競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    京都大賞典

    京都大賞典予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【京都大賞典展望】末脚は確実シュヴァルグランVS武豊騎手騎乗予定のスマートレイアー
    ◆第52回京都大賞典・G2(10月9日、芝2400メートル、京都競馬場)

     第52回京都大賞典・G2が10月9日、京都競馬場の芝2400メートルを舞台に行われる。

     シュヴァルグラン(牡5歳、栗東・友道康夫厩舎)は、逃げて失速した宝塚記念(8着)以来の一戦。脚のかかりが悪い稍重馬場で力を出し切れなかった。1週前はドバイターフ勝ち馬ヴィブロスと併せ、先着。開幕週の馬場、得意の外回りなら確実に末脚を繰り出す、いつもの走りが見られるだろう。

     春のヴィクトリアMは4着だったスマートレイアー(牝7歳、栗東・大久保龍志厩舎)。理想的な流れだったが、上位3頭とは一瞬の反応力の差が出た。京都記念、鳴尾記念(ともに2着)を見る限り、年齢を重ね適距離が長めにスライドしている。香港ヴァーズ(5着)以来2度目の2400メートルにも期待の方が大きい。

     17度目の重賞挑戦になる無冠の帝王サウンズオブアース(牡6歳、栗東・藤岡健一厩舎)。札幌記念(4着)は久々の一戦で動けなかったが、過去2、4着の当レースで初のタイトル奪取なるか。過去G1・2着3回の地力は、このメンバーに入ってもNO1。老け込むにはまだ早い。

     今年初頭の日経新春杯V以降は、G1級メンバーに力の差を見せつけられているミッキーロケット(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だが、まだまだ奥がありそうな器。宝塚記念(6着)以来の一戦で、夏の成長を確かめたい。

     前走で去勢後、初重賞制覇(目黒記念1着)を飾ったフェイムゲーム(セン7歳、美浦・宗像義忠厩舎)。手術から1年以上が経ち、今回はプラス体重で臨める気配。メンタルも落ち着き、陣営の意図通り、息の長い活躍が望めそうだ。

     芝中距離に実績があるトーセンバジル(牡5歳、栗東・藤原英昭厩舎)、マキシマムドパリ(牝5歳、栗東・松元茂樹厩舎)もチャンスをうかがう。
    【京都大賞典予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    サウンズオブアース|京都大賞典2016年|ネット評価まとめ

    ここが一番熱いサイト・・・・無料予想で万券GET

    <京都大賞典:追い切り>

     サウンズオブアース(牡5、藤岡)がCウッドで豪快なフットワークを見せつけた。

     ミルコ・デムーロ騎手を背に抜群の動き。前を走る2歳未勝利馬を目標に7ハロン98秒7-81秒6-12秒0(馬なり)をマークし、藤岡師も「予定通りの追い切り。単走であの時計が出るんだからね」と満足そうな表情だ。「この2週間ですごく良くなった。まだ硬さはあるけど、力は出せる状態」と手応えをアピール。鞍上も「折り合っていたし、とてもいい状態。僕はこの馬で勝ったことがないし、ジャパンCでも下手に乗ったのでリベンジしたい」と意欲満々だ。


    サウンズオブアース
    父-ネオユニヴァース、母父-Dixieland Band


    重賞2着

    2014年
    京都新聞杯2着・菊花賞2着
    2015年
    京都大賞典2着・有馬記念2着
    2016年
    日経賞2着


    まあ・・・安定と言えば安定ですよね。
    しかも絶好調のミルコ・デムーロだけに
    一発期待しますよね


    競馬ファンならここの無料コンテンツが激アツ
    ウイニングチケット…もちろんあの名馬と一緒

    winningt




     

    京都大賞典予想|調教・追い切り|ネット情報まとめ
     
    【京都大賞典予想|調教・追い切り|ネット情報まとめ】の続きを読む

    5

    京都大賞典予想|予想・1番人気ラキシス|ネット評価


    [広告] 京都大賞典予想が熱いサイト
    指定サイトから無料会員をおすすめします。
    kyoutodak


     

    [京都大賞典]ラブリーディ秋の主役張る、 上々の仕上がり

     「京都大賞典・G2」(12日、京都)

     宝塚記念でG1タイトルを奪取したラブリーデイが満を持して始動戦に臨む。「休み明け初戦としては、まずまずの状態だと思います」と池江師は上々の仕上がりを口にする。

     9月30日、栗東CWの1週前追い切りではプリンスダム(4歳1000万下)を相手に、きっちりとしまいを伸ばして0秒4先着。3頭併せで後れを取った2週前とは雲泥の違いだった。

     有力古馬の引退が相次ぐなか、上半期グランプリホースへ向けられる視線は自然と熱を帯びる。秋のG1で主役を務めるべく、ここで大きく弾みをつけたいところだ。

     
     
    2014年 京都大賞典

     

    1着 ラストインパクト 川田将雅

    2着 タマモベストプレイ 津村明秀

    3着 トーセンラー 武豊

     

     

    競馬ブックより想定

    1番人気 ラブリーディ

    2番人気 ラキシス

    3番人気 ワンアンドオンリー

    4番人気 サウンドオブアース

     

    ネット競馬

    1番人気 ラブリーデイ

    2番人気 ラキシス

    3番人気 サウンズオブアース

    4番人気 ワンアンドオンリー

     

     

     

     

    【京都大賞典予想|予想・1番人気ラキシス|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ