で古馬をノーステッキで撃破したブラストワンピース。主戦・池添を背にした1週前追いは僚馬を5馬身突き放すパワフルな動き。大竹師は「ダービーの頃よりも落ち着きが出てきた。馬体重は1週前追いを終えて530キロ台になりそう。予定通り」と順調をアピール。「池添騎手も緩さが解消したと言ってた。夏を越えて良くなっている」と愛馬の成長に目を細めた。ダービー5着以外負けなしの大器。余裕を持ったローテーションでラスト1冠獲りを狙う。


    宝塚記念
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    このページのトップヘ