競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    毎日王冠

    5
    毎日王冠予想2016年|調教・追い切り|ネット評価

     毎日王冠の追い切りが6日、美浦トレセンで行われた。6月のエプソムC優勝以来となる紅一点のルージュバックは、併せ馬で余裕の先着。4カ月ぶりでも仕上がりのよさをアピールした。5日に追い切ったリアルスティールは、体調が上がってこないため回避、天皇賞・秋(30日、東京、GI、芝2000メートル)に直行することになった。

     多少のもたつきも問題なし。ルージュバックがWコースで非凡な瞬発力を披露した。

     「休み明けで反応の鈍さはあったけど、タイムラグがあった感じ。ゴールを過ぎてからもジワーッと伸びていたからね。おつりは全然あった。動ける態勢になっている」

     大竹調教師は好仕上がりに納得の笑みだ。向こう正面からプエルト(500万下)を2馬身ほど追走し、4コーナーで内から馬体を併せにいく。鞍上に促されて一瞬もたついたが、すぐに持ち前の脚力を発揮。4ハロン51秒0、ラスト1ハロン12秒3をマークし、力強く1馬身先着した。

     エプソムCで、きさらぎ賞以来となる1年4カ月ぶりの勝利を飾った後は、福島県のノーザンファーム天栄で充電。9月24日に帰厩後、じんましんの症状が出たが、すぐに改善した。「環境になじませるのに時間がかかったけど、肩の出も良かったし、動きの大きさを見ても及第点」とトレーナーはデキに太鼓判を押す。

     今回はGIへのステップレースで、さらにレベルの高い牡馬が相手となるが、大竹調教師は「東京1800メートルの条件はいいと思う」。同じ舞台のエプソムCを豪快な末脚で2馬身半突き抜けたように、このコースなら気後れはない。

     「前走は3歳春に注目されていたときの末脚が戻ってきた感じ。この勢いで秋も好スタートを決めたい。相手は強くなるけど、もともと牡馬のGI級ともやれる馬だと思っていた。馬を信じて乗るだけ」と戸崎騎手も厚い信頼を寄せている。

     結果次第で天皇賞・秋かエリザベス女王杯か、今後の路線が決まる。輝きを取り戻した才女が地力を誇示し、ビッグタイトル獲得への道を切り開く。 (千葉智春)

     

    サンスポ予想王-毎日王冠

    TM追い切り診断 2016毎日王冠 美浦

     





    主な馬の調教データ
    ステファノス
    10/5 栗東CWやや
    68.3-52.7-38.3-11.9

    クラレント
    10/7 栗東坂やや
    60.2-43.5-28.3-14.1

    アンビシャス
    10/5 栗東坂ヤヤ
    52.8-39.1-25.9-13.3

    ルージュバック
    10/6 南W良
    51.7-36.9-12.4


    ここの予想が熱い
    ホースキング
    無料予想で万馬券GETせよ

    hosukin





    毎日王冠予想|2016年|アンビシャスまとめ

    競馬ファンならここの情報サイトをチェックせよwwww

     アンビシャスの最終追いは凱旋門賞から帰国したばかりのルメールが騎乗して感触を確かめた。序盤からダンビュライト(2歳オープン)と馬体を併せて、そのままフィニッシュしたが余力のある手応えで4F52秒8の好時計をマーク。鞍上は「馬がフレッシュで、最初はちょっと引っ掛かった。メインターゲットは天皇賞だから、ちょっと太いかな」と苦笑いを浮かべたが「ポテンシャルは高いし休み明けでもチャンスはある」と力を込めた。

     マカヒキとのコンビで挑んだ2日の凱旋門賞は14着と惨敗。火曜夜に帰国したルメールは「すぐにハミを取って引っ掛かった。リラックスせず息が入っていなかったね。今までになかったことだし残念」と悔しそうに振り返る。「1~3着は内にいた馬と前にいた馬。枠順、馬場、ペースによる。大外からでは厳しかった」と敗因を分析。日本馬による悲願Vは持ち越しとなったが「勝ちたいレース。もちろん来年もチャレンジしたい」とリベンジを誓った。

     

    【毎日王冠】雪辱のアンビシャス

     

     3日間開催となる今週は東西G2に実力馬がズラリ。春の大阪杯勝ちが光るアンビシャスは9日東京の「第67回毎日王冠」で始動する。宝塚記念16着後は放牧でリフレッシュ。秋に備えてきた。休み明けは不問でいきなり全開ムードが漂う。

     この1年で成長した走りを見せる。アンビシャスは昨秋、毎日王冠(6着)→天皇賞・秋(5着)と古馬の壁に敗れたが、今春は中山記念(2着)→大阪杯VとG1ホース相手に勝ち負けを演じ、G1を獲れるだけの力を示した。蛭田助手も手応えを示す。

     「相当な能力を秘めている。これぐらいの距離なら、十分やれる馬だと思います。折り合えれば確実に脚を使ってくれるし、何とか巻き返したいですね」

     前走の宝塚記念は序盤から行きたがり、最後は余力がなく16着に惨敗。同助手は「あの時季の阪神は特殊な馬場(やや重)になりやすい。内枠で掛かっていたし、距離も少し長かったかな」と敗因を振り返る。その後は放牧に出しリフレッシュ。9月8日に帰厩し、ここを目標に乗り込んできた。

     「秋に帰ってきてからも、変わらずいい感じ。気性的にも元気があって悪く見せないからね。ボーッとしたタイプじゃないんで、休み明けでも動けると思う」

     1週前追い切りは坂路で、いっぱいに追って4F52秒5の好時計をマーク。力のいる馬場でラスト1Fは14秒1を要したが「時計はかかったけど、かなり馬場が悪かったから。しっかりやれたのは良かった」と感触を語った。

     この春に負かした同期のリアルスティール(ドバイターフ)、キタサンブラック(天皇賞・春)は次走でG1を制覇。次はアンビシャスの番だ。この後は昨秋と同じローテで天皇賞・秋に向かう予定。「1800メートルから2000メートルの距離が合っている」と蛭田助手が言うように、ベストの舞台でG1タイトルを狙う。鞍上は今回から【3100】と相性抜群のルメールに戻る。仏G1凱旋門賞から帰国後の重賞で、いきなりうっぷんを晴らすか。



    ここの予想は無料予想でゲットwwww
    これだけ当たるんだからwwwww
    ベストレコード
    bestre

    【毎日王冠予想|2016年|アンビシャスまとめ】の続きを読む

    5
    毎日王冠【2015年】予想|調教・追い切り|ネットまとめ
    【毎日王冠【2015年】予想|調教・追い切り|ネットまとめ】の続きを読む

    5

    毎日王冠予想|予想オッズ|1番人気イスラボニータまとめ




    【広告】 毎日王冠の予想が熱い
    無料予想で万馬券的中も、夢も期待も
    チェンジ・評価・検証・口コミより無料会員へ

    maioukancha1



     [毎日王冠]レース展望

     中山開催が終了して、関東の秋競馬の舞台は東京に移る。10~12日、3日間にわたる開催の日曜メーンは毎日王冠(11日、GII、芝1800メートル)。1着馬には天皇賞・秋(11月1日、東京、GI、芝2000メートル)への優先出走権が与えられる。過去10年でも、6頭がこのレースをステップに天皇賞を制覇。例年ハイレベルなメンバーとなる一戦は、今年も登録13頭がすべて重賞ウイナーで、うち4頭がGI馬という豪華な顔ぶれだ。ちなみに、登録13頭のうち10頭がディープインパクト産駒。残る3頭もすべて父がサンデーサイレンス産駒となっている。

     スピルバーグ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡6歳)は昨年、このレースで3着に入った後、天皇賞・秋を制した。英GIプリンスオブウェールズS6着以来、約4カ月ぶりの出走となるが、調整過程は順調。東京芝でメンバー最多の6勝を挙げており、秋初戦から注目される。

     昨年の皐月賞馬イスラボニータ(美浦・栗田博憲厩舎、牡4歳)は、東京芝1800メートルで東京スポーツ杯2歳S、共同通信杯と重賞を2勝。東京では他にもダービー2着、天皇賞・秋3着と実績がある。春は中山記念(5着)の1戦のみで、今回は約7カ月の休み明け。1週前の追い切りはまだ本来の動きになかったが、相性のいい舞台なのは間違いない。最終追い切りが鍵を握りそうだ。

     他にもGI馬は古豪2頭がスタンバイ。昨年のマイルチャンピンシップをレースレコードで制したダノンシャーク(栗東・大久保龍志厩舎、牡7歳)は、3年前のこのレース(5着)以来、久々の1800メートル戦に挑む。前走の安田記念はスタートのつまずきが響いたもので、リズムに乗れなかった。1週前に栗東坂路でラスト1ハロン11秒6をマークしており、仕上がりは上々だ。また、安田記念、豪州のジョージライダーSとGI・2勝のリアルインパクト(美浦・堀宣行厩舎、牡7歳)も底力がある。4年前のこのレースで2着の実績があり、先行馬に有利な開幕週の馬場を味方に付ければ侮れない。

     春に充実した走りを見せた馬たちも、秋のさらなる飛躍を期している。ヴァンセンヌ(栗東・松永幹夫厩舎、牡6歳)は条件戦を3連勝して臨んだ2月の東京新聞杯で重賞初制覇。その後も京王杯スプリングC、安田記念でともに2着と、東京で続けて好走した。芝1800メートルは【3・1・0・0】で、距離延長も問題ない。新コンビ横山典弘騎手とのレースぶりが見ものだ。

     エイシンヒカリ(栗東・坂口正則厩舎、牡4歳)は前走のエプソムCを逃げ切って重賞初制覇。昨秋のアイルランドTで外ラチ近くまで突っ走ったインパクトが強烈に残るが、春の2勝は成長を印象付けた。通算8戦7勝と底を見せていないが、相手が大幅に強化される今回こそ、真価が問われる一戦となりそうだ。

     ディサイファ(美浦・小島太厩舎、牡6歳)も今年に入って中日新聞杯、札幌記念と重賞を2勝。6歳を迎えて充実ぶりが目立つ。東京芝1800メートルでは昨年のエプソムCを含め3勝を挙げており、適性は高い。

     クラレント(栗東・橋口弘次郎厩舎、牡6歳)は重賞6勝の実績があり、前走の安田記念で3着と健在をアピールした。このレースでも一昨年に3着と実績は十分。左回りなら安定しているだけに、新コンビ三浦皇成騎手の手綱さばきに期待がかかる。

     アンビシャス(栗東・音無秀孝厩舎、牡)は今年のメンバーで唯一の3歳馬。前走のラジオNIKKEI賞ではトップハンデ56.5キロを背負いながら、2着ミュゼゴーストに3馬身半差をつけて圧勝した。古馬と対戦するのは初めてになるが、ここで好走するようなら今後が楽しみになる。3歳馬は過去10年で【2・3・0・8】(連対率39%)と年長馬よりもハイアベレージ。東京コースでも共同通信杯3着、プリンシパルS1着と実績があり、初のGII挑戦でも見劣りはしない。

     他にも、4月の香港GIクイーンエリザベス2世Cで2着と好走したステファノス(栗東・藤原英昭厩舎、牡4歳)、3月の豪GIランヴェットSで同じく2着と善戦したトーセンスターダム(栗東・池江泰寿厩舎、牡4歳)、芝1800メートルの日本レコードホルダー・グランデッツァ(栗東・平田修厩舎、牡6歳)、昨年のサマー2000シリーズ覇者マーティンボロ(栗東・友道康夫厩舎、牡6歳)と役者ぞろいだ。

     トップクラスの人馬が激突する今年の毎日王冠。過去に何度も繰り広げられた名勝負に匹敵する、見応えたっぷりのレースが期待できそうだ。

     
    毎日王冠-2014年動画
     


    2014年-毎日王冠

    1着 エアソミュール 武豊

    2着 サンレイレーザー 田辺裕信

    3着 スピルバーク 北村宏司

     


    競馬ブック想定より


    1番人気 イスラボニータ

    2番人気 エイシンヒカリ

    3番人気 スピルバーク

    4番人気 ヴァンセンヌ

    5番人気 アンビシャス

    6番人気 グランデッツア

    7番人気 クラレント

    8番人気 ダノンシャーク

     

    ネット競馬より


    1番人気 エイシンヒカリ 3.9

    1番人気 アンビシャス 3.9

    3番人気 スピルバーグ 5.0

    4番人気 イスラボニータ 6.2

    5番人気 ヴァンセンヌ 7.1

    6番人気 ディサイファ 9.0

    7番人気 ステファノス 10.7

    8番人気 クラレント 20.6

     


    【毎日王冠予想|予想オッズ|1番人気イスラボニータまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ